アンコウの雄。 深海生物「アンコウ」のスペックが凄すぎる!(ただしメスに限る) : カラパイア

交尾でオスとメスが融合する!? 謎すぎるチョウチンアンコウの生態

アンコウの雄

今回紹介する本は『生き物の死にざま』です。 この本はとても詞的で、『生きること』そして、『死』についてとても考えさせられる一冊となっています。 生きているということは常に『死』が隣り合わせにあるということ。 そんな生き物たちが死ぬとき、何を思うのか? 生き物たちはみな、異なる人生を歩み、人間には考えられないような死を遂げることがあります。 我が子の犠牲になる者。 種族の繁栄のために自らの命を捧げるもの。 ただひたすらに漂い、食べられるもの。 そんな生き物たちの死にざまを想像すると、生きるということに正解なんか無いんじゃないのか。 生きる意味というのは人それぞれで、自分に合った生き方がきっとあるんだと思わされます。 生きていること自体が素晴らしい。 きっとそうなんだ。 もっともっと生き物たちの姿を私たち人間は見なければいけないんだと感じます。 この地球で人間は好き勝手生きています。 しかし、地球は人間だけのものではありません。 生き物たちすべてのものなのです。 本を読んでみて…. この本を読み、私の中で一番衝撃だったのはチョウチンアンコウのお話です。 チョウチンアンコウは深海に生息し、餌を頭部から出ている発光する誘因突起でおびき寄せ捕獲することで有名な魚で、ご存知の方も多いと思います。 その生態はまだほとんど明らかとなっていないのですが、チョウチンアンコウの雄がとても特徴的なのです。 チョウチンアンコウの雄と雌は大きさが大きく異なり、雄は成長しても4 cmにも関わらず、雌は40 cmほどに成長します。 その差はなんと10倍。 そして、そんな雄は驚くべきことに雌と出合うとその体に噛みついて、雌の体から体液を吸収し、養分をもらって暮らすのです。 捕獲された当初は、雌が何かの生物に寄生されていると考えられたのですが、調査が進むにつれて雄ということが分かってきました。 そうしていくうちに雄の体は退化し、ヒレや眼さえも失ってしまいます。 最終的には内臓も退化していき、子孫を残すための精巣だけを発達させていくのです。 雄は雌と同化し、自らは精子を供給するだけの存在となって、雌と共に生き、死んでいきます。 チョウチンアンコウの雄の生き方を知ってあなたは何を思いますか? 紐でしかない雄は情けないのか?それても雄としての役割を立派に果たすすばらしい死にざまなのか? 少なからずとも彼らはこの行動によって生き残っているということは揺るがない事実です。 この本にはまだまだ生き物の魅力的な死にざまが描かれています。 ぜひ、読んで生きるとはどういうことかを考えてみてはいかがでしょうか? 本の詳細 『生き物の死にざま』 著者 稲垣栄洋 イラスト わたなべひろみ デザイン 大野リサ 発行者 藤田博 発行所 株式会社草思社.

次の

チョウチンアンコウ

アンコウの雄

オス体長は2cmくらい 人間の世界では女性に養ってもらう男を ヒモと呼びますが、 オニアンコウのヒモ生活は徹底しています。 メスの体に噛み付き 融合し、メスの血管から栄養をもらって暮らしているのです。 中には1匹のメスに複数のオスが寄生しているケースもあります。 隠れコラム「究極の愛のカタチだね」 雄が提供するのは精子だけ このような寄生生活はどのようにして始まるのでしょうか? 体長はメスが 約10cmでオスは 約2cmと、オスはメスよりもだいぶ小さいです。 ですがオスには優れた嗅覚と鋭い歯があります。 オスはメスの放出するフェロモンをかぎつけメスを見つけます。 メスを見つけたオスは、メスの体にかぶりつき、 徐々に一体化していきます。 やがて 眼と歯は退化して体内からは内臓も消えます。 そしてメスから栄養をもらえるようになったオスは 精巣だけを発達させていきます。 最後にはメスの命令によって 精子を出すだけのイボになります。 隠れコラム「究極のヒモですな」 メスとしては繁殖相手を見つけるのが困難な深海で、雄を呼び寄せて寄生させることで繁殖の機会を逃さず、確実に出産できます。 対するオスは捕食に苦労せず子供を作ることができます。 隠れコラム「りあるフュージョン!悟空もビックリ!」.

次の

アンコウとは

アンコウの雄

アンコウはその姿だけではなく、生き様もすごい。 アンコウのメスはその色や形も様々で大きい。 一方オスのアンコウは、とても小さくメスの3分の1〜13分の1程度の大きさしかない。 ミツクリエナガチョウチンアンコウ科など少なくとも4科のオスは、メスに寄生して生活することが知られている。 これらの寄生性の雄は種特異的なフェロモンを介して雌を発見し、腹部に噛み付いて一体化する。 雄の体には雌の血管が伸びて栄養供給を完全に依存するようになり、生殖以外の機能は退化するという。 故にオスは体全部が生殖器のようなものとなっている。 メスはそのカモフラージュ能力も高く様々なものに擬態する。 そうやって油断させておいて、頭部にくっついている誘引突起(イリシウム)とその先端についている擬餌状体(エスカ)を利用し、餌となる魚をおびき寄せる。 これをヒラヒラ振り回されると、まるで猫じゃらしのごとく、魚たちはうっかり近づいていってしまい一瞬にしてパクっと食べられてしまう。 チョウチンアンコウレベルになると、この擬餌状体(エスカ)に発光するバクテリアを共生させる共生発光器が搭載されている。 暗闇の中を光らせることで更に捕獲力はアップする。 江ノ島水族館が撮影した発光するチョウチンアンコウの貴重な映像 だがそれだけではない。 なんと共生発光器からブワっと発光液の放出することもできるのだ。 これにより獲物の目を眩ませることもできるというのだから、向かうところ敵なしといったところだろうか。 こんなにメスだけが高性能に発達してしまったら、オスはもう、全身生殖器でもしょうがないのかもしれないね。 それでアンコウ世界はうまく回っているのだから、これはこれでアリなんだ。

次の