の ー ぶら 歌手。 氷川きよしが限界突破。演歌歌手から“きーちゃん”になるまで

氷川きよしが限界突破。演歌歌手から“きーちゃん”になるまで

の ー ぶら 歌手

演歌歌手の枠にとらわれず、その音楽ジャンルやキャラクターの幅を広げようとする姿勢は、今まさに世間の共感を集めつつあるのだ。 今回は、その一端が垣間見えるエピソードを紹介していきたい。 演歌歌手とはまた違う彼の一面が発揮されたロックナンバーだが、この曲の公式ライブ映像が昨年5月に公開されると、Twitterで大きな反響を巻き起こした。 その映像に映っていたのは、ギラギラしたフェミニンな衣装とアクセサリーを身につけ、艶やかな化粧を施した氷川の姿。 『きよしのズンドコ節』を歌っていた彼とは別人に思えるくらいの熱いパフォーマンスに、会場の盛り上がりは最高潮に達していることが見受けられる。 動画の再生回数は1月中旬時点で530万以上を記録しており、「本人が一番限界突破している件」「かっこよすぎ」といった絶賛コメントであふれているほか、「氷川さんが思う『自分らしさ』をガンガン貫いて」と、彼の挑戦にエールを送る声も。 曲目は、クイーンの代表曲であり、同名の映画が世界各国でヒットしたのも記憶に新しい『ボヘミアン・ラプソディ』だ。 選曲したのは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観て感銘を受けたという氷川自身。 このコンサートのために、作詞家の湯川れい子が訳した日本語バージョンが作られ、クイーンから正式に許可を得たうえでの披露となった。 映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、クイーンのボーカリストである故フレディ・マーキュリーの孤独感にスポットが当てられていたが、そんなフレディの境遇に氷川は共鳴し、自分の進むべき道について思いを巡らせていたのかもしれない。 YouTubeの動画には「ジャンルに縛られずいろんな歌を聴かせてくれると新鮮」「この曲、氷川さん自身に重なるんかなぁ。 重みというか、説得力みたいなものを感じてしまいました」などのコメントが寄せられている。 ビデオリサーチ発表による紅白の時間帯別視聴率(関東地区)から、スポーツ紙が歌手別視聴率を集計したところ、氷川は40. 4%をマークしており、これは大トリを務めた嵐に次ぐ第2位の成績。 また、週刊文春が実施した「一番よかったと思う歌手」アンケートでは第1位に輝き、投票者からは「演歌の氷川くんは好きではありませんでしたが、イメージチェンジしたビジュアル系の彼はかっこよかった」「人間は何歳になっても自分の思う方向に進むことができると体現していて、勇気をもらった」などと評価されている。 紅白の3日前、氷川はリハーサル後の囲み取材で「20周年を節目にもっと自分らしく、イメージをぶち壊したい」「本当の自分を表現しよう、ありのままの自分を表現しよう」といった意気込みを語っていたのだが、その思いは、視聴者たちにしっかりと伝わったようだ。 オフショットや自撮り写真の数々が投稿されており、本人のメッセージの最後は、毎回「by kii」と結ばれている。 胸元にリボンのついたシャツや、白いモコモコとした上着を羽織ったスタイルなどからは、中性的でエレガントな印象を受けるだろう。 美しい肌や、こだわりのヘアセットを見ると、氷川が美容に高い関心を持っていることがうかがえる。 彼のますますの活躍に期待したい。 <文/A4studio>.

