トレクル スカル。 水晶髑髏

【トレクル】超進化用クリスタルスカルの入手方法まとめ【ONEPIECEワンピース トレジャークルーズ攻略】

トレクル スカル

永続割合追撃ダメージは長期戦前提のスキルなため耐久性能が高い船長を所持するなら優先しましょう。 超進化前の倍率は低すぎるので超進化させたいです。 ただし使用頻度は低いので、優先度も低いです。 ただし、性能はHP回復とスロット強化2倍で「他の超進化キャラよりも優先!」という程の性能ではありません。 余力があれば超進化させましょう。 進化前は発揮できないため、サポート効果の必要に応じて超進化をさせたいです。 スキルの必殺短縮は失われますが、高倍率の遅延時エンハンスが強力なので超進化させましょう。 船長として使う機会が非常に多いので、超進化は優先させましょう。 食いわずらいでの火力が高くなるため超進化させた上で使いたい性能です。 他の優先度高のキャラと比べると《余力があれば》超進化させた方が良い活躍機会の多さです。 特に攻略で役立つ状態異常回復効果も習得するため超進化後を使う前提で育成したいです。 超進化の優先度は非常に高い。 活躍機会は多く対象が多い攻撃力強化は重宝します。 超進化前提の性能といっても過言ではなく、当たったら開放冒険で専用スカルを集めましょう。 船員では使う機会がなく、船長として使いやすくなりますがミホーク 技属性 には見劣りするため将来的に使う機会は減ります。 心属性verはスロット一致が確実にできない反面、超進化後はエンハンス効果も習得するためフレンドをスネイクマンなどして活躍機会が増えます。 現環境では博識タイプが強いため超進化して使いたい。 バリア解除のスキル追加も嬉しい所。 超進化前はスロット有利扱い効果で活躍機会がないため超進化させたい。 一方で、自由タイプの属性相性強化2倍は他のキャラでも代用できるため、優先度は高くない。 上昇毒によるダメージ量上限が200万から300万に増加、船長効果に猛毒が追加されます。 船長と船員両方で活躍機会が多く、超進化後のダメージ量が前提で戦う場面もあるため超進化の優先度は高い。 一方で、ネコマムシより使い勝手の良い船長も多く超進化しても活躍機会は多くないため優先度は低い。 ダメージ量の上限が500万まで上昇するため超進化後でなければ攻略できないケースもあります。 超進化の優先度は高い。 活躍機会は多く対心属性で現在も最前線で戦える船長。 超進化前提の性能といっても過言ではなく、当たったら開放冒険で専用スカルを集めましょう。 船長として使う機会は少ないが、上乗せダメージを活用したゾンビ編成で攻略に貢献。 上乗せダメージ規模に直結する超進化なので必要に応じてさせたい。 超進化前では強制遅延はできないが5ターンの遅延が可能なため優先度は低め。 回復量も10万を越え、スゴフェス限定のエネルやカタクリ 心属性 の蓄積ダメージに大きく貢献。 虹スロットでスロット不利扱いギミック回避でも使えるが超進化前でも同じことができ、必ずしも超進化が必要ではない。 最大で必殺ターンを2短縮できるため必殺巻き戻しのクエストで活躍。 超進化の優先度は高い。 格闘タイプを多く所持している場合は超進化させたいところだが現在は船長として活躍の場面は少ない。 お宝追加船長で使いますが、超進化前でも勝てるように編成を作ることは可能。 余力があれば超進化で良いです。 船員で起用すれば2. 5倍のチェイン固定が可能。 フェス限ミホークのどちらかを所持していれば優先度は高い。 対技属性では強いが他の属性には使えないため汎用性がなく超進化の優先度は高くありません。 一方でスロット変換スキル自体の使用頻度があまり高くなく、変換スキルで上のキャラは多くいます。 超進化の優先度は高くありません。 5倍のチェイン固定と防御無視の10万固定ダメージが追加。 使える場面が大幅に増えるため優先度は高い。 一方で、自身強化はインフレに即さないため性能は将来的に劣化します。 超進化の優先度は高くありません。 進化前でもスキルダメージ有効化はできるため必ずしも超進化が必要ではない。 必殺短縮効果の有無で変わります。 エンハンス効果が追加されますが強化倍率が低く攻略であまり使いません。 他のキャラの超進化を優先させましょう。 超進化することで習得する状態異常回復が非常に優秀で代用が聞かない場面もあります。 全超進化可能キャラの中でも優先度は高い。 敵の防御効果解除5ターンは所持キャラが少なく代用が難しい場面もあり、逆に超進化前のスキルは使用機会がほぼないため超進化して真価を発揮します。 超進化前は汎用性が高いが超進化後は野心タイプ特化になります。 船長、船員両方とも野心タイプ編成で役立つので超進化させたいが、野心タイプの所持状況によって優先度は前後します。 スキルもあまり変化がなく現環境では活躍の機会はほとんどないため優先度は低い。 将来的に使用機会は少なくなるため他のキャラの超進化を優先させましょう。 現環境でも活躍の機会が多いため優先度は高い。 最終倍率は変わらないが発動時の倍率が1. 5倍から1. 75倍に上昇。 フェス限ベッジを所持していれば優先度は低い。 他の効果はほぼ変わらないため優先度は低い。 倍率が低いため現在は活躍の機会が少ないため超進化の優先度は低い。 現環境でも船員として活躍するため超進化の優先度は高い。

