ドコモ光10ギガ キャンペーン。 ドコモ光|OCN for ドコモ光|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

ドコモ光

ドコモ光10ギガ キャンペーン

【目次】• 【まず結論】ドコモ光10ギガを1ギガと比較 それでは、内容の前に結論から。 ドコモ光10ギガは、 1ギガよりも通信が速い大きなメリットがあります。 ただし、注意点も多いです。 例えば、『提供エリアは東京・大阪・愛知の一部』で『戸建て』のみ、『料金が上がる』、『光電話が使えない』などです。 このような理由から、 普段使いならドコモ光1ギガがおすすめです。 例えば、 動画を見る、ゲームをする、アプリ、パソコン利用であれば、1ギガで十分。 速度によほどこだわりがある方以外は、1ギガを選びましょう。 通信代の節約にもなります。 なお、 ドコモ光は10ギガと1ギガともに、申し込みで限定特典があります。 特に1ギガの特典は、専用ページからのみです。 これから手続きする方は、必ず以下の専用リンクから手続きしてくださいね。 【専用ルーターレンタル料金】• なので、 10ギガはレンタル料金が余分にかかることになります。 10ギガ用のLANケーブルが必要 最後は、LANケーブルです。 基本的にLANケーブルは、ルーターに付属されていますが、自前の場合はCAT6A以上のものを使いましょう。 CAT6以下のLANケーブルは、10ギガに対応していません。 1ギガ、10ギガ共に手続きは以下のリンクから。 限定特典ページなので、お得です。 \このページ限定! 最大2万円がもらえる/ <ドコモ光:キャンペーンサイト> 【ドコモ光10ギガ】1ギガと一覧で比較 ここで、ドコモ光の10ギガと1ギガを一覧で比較しました。 上でもお伝えしたとおり、 10ギガは速度のメリット以外に、デメリットも多いです。 かんたんに言うと、 10ギガは通信速度にメリットがあります。 しかし、その他の 料金、エリア、ルーター、光電話のサービスは、1ギガにメリットがあります。 つまり、普段使いで『動画を見る』『ゲームをする』『アプリを使う』『音楽を聴く』などのサービスは1ギガで十分です。 例えば、『大人数の家族』や『事務所で安定した通信』が欲しい方、『速度にこだわりがある方』は、10ギガでも良いかもしれません。 ドコモ光の申し込みで限定特典 【ドコモ光10ギガ】対応するプロバイダ比較 続いて、10ギガに対応するプロバイダ一覧です。 10ギガのプロバイダは7種類なので、1ギガの24種類と少ないですが、結局選ぶのは1つなので、それほどデメリットではありません。 exciteはタイプBで提供 以上が、ドコモ光10ギガに対応したプロバイダと、1ギガとの比較です。 選べるプロバイダ数は1ギガより少ないですが、 10ギガも選択肢はいくつかあるので損はしないですね。 月額料金にプロバイダ料も込みです。 なお、もしプロバイダ選びで迷っている方は、Aタイプの します。 1ギガでも人気のあるプロバイダで、特典も良いです。 【ドコモ光10ギガ】口コミや実際の通信速度 続いて、実際の口コミや通信速度を調べてみました。 結果、何人かのユーザーが、ドコモ光10ギガもしくは、フレッツ光クロスを既に契約済みでした。 その方々のコメントです。 口コミ1:通信速度が速い(1) まず1つ目の口コミは、通信速度です。 下り(ダウンロード)の実測が、6. 5Gbpsでした。 