次の

ビブラート練習法 かけ方のコツ

の ー ぶら 歌手

ビブラート練習法 かけ方のコツ -カラオケ上達法 ビブラートとは? このページでは、カラオケの上達のためにも必要不可欠な ビブラートの練習法、かけ方のコツについて紹介します。 ですが、その前にそもそもビブラートとは何かについて簡単に説明します。 大まかに言えば、ビブラートとは「周期的な音の揺れ」の事です。 ただし、音が揺れれば何でも良いという訳ではなく、一般的には、音の揺れる幅が一定であること、音の揺れる速さ(間隔)が一定であること、音が途切れないこと等が綺麗なビブラートに聴こえるための条件と考えられています。 定義がはっきりと決まっていないため、ビブラートとは何かという解釈は人により若干異なります。 実はビブラートには色々な種類があり、プロの歌手の方達でも人により全く違うビブラートを使っています。 声を震わせるのに使う場所や、震わせる強さなど様々です。 ですが、素人レベルでは、ビブラートの種類にまでこだわる必要はあまりないと思います。 自分の習ったビブラートだけを本物のビブラートと考え、他のやり方を否定する方もいますが、そういった方の意見はあまり気にしない方がいいかと思います。 細かい事はあまり気にせず、まずはどんなビブラートでもいいので、自分の意思で使えるようにしましょう。 一つのビブラートを覚えると他の種類のものも習得しやすくなります。 ビブラートの感覚をつかむための練習法 ビブラートを行うためには、まず意識的に声を揺らす練習を行う必要があります。 ビブラートは、歌が上手くなれば自然にかかるようになるので練習する必要が無いと言う人もいますが、それでは、自分の好きな時にビブラートをかけられないので、やはりビブラートの練習は必要だと思います。 以下にビブラートの感覚をつかむための5つの練習法を掲載しましたので、順番に試してみて、一番上手くできそうだと思ったものを何度も練習してみてください。 一つの方法では駄目でも、他の方法では上手くいく事もありますので、色々と試してみて下さい。 最初は、声を震わせる感覚をつかむのが大変ですが、一度できるようなると、案外簡単にビブラートを使えるようになります。 ビブラート練習法1 母音を何度も強調させる 普段音を伸ばす時は「らーーーーーーーー」というイメージで、声を出していると思います。 ビブラートの練習では、母音を何度も強調するように「らーーーあぁあぁあぁあぁあぁ」といったイメージで、声を出してみて下さい。 これで簡単に声を揺らす事ができます。 声が揺れている感覚が分かってきたら、次は、音が途切れないよう注意しながら、徐々に母音を発音する間隔を狭くするようにしていきます。 この時できるだけ音の揺れを均一に保てるように注意してください。 一般的には、ビブラートは1秒間に6回程度揺れるのが理想的と言われていますので、かなり早い間隔で声を揺らせるようになる必要があります。 (ボイストレーナーの方によっては、1秒間に6回という周期は絶対で、これ以上遅くても早くても駄目と教えているようですが、私はそうは思いません。 ビブラートの間隔の違いは単なる個性だと思います。 1秒間に6回というのはあくまで目安と考えてください。 ) 音を揺らす間隔が狭くなり、音の揺れが安定してくれば、歌の中で使えるビブラートになってきます。 初めの内は、音の揺れ方が安定しないので、不自然なビブラートになってしまいます。 自分のビブラートを良く聴き、徐々に自然なビブラートに近づけるようにしましょう。 ビブラート練習法2 音程を上下させる まず、出しやすい声の高さで声を出し、同じ高さの音を2秒程キープします。 そこから音程を半音下げて(半音というのは大体で構いません)同じ高さの音を2秒程キープします。 次に、また元の音程に戻して2秒程同じ高さの音をキープします。 この半音下げる、元に戻す、半音下げる、元に戻すというのを何度も繰り返していきます。 音程を変える際には、音が途切れる事なく、スムーズに音程を変えられるように注意します。 慣れてきたら、音程を変える間隔徐々に短くしてきます。 間隔が短くなっても、音が途切れないこと、音程をなるべく均一に上下させる事を意識して練習します。 最初は声の揺れ方が不自然になりますので、この練習を繰り返す事により、徐々に自然で綺麗なビブラートを出す事ができるようにしていきます。 ビブラート練習法3 補助を使い、声を揺らす感覚を身につける 声を出し続け状態で、一定のリズムで手を使い、脇腹を押すようにすると、声が自然に揺れます。 