大型バス運転手 求人。 送迎バス運転手求人をお探しなら日本運転手求人センターへ

バス運転手の求人

大型バス運転手 求人

神奈川県の幼稚園・保育園、大型1種免許、マイクロバス 16~29人からお仕事を探す• 横須賀市• 平塚市• 鎌倉市• 藤沢市• 小田原市• 茅ヶ崎市• 逗子市• 三浦市• 厚木市• 大和市• 伊勢原市• 海老名市• 座間市• 南足柄市• 綾瀬市• 葉山町• 大磯町• 二宮町• 箱根町• 愛川町• 横浜市鶴見区• 横浜市神奈川区• 横浜市中区• 横浜市南区• 横浜市保土ケ谷区• 横浜市磯子区• 横浜市金沢区• 横浜市港北区• 横浜市戸塚区• 横浜市港南区• 横浜市旭区• 横浜市緑区• 横浜市瀬谷区• 横浜市栄区• 横浜市泉区• 横浜市青葉区• 横浜市都筑区• 川崎市川崎区• 川崎市幸区• 川崎市中原区• 川崎市高津区• 川崎市多摩区• 川崎市宮前区• 川崎市麻生区• 相模原市緑区• 相模原市中央区• 相模原市南区• 幼稚園・保育園• インターナショナルスクール・その他学校• スイミングスクール・スポーツクラブ• 工場 社員送迎• デイサービス・老人ホーム• 学童保育・塾・アフタースクール• ホテル・レジャー施設• 病院・クリニック• 大型1種免許• 中型1種免許(8t限定表記の無いもの)• 普通・準中型1種免許• 大型2種• 普通車 ワゴン・1BOX ~10人• ワゴン・1BOX 11~15人• マイクロバス 16~29人• 中型・大型バス 30人~ 幼稚園や保育園の送迎バスのドライバーの仕事内容は、幼稚園や保育園の園児を朝の決まった時間に迎えに行き、帰りは反対のルートで降車場所まで送迎します。 事故やトラブルなく安全に送り届けるのが仕事で、保育施設の顔として安全運転を心掛けなければなりません。 子どもの成長を見守りながら働くことができるため、子ども好きな人に向いています。 ドライバーは幼稚園や保育園に直接雇用される形態と、代行運転の会社に雇用されて各施設に派遣される形態があります。 朝と夕方(または昼)の2回の送迎が基本ですが、他にも園内の掃除や整理整頓などの雑務、庭の掃除、備品の管理など用務員としての業務を任されることもあります。 勤務時間は平日の午前7時から午後4時頃までが一般的で、残業などはありません。 女性の教員が多い幼稚園や保育園などでは、力仕事を任されることもありますが、40歳以上~定年退職後にも働けるため年齢層が高くても採用される可能性があります。 必要な資格は施設によって異なり、11人以上29人以下のマイクロバスなら中型免許、30人以上を乗せる場合は大型免許が必要になります。 バス事業者が所有する緑ナンバーのバスは2種免許の取得が必要になります。 大型1種免許では大型特殊自動車、大型及び普通自動2輪車、小型特殊自動車以外の自動車(トラック・ダンプカー・タンクローリー等)を運転することができます。 具体的には車両総重量11トン以上、最大積載量6. 5トン以上、乗車人員30人以上のいずれかを超える自動車教習車両として定められている車で、荷台は後部窓から後ろが確認できる平積み型と、バックモニターを装着することで後方確認を行なうパネル型の2種類があります。 死角や車体の大きさなどを考慮しなければならないため、高い運転技術を要する免許となります。 取得条件は満21歳以上で普通免許・準中型免許・中型免許・大型特殊免許のいずれかを取得していて、その運転経歴が通算して3年以上。 視力は両眼で0. 8以上かつ1眼で、それぞれ0. 5以上であること。 