ズーム 会議 と は。 無料のWeb会議ツールZoom(ズーム)の使い方・評判・比較を徹底解説!

実録:リモート会議を妨害する「Zoom爆撃」の現場。不正侵入を防ぐ4つのポイント

ズーム 会議 と は

zoomを頻繁に利用する方や、今後zoomを使ってどんどんオンライン会議を使っていきたい!という方は、自分のpcにソフトをインストールしておくと便利です。 今回はその方法について説明します。 【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書いています。 】 こんにちは。 青山華子さんの ブログ作りのお手伝いをさせていただいている、先生相談室サポートメンバーの中村です。 このたび記事を寄稿させていただきました。 ぜひお役立てください! zoomをパソコンにインストールする方法 まず、にアクセスします。 お仕事で使うメールアドレスを入力し、サインアップ メールを確認し、 「アクティブなアカウント」をクリックします。 お名前、パスワードを入力します。 「仲間を増やしましょう。 」と表示されますが、スルーしてOKです。 「手順をスキップする」をクリックすると、ミーティングを開始することが出来ます。 ひとまずこれで無料版の機能を使うことが出来ます。 zoomを使ったオンライン会議の始め方 会議を立ち上げると、まずオーディオの選択を行います。 1人だけだと会議はできませんので、お相手を招待する必要があります。 画面下部の「招待」をクリック。 URLのコピーをクリックすると、クリップボードに会議用のURLがコピーされます。 (ペーストすると、こんな感じ) 相手はそのURLをクリックすると、会議に参加出来る。 という仕組みです。 zoomの基本的な使い方 操作は非常にシンプルです。 左の2つがマイク・カメラのオンオフを切り替えるボタン。 多人数で会議をしている場合など、発言者以外はマイクをミュートにする際に使います。 カメラのオン・オフは、諸事情で音声のみの参加の場合によく使いますね。 寝起きだったりすっぴんだったり。 顔出しNGだったり。 いろんな事情があると思いますので笑 会議を録画するときは右側のレコーディングボタンを押すとご利用のpcに保存されます。 ミーティングを終了する際は、一番右の赤字になっている「ミーティングの終了」を押せばOK 非常に簡単です。 多人数会議は40分無料 無料版だけでもかなり機能が充実しています。 1対1ミーティングは 時間無制限で利用可能。 もちろん録画も、画面共有も、ホワイトボード機能も使えちゃいます。 多人数ミーティングは40分まで開催可能。 時間がすぎると強制的に会議が終了しますが、 同じような手順でURLを発行すればすぐに再開可能です。 是非使ってみてください! zoomのことをもっと知りたいあなたに、こちらもおすすめです。 zoomを使って今後コンサルティングやセミナーを開催したい!そんな方は こちらにまとめ記事を作りましたので是非ご覧ください。 ブログ集客コンサルタントの中村和幸です。 青山華子さんのブログのサポートをさせていただいています。 オンラインでの市場開拓にも便利。 ぜひ導入をおすすめします。 アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。 私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。 【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】.

