ニンジャ 1000sx。 2020年発売予定! ニンジャ1000後継「SX」はここが変わった!【カワサキ・ニンジャ1000SX解説】

スポーティさを増したカワサキ「ニンジャ1000SX(Ninja 1000SX)」の発売日が4月4日に決定!

ニンジャ 1000sx

184位 0. 0点 評価人数:0人 台 0件 32人 0件 車輌プロフィール ニンジャ1000SXは、2020年の新型モデルとして、EICMA2019(ミラノショー)で発表された。 2011年に初代モデルが登場し(海外専用)、2017年からは日本国内でも販売されていたニンジャ1000の4世代目にあたるが、モデル名に「SX」が付けられらため、別モデルとして項を分けた。 外観上は、2017年にモデルチェンジした後のニンジャ1000と同じような逆スラントしたノーズデザインが与えられており、よく似ているように見えるが、実際は一新されたもの。 細部を見れば異なっていたのは明らかで、ニンジャ1000では一貫して左右出しだったマフラーは、コンベンショナルな右側1本スタイルに変更されてもいた。 搭載するエンジンは、ニンジャ1000から引き続き、1,043ccの水冷直列4気筒だったが、ニンジャ1000SXでは、1番と4番の吸気ファンネル(4気筒のうちの両端2気筒)が、2番と3番よりも45ミリ短くなるなどの変更があった(環境規制への対応)。 他に、シートの形状が、よりツアラー向きに変更されるとともに、工具なしで高さ調整可能なウインドスクリーンやクルーズコントロール、クラッチレバー操作のいらないクイックシフターなども装備されて、ロングツアラーとしての性格が、これまで以上に明確になっていた。 灯火類は全てLED化され、メーターは4. 3インチTFTカラー液晶。 OEMタイヤはブリヂストンのバトラックス・ハイパースポーツS22を採用した。 日本市場では、2020年4月に発売された。 2020年モデル カワサキ Ninja 1000 SX スポーツツアラーとして、2017年から日本市場へも導入されていたニンジャ1000が、よりツアラーとしての機能を追求するかたちでモデルチェンジ。 それが、ニンジャ1000SXだった。 排気量1,043ccの直列4気筒エンジンは、前身モデルから受け継ぎつつも、欧州のユーロ5へ適合したもの。 また、マフラーは、ニンジャ1000時代は一貫して(ベースになったネイキッドバージョンのZ1000から一貫して)左右出しだったが、Z1000SXでは、片側1本出しに変更されていた。 グリップヒーター、クルーズコントロール、DC電源ソケット、ETC2. 0車載器を標準装備し、ヘルメットロックも含め、ツーリングでの快適性や利便性を向上させていた。 タイプグレード名 Ninja 1000 SX モデルチェンジ区分 新登場 型式 2BL-ZXT02K 発売年 2020 発売月 4 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2100 全幅 mm 830 全高 mm 1190 ホイールベース mm 1440 最低地上高(mm) 135 シート高 mm 820 車両重量 kg 236 最小回転半径(m) 3. 5 測定基準(2) WMTCモード値 原動機型式 ZXT02KE 原動機種類 4ストローク 気筒数 4 シリンダ配列 並列(直列) 冷却方式 水冷 排気量 cc 1043 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 77 行程(ピストンストローク) mm 56 圧縮比(:1) 11. 8 最高出力(kW) 104 最高出力(PS) 141 最高出力回転数(rpm) 10000 最大トルク(N・m) 111 最大トルク(kgf・m) 11. 3 最大トルク回転数(rpm) 8000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 19 燃料(種類) ハイオクガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 437. 0 エンジンオイル量(オイル交換時) L 3. 2 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 3. 8 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 1. 627 2次減速比 2. 733 変速比 1速 2. 5 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 6. 0 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2. 50 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2. 90 ヘッドライトタイプ(Hi) LED テールライトタイプ LED スピードメーター表示形式 デジタル メーター表示:ギアポジション 有 メーター表示:燃料計 有 メーター表示:エンジン回転計 有 メーター表示:時計 有 メーター表示:ツイントリップ 有 車両装備:ハザードランプ 有 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有 車両装備:走行モード切り替え 有 車両装備:トラクションコントロール 有 車両装備:スリッパークラッチ 有 車両装備:シフトアシスト機構(クイックシフター) 有 車両装備:グリップヒーター 有 車両装備:ETC 有 車両装備:DCソケット 有 車両装備:可変スクリーン 有.

