ガードレール の とげ。 突破ファイル 突破ファイル】

愛宕山(京都)の登山ルートと所要時間を解説!アクセスは?夏と冬の服装も紹介!

ガードレール の とげ

いたずらとしたら悪質。 道路交通法に抵触するか検討も必要」と話した。 推理合戦 ネットでの説といいつつ、そんなこと言われてるのか?という「説」が報道されているような感じ。 確かに2ちゃんねるとかでは何でも言われてるだろうけど……。 専門家の見方も分かれる。 インターネットでは、違法に設置された「捨て看板」を止めるための金具説や、カルト宗教団体によるものとする説など、憶測も飛び交っている。 ちなみに、ネットの一部で「捨て看板留め具」説の図解として流れている写真は、実は捏造なので注意。 最も有力で、埼玉県警行田署はこの日、先月3日、同県吹上町で起きた乗用車の自損事故で、長さ約17センチの細長い三角形状の金属片が、ガードレールに残っていたことを明かした。 また福岡県警も、同県久山町のガードレールで同日見つかった三角形の金属片は「車体が接触し、一部がちぎれたとみられる」と発表した。 ガードレール工業(愛知県)でも「通常のガードレールは、順行している車が左側面をこすっても、継ぎ目部分に引っ掛からないように重ね合わされている。 逆行してきた車が右側面をこすり、一部の破片がレールの継ぎ目に挟まれたままになった可能性は考えられる」と話している。 ただ当初報じられた、何者かがネットであおったとの説については3日夕現在、その種のサイトや書き込みは確認できず、否定的な声が強い。 ただ埼玉県の看板業者は「捨て看板は針金で巻くことはあるが、金属片を使うような手間がかかる設置はしないし、聞いたことがない」と否定的だ。 ただ、都内のメーカーは「レールの車道側につける時も、今は車にぶつからない程度の高さになっている。 デリネーターではないと思う」。 このほか、ガードレール設置工事業者が部品を外し忘れたなどの説もあるが「この種の金属片は作業で使わないし、部品でもない」(都内のメーカー)。 「超常現象誌編集部」の回答に味がある。 何かの陰謀を切望してるかんじ(韻を踏んでみました)。 商業メディアが「事実」よりも「絵になる」「話題になる」を求めるというのが今回の件でも如実に表われていると思う。 犯罪心理学者、見事な推理!? で、こういう「事件」があると、マスコミによく登場する「心理学者」とかがしたり顔でコメントをし始めるわけである。 こんなことやるのはこういう奴に違いないってわけで。 それがどれだけ「当たってきた」かは知らないが、とりあえず、今回の件について、新聞検索で出てきた分だけまとめておく。 ついでにその人たちの著書へのリンクも。 複数犯ならネットや口コミを介して愉快犯的に広がったことが考えられる」と分析している。 というより単独犯ならこの行動力はすごすぎる。 まあ記者に聞かれて答えただけなんだろうが、このコメントなら誰でも言えそうだ。 水田恵三氏の著書• 一方、「ネットであんなことを呼びかけて賛同する人がいるのか」と疑問を呈するのは聖学院大非常勤講師で精神科医の作田明さん。 「社会的に不安な気持ちを持っている閉鎖的な団体などが、自分たちの力を示すためにやったのでは」とみる。 「世間を騒がすためには被害は大きい方がいい。 人を傷つけるのを狙っているのは明らかだ」 森先生のコメントについて。 こういうメディアで「推測」を発言する前に、実際にネットでの呼びかけとかその徴候があったのかどうかなどを調べてからものを言うべきではないだろうか。 作田先生については下で。 森武夫氏の著書• 愉快犯、模倣犯が広めた可能性は低い」とみる。 作田講師は「人を傷つけて全国的な騒ぎにし、社会に不安を与えようと考えているグループが組織的に行っているのではないか」と推測。 「こういう事態が起こると予言したうえで、『予言が的中した』とアピールしようとした可能性もある」として、閉鎖的で反社会的なグループによる犯行の可能性を指摘する。 作田先生はイマジネーション豊かだなあ。 というか、どういう予言なんだろう。 「ガードレールに金属片がつくぞ!」って予言じゃないだろうし。 「尖った三角の金属 苔むし、錆びて、若者を切り裂く すべての土地で気付かれて列島は騒然 その前後、二本足の動物が人類の尊厳を脅かす」なんて予言詩をノストラダムスが残していたとも聞かないしな。 作田明氏のサイトと著書• インターネットの掲示板では、「路上の捨て看板を設置する際に使われた留め金の残骸ではないか」「ガードレールに取り付けられた古いタイプの衝突防止用反射体が車の接触などによって露出、変形したのでは」などの推理が展開されている。 