なるべく吐く息の量を一定にする事と声が途切れないように気を付けながら、しばらくこの状態で声を揺らしてみてください。 次に、その声の揺れをキープできるように意識しながら、脇腹を押すのを止めてみてください。 手を離しても声の揺れをキープできたら成功です。 この声が揺れている時の体の感覚を覚えられるように意識してみてください。 補助なしで声を揺らす事ができたら、徐々に声の震えをキープできる時間を伸ばせるように練習します。 ある程度声の揺れをキープできるようになったら、今度は、手を使わずに、声を揺らす練習をしてみましょう。 先ほどの感覚を思い出しながら、音を上下させてください。 補助なしで声を揺らす事ができれば、ビブラートとなります。 声を揺らす事に成功したら、今度はその声の揺れを更に綺麗にできるように練習していきます。 ビブラート練習法4 横隔膜を使って声を震わせる 横隔膜を使って声を震わせるビブラートの練習法です。 横隔膜を使ってビブラートは習得するのが難しいと言われていますが、習得すれば、自然なビブラートを作りやすいのが特徴です。 横隔膜を使ったビブラートを使えるようになるためのポイントは腹式呼吸と喉の脱力です。 この2つは、ビブラートのためだけでは無く、歌う事全般において重要な要素です。 ですので、歌の実力を上げていく事がこのビブラート習得にも繋がっていきます。 ここでは腹式呼吸、喉の脱力がある程度できるようになった上での練習法について説明していきます。 まず、出しやすい高さの声で発声し、一定の息の量を保つようにします。 喉と上半身をリラックスさせ、声を胸で響かせるように意識します。 腹式呼吸と脱力が出来ているなら、これで多少なりとも声が震えるはずです。 何回か試しても、声が震えない場合は、裏声で同じ事を試してみましょう。 裏声の時は、自然に喉の力が抜けているために、ビブラートがかけやすいです。 裏声でも声が震えない場合は、腹式呼吸、脱力にまだ問題がある可能性が高いので、そちらの練習から入る必要があります。 声を震わす事ができたなら、次にその震えを徐々に大きく、綺麗なものにできるよう練習していきましょう。 ビブラート練習法5 アゴを使って声を震わせる アゴを使って声を震わせるビブラートの練習法です。 アゴを揺して作るビブラートは良くないとされていますので、あまりオススメしませんが、もっとも簡単にビブラートを作る事ができます。 上記の方法でどうしてもビブラートが作れない方はこちらを試してみてください。 まず、アゴを使ったビブラートで声の揺れる感じを理解して、それから他のビブラートに挑戦するというアプローチでも良いかと思います。 「オウオウオウ」とゆっくりと声に出してみてください。 こうすると自然にアゴが揺れるのが分かると思います。 徐々にそのスピードを早くしてみてください。 これでビブラートのような声の揺れを作り出す事ができます。 次に「アー」と声を伸ばしながら、先ほどのような感覚でアゴを揺らして、声を揺らしてください。 簡単に声を震わせる事ができたはずです。 徐々にその揺れを自然で綺麗なものに出来るように練習してみてください。 歌の中でビブラートを使ってみる ある程度ビブラートができるようになったら、実際に歌っている最中に使ってみましょう。 音程や歌詞など色々な事に気を配らなくてはいけないため、ビブラートだけに集中している時よりも、難しいはずです。 ですが、練習していけば、すぐに慣れますので地道に練習を続けてみてください。 カラオケのビブラート判定を使う 最初の頃は、自分のビブラートが上手くできているのか判断ができないと思います。 できれば音楽に詳しい方に聴いてもらって判断してもらうのが一番ですが、ボイストレーニングの教室などに通っていないと中々難しいと思います。 そこで、ライブダムの精密採点DXを参考にしてみるのもオススメです。 ライブダムの精密採点DXでは、ビブラートの上手さも判定してくれます。 割と正確(人間の感覚に近い)ですので、ビブラートに自信の無い方は、この評価を上げる事を目指して練習するのも良いと思います。 もちろん機械の判定が絶対に正しいという訳ではありませんので、自分自身でビブラートの出来が判断できるのであれば、機械の判定をあまり気にする必要はありません。 ヒット曲、いい曲を調べるのにも使えます。 好きな曲のランキング順位を確認するのも楽しいかと思います。 各アーティストの有名な曲、代表曲が分かります。 その他にも曲の歌詞のテーマ毎に限定した様々なランキングを作成しています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オススメコンテンツ.

