ダクタイル パン。 Makuake|アウトドア料理が拡がる。軽いから毎日使いたくなる岩鉄鉄器の深型鋳物フライパン|マクアケ

軽い&手入れがラク!主婦が認めた鉄フライパン・岩鉄鉄器ダクタイルパン

ダクタイル パン

Makuake|アウトドア料理が拡がる。 今回は、 焼く、炒める、煮るもこれ一枚でカバーする万能型フライパンが登場!約 1,050gという驚きの軽さに加えて 錆びにくく、そして 使いやすい形を追求。 お家での毎日の料理はもちろんのこと、ワンパターンになりがちな アウトドア料理の幅もグッと広がるフライパンが誕生しました。 料理の幅を広げるカタチ。 鋳物のフライパンではめずらしい深型。 鍋とフライパンの中間とも言えるこの深さは、これ一つあるだけで、焼く、炒める、煮るまで 何でもこなせてしまうカタチです。 特に 持ち物を減らしたいアウトドアにおすすめ。 どうしてもワンパターンになってしまいがちアウトドアの料理のバリエーションをぐっとひろげてくれるんです。 シンプルにお肉を焼くのにも。 底面は直径およそ18cm あるので、ステーキ肉もなんのその。 熱ムラが少なく蓄熱に優れた鋳物だから、お肉も美味しく焼けるのです。 なにかと焼き物ばかりになりがちなアウトドア料理。 野菜や、さっぱりとした味のものも欲しくなりますよね。 そんなときは スープなどの煮込み料理にも。 熱伝導が良いので火の通りも良いのが嬉しいところ。 余った野菜でミネストローネも簡単につくれちゃいます。 もちろんカレーもこのフライパンひとつで。 深型だから、炒める時でも こぼれにくい形。 例えばチャーハンはもちろん、焼きそばなんかもできちゃいます。 もちろんお湯を沸かすのにも。 ソロキャンプから、2〜3人分を一気に作ることもできる 丁度いいサイズ感だから、一つずつ 順番に作らないといけないなんて手間も省けます。 ダッチオーブンをお持ちの方にも。 じっくり料理するダッチオーブンと、手早く幅広い料理ができる深型フライパンがあると、 アウトドアがもっと充実しますよ。 鋳物の良さはそのまま、圧倒的な軽さ。 鋳物の主な特性とは、熱伝導が良く熱ムラが少ないこと。 そして蓄熱性が高いこと。 しかし重くてはアウトドアに持ち出すのはおろか、お家でも使わなくなってしまいますよね。 今回の24cmは鋳物フライパン最軽量クラスのわずか1,050g。 鋳物の良さをしっかり引き出しつつ、使いやすい重さを両立。 そのためにたどり着いたのが側面1. 4mm、底面1. 8mmという厚みでした。 鋳物は厚すぎては重くなり、かつ熱の伝わりが遅く料理に時間がかかってしまうという欠点があります。 そのバランスを研究し、 本当に毎日使いたいと思える最高のフライパンを目指したのです。 錆びにくく、焦げ付きにくい。 70年にわたって鋳物と向き合ってきた岩手製鉄。 独自の表面改質処理により鋳物の弱点であった 錆びやすさを克服。 毎日使って欲しいフライパンだからこそ、 面倒なお手入れも不要に。 使用後は束子などで汚れを落としたら、火にかけて水気を飛ばすだけでOK。 従来の油を塗る作業も必要ありません。 岩手製鉄の「錆びにくい」鉄のヒミツ!! テフロン加工や琺瑯などのような表面加工とは全く異なり、窒素と酸素を鉄の表面に拡散させることで鋳物の素地を 表層改質 しておりますので、 錆を防ぐ ことはもちろん、 剥離や溶出などが起こりません。 お肉が美味しく焼けます! 蓄熱性の良さで肉汁を逃さず肉汁たっぷりで表面はカリッとしたステーキ屋さんのようなお肉がお家で簡単に焼けます。 表面の凹凸で焦げ付きにくい! 表面の凹凸に油が良く馴染み、少ない油でも焦げ付きません。 汚れもタワシでゴシゴシ洗うだけ。 お手入れ不要です! 取手が熱くなりません! 熱伝導率が低く、さらに本体と隙間を作っているため、取手が熱くならず素手で持てます。 