クワガタ 飼育ケース。 【初心者必見!】クワガタムシの飼育に必要なものはたったこれだけ!

クワガタの飼育ケースの選び方。飼育部屋のカビ対策やクワガタが冬を越すためのコツ|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

クワガタ 飼育ケース

生体は到着当日中、用品は到着日を含む7日以内に必ずご連絡下さい。 生体は死着・欠損の場合のみの対応になります。 商品到着当日、用品到着後7日以降の返品・交換には、応じかねる場合がごございますのでご注意ください。 尚、お返事は翌営業日に順次対応させて頂きます。 *休業日は右上のカレンダーに表示していますのでご確認下さい。 プロバイダーやメーラー等による、なんらかの原因で、メールが不着になることもあります。 メールをご確認いただけないことで、大切なお客様にご心配・ご不便をおかけいたしますことは当店にとっても、とても不本意なことですが、残念ながら不着になることを当店側では完全に防ぐことが出来ません。 また、メールの不着により、お客様にご注文内容を確認していただく事が出来なくなり結果、お振り込みが出来ないため、ご注文が無効になりご迷惑をおかけしてしまうことになる可能性もございます。 お急ぎの場合やメールが不着になってしまった場合でも、確実に商品届く必要がある場合は、クレジットまたは代引きにてご注文下さいますよう、よろしくお願い致します。 Copyright c 2020 e-kuwa All Rights Reserved. このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。

次の

失敗しないクワガタの飼育方法まとめ!必要な物は?~成虫編~

クワガタ 飼育ケース

クワガタ・カブトムシ成虫の飼育方法 一般的なクワガタ・カブトムシの成虫の飼育方法について解説します。 クワガタ・カブトムシの成虫の飼育は簡単ですが、産卵・繁殖させたい場合は飼育種に応じた適切な環境を事前に確認することをおすすめします。 また外国産のクワガタやカブトムシを飼育する場合は飼育温度の管理が必要となる可能性があります。 例えば人気のヘラクレスですと飼育温度が18〜30までとなり、寒い地方にお住まいの方は暖房器具の導入を検討する必要があります。 専門ショップでカブトムシやクワガタを購入する場合は、事前に店員さんに相談するのが良いでしょう。 準備するもの 飼育するために次のものを準備しましょう。 ・飼育ケース ・マット 飼育用の土 ・ゼリー 専用の餌 ・のぼり木 餌皿兼用 ・枯れ葉など 転倒防止 ・霧吹き 保湿用 飼育ケース 飼育ケースは大きい方が良いですが、それよりも、小さいケースでもかまわないので、 1つのケースに1ペアで飼う事をお薦めします。 これは、クワガタやカブトムシを1つのケースでまとめて飼いすると、餌を争ってケンカをし、弱ってしまったり、最悪の場合死んでしまう事があるからです。 やむを得ず、まとめ飼いする場合は、出来る限り大きいケースを準備し、餌を多めに入れてあげてください。 固体差もかなり生じます) 温厚 凶暴 コクワガタ オオクワ アカアシ ノコギリ ミヤマ ヒラタ マット 飼育用の土 マット 飼育用の土 はクワガタ・カブトムシ専門店やホームセンターなどで売られています。 成虫のみの飼育で、産卵・繁殖が目的でなければ、拘る必要はありません。 