フレッツ光10Gクロスというか、ドコモ光10gだけど、有線LAN接続だととてつもなく速いね。 ドコモ光1ギガでは、この通信速度は出ないです。 口コミ2:通信速度が速い(2) 続いても、通信速度が速い口コミです。 (フレッツ光クロス) 通信速度は約5. 7Gbpsで、こちらもかなり速い通信でした。 フレッツ光クロス 速い。 auより速い。 うちは10GにするにあたってHUBをNETGEAR2台(8万げっ)にした。 最近、PCがぶっ壊れたので新調。 AC107チップの乗ってるASROOKのX299 CREATERにした。 1FのPCにはASUSの10Gボードを取り付け。 で速度計測はfastのサイトで計測。 EDGEで計測すると2GBpsぐらい — こまさんずら〜 KanoPiko2 口コミ4:今のままでも十分 最後は、ドコモ光10ギガを導入しなかった人の口コミです。 この方は、 現状のドコモ光1ギガで十分と判断したようで、10ギガの導入を見送ったようです。 ドコモ光 10ギガがサービスインしましたが今のところ興味ありません ・まず我が家はサービス提供エリア外 ・対応ルーターが3万円以上もする 現行のドコモ光で不自由を感じていないからです DL Max 2GBのNURO光はどう対応するんですかね? 笑 — 🐶 akitainu2025 以上が、ドコモ光10ギガ(フレッツ光クロス)の口コミでした。 やはり 通信は速く、口コミからもその速さが伝わってきました。 しかし、今のところ、10ギガ必要なしと判断している人も何人かいました。 とにかく、 速い通信が必要な方は、10ギガがおすすめです。 \このページ限定! 最大2万円がもらえる/ <ドコモ光:キャンペーンサイト> 【ドコモ光10ギガ】キャンペーンや申込特典 10ギガはポイント付与のキャンペーンがあります。 新規申込で 合計76,400ポイントのdポイントが付与されます。 ドコモ光10ギガの特典の内容と内訳 76,400ポイントは3つの特典の合計です。 内訳をかんたんにご紹介します。 (1)新規工事相当の18,000ポイント還元 1つ目は、 新規工事相当の18,000ポイント還元です。 ドコモ光10ギガには、戸建ての工事費分の18,000円がかかりますが、工事費分をポイントで還元してもらえます。 ドコモ光の工事と 利用開始の2カ月後にポイント付与されます。 (2)申し込みによるポイント進呈 2つ目は、申し込みによるポイント進呈です。 新規申し込み(20,000ポイント)もしくは、転用(5,000ポイント)することでポイントがもらえます。 (3)毎月1,600ポイント進呈 最後は、24カ月間の継続利用によるポイント進呈です。 【10ギガの契約期間と違約金】• 契約期間=2年の自動更新• その他機種は以下の通りで、Androidも一部対応済みです。 11ax)に対応していて、最大10Gbpsで通信できます。 また、これ以前のスマホでもWi-Fi5(Wi-Fi 802. 11a/b/g/n/ac)に対応していれば、最大6. 9Gbpsで通信できます。 AppleならiPhone6以上になるので、ほとんどのスマホは速い通信になります。 1ギガから10ギガへの変更は出来る? できます。 注意点は、変更でも10ギガの工事が必要な事です。 (工事費:18,000円) 変更を考えている方は、一度ドコモへ相談してみてくださいね。

次の

ドコモ光も10ギガプラン提供開始!料金や提供エリア、キャンペーンを解説!