次の

バーブラ・ストライサンド

の ー ぶら 歌手

ビブラート練習法 かけ方のコツ -カラオケ上達法 ビブラートとは? このページでは、カラオケの上達のためにも必要不可欠な ビブラートの練習法、かけ方のコツについて紹介します。 ですが、その前にそもそもビブラートとは何かについて簡単に説明します。 大まかに言えば、ビブラートとは「周期的な音の揺れ」の事です。 ただし、音が揺れれば何でも良いという訳ではなく、一般的には、音の揺れる幅が一定であること、音の揺れる速さ(間隔)が一定であること、音が途切れないこと等が綺麗なビブラートに聴こえるための条件と考えられています。 定義がはっきりと決まっていないため、ビブラートとは何かという解釈は人により若干異なります。 実はビブラートには色々な種類があり、プロの歌手の方達でも人により全く違うビブラートを使っています。 声を震わせるのに使う場所や、震わせる強さなど様々です。 ですが、素人レベルでは、ビブラートの種類にまでこだわる必要はあまりないと思います。 自分の習ったビブラートだけを本物のビブラートと考え、他のやり方を否定する方もいますが、そういった方の意見はあまり気にしない方がいいかと思います。 細かい事はあまり気にせず、まずはどんなビブラートでもいいので、自分の意思で使えるようにしましょう。 一つのビブラートを覚えると他の種類のものも習得しやすくなります。 ビブラートの感覚をつかむための練習法 ビブラートを行うためには、まず意識的に声を揺らす練習を行う必要があります。 ビブラートは、歌が上手くなれば自然にかかるようになるので練習する必要が無いと言う人もいますが、それでは、自分の好きな時にビブラートをかけられないので、やはりビブラートの練習は必要だと思います。 以下にビブラートの感覚をつかむための5つの練習法を掲載しましたので、順番に試してみて、一番上手くできそうだと思ったものを何度も練習してみてください。 一つの方法では駄目でも、他の方法では上手くいく事もありますので、色々と試してみて下さい。 最初は、声を震わせる感覚をつかむのが大変ですが、一度できるようなると、案外簡単にビブラートを使えるようになります。 ビブラート練習法1 母音を何度も強調させる 普段音を伸ばす時は「らーーーーーーーー」というイメージで、声を出していると思います。 ビブラートの練習では、母音を何度も強調するように「らーーーあぁあぁあぁあぁあぁ」といったイメージで、声を出してみて下さい。 これで簡単に声を揺らす事ができます。 声が揺れている感覚が分かってきたら、次は、音が途切れないよう注意しながら、徐々に母音を発音する間隔を狭くするようにしていきます。 この時できるだけ音の揺れを均一に保てるように注意してください。 一般的には、ビブラートは1秒間に6回程度揺れるのが理想的と言われていますので、かなり早い間隔で声を揺らせるようになる必要があります。 (ボイストレーナーの方によっては、1秒間に6回という周期は絶対で、これ以上遅くても早くても駄目と教えているようですが、私はそうは思いません。 ビブラートの間隔の違いは単なる個性だと思います。 1秒間に6回というのはあくまで目安と考えてください。 ) 音を揺らす間隔が狭くなり、音の揺れが安定してくれば、歌の中で使えるビブラートになってきます。 初めの内は、音の揺れ方が安定しないので、不自然なビブラートになってしまいます。 自分のビブラートを良く聴き、徐々に自然なビブラートに近づけるようにしましょう。 ビブラート練習法2 音程を上下させる まず、出しやすい声の高さで声を出し、同じ高さの音を2秒程キープします。 そこから音程を半音下げて(半音というのは大体で構いません)同じ高さの音を2秒程キープします。 次に、また元の音程に戻して2秒程同じ高さの音をキープします。 この半音下げる、元に戻す、半音下げる、元に戻すというのを何度も繰り返していきます。 音程を変える際には、音が途切れる事なく、スムーズに音程を変えられるように注意します。 慣れてきたら、音程を変える間隔徐々に短くしてきます。 間隔が短くなっても、音が途切れないこと、音程をなるべく均一に上下させる事を意識して練習します。 最初は声の揺れ方が不自然になりますので、この練習を繰り返す事により、徐々に自然で綺麗なビブラートを出す事ができるようにしていきます。 ビブラート練習法3 補助を使い、声を揺らす感覚を身につける 声を出し続け状態で、一定のリズムで手を使い、脇腹を押すようにすると、声が自然に揺れます。 なるべく吐く息の量を一定にする事と声が途切れないように気を付けながら、しばらくこの状態で声を揺らしてみてください。 