草ロトム 育成論。 スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

草ロトム 育成論

ウォッシュロトム 種族値 HP 50 攻撃 65 防御 107 特攻 105 特防 107 素早 86 でんき みず 合計種族値 520 特性 ふゆう じめんタイプの技が無効 ウォッシュロトムの特徴 優秀なタイプ ウォッシュロトムは水、電気という優秀なタイプを持っており、更に特性「ふゆう」により弱点が草のみと非常に少なくなっています。 防御、特防ともに107と数値が高いため受けとしても優秀でトップクラスに使いやすいポケモンと言えるでしょう。 当然相手をする機会も多いので、ある程度対策はしておくのがおすすめです。 サポート技も豊富 ロトム系の技構成には使いやすい変化技も多く、両壁や鬼火、トリックなどを使ってサポートする型でも活躍することができます。 基本の型でも技スペースも1つ空いていることが多いので、変化技からパーティ編成に合ったものを1つ選択するのがメジャーです。 眼鏡を持たせることで対面が逃げた交代先にも大きな負担をかけることや確1圏内を広げることを目的としています。 拘り系アイテムを持っているので、交代読みのボルトチェンジや麻痺が狙える放電を積極的に撃っていきましょう。 また、ダイマックスすることで拘りを解除することができますが、ウォッシュロトムにはそこまで適正がないので基本的には他のエースポケモンにダイマックスさせるのがポイントです。 優秀なタイプと特性で素でも高めの耐久を持っているため、ほとんど攻撃を1度耐えて後続に繋げることができるでしょう。 トゲキッスやバンギラス、積み型のアーマーガアなどそこそこの耐久力がある積みアタッカーと共に選出すると安定性が増します。

次の

ウォッシュロトム育成論

草ロトム 育成論

ウォッシュロトム 種族値 HP 50 攻撃 65 防御 107 特攻 105 特防 107 素早 86 でんき みず 合計種族値 520 特性 ふゆう じめんタイプの技が無効 ウォッシュロトムの特徴 優秀なタイプ ウォッシュロトムは水、電気という優秀なタイプを持っており、更に特性「ふゆう」により弱点が草のみと非常に少なくなっています。 防御、特防ともに107と数値が高いため受けとしても優秀でトップクラスに使いやすいポケモンと言えるでしょう。 当然相手をする機会も多いので、ある程度対策はしておくのがおすすめです。 サポート技も豊富 ロトム系の技構成には使いやすい変化技も多く、両壁や鬼火、トリックなどを使ってサポートする型でも活躍することができます。 基本の型でも技スペースも1つ空いていることが多いので、変化技からパーティ編成に合ったものを1つ選択するのがメジャーです。 眼鏡を持たせることで対面が逃げた交代先にも大きな負担をかけることや確1圏内を広げることを目的としています。 拘り系アイテムを持っているので、交代読みのボルトチェンジや麻痺が狙える放電を積極的に撃っていきましょう。 また、ダイマックスすることで拘りを解除することができますが、ウォッシュロトムにはそこまで適正がないので基本的には他のエースポケモンにダイマックスさせるのがポイントです。 優秀なタイプと特性で素でも高めの耐久を持っているため、ほとんど攻撃を1度耐えて後続に繋げることができるでしょう。 トゲキッスやバンギラス、積み型のアーマーガアなどそこそこの耐久力がある積みアタッカーと共に選出すると安定性が増します。