ほかにも、社会に不安を与え、その反応を分析する反社会的組織の犯行説もある。 「確信犯」という言葉、本来は「道徳的、宗教的、政治的な確信に基づいて、違法な行為をむしろ正しいと信じてなされる犯罪」であって、「悪いと思いつつやる犯罪」は誤用なのだが、まあそれはいいか。 岩井弘融氏の著書• 街の落書きの字体が伝播する現象を重ね合わせてみてしまった。 路上駐車をさせまいとやったのかと考えたが、場所と数の多さでその考えは頓挫した」と首をひねる。 これはおまけ(笑)。 漫画家が何を言おうとネタということで済むしな。 やくみつる氏のページと著書• まあ事故車の一部というのが妥当だろうと思うのだが で、「事故車の一部」という説については、明確な証拠があがってきている。 そうじゃなくて「明らかに人為的」とされた例についても、やっぱり車という可能性は高いようだ。 車体の傷口は鋭くとがっており、各地で見つかった金属片の特徴と一致する。 福島県警もこうした事故例を把握しており、金属片の多くは、事故の痕跡との見方を強めている。 福島県警交通部の幹部は、ガードレールに車体の鉄板が引っかかった事故現場を見たことがあると説明した上で、「全国で見つかった金属片の中に、故意に設置されたものがある可能性は否定しないが、(金属片は)自動車事故による車体の一部と考えるのが自然だ」と指摘する。 さらに、この幹部は「ガードレールの継ぎ目やボルトのすき間は狭いが、車がガードレールにぶつかった衝撃ですき間が広がる。 はぎ取られた金属片が付くのは不思議な現象ではない」と言う。 先月三日午前三時ごろ、行田市の運転手男性(43)が緩い左カーブでセンターラインをオーバーし、対向車線のガードレールに衝突した。 この際、右前部の運転席ドアがガードレールの継ぎ目に挟まり、根元から約十七センチがはがれたという。 共に二等辺三角形で、ガードレールの継ぎ目に縦に並ぶように突き刺さっていた。 金属片と事故車の車体の欠落部分が完全に一致したことなどから交通事故による遺留品と断定した。 金属片は継ぎ目のボルトを緩めないと取り除けないほど固く押し込まれていて、全国で見つかっている金属片と共通の特徴を示していたという。 この時にガードレールの継ぎ目に車のボディーの一部が挟まり、ペンチでこれを抜き取ったということです。 「速度は50キロくらいだった。 ガードレールの継ぎ目の角が取れていない。 そのくらいの速度でも、ぶつかるとはがれてしまう」(衝突事故を起こした男性会社員) というわけで、ガードレールにこすって、何かイヤーな音がして、帰ってから見てみたら車体が一部三角形に削れてしまっていた、と言うような事例は案外多いんじゃないかと。 いちいち自損事故とか報告しない例がたくさんあって、その名残が全国で万単位にのぼったというのがことの真相だろう。 いつもお世話になっております。 ネットランナー編集部の福井と申します。 「ネットランナー」は、ソフトバンク パブリッシングが発行する、ディープにインターネットを楽しむための月刊誌です。 この度、編集長交代により、雑誌の方針が変更になり、掲載サイトについては、 管理人様に許諾をいただくという形になりました。 さて、弊誌8月号の「LOWーREZ」で、貴サイトをぜひご紹介させて 頂きたいと考えております。 つきましては、以下の点においてご確認させていただきたく存じます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、メールにてお返事いただければ幸いです。 ネットランナーへの貴サイト掲載の可否 2. 掲載誌の要・不要 3. そのほか、サイト名・URLの指定などの注意事項 こちらからの一方的な依頼で期限を設けるのは大変心苦しいのですが、 雑誌制作の都合上【6月24日(木)】までにお返事をいただけませんでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。 ただ、諸事情により、掲載を見送らざるを得なくなったり、欄外紹介などのように 貴サイトの扱いが小さくなってしまうことがございます。 こちらからの依頼なのに大変恐縮ですが、あらかじめご了承くださいませ。 そのほか、不明な点などございましたら、私までご連絡ください。 ソフトバンク パブリッシング株式会社 ネットランナー編集部 福井和男 〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-13 4F E-mail kafukui pub. softbank.