赤色・青色及び黄色の識別ができる色彩識別能力や、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる聴力も必須となります。 その他、運動能力としては自動車等の運転に支障を及ぼす恐れのある四肢又は体幹の障害がない、又は障害があっても自動車の運転に支障をきたさないことが条件となります。 マイクロバスは全長7m未満のバスを指し、20名に補助席6名または7名を加えた合計26~27名までの乗員数が一般的です。 補助席を含まない正座席が17席程度のバスもマイクロバスの中に含まれます。 運転席側に2列のシートを設け、さらに乗降ドア側に1列の3列シートが基本的な仕様で、施設への送迎に使われるものが主流ですが、内装を変更して観光仕様にしているものもあります。 小型バスと呼ばれる自動車とよく似ていますが、観光バスにも使われる小型バスとは異なり、車内にカラオケやクーラーボックスなどの設備が備わっていないものがほとんどです。 また、コの字型に回転する「サロン席」やトランクルームがなく、車内は座席のみの設計となっています。 結婚式や葬儀、職場の行事などの送迎や近距離の施設への移動など、さまざまな用途に使われており、長距離移動には向いていませんが限られた人数の送迎に力を発揮します。 マイクロバスで長距離を移動する際、車内にトイレが付いていないので途中でトイレ休憩を挟むことになります。 車内設備も最低限のものに限られていますので、運転やレンタル利用の際には事前にバス会社に設備内容を確認しておく必要があります。 神奈川県では横浜市や川崎市など人口が集中し移動の多い地域を中心に、市内各所への送迎の仕事が揃っています。 教育施設、福祉施設、病院や企業、娯楽施設などから求人が出ているほか、役員車の運転手や送迎ドライバー兼清掃スタッフなど、数の多くない求人や空き時間が発生しない求人もあり、自分に合った働き方が見つかります。 また「介護タクシー」や「保育補助」など、送迎のほかに資格やスキルを活かした業務も。 スキルや実務経験があれば高収入の求人に応募することも可能。 また、湯河原や熱海など神奈川県内の温泉リゾート地に観光客を送り届ける業務もあります。 オフィス街や住宅地、工場地帯、観光地など環境に応じて勤務先が選べるので、自宅から近い場所や通いやすい場所に仕事を求めることができます。 横浜市などの都心部では、ビジネスホテルが送迎の求人を出すことがあり、ドライバーはホテルの利用客を駅などの目的地まで送迎します。 求人数が多いので、自宅などから通いやすい勤務地が探しやすいのが神奈川県の求人の特徴。 さらに時給や待遇、雇用形態、必要となる免許の種類などで絞り込むことも可能で、契約社員から正社員への登用やキャリアアップを目指すこともできます。 日本運転手求人センターは、送迎に特化した運転手求人サイトです!幼稚園バス、スイミングスクールバス、商業施設のシャトルバス、検診車など中型や大型運転免許を活かせるお仕事や、デイサービスや老人ホームなどの高齢者介護施設などの普通自動車運転免許があれば勤務できるお仕事、自家用自動車の送迎バスなら第1種自動車免許があればお仕事が可能です。 配送トラックドライバーやタクシー、ハイヤーからの転向、路線バスや観光バスへのステップアップを目指し経験を積むためにお仕事をされる若手ドライバー、定年退職後に年金を受給しながら働く経験豊富なベテラン運転手、家事の合間に扶養範囲内で運転する女性ドライバー歓迎の求人など多数掲載しています。 土日祝勤務だけの副業や、ダブルワーク可能な求人、短期間から長期間など、都合のいい時間や曜日で求人検索できます。