次の

ZOOMの使い方|オンライン会議室 無料登録 WEBミーティング

ズーム 会議 と は

Zoom(ズーム)とは Zoom(ズーム)とは、新型コロナウイルス感染症が広まってから世界中で爆発的に利用者数が増えたWeb会議ツールです。 2019年4月に上場したアメリカの新興企業「ズームビデオコミュニケーションズ」が運営しており、2020年3月時点で2億人超のユーザーが利用しています。 日本を含めて世界中で「Zoom」が支持されている理由は、• アカウント作成なしで簡単に参加できる• ビデオ通話が安定している• 100人まで同時接続できる にも関わらず、試用期間なしの 無料で利用できる点です。 1対1は時間無制限(3人以上は1回あたり40分まで) Zoomは、パソコン、タブレット、スマートフォンを利用して繋がることが可能。 上記の他にも「参加者画面の録画」「資料共有」「パソコンの画面共有」「参加者全員で共有できるホワイトボード」「大人数のミーティングを少数グループに分割」「音声のみでミーティングに参加」など、無料とは思えないほどの充実した機能が提供されています。 アカウント作成なしで簡単に参加できる Zoomは、 Web会議の主催者(ホスト)1人だけがアカウントを持っているだけでOKです。 主催者に招待されたユーザーは、アカウントを登録することなく、Web会議に参加することができます。 また、パソコンの場合は、主催者から届いた招待URLをクリックすると自動的にソフト(Zoominstaller. exe)がダウンロードされます。 (スマートフォンの場合は、App StoreやGoogle Playから「Zoomアプリ」をインストールする必要があります。 ) Skype(スカイプ)の場合は、参加者全員が個人情報を入力して「アカウント登録」をしなければなりません。 Zoomでは、主催者に招待された側は、アカウント作成をしなくてもWeb会議に簡単に参加可能。 アカウント作成のためにメールアドレスを新規作成したり、パスワードを記録する必要もなく、パソコン初心者の方でもすぐに使えます。 ビデオ通話が安定している Web会議で重要なことは、ビデオ通話で映像が途切れることなく快適に会話できることです。 Zoomでは、独自の圧縮技術(特許)を採用することにより、無料のビデオ通話で有名な「Skype」と比較しても データ通信量の消費が少なくなっています。 ネット上でも「Zoomは安定している」との声が数多く投稿されています。 このご時世にオススメなもの】 Web会議によく使われる『zoom』です。 主な利点は5つ。 文明の利器です😌 是非、使ってみてください。 しかしながら、ビデオ通話を40分間に1回中断する必要はありますが、すぐに参加URLを送信&再接続すればWeb会議を連続で行うことが可能です。 例えば、• 19:00~19:40:40分間のミーティング• 19:40~19:45:5分間の休憩• 19:45~20:25:40分間のミーティング というスケジュールでWeb会議を進めることができます。 なお、1対1のビデオ通話であれば、ほぼ無制限(24時間連続)で打ち合わせすることができます。 クラウド記録 Zoomでは、ビデオ通話の映像を録画する機能があります。 無料版では、Zoomで録画した動画をパソコンに保存することになりますが、有料版ではZoomのクラウドに保存することが可能です。 これにより• パソコンの容量が圧迫されない• 様々な端末でインターネット上から簡単に動画を確認できる• Web会議の参加者にURLを送信して簡単に動画を共有できる といったメリットがあります。 アカウント作成 Zoomでは、主催者(ホスト)としてWeb会議を開催するときにアカウントが必要になります。 アカウント作成をするには『』に移動してから• メールアドレスで作成する場合は(1)• Googleアカウント または Facebookアカウントで作成する場合は(2) から手続きをします。 (1)の方法で手続きする場合は、メールアドレスを入力してから「サインアップは無料です」をクリックします。 誕生日を入力して「続ける」をタップします。 先ほど入力したメールアドレスを確認してから「確認」をタップします。 一般ユーザーであれば「いいえ」を選択して「続ける」をタップします。 ZoomでWeb会議をする相手が決まっていれば、相手の「メールアドレス」を入力してから「私はロボットではありません」にチェックを入れて「招待」をクリックします。 テストミーティングを開始のページが表示されます。 Zoomのソフトウェアをインストールして、Web会議が正常にできるか確認したい場合は「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしましょう。 Zoomのソフトウェアをインストール テストミーティング開始では、Zoomのソフトウェアが自動でダウンロードされます。 exe」をクリックしてインストールを完了させます。 ZoomのWeb会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Zoom(ズーム)の使い方 先ほどは、Zoomのアカウント作成からミーティングルームの立ち上げまでを紹介しました。 