次の

ガードレールの金属片: 12時過ぎのシンデレラ

ガードレール の とげ

園児や小学生など子供の列に車が突っ込み、複数の被害者が出る事故は全国で後を絶たない。 国などは通学路を中心に対策を進めているが、大津市の事故現場は危険を想定しにくい場所だった。 すべての道路にガードレールなどを設置するのは難しく、専門家はハード面だけでの対策では限界があると指摘する。 子供をいかに守るかは以前からの重要な課題だ。 平成18年には埼玉県川口市で、保育園児の列に乗用車が突っ込み、園児4人が死亡、17人が重軽傷を負う事故が発生。 現場は住宅街の一角にある幅約6メートルの生活道路だった。 車の抜け道とされやすい幅の狭い道路での安全確保が課題となり、警察庁などは、こうした生活道路の最高速度を30キロに制限する「ゾーン30」を推進。 29年度までに全国約3400カ所で整備された。 また、全国の自治体は住宅街などを対象に、安全対策が必要な場所を国土交通省に登録。 同省によると、今年2月時点で全国計907カ所に上り、路面に段差を設け、車の速度を抑えるなどの対策を図っている。 文部科学省などは、24年に京都府亀岡市で、集団登校の列に軽乗用車が突っ込み、3人が死亡、児童7人が重軽傷を負った事故などを受け、全国の通学路を緊急点検。 約7万4千カ所に対策が必要と判断し、29年度末時点で約97%にあたる約7万2千カ所でガードレールや信号機を設置するなどの取り組みをしてきた。 ただ、こうした対策はあらかじめ危険が想定される場所に限られる。 今回の事故現場は、歩道と車道の間にガードレールはなく縁石があるだけだったが、通学路ではなく、見通しの良い丁字路交差点。 近所の男性(65)は「交通量は多いが大きな事故はなかった。 園児もよく散歩していたが、車道側に保育士がいて安全には配慮している様子だったのに」と語る。 yahoo.

次の

ガードレールの金属片: 12時過ぎのシンデレラ

ガードレール の とげ

シンガポールに住むようになって、週末はドライブではなく散歩が趣味になりました。 行き先も決めずに気が向いた方に歩き続け、疲れたらコーヒー飲んで休憩、疲れ切ったらビールを飲んでそこからタクシーで帰ってくる。 シンガポールはどうということのない住宅街などでも、街並みが綺麗で、歩いていて気分がいいのです。 先週末、なぜなんでもない街並みが綺麗に見えるのかなぁ、と思いながら歩いていて、気がつきました。 ガードレールと電線が見事に「無い」のです。 東京だと銀座の中央通りはガードレールも電線も地中化されていますが、普通の市街地はガードレールと電線が張り巡らされています。 しかしシンガポールは、国中でガードレールと電線が排除されていて、それが街の美しさに大きな貢献をしています。 ガードレールが無いからといって、それが理由で事故が多いという話は、シンガポールでも銀座でも聞きません。 シンガポールも銀座も、危険が予測される要所要所にはガードレールが設置されています。 それで充分なのだとしたら、日本の国中に張り巡らされた殆どのガードレールは、実は無用の長物。 街の景観を破壊し、無駄な税金を特定の業者に流しているだけの物なら、日本も無用なガードレールなど無くしてしまえば良いのではないかなあ、と感じてしまいました。

次の