次の

送迎バス運転手求人をお探しなら日本運転手求人センターへ

大型バス運転手 求人

路線バス運転手への転職実体験記 大型二種免許の威力 52歳になっていました。 普通なら絶望的な就職活動でしょうけど、迷いは全くありませんでした。 タクシー会社だけ探せばいいんだと。 もう、他の仕事には、まったく興味がありませんでした。 その必要も無いとは思いましたけど、時間もありましたし、一応またハローワークの求人情報検索を利用しました。 見てみると、ここにもタクシー会社の募集はたくさんありました。 こりゃ楽勝だわ。 4年の乗務経験があれば、まちがいなく採用してもらえます。 ついでに、バスも見てみようかな。 そう言えば、せっかく自腹で大型二種免許を取ったし、バス運転手の募集でも見てみようかくらいのノリで検索してみると…、ありました。 私が住む地方都市の、大手4社のバス運転手の募集がすべてありました。 募集要項を見てみると、タクシー運転手より好条件なのは一目瞭然でした。 この歳で大型車両未経験者の採用はないだろうけど、聞くだけ聞いてもらおうと受付で確認の電話をしてもらうと、何か 応募は大丈夫そうな感じでした。 とりあえず通勤が楽な2社を選択して書類を送付すると、すぐに面接の連絡がありました。 面接では、大型は教習所でしか乗ったことがないことを正直に告げました。 2社とも、面談のあとに、実際のバスで短い距離を走る試験があり、大丈夫かいなとヒヤヒヤしましたが、なんか不思議とうまく乗れたような気がしました。 結果は、なんと2社とも採用でした。 なんて楽な就職活動なんだろうか。 ブラック会社の営業社員になるのでさえ苦労した、40代の就職活動が嘘のようです。 路線バスの運転手は慢性的な人手不足であるとはいえ、52歳大型未経験の私があっさり採用となり、 大型二種免許所持の威力を実感したのでした。 まあ今から思うと、タクシー運転手の経験があるという事が、若干プラスに評価されたのかもしれません。 とにかく採用となってしまったので、タクシー運転手に戻る必要は無くなり、そのうちの1社に再就職を果たしました。 バス会社入社後 入社したのは、当地方都市のバス会社大手4社のうちのひとつです。 入社すると、最初の1カ月~2カ月は、路線バス運転手の心構えや必要な知識の習得などの座学と、指導員が同乗した無人のバスによる路上練習があります。 私と、同日入社がもう一人いて、ふたりで教習を受ける形でした。 もう一人は30代のバス経験者です。 実質私だけの教習のようなものでしたが、何とかついて行きました。 バスの大きさに慣れるまで、狭い道路での側方感覚やカーブでの内輪差など、危なっかしい運転でしたが、最後の見極めでOKが出て、結局最短期間で教習を終えることができました。 独り立ちする前に、もう少し練習が必要だと判断されれば、 教習期間はいくらでも延長されます。 単独での最初の本番運行は、やはり緊張しました。 でも、一度運行して、こんな感じかという空気というか雰囲気がわかると、それ以降は意外と緊張しませんでした。 あ、これは、お客さんを乗せたタクシー運転手の経験が、少し関係あるかなとは思いましたね。 52歳未経験者ですが 実際のところ、 本当に50代の大型車両未経験者で大丈夫なのかというところですが、結論から言って、 余程運転自体が不得意か不慣れでなければ大丈夫だと思います。 確かに現役運転手の大半は、トラックやタンクローリーなどの大型車両経験者か、若い頃からバスに乗っている者ですが、 大型車両運転の最大の上達ポイントは「慣れ」です。 何とか本番運行のOKが出るレベルまで漕ぎ着ければ、あとは 毎日路線ルートを3~4往復・約150㎞を走行することになります。 いやでも「慣れ」てきます。 現に、私は入社して3年目を迎えましたが、他の者と区別されることなく、同じように運行ダイヤをこなしています。 40代、50代で転職・再就職を余儀なくされている方、積み重ねたキャリアがある方は幸いですが、そうでない方は、 路線バス運転手の可能性を捨てないで下さい。

次の

路線バスの運転手 ★未経験歓迎/大型二種免許の取得からスタート(取得費用全額補助)(936813)(応募資格:<未経験、第二新卒歓迎/学歴不問>普免取得後3年経過の方、昭… 雇用形態:契約社員)|仙台市交通局の転職・求人情報|エン転職

