インスタントカメラ 使い方。 チェキの使い方講座!チェキmini8+の使い方をマスターしよう!

チェキの使い方講座!チェキmini8+の使い方をマスターしよう!

インスタントカメラ 使い方

ライカならではのデザインに、うっとり。 こんにちは、です。 写真好きなら一度は憧れるといっても過言ではないライカ(Leica)のカメラ。 そんなライカから2016年11月19日に発売となったのが、ライカカメラ社初のインスタントカメラ「」です!発売前から気になっていたのですが、今回実物を手にする機会を頂いたので、実際に使ってみたレポートをお届けしたいと思います。 「ライカ ゾフォート」って、どんなカメラ? ライカ ゾフォートは、撮影したらその場でプリントされるインスタントカメラ。 ハイエンドなカメラで世界中のカメラ・写真ファンを魅了しているライカから、様々なシーンで楽しめて誰でも簡単に使うことが出来るインスタントカメラが出るということで、発売を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。 ドイツにあるデザインチームが今回のモデルのために特別にデザインを開発したというライカならではのデザイン性はもちろん、使い心地や機能性までこだわったカメラです。 圧倒的なデザインのかっこよさ! まず最初に実物を目にしたときの感想は、「写真で見るよりかっこいい!」でした(笑)。 これを持ってカメラ散歩したいなぁと思ったのはもちろん、お部屋に置いておくだけでインテリアとしても楽しめそう。 ボディの色は、オレンジ、ホワイト、ミントの3種類から選べます。 ホワイトはモノトーンがかっこよくて私は一番好みでしたが、オレンジもミントも、ちょっと北欧っぽさを感じるような、絶妙にかわいい色でしたよ。 それぞれ素敵で、迷ってしまいますね。 普段スマホ撮影が多いという方にとっては、こうやってファインダーを覗いて、被写体を画として収めるという体験は新鮮かもしれませんね。 その場でプリント出来るインスタントカメラは、仲間や家族とパシャパシャ撮影するのが楽しいので、これからのパーティーシーズンで活躍しそうです。 撮影したい被写体に合わせて、設定を選んでみて下さいね。 自動モードでは、できる限り内蔵フラッシュを作動させずに自然光を活用してくれるんだそう。 だから、被写体を自然な雰囲気で写してくれるんです。 その他の撮影モードは、人物&パーティー、アクション&スポーツ、接写などを選べるほか、二重露光やバルブ(長時間露光)撮影も可能です。 電池残量とフィルムの残数も、こちらを見ればわかります。 選択したプログラムモードに関係なく、このリングをスライドすることで撮影距離の調整が出来ます。 様々なモードと、撮影距離のチョイスで、撮影の幅がひろがりますね。 いろいろ撮影してみました! すでにデザインのかっこよさに魅了されていた私ですが、使ってみてもその楽しさにがっつり心掴まれちゃいました。 ここからは、実際に撮影した写真をお見せしたいと思います。 ゾフォートに合わせて発売されたフィルムは、カラーとモノクロの2種類。 今回は、両方を使ってみました。 カラーフィルムで撮影 まずは、基本のカラーフィルムで撮影した写真たちです。 特別なものではなく、自宅のお部屋の中やいつも通っている道で撮影してみたんです。 