ドコモ光10ギガ キャンペーン

目次 ドコモ光 10ギガの月額料金やエリアについて それでは早速、ドコモ光 10ギガがどんなサービスなのか見ていきましょう。 まず簡単にサービス内容をまとめると、ドコモ光 10ギガは次のようなサービスです。 タイプA:6,300円• マンションにお住いの方も、戸建向けプランを引込みできればドコモ光 10ギガが利用できます。 上り・下り共に最大10Gbpsなので、従来のドコモ光よりかなり速くなりそうですね。 また、オプションとして10ギガ対応のWi-Fiルーターも月額500円でレンタル可能。 市販の10ギガ対応ルーターはまだ少なく、それなりに高額なのでレンタルできるのはありがたいですね。 なお、従来のドコモ光 1ギガを利用中の方は、ドコモインフォメーションセンターやドコモショップで ドコモ光 10ギガに変更できます。 ドコモ光 10ギガのチェックポイント• 対応プロバイダは7社• 提供エリアはまだ一部地域のみ• 工事費は通常のドコモ光と同じ• どのプランも、スマホと同じように2年契約あり・なしで月額料金が変わりますね。 2年契約をした場合の違約金は13,000円なので、 9ヶ月以上継続するなら2年契約をした方がいいでしょう。 また、単独タイプで利用する場合は上記のプラン料金に加え、利用するプロバイダの月額料金が別途必要です。 戸建向けのプロバイダ料金は1,000円前後なので、合算するとタイプA・タイプBより割高になってしまいます。 別記事『』でも解説している通り、1Gbpsのプラン同様にドコモ光は タイプAがもっとも割安に利用できるでしょう。 ドコモ光 10ギガの対応プロバイダは7社 ドコモ光 10ギガに対応しているタイプA・Bのプロバイダは次の通りです。 ドコモnet• plala• GMOとくとくBB• andline• hi-ho タイプB• excite• ASAHIネット 別記事『』でも解説している通り、ドコモ光 1ギガは全24社の提携プロバイダがありますが、 ドコモ光 10ギガに対応しているのは7社のみです。 今ドコモ光 1ギガで上記以外のプロバイダを利用している方は、ドコモ光 10ギガを利用する際に対応プロバイダへの変更が必要です。 プロバイダ変更はドコモ光 10ギガ申込み時に一緒に手続きできますが、プロバイダが変わると今利用しているプロバイダサービスが利用できなくなる事に注意しましょう。 単独タイプ利用中の方はプロバイダ変更が必要になる? 今ドコモ光を単独タイプで利用している方は、プロバイダの変更をしないと ドコモ光 10ギガが利用できない可能性があります。 ドコモ光 10ギガで利用するプロバイダは「IPoE方式」での接続に対応している必要があるためですね。 単独タイプで好きなプロバイダを利用したいという方は、利用するプロバイダがIPoE方式に対応しているかしっかりチェックしましょう。 もし利用しているプロバイダがIPoE方式に非対応なら、ドコモ光 10ギガ申込み時にタイプA・Bの対応プロバイダも一緒に申し込んだ方がいいですね。 ドコモ光のプロバイダ変更について ドコモ光のプロバイダ変更は、ドコモインフォメーションセンターとドコモショップで手続きができます。 電話はドコモ光のペア回線になっているスマホの契約者がかけるようにしましょう。 プロバイダ変更手数料• タイプA・B利用中:3,000円• 単独タイプからタイプA・Bに変更:無料 単独タイプからプロバイダセットのタイプA・Bに切り替える場合のみ無料で、それ以外の変更は全て3,000円となっています。 ドコモ光 10ギガの提供エリアはまだ一部地域のみ 続いてドコモ光 10ギガの提供エリアを見ていきましょう。 2020年4月のサービス開始時点では、ドコモ光 10ギガは次のエリアに対応します。 東京23区の一部 大田区、世田谷区、杉並区、 練馬区、板橋区、足立区、 葛飾区、江戸川区 NTT西日本• 大阪府 大阪市• 愛知県 名古屋市 こうして提供エリアを見ると、 サービス開始時点ではかなり限定的ですね。 ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用した光コラボなのでなので、提供エリアの拡大はフレッツ光の提供エリア拡大を待つ必要があります。 