園芸用の土でもOKですが、農薬が混入している可能性があるため注意が必要です。 産卵・繁殖が目的であれば、飼育するカブトムシ・クワガタに応じて、適切なマットを選ぶ必要があります。 ショップなどで聞いてみるか、事前にインターネットで調べておきましょう。 ゼリー 専用の餌 ホームセンターなどで、クワガタ・カブトムシ飼育専用の餌として、ゼリーが売られています。 飼育には専用ゼリーを与えるのが一番無難です。 ゼリー以外では、桃やリンゴ・スイカなどを好んで食べます。 果物は高価ですし、専用ゼリーの場合は各製造メーカーが、クワガタやカブトムシ専用に栄養バランスを考えて製造しているため最適だと言えるでしょう。 のぼり木 餌皿兼用 、枯れ葉など 転倒防止 餌皿は、もちろん餌が 飼育用の土 の上にこぼれ落ちて汚れないようにするためでもありますが、カブトムシやクワガタの遊び場所であったり、転倒防止としても大切です。 私自身も経験していますが、カブトムシやクワガタがつかまる物がなくて起き上がれないでいると、あっという間に弱って死んでしまいます。 転倒防止のために、枝や木の葉、樹皮などを一緒に入れてあげるのも良いでしょう。 なお、ホームセンターなどで材(のぼり木)を購入する際は、誤って朽ち木を購入しないよう注意しましょう。 朽ち木はクワガタの産卵用や幼虫の餌として用いる物で、朽ちているためとてもカビが生え易いです(自然界でもカビは生息していますし、成虫を飼育するうえでで特に害はありませんが) 基本的に見た目の問題、見た目が悪いだけですが、特に飼育初心者の方は間違って購入しないよう注意されると良いでしょう。 セット方法 順番にセットしていきます。 マット マットをバケツなどに入れ水を加えます。 水分量の目安としては、強く握って水がにじまない程度です。 まぜあわせ水分が行き渡ったらマットを飼育ケースにセットします。 マットの量の目安としては、産卵が目的の場合は大き目のケースにマットを沢山入れる必要がありますが、成虫を飼育するだけであれば5cmもあれば十分です。 餌皿・のぼり木、枯葉などのセット 餌皿・のぼり木、枯葉などをセットします。 のぼり木は寝かせたままマットの上に置けば問題ありません。 好みで、のぼれるように立てて置いてもかまいません。 右の写真は枯葉と餌のみの簡単なセットです。 餌皿も使わずに、ゼリーの上ぶたにカッターで十字に切り目を入れて、直接マットの上に置いています。 ホームセンターなどで見かける飼育セット解説では、専用の保湿剤や樹液が出る木などをセットした例が紹介されていますが、クワガタやカブトムシの成虫を飼育をするだけであれば、写真のような簡単なセットでも全く問題ありません。 あとコバエや雑虫の進入防止にケースと蓋の間に新聞紙を挟んでやると良いでしょう。 ゼリーを十字にカット 新聞紙でコバエ進入防止 コバエ侵入防止ケース 日々のメンテナンス 週に1回程度、マットの表面の乾き具合を確認し、乾いているようなら霧吹きで加湿します。 餌をあげる目安として、国産のカブトムシで1〜2日でゼリーを1つ食べます。 カブトムシは大食いで結構餌代がかかります。 餌がなくなっていないかこまめにチェックしてあげましょう。 大きさや種類により異なりますが、国産のクワガタで週に1〜2個ゼリーを食べます。 食べ残しがあっても週に1度はゼリーを新鮮なものに取り替えてあげて下さい。