撮れた写真を見てみると、予想以上の描写力!くっきり鮮明に撮れた印象です。 日常を、とっても鮮やかに切り取ってくれました。 二重露光 続けて2回撮影すると、その2回分の絵が重なってプリントされる二重露光の機能。 光源に向かって手をかざして一枚目を撮影し、そこにお花を撮って重ねてみました。 定番の重ね方だけどやってみると楽しいですよ。 もう一枚は、電線のある風景に赤い実を重ねて冬っぽく。 いろんな重なりを楽しみたくなります! 長時間露光 暗いところに弱いイメージのあるインスタントカメラですが、この機能があれば夜のイルミネーションや暗いカフェの中での撮影なんかも可能なんです。 私は会社の近くの提灯がかわいいお店をパシャリ。 上が自動モードで、下が長時間露光モードで撮ったものです。 下の方が、店内の様子もしっかり描写出来ていますよね! モノクロフィルムで撮影 普段モノクロを撮らないので、ドキドキしながら撮影してみました。 色がないので、光と影、線と面が際立った写真になりましたよ。 上の写真は、何気ない風景だけど、光の線が写ったのには感動!これは、新たな楽しみを覚えてしまいました(笑)。 インスタントカメラはその場でプリントされるので、いろいろ試しながら撮影していくのが楽しかったです。 目的のない街歩きでも、ゾフォートをお供させればクリエイティブなお散歩になりますよ! アクセサリーまでかっこいい! かっこいいのはカメラ本体だけではありませんでした!カメラストラップ等の、ゾフォートを更に楽しむためのアクセサリー類も、様々なものがラインナップしているんです。 ここでは、私が気になったものをいくつかピックアップしてご紹介します。 ライカ ゾフォート ストレージボックス こちらは、3個セットのボックスで、ゾフォートのボディに合わせた3色が使われています。 撮影したフィルムを収納するのにちょうど良いサイズなので、思わずたくさん撮影してしまっても、かわいく収納しておけますね。 ライカ ゾフォート フォトディスプレイ これは、写真を台紙に収めることで、カレンダーのように写真を楽しめるアイテムです。 シンプルさが写真をより引き立ててくれます。 ライカ ゾフォート フォトアルバム もちろん、アルバムもありますよ。 こちらもすっきりとしたデザインが魅力的。 このアルバムに写真を入れてギフトにしても良さそうです。 写真をただ撮るだけでなく、作品として残せるというところまでゾフォートは提案してくれているんです。 このカメラを持つことで、写真の楽しみ方が広がる! インスタントカメラは良くイベントの時に活躍していますが、ライカ ゾフォートは、そういった特別な時だけでなく、日々お供させて写真ライフを楽しみたくなるカメラだなぁと思いました。 普段スマホばかりという方にとっては、写真を作品として残す醍醐味を感じることが出来るカメラになりそうだし、デジタル一眼レフのような本格的なカメラを使っている方には、手のひらサイズにプリントされる写真の楽しみを改めて感じるという体験をさせてくれそうです。 写真のレベル問わずに楽しめるカメラって、意外と他に無いかもしれませんね! インスタントカメラを持っている方も、そうでない方も、こちらの「ライカ ゾフォート」でライカのカメラを持つという喜びを味わってみませんか? ライカ ゾフォート• Follow Me! heart.