大型バス運転手 求人

ドライバーの求人情報ならドライバージョブ ドライバージャパンジョブはトラック運転手の求人情報を扱う求人サイトです。 全国から様々な業種の求人情報を集めています! トラック運転手の転職動向 今、トラック運転手の需要がどんどん増えていることをご存知ですか? 配達の需要が急激に増えたことで、運送業界が深刻な人手不足に陥っていることが原因です。 運送会社がより多くの働き手を求める中、働き手であるドライバーは、自分にあった会社をしっかり選別することができるようになっています。 ドライバージョブで求人を調べ、自分にぴったりの会社を見つけましょう! トラック運転手の労働環境 トラック運転手の労働環境は、決していいものとは言えません。 普通の仕事に比べて長時間労働であったり、勤務時間が不規則だったりと、いわゆる「ブラック」と呼ばれることが多いです。 また、運送業界は企業によってその待遇が大きく異なります。 人手不足を受け、労働環境を改善している企業もあれば、過酷な労働環境でドライバーを働かせる企業もあります。 トラック運転手は今売り手市場です。 つまり、就職する側のトラック運転手は、運送会社を見極め、より好条件の企業を選ぶことができるのです。 人手不足の今だからこそ、しっかりリサーチして、自分にぴったりの企業を選ぶことが大切です。 トラック運転手の平均年収 トラック運転手の平均年収はどれくらいなのでしょうか?賃金構造基本統計調査によると、2015年のトラック運転手の平均年収は437万円でした。 これは、2010年に比べ30万円以上高くなっており、今後も上がっていくことが期待されます。 長距離ドライバーになると、月収の手取りが30万円を超えることもあります。 歩合制の会社が多いため、走れば走るほど給料が上がります。 ただし、会社によって給料の基準は異なるため、自分のスキルや仕事のスタイルにあった会社を選ぶ必要があります。 仕事内容のご紹介 長距離ドライバー 長距離ドライバーは、荷物を日本全国に届けるトラック運転手を指します。 一般的に大型トラックやトレーラーなど、大きな荷物を遠くまで運ぶ仕事です。 長距離ドライバーは長い時間運転するため、車内で休憩を取ったり食事をしたりすることが多くなります。 一人の時間が長く気楽な分、10時間以上運転し続けないといけないため、体力と精神力が求められる仕事です。 その代わり、トラック運転手の中でもっとも稼げる仕事です。 中距離ドライバー 中距離ドライバーは、日帰りでできる運送業務を行います。 主に個人宅への宅配や、スーパーやコンビニへの荷物配送が仕事になります。 中距離ドライバーになるには、普通免許または準中型・中型免許が必要になります。 小型トラックであれば普通免許でも運転できますが、より多くの荷物を運ぶためには中型免許が必要になります。 長距離ドライバーに比べ拘束時間が短く、生活が昼夜逆転することもないため、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。 トレーラー トレーラーとは、運転手が乗るトラックとトレーラーと呼ばれる荷台が繋がったものを指します。 大量の荷物を遠くまで運ぶときに、非常に重宝されるトラックです。 トレーラーの運転は他のトラック運転に比べ高いスキルが求められ、必要な免許も多くなります。 「大型免許」はもちろん、トレーラーの総重量が750kgを超える場合は、「牽引免許」という免許も必要になります。 大型トラック 大型トラックは11t以上のトラックのことです。 大型トラック、ダンプカー、バス、タンクローリーなど、大型免許で様々な種類の大型車が運転できます。 月収が30万円を下回ることはないと言われるほど、大型トラック運転手は待遇のいい仕事が多いです。 これは、大型トラックが長距離を走れること、より多くの荷物を運ぶことができることが理由です。 中型トラック 中型トラックは7. 5t以上11t未満のトラックを指します。 普通免許を2年以上保持していれば、中型免許を取得することができます。 中型免許の取得により、運転できるトラックの範囲が広がり、長距離の運送も可能なため、給料アップが狙えます。 面接の時も、中型トラックを運転できることで有利になることが多いです。 小型トラック 小型トラックは、2〜3tのトラックを指します。 普通免許で運転ができるため、まだ資格はないけどトラック運転手に転職したい、という人におすすめです。 仕事内容は主に地域配送になります。 宅配便を届けたり、コンビニやスーパーに荷物を届けたりという仕事になります。 直接人に届ける仕事なので、他のドライバーに比べ人とコミュニケーションをとる機会が多い仕事です。 比較的小さい荷物を運ぶことから、小型トラック運転手は女性でもなりやすい仕事です。 準中型トラック 2017年より新しくできた免許が「準中型免許」です。 5t〜7. 5tの中型トラックを運転するための免許となります。 特徴として、18歳以上であれば免許取得できるという点と、普通免許を持っていなくても免許が取れるという点の2つが挙げられます。 運転経験が少ない高卒のドライバーにとって敷居が高かった「中型免許」ですが、「準中型免許」が誕生したことでより身近なものとなりました。 準中型トラックは宅配便やコンビニ配送などの近距離の配送に多く使われます。 フォークリフト フォークリフトは荷物の積み下ろし作業ができる重機のことです。 重い荷物を軽々と持ち上げることができるので、フォークリフト免許は作業現場で重宝される免許です。 実は国家資格であり、フォークリフト免許を一度とれば一生物の資格となります。 配送業だけでなく、建築業や産業廃棄物など様々な業種で潰しがきく免許です。 引っ越しドライバー 引っ越しドライバーは引越しの荷物を運ぶ仕事です。 荷物の運送だけでなく、引越し元から荷積みから、新しい部屋まで荷物を運ぶまでの作業を全て行います。 他のトラック運転手と比べ、体力が求められる仕事です。 引越しドライバーの利点は、日中の仕事がほとんどのため、規則正しい生活が保てることです。 また、1日何件と引越しの件数が決まっており、引越し作業が早く終われば早く帰ることができるため、時給にするとお得な仕事だったりします。

次の