とはいえ、光コラボでのシェア1位のドコモ光が10ギガ対応した事で、他の地域への提供エリア拡大にかなり期待できそうですね。 なお、提供エリアの地域も全域が対応している訳ではありません。 ドコモ光 10ギガの申込み前に、フレッツ公式サイトで提供エリアになっているかチェックした方がいいでしょう。 エリアによって受付開始日・提供開始日が違う ドコモ光 10ギガは、提供エリアによって受付開始日も提供開始日も異なります。 提供開始日からすぐ利用したい方は、受付開始日になったら即申込むようにしましょう。 ドコモ光 10ギガの提供エリア確認方法 正確なドコモ光 10ギガの提供エリア確認方法はまだ不明ですが、ドコモ光 1ギガ同様にフレッツ光の公式サイトで提供エリア確認ができると見ていいでしょう。 >NTT東日本エリアの提供エリア検索は >NTT西日本エリアの提供エリア検索は お住いの地域別にフレッツ光公式サイトで提供エリア検索をし、 検索結果が「フレッツ光クロス」の提供エリア内ならOKです。 ドコモ光 10ギガの工事費は通常プランと同じ ドコモ光 10ギガを新規申込みする場合の初期費用は、通常のドコモ光 1ギガと同じです。 その代わり、次にお伝えする ドコモ光 10ギガの独自キャンペーンでdポイントが工事費と同じ金額分還元されます。 結果的に損はしませんが、開通後の料金に工事費と事務手数料の21,000円が合算されるので、初めは少し高くなる事に注意しましょう。 ドコモ光 10ギガは最大76,400pt還元のキャンペーンあり! 続いてドコモ光 10ギガのキャンペーンをチェックしましょう。 ドコモ光 10ギガでは、これから契約する方に向けた3つのキャンペーンを展開しています。 全てのキャンペーンを合わせると、なんと 最大76,400ポイントの超高額dポイント還元! かなりお得なキャンペーンなので、これからドコモ光を契約する方はしっかりチェックしておきましょう。 ポイント還元額• 新規契約:20,000ポイント• 転用:5,000ポイント dポイントの還元額は少し減ってしまいますが、転用でもポイント還元対象になるのは嬉しいですね! ポイント還元のタイミングは、新規工事費相当のdポイントと同じく開通翌々月です。 なお、NTT西日本エリアではドコモ光 10ギガへの転用はできません。 そのため、西日本で現在フレッツ光を利用している方は、 最大2年間毎月dポイント還元だけになるので注意してください。 ドコモ光 10ギガは対応ルーターが必要 ドコモ光 10ギガを利用する際は、Wi-FiルーターやLANケーブルなど宅内のネットワーク機器も 全て10ギガ対応をする必要があります。 10ギガ対応が必要なのは• Wi-Fiルーター• LANケーブル• パソコン(有線接続の場合) ドコモ光 10ギガを契約しても、使っている機器が1ギガまでの対応では意味がありませんよね。 ドコモ光 10ギガを契約したらしっかりパフォーマンスが発揮できるように、お使いの機器を見直してから申込みしましょう! 10ギガ対応ルーターはレンタルがいい? 現在普及している Wi-Fiルーターの多くは1ギガまでの対応です。 そのため、ドコモ光 10ギガを契約する際は10ギガ対応のルーターを用意する必要があります。 最近は市販のWi-Fiルーターも10ギガ対応モデルが出始めていますが、なかなか高額なモデルばかりですね。 参考までに有名メーカーの10ギガ対応モデルを見ると次のようになります。 8Gbps 31,700円 NEC 4. 8Gbps 37,778円 上記の2モデルなら10ギガにバッチリ対応していますが、なかなか手が出しにくい金額ですよね。 実はドコモ光 10ギガでは、10ギガ対応ルーターのレンタルも行っています。 11ax対応 最大2. 4Gbps ルーターをレンタルしている間はずっと月額500円が発生しますが、 総合的に市販モデルより高くなるのは5年以上先です。 数年後には市販の10ギガ対応ルーターはもっと安くなるはずなので、今ドコモ光 10ギガを申込むなら レンタルした方がいいかもしれませんね。 LANケーブルも10ギガ対応か要チェック! 今お使いのLANケーブルをそのまま利用する方は、しっかり10ギガ対応のLANケーブルを使っているかチェックしましょう。 