次の

街乗りからツーリングまでこなす“オールラウンダー”! カワサキ・ニンジャ1000SX【試乗インプレッション】(モーサイ)

ニンジャ 1000sx

電子制御機能と装備が充実したスポーツツアラー、Ninja 1000SX EICMA2019で発表されたNinja 1000SX。 欧州版は従来Z1000SX、それ以外はNinja 1000という名称だったが、2020年モデルで改められNinja 1000SXという名称で統一される模様だ。 国内導入もリリースされており、2020年の初夏を予定しているとのことだ。 4代目となるSXは、スポーツツアラーとして正統進化 Ninja 1000SXは2011年に初期型が発売開始となり、リッタークラスのスポーツツアラーとしては短いスパンとなる3年ごとに機能的なモデルチェンジをはたしてきた。 そしてシリーズ4代目となるこの2020年モデルは、スポーツツアラーとしての方向性はそのままに、主に電子制御機能と装備がより充実している。 SXになりさらに進化した電子制御機能。 待望のクルーズコントロールも搭載!! 電子制御機能に関して、従来からIMU、トラクションコントロール、コーナーリングマネジメントファンクション、パワーモードなどが採用されているが、2020年モデルではこれらに加え、ライディングモード、クイックシフター、クルーズコントロール、電子制御スロットルバルブが新採用された。 左側のハンドルスイッチには、クルーズコントロール用の操作ボタンが並ぶ H2 SXやVERSYSに続き、ついにカラー液晶メーターを搭載。 もちろんスマホにも接続可 装備も主に電気系機能が充実した。 その代表例がメーターだ。 Ninja H2 SX SEやVERSYS 1000 SEに採用されるカラー表示のTFT液晶パネルが、Ninja 1000にも新しく採用される。 とはいっても、Ninja 1000SXの液晶パネルはNinja H2 SX SE、VERSYS 1000 SEとは異なるデザインで、ツーリングモードとスポーツモードの2パターンが設定され、さらにそれぞれがブラックとホワイトを反転できるシステムとなっている。 さらにヘッドライト、ウィンカー、テールランプなど、すべての灯火類をLED化している。 8:1 最高出力 104. 0L 燃料供給方式 フューエルインジェクション トランスミッション形式 常噛6段リターン クラッチ形式 湿式多板 ギヤ・レシオ 1速 2.

次の

Ninja1000 ローシートがあれば! 女性でも乗れますよ ローダウンの足つき|カワサキ プラザ東京足立

ニンジャ 1000sx

最適なポジションを構築することでより乗りやすい状態を追求 各種アルミ削り出しパーツをリリースしているウッドストックから、ニンジャ1000SXとNinja ZX-6R用のステップが販売される。 ウッドストックはバイクを操るうえで最適なポジション構築がもっとも重要であると考え、ポジション選定に非常にこだわってライディング用ステップなどを製作しているメーカーだ。 バイクをしっかりホールドできるよう平均的な日本人の体格でニーグリップしやすく、かつ踏ん張りの効く高剛性のステップになるよう設計。 その設計は同社製すべてに共通した内容となるが、そこに新たにニンジャ1000SXとNinja ZX-6Rが追加された格好だ。 また万一の転倒時に備え、構成パーツは1点から補修用として購入可能。 さらに初心者にもやさしいよう、すべて組み立てた状態での販売となる。 もちろん純正ブレーキマスターや純正マフラー、純正ブレーキスイッチも使用可能だ。 ニンジャ1000SX用は使用用途がツーリングユース中心でワインディング走行を想定した4ポジション、Ninja ZX-6Rはサーキットとストリートを見据えて5ポジションを用意。 また両方とも純正クイックシフターにも対応する。 カラーはブラックのみ。

次の