2 ヶ月 赤ちゃん ミルク 量。 小さめ赤ちゃんの生後2ヶ月の体重と授乳量について教えてくだ...

【完全ミルク育児】量の増やし方・タイミング・授乳間隔についての考え方

2 ヶ月 赤ちゃん ミルク 量

生後2ヶ月は1回で飲めるミルクの量が増える おっぱいやミルクの飲み方もますます板についてきます。 1回で飲める量が増えて、授乳にかかる時間が短くなる赤ちゃんもいます。 一方で飲む量が急に前よりの減ったと感じる赤ちゃんもいますが、これは「もう、おなかがいっぱいだ」と赤ちゃんがわかるようになったから。 満腹になったことを知らせる満腹中枢が発達している証拠です。 赤ちゃんが元気でご機嫌なら心配ありません。 赤ちゃんが自分から口を離して、それ以上飲まないようだったら、無理強いはしないで、目を合わせて「もうおなかいっぱいなのね。 じゃ、ごちそうさまね」と、声をかけて切りあげてもいいでしょう。 【生活リズム】生後2か月頃は昼間・夜の区別がついてくる赤ちゃんも 日中に起きている時間が長くなってきます。 授乳の間隔もあいてくるので、夜中におっぱいで起きることもだんだんと減り、夜に眠る時間が増えてきます。 昼夜が逆転している赤ちゃんもいますが、そのうちに昼と夜の区別がついてくるので大丈夫。 赤ちゃんの生活リズムが整うように、少しずつ生活にメリハリをつけていきましょう。 朝はなるべく早く起きて、「おはよう朝だよ」と、カーテンを開けてお日さまの光を取り入れます。 【過ごし方】日中は外気浴や散歩で活発に、夜は部屋を暗くして静かに 生後2ヶ月、活動の時間と休息の時間を分ける 日中は、外気浴をしたり、一緒に遊んだりと活動的に過ごすといいですね。 お散歩の時間も、午前中や午後などとある程度、毎日決まった時間を決めておくと、1日のサイクルが作りやすくなります。 夜、寝かせるときには、できればテレビを消して、部屋も暗くして、静かで落ち着いた環境を作れるといいですね。 【視力・体力】生後2か月頃は、視力が発達し、手足の動きも活発に 体の動きが活発になり、手足をぐぐっと伸ばしたり縮めたり、バタバタさせることもあります。 視力が発達して、目の前のものに注目して、それを目で追うこともできるようになります。 【おしゃぶり】自分の体を意識し始め、手を見つめたりしゃぶったりする 生後2ヶ月、手を見つめたりしゃぶったりする この時期の赤ちゃんによくみられるのが、自分の手をじっと見つめる動作。 まるで「これはなんだ?」と考えてこんでいるような真剣な表情です。 これは「ハンドリガード」といって、自分の体を意識し始める第一歩。 赤ちゃんは、たまたま視界に入ったものに興味を持っただけで、それが自分の手とはまだ分かっていません。 急に目の前に表れた不思議な物体=手の動きをじーっと眺めていて、口に近づいてきたら、なめたり吸いついたりしてみて、自分の体の一部であることを学んでいきます。 【感情】生後2か月頃は感情が細分化し、嬉しいと笑顔を見せるように 今までは、お腹が空いた、熱い寒い、痛いといった、基本的な快・不快の感情があるだけでしたが、だんだんと細かく分化していき、さらに複雑になってきます。 満足したり、気持ち良かったりすると、ニコっと笑顔を見せるようになります。 【言葉】生後2か月頃はアーアー・ウンウンと喃語を発する赤ちゃんも 生後2ヶ月、喃語が出始める また、「アーアー」「ウングウング」などと声を出すことも。 これを「喃語」といいます。 特に意味はなく、自分の体から音が出てそれをコントロールできることを楽しんでいるのだともいわれています。 声を出して聞く練習の第一歩ですね。 ママやパパが話しかけると、目を輝かせて「アーウー」「ウングウング」と返してくることもあり、まるで会話をしているよう。 いっぱい話しかけておしゃべりを楽しみましょう。 【外出】色々なものに興味津々!外に出て刺激を与えよう おっぱいを飲む以外はほとんど寝ていた赤ちゃんが、自分で興味を持って首や目を動かし、外からの刺激を感じて、いろんなことを学んでいくようになります。 天気の良い日は、日光浴やお散歩をして、外の空気や自然の音などたくさんの刺激を与えてあげましょう。 【遊び】パパ・ママとのコミュニケーションを喜ぶ 産後2ヶ月のママは、体調を崩しやすい時期なので無理は禁物 赤ちゃんがしっかりおっぱいを飲めるようになる一方で、ママは、乳腺炎などおっぱいトラブルが起こりやすい時期です。 ミルクの人では、生理が始まる人もいます。 ママは産後の疲れもあり、体調を崩しやすいこともありますから注意が必要です。 気になることがあればすぐに病院へ。 受診中、赤ちゃんを見てくれる人がいなければ、病院に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫か問い合わせてみたり、地域のファミリーサポートなどの育児支援制度も利用しましょう。 赤ちゃんの生活リズムが整うと、ママもまとまった睡眠がとれるようになります。 夜昼構わず、休めるときには赤ちゃんと一緒にしっかりと休んでおきましょう。 今までは赤ちゃんと自分のことだけで精いっぱいでしたが、少しずつ他のことが気になり始めるころ。 まじめな人ほど、家のこともきちんとやろうとして自分を追い詰めてしまいがち。 無理をするとストレスになるばかりです。 パパにも協力してもらい、家事は省けるところは省き、じょうずに手を抜いていきましょう。 月齢別・赤ちゃんの成長と生活・育児のポイント•