LANケーブルはあまり速度を気にせず利用されがちですが、 規格毎に対応速度が全く異なります。 ドコモ光 10ギガで利用するならカテゴリー6A以上のLANケーブルが必要なので、まだ持っていない方は開通までに用意しておきましょう。 参考までに、家電量販店で良く見るエレコムのLANケーブルのメーカー希望価格は次の通りです。 有線接続ではパソコンも10ギガ対応が必要になる パソコンはLANケーブルでネット接続をする方は、 パソコンのLANポートも10ギガ対応が必要です。 お使いのパソコンによって対応方法は異なりますが、ドコモ光 10ギガを利用するなら必ず対処しておきましょう。 パソコンの10ギガ対応方法• 自作PCやセパレートタイプのデスクトップ:10ギガ対応LANカードを増設• 一体型PCやノートPC:10ギガLAN - USB3. 1変換アダプタを利用 LANカードの増設対応について 自作PC等のセパレートタイプのデスクトップなら、 10ギガ対応のLANカードを増設するだけで簡単に対応できます。 最近は10ギガ対応のLANカードはかなりの種類があるので、少し探せばお使いのパソコンにぴったりなLANカードが見つかるでしょう。 とりあえず安く対応させるなら、ASUSの「」が15,000円以下で手に入るのでおすすめです。 変換アダプタでの対応について iMacやノートPCなどは、LANカードでの10ギガ対応が難しいですよね。 ただ、 Thunderbolt 3(USB3. 1)に対応しているパソコンなら、変換アダプタで10ギガ対応できます。 この手の変換アダプタは種類が少なく、結構品切れ状態になることが多いですね。 差し当たりAmazonでよく見る変換アダプタは次の2つです。 ドコモ光 10ギガの疑問を解決 ここまでドコモ光 10ギガについて解説しましたが、最後に細かな疑問点をまとめて解説します。 A:ドコモ光電話以外は全て使えます。 ドコモ光 1ギガからドコモ光 10ギガに変更する際、必要なオプションがそのまま使えるかは気になるポイントですよね。 結論からお伝えすると、 ほとんどのオプションはドコモ光 10ギガでも利用できます。 ただ、 ドコモ光電話だけはドコモ光 10ギガに非対応なので、利用中の方は注意が必要です。 また、ドコモ光やフレッツ光が発行した電話番号は、加入権電話に戻せず 解約しか選択肢がありません。 固定電話を利用している方は、ドコモ光 10ギガに申込む前に電話をどうするか決めた方がいいでしょう。 Q2:フレッツ光から転用できるのか?• その反面、 解約費用や使えない期間が発生する可能性があるので少しリスキーですね。 一方、転用してからプラン変更をする場合は 使えない期間がなく切り替え可能です。 ただ、ドコモ光 10ギガのキャンペーンは使えないため、あまりお得にはなりませんね。 どちらも一長一短ですが、お得に切り替えるなら解約新規、使えない期間を無くすなら転用からプラン変更を選ぶといいでしょう。 Q3:ドコモ光セット割は使えるか? ドコモ光セット割の概要• ドコモ光のペア回線と同じファミリー割引内の回線が割引対象• 対象プランは「ギガホ」「ギガライト」「パケットパック」• 割引額は利用しているプランに応じて500円〜1,000円割引 参考までに最新プランであるギガホ・ギガライトの割引額を見ると次の通りです。 Q4:ドコモ光 10ギガの工事は1ギガと違うのか? ドコモ光 10ギガのサービス内容• ドコモ光提携プロバイダの対応は現在7社のみ• 提供エリアは東京、大阪、名古屋の一部でまだまだ狭い• 登録事務手数料や工事費はドコモ光 1ギガと同じ• 最大76,400ポイントの高額還元キャンペーンあり!• ドコモ光電話は利用できなくなるので注意! ドコモ光 10ギガは、通常のドコモ光 1ギガより少し高くなるだけで、一気に高速になりますね。 対応している提携プロバイダが少なくドコモ光電話が使えないという注意点はありますが、速度重視の方にはぴったりの光回線でしょう。 また、ドコモ光 10ギガを利用するにあたり、家の中の通信環境も整える必要があります。

次の

【2020年7月】ドコモのキャンペーンまとめ! 月額と端末の割引を分かりやすく解説

ドコモ光10ギガ キャンペーン