次の

【トレクル】超進化キャラ一覧と素材の入手方法【ワンピース トレジャークルーズ】

トレクル スカル

5倍から3倍に向上しました。 自身の攻撃倍率は変わりませんが、完全なる上位互換となります。 技属性相手には不向き 攻撃を4倍にできるのは 速属性であるハクバだけです。 力属性相手には有利ですが、 技属性相手ではやや不利になります。 倍率4倍は自分だけにかかる 船長効果内の自身を4倍という攻撃倍率の対象は自身だけでフレンドのキャベンディッシュは対象外。 キャベツ フレンド キャベツ 船長 12倍 12倍 メンバー [力] [技] [速] メンバー [心] [知] 9倍 1倍 敵全体に無属性特大ダメージを与え、一味にかかっている有利な効果を全て打ち消し、自分のスロットを [速]スロットに変換、 [お邪魔]も変換可能 、2ターンの間自分のスロットを固定、自分の攻撃を2. 25倍、自分のスロットの影響を倍にする 自分だけをひたすら強化! 超進化前後で共通するのは、有利効果を打ち消して自身限定で有利効果をかけなおして火力を上げる効果。 25倍 自身スロット強化 1. 5倍 スロット影響が向上 超進化によりスロット強化は 2倍となり、キャベンディッシュ1点火力がさらに向上しました。 一方で、攻撃強化倍率は変わりなく2. 25倍のままです。 自身強化の倍率比較表 超進化前 超進化後 攻撃倍率 2. 25倍 2. 25倍 スロット影響 1. 5倍 2倍 [お邪魔]も変換可能になった 超進化により弱点であった[お邪魔]も変換できるようになりました。 全スロットを[お邪魔]に変換されても敵が 力属性ならばキャベツ1体のスキルでゴリゴリHPを削ります。 重ねがけをするなら誰がいい? 超進化前後で変わらず以下のエンハンス効果をキャベンディッシュ発動後に重ねがけしましょう。 チェイン固定よりも攻撃順後半で火力が高くなるチェイン増加を採用しています。 3倍になる キャベンディッシュの超進化前後の性能 超進化はするべき 理由 超進化による性能向上まとめ 超進化前 超進化後 船長効果 3属性2. トレジャーマップvsナミで入手できなかった方は是非交換しましょう。