次に、その声の揺れをキープできるように意識しながら、脇腹を押すのを止めてみてください。 手を離しても声の揺れをキープできたら成功です。 この声が揺れている時の体の感覚を覚えられるように意識してみてください。 補助なしで声を揺らす事ができたら、徐々に声の震えをキープできる時間を伸ばせるように練習します。 ある程度声の揺れをキープできるようになったら、今度は、手を使わずに、声を揺らす練習をしてみましょう。 先ほどの感覚を思い出しながら、音を上下させてください。 補助なしで声を揺らす事ができれば、ビブラートとなります。 声を揺らす事に成功したら、今度はその声の揺れを更に綺麗にできるように練習していきます。 ビブラート練習法4 横隔膜を使って声を震わせる 横隔膜を使って声を震わせるビブラートの練習法です。 横隔膜を使ってビブラートは習得するのが難しいと言われていますが、習得すれば、自然なビブラートを作りやすいのが特徴です。 横隔膜を使ったビブラートを使えるようになるためのポイントは腹式呼吸と喉の脱力です。 この2つは、ビブラートのためだけでは無く、歌う事全般において重要な要素です。 ですので、歌の実力を上げていく事がこのビブラート習得にも繋がっていきます。 ここでは腹式呼吸、喉の脱力がある程度できるようになった上での練習法について説明していきます。 まず、出しやすい高さの声で発声し、一定の息の量を保つようにします。 喉と上半身をリラックスさせ、声を胸で響かせるように意識します。 腹式呼吸と脱力が出来ているなら、これで多少なりとも声が震えるはずです。 何回か試しても、声が震えない場合は、裏声で同じ事を試してみましょう。 裏声の時は、自然に喉の力が抜けているために、ビブラートがかけやすいです。 裏声でも声が震えない場合は、腹式呼吸、脱力にまだ問題がある可能性が高いので、そちらの練習から入る必要があります。 声を震わす事ができたなら、次にその震えを徐々に大きく、綺麗なものにできるよう練習していきましょう。 ビブラート練習法5 アゴを使って声を震わせる アゴを使って声を震わせるビブラートの練習法です。 アゴを揺して作るビブラートは良くないとされていますので、あまりオススメしませんが、もっとも簡単にビブラートを作る事ができます。 上記の方法でどうしてもビブラートが作れない方はこちらを試してみてください。 まず、アゴを使ったビブラートで声の揺れる感じを理解して、それから他のビブラートに挑戦するというアプローチでも良いかと思います。 「オウオウオウ」とゆっくりと声に出してみてください。 こうすると自然にアゴが揺れるのが分かると思います。 徐々にそのスピードを早くしてみてください。 これでビブラートのような声の揺れを作り出す事ができます。 次に「アー」と声を伸ばしながら、先ほどのような感覚でアゴを揺らして、声を揺らしてください。 簡単に声を震わせる事ができたはずです。 徐々にその揺れを自然で綺麗なものに出来るように練習してみてください。 歌の中でビブラートを使ってみる ある程度ビブラートができるようになったら、実際に歌っている最中に使ってみましょう。 音程や歌詞など色々な事に気を配らなくてはいけないため、ビブラートだけに集中している時よりも、難しいはずです。 ですが、練習していけば、すぐに慣れますので地道に練習を続けてみてください。 カラオケのビブラート判定を使う 最初の頃は、自分のビブラートが上手くできているのか判断ができないと思います。 できれば音楽に詳しい方に聴いてもらって判断してもらうのが一番ですが、ボイストレーニングの教室などに通っていないと中々難しいと思います。 そこで、ライブダムの精密採点DXを参考にしてみるのもオススメです。 ライブダムの精密採点DXでは、ビブラートの上手さも判定してくれます。 割と正確(人間の感覚に近い)ですので、ビブラートに自信の無い方は、この評価を上げる事を目指して練習するのも良いと思います。 もちろん機械の判定が絶対に正しいという訳ではありませんので、自分自身でビブラートの出来が判断できるのであれば、機械の判定をあまり気にする必要はありません。 ヒット曲、いい曲を調べるのにも使えます。 好きな曲のランキング順位を確認するのも楽しいかと思います。 各アーティストの有名な曲、代表曲が分かります。 その他にも曲の歌詞のテーマ毎に限定した様々なランキングを作成しています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オススメコンテンツ.

次の