酒井莉加 浮気。 立川志らくの嫁・酒井莉加が弟子と車中キス不倫!立川うおるたーのプロフィールは?酒井莉加のタトゥーや坊主頭画像あり

立川志らくは再婚だった!酒井莉加とキス不倫写真まで!

酒井莉加 浮気

正直立川志らくの嫁が浮気とか離婚とかどうでもいいけど、 志らくの私服が完全に志村けんとおんなじ方向、イズムなのがそっちのが見てて100倍しんどい — hakkimm hakkimm20 立川志らくは大学生時代に一度目の結婚をしている。 立川志らくの出身校は日本大学芸術学部演劇学科だが、相手はどのような人物だったのか?相手は芸能関係者ではなく、一般人であったこともあり、元妻の情報は少ない。 しかし立川志らくは前妻との間に3人の子供を作っている。 この3人の子供は、前妻に引き取られた形とはなっているものの、金銭的・経済的なフォローは現在も続いていることだろう。 立川志らくは再婚だった!相手は18歳年下の元アイドル 男の一番の恥は、妻を他の男に寝取られることとよく言われているが・・・。 あの人気の辛口コメンテ-ターのOOOさん。 今、辛いだろうな~。 テレビに出れるの? 奥さんに言ったのかな~「もう浮気はよせ(寄席)って!」 — 甦った手負いのライオン pug3123 一度目の結婚から離婚後、2006年に二度目の結婚をすることになった立川志らく。 再婚時の年齢は43歳前後ということになる。 相手はLINK LINK LINKというITアイドルという新ジャンルのアイドルグループに所属していた酒井莉加だ。 当時25歳であった酒井莉加は立川志らくとの年齢差は18歳差ということになる。 では18歳という年齢差で結婚した立川志らくと酒井莉加の再婚の馴れ初めはなんだったのか? 立川志らくと酒井莉加の馴れ初めは? 志らくは私のいない時いる時もご飯を作ってくれる。 長女は私の作った舞台を3回も黙って観ていた。 立川談志(家元)から生前ずーっと私に言ってくれた言葉、あなたは笑顔でいれば良い。 志らくにはなんと言えば良いか、俺の緑色の血が流れている。 あなたは笑顔でいれば良い。 それを私一生守って生きる! — 酒井莉加 rika2626 2人の出会いのきっかけは、立川志らくが監督を務めた映画、SF小町がきっかけとなっている。 酒井莉加もSF小町のキャストとなっていたこともあり、二人はSF小町がきっかけで知り合ったことになる。 更にその後、立川志らくが主宰した劇団下町ダニーローズに酒井莉加も所属することになり、二人の接点は更に濃密になったのだろう。 元々酒井莉加は立川志らくの大ファンであり、当時、自身のプロフィールには志らく依存症と肩書きを名乗る程だった。 立川志らくも若いころから、ルックスが良いこともあり、若い女性のファンが多かったことで有名だ。 酒井莉加も同様に立川志らくのファンだったのだろう。 劇団も一緒なこともあり、接点が増えた立川志らくと酒井莉加は6年間という長い同棲期間を経て、再婚に至ったということだ。 同紙では、酒井莉加と不倫相手であるタコ太郎とのハグ写真やキス写真も公開されており、不倫の事実は間違いないのだろう。 酒井莉加が不倫した理由は? 立川志らくと酒井莉加は近年、不仲な状況にあったという。 その一番の理由として、立川志らくのメディアでの発言が原因だという。 M-1グランプリの司会者をきっかけに一気にメディアの露出が増えた立川志らく。 コメンテーターとしても活躍する場が増えている。 そんな中で、立川志らくは再婚相手の嫁に対して、 「歳を重ねるに連れ、年の差によるコミュニケーション不足や、理解し合えない点が出てきている」 と発言したことにより、夫婦間の関係か仲が更に悪くなったという。 志らくさんカッコいいな…。 奥さんの元弟子との不定関係が 報道された後の志らくさんの コメントが素敵すぎて 朝から泣いた…。 不定関係があったかどうかは 定かではないけど こんな素敵な旦那さん 一生大事にして欲しい🌙. その言葉は、確執を明らかなものにし、わざわざメディアで発言したことにより、立川志らくに対する不信感も強まるというものだ。 まとめ 立川志らくの嫁であり、不倫が報じられている酒井莉加は、立川志らくの再婚相手であり、18歳年下の女性であった。 酒井莉加の経歴では元アイドルグループであり、立川志らくと18歳の年齢差がある。