次の

生後2ヶ月の赤ちゃんのミルクの量について質問させて頂きます。現在、生後2ヶ月...

2 ヶ月 赤ちゃん ミルク 量

成長とともに与える量が異なる 生後0ヶ月の赤ちゃんと2ヶ月の赤ちゃんとでは、1日に必要とするミルクの量が異なります。 生後2ヶ月の赤ちゃんに、0ヶ月の時と同じ量のミルクを与えても、1日に必要なミルクの量に達していないと同時に、必要な栄養素も足りていません。 赤ちゃんにとって、体重を増やすことは成長していくために大切で、毎日体重は少しずつ増えていきます。 その体重を増やす元となるものがミルクなのです。 赤ちゃんの成長とともに、ミルクの与える量を増やしていきましょう。 生後0ヶ月のミルクの量 生後0ヶ月の赤ちゃんは、2~3時間置きにミルクを飲ませてあげます。 ミルクを飲んで寝ての繰り返しを行うのが、0ヶ月の赤ちゃんの特徴といえるでしょう。 では、0ヶ月の赤ちゃんにはどれだけの量のミルクを与えたらいいのでしょうか。 ここでは、0ヶ月の赤ちゃんに与えるミルクの量をご説明します。 生まれた時~2週間 ミルクの量 時間 80ml前後 2~3時間おきに1日7回程度 2週間~1ヶ月 ミルクの量 時間 100~120ml 2~3時間おきに1日7回程度 このように、生まれたばかりの赤ちゃんと生後2週間を経過している赤ちゃんとでは、1日に必要なミルクの量が異なります。 赤ちゃんにも個人差があり、必ずこの量のミルクをあげなくてはいけないということではありませんが、 生まれたばかりの赤ちゃんには1日560ml程度、生後2週間を経過している赤ちゃんには1日700ml程度のミルクを複数回にわけて与えましょう。 生後1ヶ月のミルクの量 生後1ヶ月から生後1ヶ月半までの赤ちゃんの量と生後1ヶ月半から生後2ヶ月までの赤ちゃんとでは、ミルクの量が異なります。 ここでは、生後1ヶ月から1ヶ月半までの赤ちゃんと生後1ヶ月半から生後2ヶ月までの赤ちゃんの1日に必要なミルクの量をご説明します。 1ヶ月~1ヶ月半 ミルクの量 時間 120ml前後 3時間おきに1日7回程度 1ヶ月半~2ヶ月 ミルクの量 時間 140ml前後 3時間おきに1日7回程度 この時期の赤ちゃんは、体重5kg前後を目安にミルクを与えるといいと言われています。 生後1ヶ月の赤ちゃんには1日870ml程度、生後1ヶ月半を経過している赤ちゃんには1日980ml程度のミルクを与えましょう。 生後2ヶ月のミルクの量 ミルクの量 時間 160ml前後 3時間おきに1日6回程度 生後2ヶ月を経過した赤ちゃんは、1日960ml程度のミルクを与えましょう。 今までの2ヶ月を経過するとミルクを与える量が減り、回数も減っていることがわかります。 しかし生後2ヶ月を経過した赤ちゃんには、1日25gほど体重が増えることが望ましいと言われています。 そのためお母さんは、体重が1日25g程度増えるようにミルクを与えましょう。 与え過ぎに注意 赤ちゃんがゴクゴクと美味しそうにミルクを飲んでいると、お母さんは嬉しい気持ちになると思いますが、ミルクの与え過ぎには注意してください。 赤ちゃんがミルクを飲み過ぎると、便秘や下痢になるだけでなく吐いてしまうこともあります。 もし、そういったことが起きてしまったら、ミルクの量を減らして様子をみるようにしましょう。 新生児(0ヶ月~2ヶ月)におすすめのミルク3選.

