ナムロック キー。 キーボードにある「Num Lock」「Caps Lock」「Scroll Lock」のランプの意味は?

NumLockキーとCapsLockキーとScrollLockキーの説明│キーの場所や、解除の方法

ナムロック キー

キーボードの右側には、数字のみで構成されている場所があります。 数字の他に +や- など計算を行う 演算子のキーも付いています。 計算を行うキーが揃っており、この部分を テンキーともいいます。 デスクトップパソコンなど やや横長のキーボードで見ることができます。 テンキーの左上に、NumLockキーがあります。 Numは、Numeric ニューメリックの略、数字や数値を意味します。 Lockは、ロックする、固定する。 つまり、数字のキーが使えるようにロックする、数字のキーで固定するという意味になります。 NumLockキーを押して有効にすれば、数字キーで使えます。 キーボードによってはランプがつきます。 NumLockキーを押して無効にすれば、数字キーのロックは解除されて ランプが消えます。 これらのキーは、主に文書やブラウザのスクロールなどで使うことができます。 キーボードには、数字の入力や演算子のキーが付いており、必ずしもテンキーが必要というわけではありませんが、Excelなどの表計算ソフトでは、ほとんど数字だけ入力するということもあります。 こうした時はやはりキーボード右側のテンキーが使われます。 テンキーのみのキーボードを、 テンキーボードといい別売りで市販されています。 主にUSB接続が使われます。 ノートパソコンやテンキーの付いていないパソコンでは、テンキーボードを付けて計算用として使うということもあります。 サイドバー.

次の

キーボードにある「Num Lock」「Caps Lock」「Scroll Lock」のランプの意味は?

ナムロック キー

こんにちは、ぽいふるです。 突然ですが、大発見しました。 前からね、仕事しててめちゃくちゃ邪魔者がいたんですよ。 それが、 「Num Lockキー」。 こいつですわ。 NumLockキーっていうのは、写真のようにテンキーの「7」の上にあるキーのこと。 テンキーっていうのは、フルキーボードの右側にある部分のことで、数字や四則演算記号を入力できたり、カーソルキーとして利用したりと、二通りの使い方ができる便利な領域のことで、エクセルや等でデータ分析を行ったり、文章を書いたりする際に、非常に重宝します。 で、そのテンキーを数字入力用に切り替えたり、逆にカーソルキー用に切り替えるのが、Num Lockキーの役割なんです。 つまり、テンキーを有効に使うために重要な切り替えキーなわけです。 ただね、最近ほとんどのキーボードって、テンキーとは別にカーソルキーがついてるんですよ。 なので、カーソルキーを使う際にはそっちを使うんで、実際にはテンキーで使うのは数字入力用としてのみなんです。 それにもかかわらず、昔の名残りなのか、NumLockキーはまだ付属してまして、しかも配置が「7」のキーの上にあるもんだから、うっかり間違えてボタンを押してしまって、カーソルキーに変換されてしまって、いきなり数字入力ができなくなるっていうことがよくあるんですよ。 もちろんもう一度キーを押せば、すぐに数字入力に戻せるので、「なんだ、そんなことか」って思う方もいるでしょうが、この些細なミスが結構イライラしてしまうんですよね。 特に集中してリズムよくデータ入力をしてる時なんかに、勝手に切り替わってしまうと、いったん画面から目をそらして切り替えなおさないといけないんで、そのリズムが途切れてしまって、作業に影響あるんですよ。 なので、僕にとってはこれは問題なわけです。 まさに「Num Lockキー問題」なんですよ。 でね、この「Num Lockキー問題」に悩んでいるのは僕だけなのかと思っていたんですが、ネット上でも結構このNum Lockキーに頭を悩ませている方が多いことがわかりました。 num lockを押し間違えてしまいます。 num lockを解除する気はないので、キー自体の操作の無効化などをする方法を教えてください。 pcはlenovo b590です。 とか、 NumLockキーを無効にできる設定があれば教えて下さい。 とかね。 やっぱりこれは重大な問題だ。 Num Lockキー問題を解決するだけで、イライラによるストレスも解消できますし、作業効率も格段に上がるに違いない。 というわけで、どうにかしてNumLockキーを無効化できないのか、方法を探してみたんです。 で、見つけたのはこれ。 邪魔なNumLockをOFFにして無効化・解除する方法(NumLockLock) 「NumLockLock」というアプリケーションソフトを使う方法で、アプリをインストールして設定すれば、簡単にNumLockを無効化することが出来るらしいです。 これも一つの方法ですね。 ただね、毎回そのアプリを裏で起動させていたら、やっぱり重くなってしまって処理能力の速度も遅くなってしまうんじゃないかと、それが気になるんですよ。 なので、もっとシンプルに無効化する方法はないものかと考えてました。 そこで心を鬼にしてキーを引っ張ってみました。 おどりゃぁあぁー! とれた!! とると、こんな感じ。 ちなみに全体はこんな感じ。 まぁ、もちろん見た目的なデザイン要素には少し問題はありますよ。 同じ職場の社員でも、Num Lockキー問題を知らない人から「あれ?キーとれてますよ?!」って言われ、そのたびになぜキーを外したか説明しないといけないっていう手間はあったりもしますし。 でも、実際、これを実行してから、めちゃくちゃ作業がスムーズになりました。 なによりも仕事に集中できることがめちゃくちゃ快適です。 ちょっとした手間にどれだけ集中力と無駄な時間を費やしてしまっていたのかを気付きました。 あまり大したことじゃないように思う些細な問題でも、それを取り除けば、圧倒的に効率的になるんですね。 あ、一応注意ですが、パソコンやキーボードが壊れても補償はできませんので、やる場合は自己責任でお願いしますね! ではっ! majicpie.