鉄分が摂れます! テフロン加工やホーローなどのような表面加工はしておりません。 自然と鉄分が摂れるので、特に鉄分が不足しがちな女性にはおすすめです。 フライパン表面には鋳物独特の凹凸を残した仕上げにより、 油が少なくても焦げ付きにくくなっています。 こだわりは持ち手にも。 火にかけても熱くなりにくく、調理中も 手が痛くなりにくい厚みある持ち手に仕上げています。 奇をてらわず、シンプルなデザイン。 サイズ違いの岩鉄鉄器フライパンとも 重ねて収納しやすい形です。 鋳物のフライパンのいいところは、鉄分が摂取できること。 調理するたび、 自然に鉄分を摂取できるので、健康に気を使われている方にも特におすすめいたします。 鋳物フライパンがたどり着いた形。 焼く、煮る、炒めるもできる。 そして 軽い、錆びにくい、焦げ付きにくい。 料理をもっと美味しく、それでいてもっと料理をラクにする、鋳物フライパンが行き着いた形です。 家でも外でも、毎日使いたくなる。 ふだんのお家ではもちろんのこと、物を少なく抑えたいアウトドアにも抜群に活躍するフライパン。 きっとあなたも、気づいたら 毎日手にとってしまう相棒になるはずです。 鉄器の地、岩手から。 私たち岩手製鉄はその名の通り、岩手県北上市にて1949年に設立。 鋳物の原料となる銑鉄 せんてつ の生産にはじまり、製鉄で戦後の復興期を支えてきました。 現在では高い精度が求められる工業用の鋳物製品の製造を主に担っています。 鉄をつくるところから始まった岩手製鉄。 70年にわたる技術の蓄積は、薄く強靭な鋳鉄、窒化酸化処理による表面の改質などを生み出すに至りました。 そうした高度な技術は工業用製品だけにとどまらず、今回のフライパンの様に、もっと皆さんに 身近なものにも応用し、お届けできると考えています。 私たちが長年培ってきた技術で、身近な毎日の暮らしにも貢献できたら。 「岩鉄鉄器」プロジェクトはこれからも技術に磨きをかけ、新しい製品を皆さまにお届けして参ります。 リターンについて 今回の ダクタイルディープパン24の他に、 22cm、26cmの計3サイズと ダッチオーブンをご用意しています。 ソロキャンプからファミリーまで、そしてお家でも使いやすい、ちょうどいい大きさです。 「ダクタイルディープパン24」はIH対応のため、底面の中央が盛り上がった形になっています。 IHは直接底面が接していなくても加熱出来ますので調理には問題ありません。 もちろんガス火でも使用できます。 深さは高めの5cmになっているので汁気のあるものでも安心。 ソロキャンプや、一人暮らしの方、ちょっとした料理に。 鋳物なのに770gという軽さが取り回しやすいサイズ感です。 上端直径:22cm 底面直径:17cm 長さ 取手含 :39cm 深さ:5cm 容量:1. フタは裏返して調理に使用することも可能です。 縦 取手含 :25cm 横:16cm 深さ 蓋含 :8. 5cm 深さ 本体のみ :7cm 容量:1. しかしながら、開発中の工程において、技術上の問題等で、デザインや仕様が一部変更となってしまう可能性がございます。 また、製造スケジュールについては、プロジェクト成功を想定した数量で生産を調整しておりますが、想定を上回る皆様の応援購入を頂戴した場合、製造上の止むを得ない理由によりお届けが遅れる場合がございます。 上記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更がある場合は、できるだけ早く活動レポートなどで共有を行っていく予定です。 【ダクタイルディープパン24】を応援して頂いた皆様に心から喜んで頂けるよう、社員一同一つ一つ丁寧に心を込めて製造して参りますので、どうぞ応援よろしくお願い致します。