次の

新生児から生後2ヶ月・3ヶ月のミルクトータル量と必要な回数を知る計算式のご紹介

2 ヶ月 赤ちゃん ミルク 量

もくじ• ミルク量を増やすタイミングは「赤ちゃんの様子」を見よう まずはミルク量が足りているか、 赤ちゃんの様子をよく見ましょう。 ミルク量が足りているか判断するには 今のミルクの量で、3時間以上、ミルクを飲まなくても平気だったら、問題ありません。 3時間以内に泣いても、抱っこしたり、あやしたり、それで気がまぎれるようなら大丈夫。 でも、どうしても泣き止まないなら、ミルクが足りないのかもしれません。 ためしに量を足してみてください。 いきなりたくさん量を増やすと吐いたり、気持ち悪くて不機嫌になったりするので、授乳一回あたり 10~20ml位増やしましょう。 うちの子どもたちの場合、授乳一回だけ増やしても、ぐずりが落ち着くわけではありませんでした。 が、 何回か続けて増やした量でミルクを飲ませると、落ち着くこともありましたよ。 具体的なミルクの量については、月齢毎に詳しくお話ししていますので、参考にしてください。 授乳間隔は「3時間」にこだわりすぎない 厳密に間隔を3時間あけなきゃって、 神経質になる必要はありません。 お昼寝したから間隔が開いたり、今度は早くお腹がすいちゃったりなんてことはよくあります。 いつも1~2時間ごとだとさすがにお腹に負担がかかりますが、 たまには1~2時間後に飲んだって大丈夫です! たとえば、うちの次男はミルクをちょこちょこ小まめにたくさん飲むタイプでした。 特に就寝時は、何度もミルクを欲しがっていました。 たくさん食べる子• 少食な子• 大きい子• 小さい子 いろんな赤ちゃんがいます。 個人差があることを忘れないようにしましょう。 「こんなに残して!」とか、「こんなにたくさん飲んで!」とかイライラするより、 そういうもんだって思っていた方が気持ちが楽です。 私もイライラしてしまうこともありますが、「元気ならいいや〜」って思うようにしてます。 その方が、あなたの気持ちも楽になりますよ。 ミルクで育てると太る?って不安になること、ありますよね。 結論をいうと、「ミルクだから太るということはありません」。 うちの息子たちは完全ミルクでしたが、いつも痩せ〜標準体型。 出生時~1歳までの、息子たちの身長・体重の記録をご紹介しています。 こちらもよかったら見てみてくださいね。 ミルクが足りてるか判断できないときは ミルクが足りているか、判断できないときは 「育児記録」をつけましょう。 その記録をもとに判断しましょう。 赤ちゃんが、泣いているけれど、 ミルクを欲しいのか? ミルクを飲み過ぎて泣いてるのか? 眠いのか? ただ泣いてるだけなのか? ところで、さっきいつ授乳したっけ? どのくらい飲んだっけ? わかんない! 疲れた! 眠い! ! って思うこと、私はよくありました。 特に出産後1ヶ月くらいは、先の見えない感じに欝々として。 