次の

【初心者必読!】ヒラタクワガタの飼育方法を飼育歴20年が詳しく解説!

クワガタ 飼育ケース

クワガタを飼育しよう クワガタは種類が多く、世界にはさまざまな形をしたクワガタが生息しています。 艶のある見た目や大きなアゴなどは惹かれるものがあり、子どもや大人にも人気がある昆虫です。 クワガタを飼育することによって、子どもが生き物を大切にする気持ちや、生き物とふれ合うことの楽しさを知るきっかけになるかもしれません。 今回の記事では、子どもが「クワガタを飼いたい!」と言ったとき、すぐにでも飼い始められるように、クワガタの必要最低限の飼育セットや飼育ケースの選び方について注目してみたいと思います。 クワガタを飼育するために必要なもの 子どもといっしょにクワガタを捕まえたときに、そのまま飼育したいということになる場合もあるかもしれません。 クワガタを飼育するためには、どのような道具を飼育セットとして準備するとよいのでしょうか。 飼育ケース 昆虫などの生き物を飼育する上ではかかせない、飼育ケース。 さまざま種類の大きさや深さがあり、おしゃれな観賞用ケースもあるようです。 昆虫飼育マット 昆虫飼育マットは昆虫が潜って休んだり、卵を産んだりするために必要なもののようです。 朽木や落ち葉などさまざまな材料で作られ、産卵用、繁殖用など用途が異なるマットがあるようです。 登り木 クワガタは地面より木の上で活動することが多いので、登り木があるとクワガタは気持ちよく過ごすことができそうです。 また、クワガタがひっくり返ったときなどに体制を起こすための足場にもなるようです。 日よけにもなるので1~2枚程度入れておくとよいでしょう。 エサ クワガタが生きていくためのエサも必要です。 自然の中では主に樹液をエサにしているクワガタですが、飼育する場合はバナナやりんごなどの果物、市販の昆虫ゼリーなどが定番のエサのようです。 虫よけシートや新聞紙 虫よけシートや新聞紙は、飼育ケースに小バエなどの虫が入らないようにするために使われているようです。 飼育ケースと蓋の間にかぶせるように設置し、虫よけシートや新聞紙が汚れたら取り替えるようにしましょう。 霧吹き クワガタの飼育部屋の保湿のために、たまに霧吹きで水分を与えてあげるとよいかもしれません。 霧吹きのポイントはクワガタに直接かからないように行い、マットが湿る程度で水分を与えましょう。 クワガタの飼育ケースの選び方 クワガタを飼育するときに、どんなケースがよいのか迷う人もいるかもしれません。 クワガタの飼育ケースを選ぶときのポイントをいくつか説明します。 大きさは用途で選ぶ 飼育ケースの大きさはSサイズなどの小さいものからLLサイズの大きなものまで幅広い飼育ケースがあるので、「飼育」「繁殖」「観賞」「クワガタの大きさ」などの用途ごとに選ぶのがよいでしょう。 基本的には、エサ入れや登り木を入れることを考え、深くて広い飼育ケースを選ぶとよいかもしれません。 外国産の体が大きいクワガタを飼育するときや、オスとメスつがいで飼育する場合なども大きいサイズのケースのほうが飼育がしやすいでしょう。 飼育ケースの機能で選ぶ クワガタの飼育ケースには、小バエシャッターがついたケースや脱走防止機能のスライド式のケースなどさまざまな機能があります。 力の強い種類のクワガタは蓋を開けてしまい、脱走してしまうこともあるようなので蓋がスライドロック式のケースを選ぶとよいかもしれません。 飼育ケースのデザインで選ぶ クワガタの飼育ケースを観賞用で選ぶ場合、子どもがいろいろな角度から観賞して楽しむことのできるようなデザインや、インテリアの一部となるようなおしゃれなデザインなどで選ぶのもよいでしょう。 自分だけのオリジナル飼育ケースを自作しても楽しそうですね。 クワガタの飼育セットの組み方 iStock. 飼育ケースにマットを入れる 清潔な飼育ケースを用意したら、まずは飼育部屋の土台となるマットを入れましょう。 クワガタの全身が潜れるくらいの深さがあるとよいようです。 樹皮や広葉樹の葉をマットの上に置くのも忘れずに行いましょう。 登り木を設置する 飼育部屋の中の登り木は立てかけてあると見栄えがよくなりますが、倒れたときにクワガタが下敷きになってしまうこともあるので安定感を最優先にして設置するとよいでしょう。 エサを入れる 飼育部屋がある程度完成したら、エサがひっくり返らないような場所にエサを設置しましょう。 昆虫ゼリーなどは底が丸くなっているものがあるので、エサ台を使用したり、マットに埋め込んで設置してもよいかもしれません。 飼育ケースにカビが発生したら 飼育ケースなどは生き物のためにもできるだけ清潔にしておきたいですよね。 クワガタなどの飼育部屋にカビが発生することもありますが、しばらく飼育していると自然にカビが消えていくこともあります。 カビが気になる場合はその部分だけティッシュなどで拭き取ってもよいでしょう。 また、飼育部屋の通気性をよくしておくとカビが発生しにくいかもしれません。 クワガタの冬場の飼育方法 クワガタは夏の昆虫というイメージがあり寿命も短く思われがちですが、冬眠状態で冬を越す(越冬)種類のクワガタもいるようです。 オオクワガタ、コクワガタ、ヒラタクワガタなどが越冬できるクワガタとして知られているようですね。 越冬させるためのコツ クワガタを越冬させるには、まずクワガタが冬眠状態になれるような環境にすることが大切なようです。 冬眠中でも飼育部屋を管理する クワガタは冬眠中、体力を使わないために動かなくなったり、エサを食べなくなったりすることもあるかもしれません。 そんなときでも、エサの交換や霧吹きでの湿気調整を適度に行うことが大切なようです。 クワガタが冬眠から起きたときにエサを食べることもあるので、古くなったゼリーなどは交換しておくとよさそうです。 クワガタを大切に育てよう iStock. クワガタを大切に飼育するためには、さまざまな道具が必要になってきます。 クワガタを育てるための飼育ケースは、種類が豊富なので用途ごとに選ぶとよいようです。 迷ったときは大きめのサイズの飼育ケースを選んだほうが、飼育セットの道具の組み立てや配置、カビが発生したときの飼育部屋の掃除などがやりやすいかもしれません。 昆虫の寿命は他の生き物に比べて短いと感じることもありますが、クワガタは種類によって冬も越すことができる昆虫です。 捕まえたら大切に育てて、子どもといっしょにクワガタの繁殖などにもチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

次の