次の

ダクタイルパン 簡単焼き餅レシピ! : IWATETSU TEKKI 岩鉄鉄器 驚くほど軽いフライパン・鉄器

ダクタイル パン

「70年培った職人の鋳物技術で作った百年使えるダクタイルパン。 ダクタイルパン一つで色んな料理が失敗せず美味しく作れます。 火加減の調整が楽なので、料理初心者でも美味しく作れます。 鋳鉄の遠赤外線効果で旨味の元のグルタミン酸が増えるのでお肉自体の味もアップします。 ・深さを活かしてお鍋の代わりとして 深さが5cmあるので、お鍋の代わりとしても使えます。 カレーやシチューなど、材料を炒めてソースを加えればダクタイルパン一つで調理が完了。 汚れ物も少なくて済みます。 ・デザインがシンプルなのでオンザテーブルでお皿として シンプルなデザインなので、このまま食卓に出してもどんなインテリアにも馴染み、オンザテーブルでお皿としても使えます。 蓄熱性が高く、お料理が冷めにくいので、ゆっくり食事が楽しめます。 鉄は錆びるため、表面に錆止め塗装をする必要があります。 ところが、一般の錆止め塗装は使っているうちに剥げてしまうので、使った後は必ず油を塗ってメンテナンスする必要がありました。 岩鉄鉄器は洗ったまま乾かすだけで大丈夫! 面倒なメンテナンスは不要です。 また、表面の凹凸が食材との設置面積を小さくするので、焦げつきづらくなっています。 もし万が一焦げついてしまってもタワシでゴシゴシ洗えるので安心です。 その結果、フライパンは重量3㎏近い重いものになり華奢な女性では取り扱いに問題がありました。 しかし岩鉄鉄器は70年に渡り工業用製品の生産で培ってきた高い技術力で薄い鋳物を実現しました。 従来の半分の厚さでも十分な強度を実現しているので、重さも他の鋳物に比べて約半分となり女性でも楽々取り扱えるようになりました。 上:岩鉄鉄器 下:従来の鉄器 「ダクタイル」とは鉄内部の炭素を球状化する技術です。 炭素を球状化することで、薄くても強度が維持できますが、ダクタイル鋳鉄は薄くするのが非常に困難です。 岩鉄鉄器は70年にわたる工業用製品の製造で培った経験で球状化率80%以上を維持しつつ、薄い鉄器を実現しました。 この職人による匠の技と呼べる球状化率80%以上で薄肉の鉄器を実現できる鋳物会社は日本でも片手に満たない数しか存在しません。 持ち手の裏側をくり抜けば簡単に軽くなります。 でも、それでは持った時に手にくい込み扱いにくい。 手に馴染み、持っても痛くないー手に優しいデザインを求めて試作を繰り返しました。 完成した丸みのある楕円形のデザインは、持つ人の手に負担をかけません。 取手の長さにもこだわりがあります。 短過ぎると熱さが手に直接伝わり扱いにくいー20cmと適度な長さで熱さを感じにくくしました。 先端には色々なフックに掛けられるよう、大きめの穴を作っています。 でもダクタイルパンでは調理するたびに自然に鉄分が補給できます。 薄くすれば軽くなるーでも薄くし過ぎると鋳物の良さが無くなってしまう。 鋳物の蓄熱性の良さと扱いやすい軽さを両立出来ないか? 3年間、試行錯誤を重ねて辿り着いた結論は、1. 6mmの厚さでした。 また、鋳物独特の表面の凹凸を残した仕上げなので、油が少なくてもお肉が焦げつきにくくなっています。 6mmの厚さと表面の凹凸で、焦げつくことなく最高に美味しいお肉が焼けます。 6mmの厚さなので温まるのも速く、しかも蓄熱性が高いので、一度温めるとなかなか冷めません。 お湯で洗えば連続してすぐに調理が出来るので、時短になります。 底面直径:20cm 上端直径:26cm 長さ(取手含):46cm 深さ:5cm 容量:2L 重さ:約1. 鉄鋳物の本当の良さを知って欲しい。 鉄鋳物のフライパンは沢山あります。 鉄鋳物の良さを充分に活かしながら、扱いやすくて毎日使いたくなるフライパンを皆さんに使って頂きたい。 適度な軽さで扱いやすく、鉄鋳物の蓄熱性の良さを失わず、鋳物の凹凸を十分に活かしつつ、錆びづらいのでお手入れも簡単な理想のフライパンをお届けしたい。 そんな思いを持った職人達が、納得できるまでこだわり抜いた「岩鉄鉄器ダクタイルパン」 使ってこそ良さが分かって頂けます。