ここからは、実際にZoomを使い方を解説していきます。 起動方法 Zoomを起動する方法は、次の2パターンです。 デスクトップアイコンから起動する• 2、Zoom公式サイトから起動する Zoom公式サイトに起動してから「サインイン」をします。 マイプロフィールのページが開くので「ミーティングを開催する」をクリックします。 Web会議の方法を「ビデオはオフ」「ビデオはオン」「画面共有のみ」から選択します。 主催者としてWeb会議を始める方法 Zoomを起動してからサインインをすると「新規ミーティング」「参加」「スケジュール」「画面の共有」の4つのメニューが表示されます。 主催者としてWeb会議を始める場合は「新規ミーティング」をクリックします。 Web会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Web会議の参加者を招待するには、下部メニューの「参加者の管理」をクリックします。 参加者一覧メニューが表示されるので「招待」をクリックします。 招待のコピーをクリックすれば、招待メールのテンプレート(URL、ミーティングID、パスワード)をコピーすることが可能。 また、上部のメールをタップすれば「デフォルトメール」「Gmail」「Yahoo メール」で送信することができます。 例えば、Gmailをタップすれば、自動的にGmailのメール作成画面が開きます。 あとは、宛先を入力してから「送信ボタン」をクリックすれば、招待メールを送信することができます。 Web会議の参加方法 主催者に招待された場合は、サインインなしで参加することが可能です。 主催者から届いた招待メールに記載されているURLをクリックします。 ZoomのWeb会議の参加に必要となる「Zoom. pks」ファイルが自動でダウンロードされるのでクリックしましょう。 Zoomインストーラが立ち上がるので「続ける」をタップします。 usからダウンロードフォルダ内のファイルにアクセスしようとしています。 Zoomが立ち上がるので「ミーティングに参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「ミーティングID」を「会議IDまたは会議室名」に記載してから「参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「パスワード」を入力してから「参加」をクリックします。 usからカメラにアクセスしようとしています。 Web会議の参加方法を「ビデオオフで参加」または「ビデオオンで参加」から選びます。 usからマイクにアクセスしようとしています。 「コンピューターオーディオに参加する」をタップすれば完了です。 あとは主催者から許可されるのを待ちます。 次は、主催者側の画面になります。 Web会議の準備が整ったら待機中になるので「許可する」をクリックしましょう。 Zoom(ズーム)の主な機能 ここまでは、ZoomでWeb会議を始めるまでの手続きについて解説しました。 ここからは、Zoomの主な機能について解説していきます。 文字でメッセージを入力して送信できるだけでなく、ファイルをパソコンやクラウド(Dropbox、OneDrive、Google Drive、Box)から供給することも可能です。 また、メッセージは、Web会議全員の共有するだけでなく、相手を指定して個別に送ることもできます。 ビデオ通話で参加できない人もチャットで意見交換することができます。 画面共有機能 Zoomには、パソコンの画面を共有できる機能があります。 パソコンの画面に表示されているWebブラウザ、Word、Excel、PowerPointなどをマウスポインターで指し示しながら説明することが可能です。 画面共有機能を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「画面を共有」をクリックするだけです。 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択をしてから「共有」をクリックすれば、画面共有がスタートします。 こちらは、相手側のパソコンに表示される共有画面です。 マウスカーソルを含めてパソコン画面がリアルタイムに共有されます。 Webカメラや音声で伝わりにくい事柄もパソコン画面を見せながら説明することで伝わりやすくなります。 録画(レコーディング)機能 Zoomでは、Web会議の様子を録画する機能が標準搭載されています。 これによりWeb会議に参加できなかった人でも内容をしっかりと把握できたり、議事録を作成する手間を省くことも可能です。 Web会議の録画方法は、Web会議中に下部メニュー「レコーディング」をクリックするだけです。 Web会議が終わるとレコーディングファイルがmp4形式でパソコンに保存されます。 (有料版であればZoomのクラウドに保存することも可能です。 ) なお、録画(レコーディング)機能を使えるのは、主催者または主催者から許可を受けた参加者です。 レコーディング中は、録画相手にも伝わる仕様になっています。 あとは、バーチャル背景で利用する画像を選択すれば完了です。