次の

【トレクル】イベントクエスト一覧【ワンピース トレジャークルーズ】

トレクル スカル

永続割合追撃ダメージは長期戦前提のスキルなため耐久性能が高い船長を所持するなら優先しましょう。 超進化前の倍率は低すぎるので超進化させたいです。 ただし使用頻度は低いので、優先度も低いです。 ただし、性能はHP回復とスロット強化2倍で「他の超進化キャラよりも優先!」という程の性能ではありません。 余力があれば超進化させましょう。 進化前は発揮できないため、サポート効果の必要に応じて超進化をさせたいです。 スキルの必殺短縮は失われますが、高倍率の遅延時エンハンスが強力なので超進化させましょう。 船長として使う機会が非常に多いので、超進化は優先させましょう。 食いわずらいでの火力が高くなるため超進化させた上で使いたい性能です。 他の優先度高のキャラと比べると《余力があれば》超進化させた方が良い活躍機会の多さです。 特に攻略で役立つ状態異常回復効果も習得するため超進化後を使う前提で育成したいです。 超進化の優先度は非常に高い。 活躍機会は多く対象が多い攻撃力強化は重宝します。 超進化前提の性能といっても過言ではなく、当たったら開放冒険で専用スカルを集めましょう。 船員では使う機会がなく、船長として使いやすくなりますがミホーク 技属性 には見劣りするため将来的に使う機会は減ります。 心属性verはスロット一致が確実にできない反面、超進化後はエンハンス効果も習得するためフレンドをスネイクマンなどして活躍機会が増えます。 現環境では博識タイプが強いため超進化して使いたい。 バリア解除のスキル追加も嬉しい所。 超進化前はスロット有利扱い効果で活躍機会がないため超進化させたい。 一方で、自由タイプの属性相性強化2倍は他のキャラでも代用できるため、優先度は高くない。 上昇毒によるダメージ量上限が200万から300万に増加、船長効果に猛毒が追加されます。 船長と船員両方で活躍機会が多く、超進化後のダメージ量が前提で戦う場面もあるため超進化の優先度は高い。 一方で、ネコマムシより使い勝手の良い船長も多く超進化しても活躍機会は多くないため優先度は低い。 ダメージ量の上限が500万まで上昇するため超進化後でなければ攻略できないケースもあります。 超進化の優先度は高い。 活躍機会は多く対心属性で現在も最前線で戦える船長。 超進化前提の性能といっても過言ではなく、当たったら開放冒険で専用スカルを集めましょう。 船長として使う機会は少ないが、上乗せダメージを活用したゾンビ編成で攻略に貢献。 上乗せダメージ規模に直結する超進化なので必要に応じてさせたい。 超進化前では強制遅延はできないが5ターンの遅延が可能なため優先度は低め。 回復量も10万を越え、スゴフェス限定のエネルやカタクリ 心属性 の蓄積ダメージに大きく貢献。 虹スロットでスロット不利扱いギミック回避でも使えるが超進化前でも同じことができ、必ずしも超進化が必要ではない。 最大で必殺ターンを2短縮できるため必殺巻き戻しのクエストで活躍。 超進化の優先度は高い。 格闘タイプを多く所持している場合は超進化させたいところだが現在は船長として活躍の場面は少ない。 お宝追加船長で使いますが、超進化前でも勝てるように編成を作ることは可能。 余力があれば超進化で良いです。 船員で起用すれば2. 5倍のチェイン固定が可能。 フェス限ミホークのどちらかを所持していれば優先度は高い。 対技属性では強いが他の属性には使えないため汎用性がなく超進化の優先度は高くありません。 一方でスロット変換スキル自体の使用頻度があまり高くなく、変換スキルで上のキャラは多くいます。 超進化の優先度は高くありません。 5倍のチェイン固定と防御無視の10万固定ダメージが追加。 使える場面が大幅に増えるため優先度は高い。 一方で、自身強化はインフレに即さないため性能は将来的に劣化します。 超進化の優先度は高くありません。 進化前でもスキルダメージ有効化はできるため必ずしも超進化が必要ではない。 必殺短縮効果の有無で変わります。 エンハンス効果が追加されますが強化倍率が低く攻略であまり使いません。 他のキャラの超進化を優先させましょう。 超進化することで習得する状態異常回復が非常に優秀で代用が聞かない場面もあります。 全超進化可能キャラの中でも優先度は高い。 敵の防御効果解除5ターンは所持キャラが少なく代用が難しい場面もあり、逆に超進化前のスキルは使用機会がほぼないため超進化して真価を発揮します。 超進化前は汎用性が高いが超進化後は野心タイプ特化になります。 船長、船員両方とも野心タイプ編成で役立つので超進化させたいが、野心タイプの所持状況によって優先度は前後します。 スキルもあまり変化がなく現環境では活躍の機会はほとんどないため優先度は低い。 将来的に使用機会は少なくなるため他のキャラの超進化を優先させましょう。 現環境でも活躍の機会が多いため優先度は高い。 最終倍率は変わらないが発動時の倍率が1. 5倍から1. 75倍に上昇。 フェス限ベッジを所持していれば優先度は低い。 他の効果はほぼ変わらないため優先度は低い。 倍率が低いため現在は活躍の機会が少ないため超進化の優先度は低い。 現環境でも船員として活躍するため超進化の優先度は高い。

次の