次の

軽い&手入れがラク!主婦が認めた鉄フライパン・岩鉄鉄器ダクタイルパン

ダクタイル パン

鉄のフライパンはすごいんだぞ そもそもフライパンってすごいんです。 目玉焼きから炒め物、ステーキやパンケーキ、餃子からレトルトの湯煎まで、毎日の生活で使わない日は無いほどに、フライパンって活躍しますよね。 その上で、「鉄」のフライパンとなると、とにかく「もつ」んです。 事実、僕がレギュラーで使っているフライパンは、18歳の時に3,000円弱で買ったものですが、そこから今日まで、23年間使い続けています。 そんな鉄のフライパンが長持ちするのは、作りが非常にシンプルだから。 基本的には鉄で鋳造されたフライパンは、いわゆるテフロンなどの加工をされたフライパンなどと違い「壊れる」ということがほぼありません。 例えばさび付いたり焦げ付いたりしても、金だわしでこすり落とせばリセットされますし、曲がったり欠けたりすることは本当に希。 削れることで薄くなることこそありますが、家庭ユースで「フライパンに穴が空いた」みたいなことは聞いたことがありません(よね?)。 鉄のフライパンは普及しない? なんてことを書きますと、じゃあ全ての家庭に鉄のフライパンが普及してないのはなぜ?みたいな話になります。 いや、実は普及していたんですよ、その昔には。 でも、表面をテフロンなどで加工したフライパンが流行するにつれ、便利さで劣る鉄のフライパンは敬遠されるようになりました。 鉄のフライパンは、そもそも重かったり、買ってきたらまずさび止めを焼き切る必要があったり、使い方を誤ると容易に焦げ付いたり、使用後は油をなじませないとさびだらけになってしまったり、最近だと食洗機で洗えなかったり…このように、買ってきてから常に「状態を維持する手間」を必要とするのがネックになったのです。 熱伝導率も良く、料理の仕上がりも最高、なんなら鉄分も取れるから貧血気味な方にもオススメしたいという素晴らしい調理器具なのに…! 実際、妻は鉄のフライパンの使い方を知りませんでした。 でも仕方が無いですよね。 もう家庭科の時間でも加工のあるフライパンを使う時代です。 鉄のフライパン、こんなに便利なのに、もうマニアだけのものなのかな…。 全ての鉄のフライパンを過去にする、ダクタイルパン なーんて話は、もう過去のものになりました。 いや、なるでしょう。 この、岩鉄鉄器のダクタイルパンが登場してしまったからです。 正直に言いましょう、いままで23年間、どんな調理器具も超えられなかった我が家の鉄のフライパンの序列がついに入れ替わってしまいそうです。 それくらいに、このダクタイルパンは「やばい」んです。 その最たる例が、あくまで鉄のフライパンなのに、こげつかないこと。 テフロン加工のような感覚で全ての素材がはがれます。 まずはフライパンの差がでる卵料理。 普通であれば、まだ油の馴染みがない使い初めの鉄のフライパンで、あまつさえ最初に目玉焼きを焼くとか狂気の沙汰ですよね。 焦げ付くにきまってるじゃないかと。 でも、がんばりました。 ダクタイルパンを信じてやってみました。 結果、簡単にヘラが入りました。 初回、ですよ?ちなみに続いてオムレツも焼いてみましたが、あまりにも簡単にひっくりかえせるので、ちょっと笑ってしまいました。 なんだこれは。 続いて餃子です。 僕の自炊人生25年のうち、 こんなに美しく餃子が焼けて、なおかつ「菜箸で全てはがせた」というのははじめてでした。 焼き味は鉄のそれで、しかも気持ち良いくらいにはがれる。 おいおいマジかよ、ってレベルですよ。 当然ですが、菜箸でも余裕なレベルですから、ヘラでも余裕です。 最強の餃子焼きフライパン誕生の瞬間ですよ。 せっかくなのでパンケーキも焼いてみましたが、このとおりですよ。 鉄フライパンならではのふわっとした焼き上がり、しかしサラッとはがれる不思議な感覚。 焼き上げ後はこのとおり、キレイにはがれているのがわかりますよね。 このように恐ろしいほどくっつかないわけですが、その秘密は岩鉄鉄器独自開発の、鋳物3層構造。 001mm)ほどの細かい凸凹が形成されるため、食材の接地面積が少なくなり、こげつきがおさえられます。 科学的な表面加工ではないので、悪意を持って削り取らない限りは半永久的に効果するというのも驚きです。 