次の

Zoom

ズーム 会議 と は

下記クリックで好きな項目に移動• WEB会議:ZOOM(ズーム)とは? ZOOM(ズーム)とは、アメリカで最もよく使われているWEB会議室のことです。 Web会議はテレビ会議と同様に映像(ビデオ)と音声を使って、遠方の相手とのコミュニケーションを可能にするシステムです。 従来のテレビ会議システム(ビデオ会議システム)のように高価な専用システムを導入する必要がなく、インターネット接続環境、PC(パソコン)やモバイル端末(スマートフォンやタブレット)、カメラ・マイクがあれば、世界中どこからでも利用することができます。 参照: 「Skype スカイプ)なら知っているんだけど…」 という方も多いはず! わたしも、少し前までコンサルティングにはSkype スカイプ)を利用していました! が、しかし!! ZOOM(ズーム)という機能、Skype スカイプ)よりもはるかに良い!! 良すぎる!! というとこで、ZOOM(ズーム)を利用する参加者さんの、7つの疑問を徹底的に調べてみました! わたし、パソコンとか苦手…。 でも、これならできるかもっ! (初回のみ、ソフトをダウンロードする画面がでてきます。 ) 2)ZOOM(ズーム)、参加者の10個のメリットとは?できることが知りたい! ZOOM(ズーム)の参加者用のメリットを10個、簡単にまとめます。 アカウント(登録)がいらない。 接続が安定している。 1クリックで録画ができる(動画もファイルが小さい)。 ZOOM(ズーム)アプリをPCかスマホに入れて簡単に参加可能。 画面共有が相互に可能(スマホからでも大丈夫!)。 ホワイトボード、スライドやサイト、ソフト(Excel、PDFなど)を見ながら聞くことも可能。 自分のパソコンの操作をしてもらえる機能がある(リモートコントロール機能)。 世界中どこからでも受講できる(対面の臨場感あり)。 交通費がかからない。 最高!• 最高! 特に感動したのは、接続が安定している点です! ZOOM(ズーム)は、同時に50人も参加しても、安定しているビデオ通話システム! セミナーや会議の途中で接続が悪くなり、イライラすることもほぼ皆無! また、スマホからでも参加できるのは非常に使いやすいと思います! (PC、iPhone、ipadなどほとんど大丈夫!) 万が一、セミナーや会議当日に参加ができなくても、簡単に録画ビデオを共有できて便利ですね! (この場合、主催者のみが録画できるようになっていますのでお願いしちゃいましょう~!) 繰り返しビデオ(もしくは音声)を確認できる点も魅力的! 車の運転時など、移動中に繰り返し聞いてみるのも良いのではないでしょうか? ちなみに録画機能は 「Record on this computer」(PCに録画動画を保存する) 「Record to Cloud」(クラウドに録画動画を保存する) どちらかを選択します。 4つのデメリットをしっかり確認しておきましょう! 簡単にまとめてみました!• WEBサイトが英語でわかりにくい。 2016年6月に日本語版が提供されたまだ新しいサービス。 リアル開催に近いが、リアルではない。 そりゃそうだ。 LTE回線だと動画や音声が乱れる可能性がある(Wi-Fiなら問題なし) 正直、デメリットと言えばデメリットですが… 参加者にとってはデメリットと言えないのではないかと思っています。 (グループビデオは3名まで) しかし、実際には、人数が増えると接続状況が悪化します。 Skype スカイプ)のデータ通信量と比較すると、ZOOM(ズーム)は10分の1程度でかなり軽いので、安定していることが分かります。 参照 この表を一目見れば、ZOOM(ズーム)の素晴らしさが伝わるのではないでしょうか! わくわくが止まりませんっ!!! 5)ZOOM(ズーム)を使う目的とは?こんな方におすすめです! これからのWEB会議には、欠かせないものになってくるであろうZOOM(ズーム)! 以下の場合に、ぜひ使ってみてください!• 自宅にいながら臨場感たっぷりに学びたい方• 希望のセミナーや会議が遠方でなかなか足を運べない方• 小さい赤ちゃんなどがいて気軽に外出できない方• 子供を預ける場所がないけど、セミナーやワークショップに参加したい方• 交通費を節約したい方• 録画機能をフル活用して、何度も繰り返し復習したい方• 1:管理者から送られてきたURLをクリックします。 または、ブラウザのURLマグ(矢印のところ)に送られてきたURLを貼り付けます。 2:こんな画面が出てきます。 3:ダウンロードできたら「ZOOM launcher」をクリックします。 4:最後に、コンピューターでオーディオに参加をクリックします。 5:はい、これであなたはWEB会議に参加ができました。 めちゃ簡単!.

次の