月額料金• タイプA:6,300円• タイプB:6,500円• 単独タイプ:5,800円 最大速度 上り下り最大10Gbps 提供エリア 東京・大阪・愛知の一部 セット割 ドコモ携帯・スマホ オプション 10G対応無線ルーター 月額500円 特典 最大76,400dポイントプレゼント ドコモ光10ギガの月額料金と初期費用について まずは、ドコモ光10ギガの月額料金・初期費用についてです。 ドコモ光の10ギガには通常のドコモ光と同じく3つのタイプが用意されており、それぞれ契約するプロバイダによって料金が異なります。 タイプAとタイプBで料金が異なりますが、プロバイダ毎のサービス差はありません。 そのため、プロバイダに特別なこだわりがない人は 月額料金が安いタイプAのプロバイダの中から好きな会社を選ぶとOKです。 そして、通常のプラン 2年縛り を契約した場合は、 契約更新月以外の解約で13,000円の違約金が発生します。 契約期間等は通常のドコモ光と同様ですが、違約金が少し高くなっていますので、「解約したいなぁ…。 」と思ったら期間をしっかりと確認するようにしましょう。 契約事務手数料:3,000円• 新規開通工事費:18,000円 設備状況により7,600円 工事費は住宅の設備状況によって7,600円、フレッツ光クロス 10ギガサービス からの転用で0円になることもありますが、 基本的にはほとんどの人が18,000円です。 支払い方法は、一括あるいは分割 12回~60回 のどちらかを選べますので、予算に合わせて好きな方を選ぶと良いでしょう。 なお、ドコモ光ギガにプラスして「ドコモ光テレビオプション」を契約する場合は、別途テレビ用の工事費も発生します。 テレビの工事費は12,300円~32,100円と状況によって金額幅が広くなっていますので、テレビの契約を検討している場合は下記記事を参考に工事費の確認をしておくと良いかもしれません。 ネット回線の工事費支払いを一括または同額の分割で選べる場合は、 できるだけ長い期間の分割にすることをオススメします。 なぜかと言うと、次に乗り換える回線に「乗り換えの違約金負担」が付いていると、ドコモ光の工事費残債分 支払い終えていない分の工事費 を負担してもらえるからです。 ドコモ光の工事費は、一括でも分割でも支払い総額は変わりませんので、乗り換え時に負担してもらえる可能性がある分割にするとお得になることがあります。 ドコモ光10ギガは最大10Gbpsだが過度な期待は禁物! 続いては、ドコモ光10ギガの通信速度についてです。 回線速度についてはピックアップする必要はないかもしれませんが、一応紹介しておきます。 ただし後半で説明しますが、接続する側の機器が最大10GbpsのLANポートあるいは最大10Gbpsに近い無線規格に対応していないと、 1Gbps以上の通信速度を出すのは難しいです。 最大10Gbpsではありますが、その点はしっかりと把握しておくと良いでしょう。 ドコモ光10ギガの提供エリアは東京・大阪・愛知の一部 続いて提供エリアについてです。 現在発表されている対象エリアは、フレッツ光クロスと同じく 「東京・大阪・愛知」の3都道府県になっています。 はっきり言うと、現状対応しているエリアはかなり狭いです。 また、このエリアにプラスしてドコモ光10ギガは 戸建ての住宅にしか導入することができません。 集合住宅は導入できませんので注意しましょう。 ただし、提供エリアは随時拡大していくと言われています。 現在対応していないとしても 数ヶ月で提供エリアが広がる可能性もありますので、気になる人は定期的にチェックしてみると良いかもしれません。 ドコモ光10ギガは通常のドコモ光セット割が適用される 続いては、ドコモ携帯・スマホとのセット割についてです。 ドコモ光10ギガでも通常のドコモ光同様にドコモ光セット割が適用されます。 現在 ドコモ携帯・スマホのセット割に対応している10ギガ回線はドコモ光だけですので、ドコモユーザーにとってはかなりありがたいでしょう。 主要プランごとの割引料金は以下の通りです。 ドコモ光のセット割は、光回線1つにつき携帯・スマホ1台が割引されます。 勘違いされやすいポイントですが、ドコモ光の料金ではなく携帯・スマホの料金から規定料金が割引されますので間違えないようにしましょう。 