次の

チェキの使い道は?チェキのおしゃれな使い方と撮影方法を紹介|Tavishot【旅行カメラレンタル】

インスタントカメラ 使い方

インスタントカメラは基本的に、デジタルカメラやスマートフォンのカメラより機能が劣ります。 そのため普段と同じような感覚で撮影をすると被写体がブレてしまったり、上手くピントが合っていなかったり、失敗写真を作ってしまうことが多くあります。 しかし、近年ではカメラ初心者でも安心して使用できるように、撮影を補助する機能が搭載されているものが発売されました。 例えば、 明るさの自動調節機能は、写真全体の明るさを丁度よく調整してくれます。 また、シャッタースピードを速くできるインスタントカメラは、 手ブレすることなく全体をはっきりと写すことが可能です。 インスタントカメラ独特の失敗写真を楽しみたい人はシンプルなモデルでもよいですが、フィルムがもったいないので あまり失敗写真は出したくないという人には、補助機能が搭載されているカメラをおすすめします。 チェキは全体的に可愛らしいデザインのものが多いので、少し外では使いづらいな…と感じてしまうかもしれません。 しかし、この「instax mini 90 ネオクラシック」は、 大人が使っても違和感がないクラシカルなデザインで、非常におしゃれなアイテムです。 シャッターボタンが2つあり、縦・横で撮影が行えます。 二重露光モードでは、 1枚のフィルムに画像を重ねて印刷することができ、フォトジェニックな作品を撮ることができます。 機能やデザインの完成度が高いのに、販売価格は抑えられているので、 インスタントカメラの中ではコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。 最大10秒の音声を記録し、再生に必要な情報をQRコードに変換して写真とプリントすることができます。 音声メッセージで思いを伝えることはもちろん、海の音や動物の鳴き声を記録すれば、情景をリアルに伝えることができます。 Bluetooth接続することで、スマートフォンで撮影した写真のプリントが可能。 また、リモート機能が搭載され、スマートフォンでシャッターを切ることができるので、 ローアングルやハイアングルに手こずることはありません。 シンプルな形状でありながら、細部には メタリックパーツが使用され、高級感があるデザインに仕上がっています。 インスタントカメラをデジタルカメラと同じような感覚で楽しみたいという方におすすめです。 インスタントカメラでは珍しく 背面液晶ディスプレイがあるので、撮影データの確認が簡単。 気に入ったデータだけを引き出し、フィルムに印刷することが可能です。 また、撮影データはスクエア型を採用しているので、トリミングすることなく、Instagramへアップロードすることができます。 このinstax mini8プラスはカラーリングが豊富で、 ココア・ミント・ストロベリー・ハニー・バニラの5種類から選ぶことができます。 どのカラーもポップな色合いでとても可愛らしいです。 フォルムは全体的に丸く設計されているので、 カメラがイメージさせるメカメカしい印象は感じません。 ショルダーストラップが付属しているので、楽に持ち歩くことができます。 インスタントカメラを使うことでまた一味違う思い出が作れるかもしれません。 セルフィーにも対応可能 フィルムとデジタルのハイブリッド。 トップクラスの高機能 音を記録する新しいインスタントカメラ!音声メッセージで... 自撮りを楽しみたいなら断然コレがおすすめ 値段と機能のバランスが取れた、コスパ抜群のおしゃれイン... 0、iOS 9.