加工系のフライパンってだいたい2〜3年でどうにもならなくなりますからね。 食洗機に入れて良いという衝撃 さらにお手入れが恐ろしいほど簡単。 まずは調理が終わったフライパンをシンクに持っていきますよね。 お湯か水を出しますよね。 一般的な「たわし」でこすりますよね。 基本的にはこれで終了。 それでも気になる場合は、なんと鉄のフライパンには「禁忌」だった、洗剤+スポンジ洗いや、なんなら食洗機に入れてもOKです。 まっっったく問題ないそうですし、本当に問題出ませんでした。 どうなってるの? ちなみに鉄の調理器具を食洗機に入れたことがあればご存じかもしれませんが、これ、錆を発生させるメカニズムを全てこなすことになりますので、通常は一発で錆だらけになります。 うちの妻がやってしまったこともあります(笑)ところが、このダクタイルパンでは大丈夫なのです。 これは長年の鉄フライパンユーザーとしては「驚き」のヒトコトです。 お湯洗いで十分にキレイになるため、食洗機に入れるようなシチュエーションがそんなに発生しない調理器具とは思いますが、これがOKなのとNGなのでは、気持ち的に大きな差が生まれますよね。 恐るべし、ダクタイルパン。 あえて言おう「進化した」フライパンであると ここまでくると、このダクタイルパンって「 進化した鉄フライパン」としか思えないんですよね。 そもそも従来の鉄フライパンって使って育てて、まっとうに使えるようになるのって1〜2週間後くらいかと思ってたんですが、こいつは違う。 買ってきて、開封して、最初だけ(汚れてるかもしれないから)食器用洗剤で洗って、そこからすぐ使えます。 たぶん時間にして5分くらい。 油の馴染ませも、不要。 錆を防ぐ酸化膜の焼き切りも不要。 なんなんだ、これは…。 そういえば、鉄のフライパン特有の、毎使用前の油のなじませ(=白煙が出るまで熱し、そこから使用量外の油を馴染ませ、油をオイルポットに戻してから調理を開始するあの儀式)も不要ですし、当然ですが洗浄後の油の塗布も不要です。 信じられない。 あまつさえ、鉄のフライパンでは絶対に不可能だった「常温からの調理開始」も可能です。 そして「油不使用調理」も問題なし。 これも鉄フライパンではだいぶ難しかったですよね…。 どれだけ調理の幅を広げてくれるんだって話ですよ。 「でもね」な部分がほとんどない ちなみに「とは言っても重いよね」と思っていた重量ですが、想像以上に軽く、我が家で最も使われている同じサイズのテフロン加工フライパン(1. 4kg)に対して、ダクタイルパンは1. 2kgしかありませんでした。 え、ダクタイルパンのほうが軽いの?と僕が驚いてしまいましたよ。 ということで、鉄のフライパンを人に勧めるとき「めっちゃいいよ、でもね…」の、「でもね」の部分がほぼゼロです。 むしろ「これにしてくれ」の世界かと思います。 もしあるとすれば、長時間調理だと持ち手が熱くなることくらいかなと思います。 でも、1枚板だから仕方がないのです。 でも、いま使っているフライパンよりぜんぜん熱くなりませんし、餃子みたいに長時間加熱する調理でも、ミトンが必要なレベルの熱さは感じませんでした。 あとは、表面の凸凹のせいで、スポンジを使うとスポンジ側が負けちゃうことかな。 キッチンペーパーもこすると負けますね。 洗浄については「たわし」が間違い無く、調理中にキッチンペーパーで表面をふくのであれば「こする」のではなく「たたく」のが良さそうでした。 細かいですけどね。 のりおのまとめ 率直にいいますと、僕はレビューのとき、悪い部分も必ず併記するようにしたいんですよ。 それが本来のレビューの姿だと思うし、実際そのほうが信憑性が高まりますよね。 リアリティあります。 でも、残念ながらこのダクタイルパンは、そういった悪い部分を探すのがとても難しかったです。 前述のとおり、スポンジが負けちゃうとか、そういうどうでもいいことしかありませんでした。 こんなに推しまくったらヤラセに見えちゃいますよね…でも、仕方が無いのです。 本当に、やばいくらいに、素晴らしい商品だから。 信じられない、でもこの現実を信じるしかない。 ぜひ、使ってみてこの衝撃を味わってください。 そして、調理中に「フフッ」って笑ってしまう、この不思議な感覚を体験してみてください。 (会員登録後、ログイン状態でご購入ください) ダクタイルパン(26cm).

次の