ドコモ光のセット割引の詳細やそれに合わせて確認したい「ずっとドコモ割」などは別記事で解説していますので、契約を検討している人は合わせてチェックしてみてください。 ドコモ光10ギガ契約で最大76,400ポイントのdポイントが貰える 最後にドコモ光10ギガの特典について紹介します。 現在、ドコモ光10ギガで実施されている特典は以下の3つになります。 現金でのプレゼントではないものの、合計は76,400ポイントとかなり豪華です。 そして各特典付与の条件は全て同じで、 「dポイントクラブ会員であること 無料 」と 「申し込みから7ヶ月以内にドコモ光が開通していること」の2つのみです。 どちらも難しい条件ではありませんので、 基本的に申し込んだほとんど全ての人が特典を受けられると考えたので良いと思います。 注意点として、 付与されるdポイントは用途・期間が限定されていることを覚えておきましょう。 ドコモ光10ギガでは光電話を利用できない• 10ギガを使うための機器を自分で用意する• PPPoEには2020年10月まで非対応 IPv4 over IPv6には対応 それぞれについてみていきましょう。 注意点1:ドコモ光10ギガでは光電話を契約できない 1点目の注意点は、ドコモ光電話についてです。 現在ドコモ光に合わせて光電話も契約している人が多いかもしれませんが、 ドコモ光10ギガでは光電話を利用することはできません。 なので、固定の電話が欲しい人は各自で一般加入電話あるいはIP電話を契約する必要があります。 ただし、これら2つの固定電話は光電話と比較すると料金面・機能面でイマイチです。 ただ加入電話もIP電話もイマイチ感が…。 例えば、一般加入電話の契約は導入だけで30,000円以上の費用が掛かってしまう上に月額の基本料金も高く、料金面でかなり損してしまいます。 一方で、IP電話はフリーダイヤルや110番などに発信できない、一部携帯・スマホに発信できないなど、機能的なデメリットが多いです。 結果的にどちらもイマイチな選択肢になってしまうため、基本的には ドコモ光10ギガと固定電話の共存は諦めた方が良いかもしれません。 ただし、「どうしても固定電話が必要!」という人は 加入電話あるいはIP電話の契約を検討してみると良いでしょう。 注意点2:10ギガの速度を活かすために10Gbps対応機器が必要 2つ目は、10Gbpsをフルで活かすための機器についてです。 「最大速度」の項目でも少し触れましたが、10Gbpsの回線を契約しても使用する機器がその速度に対応していないと、大きな恩恵はありません。 速度は速くなりますが…。 例えば、パソコンの有線で利用するなら10Gbpsに対応したLANポートの取り付け、無線を飛ばすなら10Gbpsに対応した無線LANルーターなどが必要になります。 総合的に考えると、 10Gbpsの回線をフルで活用するにはかなりの費用の準備が必要と言えます。 「10G回線契約したら回線がかなり速くなる!」と思って契約しても、これらの用意がないとイマイチに終わる可能性があるので注意しましょう。 注意点3:PPPoEには2020年10月まで非対応 IPv4 over IPv6には対応 最後の注意点は、通信方式に関してです。 ドコモ光10ギガ提供開始時に対応している通信方式は「IPoE」と「IPv4 over IPv6 v6プラス、transix 」の2つになっています。 普通に使う分には十分以上のスペックを持っていますが、 より速度にこだわりたい人は各自で10G対応のルーターを購入した方が良いでしょう。 実際のところ、ドコモ光10ギガは契約する価値がある? ここまでドコモ光の10ギガのサービス・注意点と解説してきました。 それぞれのデータを見た上で、「ドコモ光10ギガは契約する価値があるの?」という点に関して言えば、 現状契約価値は低いと思います。 イマイチだと思う理由は3つです。 PPPoEに対応していない• 料金が他社10ギガより高い• あまり準備している感じがしない まず2つ目についてですが、ドコモ光10ギガは他社の10ギガに比べて料金が少し高めです。 例えばNURO光は10ギガで月額5,743円、auひかりは6,380円 固定電話料金込み で、それぞれルーターのレンタル料金もなく、この金額だけで利用ができます。 こういった他社と比較すると、 ドコモ光の10ギガ回線はコスパ的にイマイチです。

次の