次の

【PC初心者必見】キーボード上にある3つのロックキーとは

ナムロック キー

2016. 26: 高速スタートアップの手順を追記。 1マシンでは、 PC起動時にテンキーが無効になってしまい、PCを起動するたびに「Num Lock キー」を押して毎回テンキーを有効にしなければならない症状が発生します。 以下、PC起動時にテンキーが無効になってしまう場合の対処方法をいくつか紹介します。 1も同じ手順で対処可能 主な対処方法• BIOSを起動して「Num Lock キー」の項目をONにする。 高速スタートアップを無効にしてみる。 レジストリを編集してみる。 一度 ログオン画面でNumLockを有効にしたら、Windows にログオンせずにそのまシャットダウンしてみる。 いずれか一つで解決する場合もあれば、複数の方法を実行しなければ解決しない場合もあります。 1の場合、UEFI BIOS 画面を起動するには以下の手順が必要です。 UEFIの起動手順• BIOS画面が起動したら、NumLockが有効になっているかを確認します。 ここをONにすることで、起動時にNumLockキーが有効になります。 対処法その2: 高速スタートアップを無効化する マザーボードとキーボードの組み合わせによっては、Windowsの「高速スタートアップ」を無効化しなければ「PC起動時のNumLock 無効」は解決しない場合があります。 無効化の手順• 手順だけを知りたい場合、Windows10用のページがお勧めです。 1用のページは手順の前にいろいろな前置きがあり、手順は後半に書かれています。 ざっくり読むには不向きです。 リンク先の手順概要 「コントロールパネル」>「電源オプション」から高速スタートアップを無効化する手順を実行します。 スタートメニューを右クリック 2. 「ファイル名を指定して実行」 3. 「InitialKeyboardIndicators」をダブルクリック• 1の場合 「80000002」または「2」と入力 Windows 8 の場合 OKボタンを押して値のデータを登録し、PCを再起動すれば設定完了です。 対処法その4: 上記の方法で効果がない場合 まだログオン時にテンキーが使えない場合、ここまでの変更に加えて以下の手順を行う必要があるようです。 ログオン画面でNumLockを有効にする• Windowsにログオンせず、そのままシャットダウンまたは再起動する 参考リンク&注意• 私の手元の環境では、レジストリの書き換えでログオン時のNumLockが有効になっている感じなのですが、キーボードとマザーボードの組み合わせや、PCの運用方法によってはかなり挙動が異なるようです。 場合によってはスタートメニューからシャットダウンするだけでログオン時にNumLockが外れてしまう・・・という感じでしょうか?思った以上に面倒臭いコトになっている感じです。

次の