時々泣いたりしてました。 記録があれは、すぐに「いつどのくらいミルクを飲んだか」わかります。 記録をもとに、「ミルクをあげよう」「もうちょっと様子を見よう」と判断できます。 なので、判断材料がないままゴチャゴチャ悩むことがなくなり、 余計なストレスが減りますよ。 育児記録をつけよう• いつ・どのくらいミルクを飲んだか• 便のタイミング• その日あったこと• 赤ちゃんの様子で気が付いたこと などを書いてみましょう。 毎日じゃなくても、難しく考えなくてもOK。 記録をつけることでストレスが増えたら意味が無いですから。 しばらく記録して、それをもとにミルクの量を加減しましょう。 その記録は、赤ちゃんに何かあったときにも役に立ちます。 そういえばあの時からミルクの飲み方が少なかった、とか。 よく吐くな、とか。 もしどうしても不安なら、助産師さんなどの専門知識を持った方に、その記録をもとに相談してみてもいいでしょう。 自治体に所属している助産師さんもいます。 私の住んでいる地域では、有料でしたが、育児相談や沐浴もしてくれました。 必要を感じる方は、役所に問い合わせてみてくださいね。 「今」の大変さは、忘れます。 だからこそ記録しましょう 私は「こんな大変な毎日、いつまで続くんだろう」と思っていました。 が、赤ちゃんはあっという間に大きくなります。 当たり前ですが、今の生活がいつまでもなんて続きません。 子供は大きくなって、私達から離れていきます。 それから、嘘みたいですが、今皆さんが過ごしている産後の壮絶な毎日は、 ほとんど忘れてしまいます。 今目の前にいる赤ちゃんが、 どんなに小さい手をしていたのか、 どんな顔で笑っていたか、 どんな声で泣いていたか、 どんなふうに抱っこされていたか、 思い出せなくなります。 でも今、たった一言でも記録を残せば 、「今」を思い出すきっかけを作れますし、大切な思い出になりますよ。 誰かに話を聞いてもらいたいときは 産後の辛い時期って、家にこもりきりになりがちですよね。 小さい赤ちゃんがいるから仕方ない、でも誰かと話したい。 そんなときに採れる選択肢は4つ。 家族と話す• 友達と話す• 自治体に頼る• 相談サービスを利用する ここでは4つめの「相談サービス」についてお話します。 ココナラという、スキルや経験を売り買いできるサイトがあるのを知っていますか? そこで活動されている「湊果乃さん」。 心理学を専攻し、その知識や育児経験をもとにどんな話でも聞いてくれます。 「話を聞く」といっても、やり取りはチャット形式 ラインのようなやりとり。 なので、あなたの都合のつく時間帯やペースで相談メッセージを送ることができます。 電話だと、赤ちゃんが泣いた!とか、あたふたしちゃいますもんね。 さいごに• 赤ちゃんの様子をみて、ミルクの量を増減しましょう• 授乳間隔は、神経質になりすぎなくても大丈夫。 個人差があるのを忘れないで!• 育児記録を活用しよう というお話でした。

次の