次の

立川志らくの嫁の浮気の「回数」に腰抜かした。非常識女過ぎる…妻・酒井莉加の驚愕の度胸がヤバい

酒井莉加 浮気

落語家で朝の情報番組で司会を務める 「立川志らく」さんですが、その妻である 「酒井 莉加(さかい りか)」さんが 弟子と不倫関係に陥っていると週刊文春が報じました。 しかもこの不倫は3年前からとの情報でキス画像も流出しています。 今回は、立川志らくの妻である酒井 莉加さんの不倫に関する情報や元アイドル時代の画像について調べてきました。 こちらの記事もどうぞ。 その後も芸能活動を続け、18歳のときに「Link Link Link 」という3人組のアイドルグループでデビューを果たします。 その後舞台女優として活動しながら、第25回浅草サンバカーニバルのイメージガールである「ユニット・サンバガールズ」として活動しました。 アイドルの道が閉ざされえてしまったため、舞台女優に専念し活動していましたが、2002年に志らくさんが監督をつとめた映画「SF小町」へ出演した際に、志らくさんと意気投合。 その後、2006年に二人は結婚しました。 二人の間には可愛い女の子は2人誕生しています。 いっけん、とても幸せそうに見える志らくさんと酒井さんですが、今回志らくさんのお弟子さんと不倫が報じられました。 スポンサードリンク 酒井莉加が不倫! 「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。 今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」 引用元:週刊文春 どうやら、二人の仲は、劇団関係者の中では広く知れ渡っていたようで、いつも一緒にいたということで驚きですね・・・。 お相手は、「立川うおるたー」さんという25歳の劇団員の方です。 キス画像は? 酒井さんと、うおるたーさんは志らくが地方公演のため自宅にいない時も、志らくさん夫婦さんの家で一緒に過ごすことがよくあったそうです。 旦那さんが仕事で頑張っているときに、自宅に浮気相手と一緒に過ごすっていう気持ちが理解できませんが・・・。 志らくさんへの後ろめたさはなかったのでしょうか? また、志らくさんが舞台の公演初日だった2月19日深夜には下記のことがあったと言われています。 以降、連日、2人はコンビニやスーパーの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていた。 引用元:週刊文春 また、うおるたーさんの一人で住む部屋で二人っきりで過ごしていたという目撃情報があるようです。 車でキスしている様子と二人が抱き合っている様子がしっかりと撮られています。 志らくさんはこの件について、 離婚は1億%ない、奥さんのことは全力で守ると語っているところも、なんだか健気でさらに同情してしまいます。 今後、この騒動がどのように進むのか注目が集まりますね。

次の

酒井莉加(立川志らく嫁)の浮気相手は誰?画像で紹介!

酒井莉加 浮気

月曜から金曜まで情報番組「グッとラック! 志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の 酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。 酒井は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「リンクリンクリンク」で活動。 2002年に志らくが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚した。 劇団関係者が語る。 「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の 弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。 今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」 「週刊文春」取材班は、2人のデート現場をたびたび確認している。 週刊文春などによると、立川志らくさんの妻で、元アイドルとして活動していた酒井莉加さんに不倫疑惑が持ち上がっているといいます。 文春の記者は弟子とのデート現場を何度も目撃しているとのことで、記事には2人が車内でキスをする様子なども掲載されています。 酒井莉加さん本人は直撃取材に対して不倫疑惑を否定しており、立川志らくさんも 『妻を信じている』とコメントしています。 弟子の立川うぉるたーさんとの不倫疑惑が報じられた酒井莉加さんの旦那である立川志らく氏が、MCを務めている情報番組『グッとラック! 』で文春報道について言及しました。 この件について、オリコンニュースなどは以下のように報じています。 オープニングで志らくは「おはようございます。 本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくてはいけないのですが、志らくごときで、大変申し訳ないのですが、一言だけお時間をいただきます」と切り出すと、「実は、私のプライベートのことで、ちょっとゴタゴタがございまして、某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました」と説明。 続けて「それに関しては、私は妻のことを信じております。 まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」と断言し「なぜ、私がそういうことを言うかと申しますと、家族だから。 この程度のことで絆が切れるということはない。 あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。 命がけで守る。 それだけでございます」と語った。 報道にある通り、立川志らく氏は妻との離婚について一切考えていないとのこと。 それどころか、世間の目から妻を守るとまで断言されています。

次の