次の

インスタグラムとは?意味や使い方を解説

インスタントカメラ 使い方

にする 一般のカメラと違い、電源ボタンが角ではなくレンズのとなりにあるのが特徴です。 最初はどこが電源ボタンなのかわかりづらい 笑 電源ボタンを押すと、上の写真のようにレンズが飛び出してきます。 組み替えフォトは、被写体を何枚かに分けて撮影する撮り方です。 被写体を何枚かに分けて撮ることで、こんなにおしゃれな写真が撮れちゃいます。 These skills are on another level! 📸 by — instax HQ instaxHQ 数枚に分けて撮影するだけなのに、まるでアート写真のようにおしゃれ感を出すことができます! 服なんかもチェキで複数回に分けて撮影。 それを並べてスマホでパシャりとすれば、ちょっと面白い写真が撮れちゃいます。 This deserves an medal! by 😍🏅📸 — instax HQ instaxHQ 顔でかっ!(笑) チェキの使い方は無限大ですね〜! メッセージを書き込んで最高のプレゼントに! チェキにはメッセージも書き込めるので簡単なアルバムを作って結婚式のサプライズプレゼントにするのもおすすめです! 写真の下にコメントを書くだけで、写真がもっと特別なものになります。 この機能をつかいこなすことができれば、失敗してフィルムを無駄にすることもありません。 基本的にはランプが点灯しているところにダイヤル機能を合わせれば、綺麗な写真が撮れます。 モードによってF値が変化するので、それを表にまとめました。 それぞれのマークがどのような値をとるのか見ていきましょう。 マーク 撮影環境 F値 家マーク 屋内・夜間 12. 7 曇マーク 曇り・日陰 16 晴れマーク 晴れ・薄雲 22 快晴マーク 快晴 32 それぞれのモードでどのように変化するか、公式から写真を引用して説明します。 それぞれのモードで光を取り込む値が違うため明るさに違いが出ます。 明るさ調整ダイヤルの光っている部分に合わせると綺麗に写ります! さらに深くチェキの撮り方を研究してみたい方はやなどの、をしっかり勉強すると、もう1ランク上の写真が撮れますよ〜! 肌の色を明るくみせるハイキーモード ハイキー(HiKey)モードとは、通常よりも明るくて、ふんわりさわやかな写真が撮れるモードのことです。 html 詳しく説明すると、このモードではF値が最も低い値に設定されています。 上の写真のように肌が白くなるようなぐらい光を取り込むので、アーティストのような写真になります! このようにモードによって大きく写真も変わってきます。 写真がまだ全然わからないという人のために、少しF値について説明します。 とは、絞りの開き具合のこと(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。 絞り値と表されることもあります。 室内や夕方には、明るい家モードがおすすめです。 白っぽい写真になり、被写体にピントが合い背景はボケけたような写真になります。 明るい場所での撮影では快晴モードがおすすめです。 実際に30cmの距離で撮るとピントが合わず、ぼやけたような画像になってしまいます。 色は左から、ストロベリー、バニラ、ミントです。 他にはハニー(黄色)ココア(茶色)もあるそうです! けっこう大人な雰囲気のお店でしたが、そんな雰囲気ともがっちり合ってます。 (酔っ払いのおじさんに持ってもらってます) お酒との相性も意外とバッチリ! テンションも上がったところで友達と自撮りしてみま〜す! パシャリ! …かんたん!! ウイーン(写真がでてくる音) 本体の上部から撮った写真がでてきました。 おっしゃれー! 簡単なのに、超簡単!めちゃくちゃ盛り上がりました(笑) 嬉しすぎてドヤ顔。 これ超楽しいので他の人にも体験してほしい!! 周りにいる他のお客さんにもチェキを試してもらいました。 。oO チェキは自分で撮って楽しいだけじゃなく、その場の雰囲気を和やかにしてくれます。 いつもの飲み会でもチェキが1つカバンに入ってると、その日の思い出はちょっと特別になりますね。 結論:チェキはめちゃくちゃ盛り上がる! mini8とmini8プラスの違い とても似た名前のチェキのmini8とmini8プラスの違いはなんでしょうか? 簡単に言えば、 同封品に「チェキ活用book」と「接写レンズ」が入っているかどうか、また、セルフショットミラーが本体に付いているかどうかです。 mini8プラスの違いは、 フィルムの大きさと SDカードに保存できるかどうかの2点です。 チェキ mini8 プラスとの違いとして性能はほとんど変わりませんが、前の機種には後に説明する「セルフショットミラー」がついてません。 ミニオン好きにはたまりませんね!ミニオンを真似た黄色と青のボディに手足が生えてたり、レンズの部分が目のようになっていたり、見た目のかわいさだけで欲しくなってしまいます…。 (以外と高い) (レンタルだとフィルムもセットでついてくるのでおすすめです) instaxのフィルムはなんと約20種類ものバラエティがあります! シンプルなものから、柄付きのものまで様々です。 もっと詳しく知りたい方はをご覧下さい。 デジカメでは味わえない魅力があります。 みんなで変な顔して、ウィーンて出てきて、みんなでワッハッハ!!って感じで超楽しい!!! 写真を撮るだけでは終わらない、撮っている瞬間こそが、仲間との楽しい思い出になる。 そしてその思い出を1枚に詰め込める。 デジカメと比べて解像度がないとか、発色が悪いとか、そんな画質で比べられるものではありません! ぜひ一度使って、この楽しさを感じみてください!! 一番気をつけて欲しいのがフィルムです。 チェキには色々あって楽しいです。 このプリンターはスマホやデジカメで撮影した映像をそのままチェキでプリントアウトできる優れもの。

次の