次の

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

草ロトム 育成論

「ロトム」とは? 出典: ダイヤモンドパールから登場したポケモン。 タイプは電気・ゴーストです。 特性は全フォルム共通で「浮遊」。 可愛らしい見た目からか 人気があるポケモンです。 今でこそフォルムチェンジで 様々なタイプがあるロトムですが、フォルムチェンジが登場したのはプラチナから、タイプがフォルムチェンジ毎に変わるようになったのは第5世代からなのです。 今回はレートで良く使用されている「ウォッシュロトム」と「ヒートロトム」の育成論を紹介していきたいと思います。 基本的にシングルレートが対象です。 ウォッシュロトム 出典: 水・電気タイプで特性「浮遊」のため弱点は「地面」のみです。 ハイドロポンプを使うことができ、ロトムの中で 一番レート環境で使用されているのがこの「ウォッシュロトム」です。 モデルは「洗濯機」ですね。 フォルムチェンジされたロトムの種族値は全て共通なので次からは割愛させていただきます。 ポケモングローバルリンクのデータを踏まえながら育成論をご紹介しましょう! 育成論-物理受け型 これはポケモングローバルリンク 2016年3月13日現在 のデータです。 自分が一番おススメするロトムの型はズバリ 「物理受け型」ですね! やはりオボンの実を持って鬼火を撒いていくというロトムが一番使いやすいと思います。 努力値はHBぶっぱでもいいですが受けたい相手等を考慮してパーティとご相談ください。 Sを振るなら60振り 準速バンギラス抜き くらいまでがおススメです、これ以上振ると耐久が疎かになってしまいます。 ただこのロトムだと 「メガボーマンダ」等に身代わりを貼られ、 起点にされてしまう可能性もあるので注意が必要です。 どうしても辛い場合は「めざめるパワー氷」を入れましょう。 型にもよりますがこの辺のポケモンに強く出ることが出来ます! 苦手な相手からはボルトチェンジで逃げ、 サイクルを回しつつ、有利対面では 鬼火を撒いていきましょう! また「10万ボルト」ではなく「どくどく」を入れることによって、耐久ポケモンも突破出来るようになるのでラッキー等が辛い場合は入れることをおススメします。 ただその場合「鬼火」を撒きたい相手に「どくどく」が入ってしまう場合があるので注意してください。 相性の良いポケモン 出典: ボルトチェンジで サイクルを回す上で相性の良いポケモン 「メガハッサム」です。 ハッサムは「とんぼ返り」を使えるので有利対面を作りやすいのです。 これを 「とんボルチェン」といいます。 水ロトムが苦手な草タイプをハッサムに担当してもらい、ハッサムが苦手な炎タイプを水ロトムに担当してもらうといった感じです。 サイクルを回しているだけでも相手に 負担をかけることが出来ます! ヒートロトム 出典: 炎・電気タイプのポケモン。 他のロトムと違い「オーバーヒート」を使うことができるので、攻撃範囲が広いのが特徴です。 モデルは「電子レンジ」。 ドラゴンタイプを除いた 多くのメジャータイプに等倍以上を取れる技範囲と合計9タイプに耐性がある優秀なタイプを武器にして戦うヒートロトム。 そんなヒートロトムの育成論をご紹介します! 育成論-アタッカー型 これは先程と同じ日のヒートロトムの情報です。 「10万ボルト」でなく「めざめるパワー氷」を入れることでドラゴンにも抜群を取ることが出来るので、ガブリアス等重い場合は入れても良いと思います。 「トリック」 自分と相手の持ち物を入れ替える技 を使うことで耐久ポケモンにこだわりアイテムを押し付けることができ、裏のポケモンの起点にすることが出来ます。 努力値はHP252素早さ4特攻236防御4特防12でテンプレですがこれが一番負担をかけられると思います。 こだわりポケモンというのは火力は良いですが起点にもなりやすいのでご注意ください。 この辺りのポケモンを倒したのが多いようですね。 ヒートロトムの強みとして色々ありますがやはり 「火傷・麻痺状態にならない」というのが大きいです。 ほとんどのポケモンが使用率トップ12に入っているようので、やはり メジャーポケモンに強いのも強みですね。 攻撃の形としては基本的に上から一回殴られてから殴り返すという形になります。 相性の良いポケモン 出典: ヒートロトムと一緒のパーティに入れるべき相性の良いポケモンは 「霊獣ランドロス」です。 威嚇もあり、タイプも地面・飛行と火ロトムの苦手な「ガブリアス」や「ガルーラ」に対して役割をもてます。 「とんぼ返り」も覚えるので「とんボルチェン」で相手に 圧力をかけつつ展開していくことが容易に出来るポケモンです。

次の