マイクラ アップデート いつ。 新モブも続々追加!?マイクラ超大型アップデート1.13情報徹底解説

Java Edition 1.16

マイクラ アップデート いつ

マイクラの特徴の一つに「頻繁にアップデートされて新しい要素がどんどん追加される」というものがあります。 アプデ頻度が高いのはありがたいことなのですが、しばらくプレイできずにいると変化についていけないことも・・。 そこでこの記事では最新のアップデートはもちろんのこと、マイクラが過去にどのようなアップデートを重ねてきたのかをまとめました。 「あのバージョンではどんな変更があったんだっけ?」とか「このシステムはどのバージョンからだったっけ?」と疑問に思ったときに見返すと便利です。 Java版のアップデート履歴 マインクラフトJava Edition(いわゆるPC版)のアップデート履歴です。 私がマイクラを始めたのがバージョン1. 8あたりだったので、バージョン1. 9以降のアップデートについてまとめています。 JE1. 16、1. 1 溶岩と炎でかこまれ赤一色だったネザーが大きく変化したアップデート。 真紅の森や歪んだ森、ソウルサンドの谷といった新しいバイオームが追加され、ネザーの景色がガラリと変わりました。 ダイヤ装備を上回るネザライトの装備品が登場したのもこのバージョン。 新Mobとしてネザーの住人であるピグリンが追加され、バージョン1. 2までのゾンビピッグマンはゾンビピグリンへと名前・姿を変えました。 16ネザーアップデートについては以下の記事で詳しく解説しています。 関連記事: JE1. 15、1. 1、1. 2 新しいMob「ミツバチ」が追加されたアップデートです。 養蜂箱、ハニカム、はちみつ入りの瓶など、ミツバチ関連のアイテムも合わせて追加されました。 ミツバチは花の蜜を集めるだけでなく、煙をあてるとおとなしくなったり攻撃すると死んでしまったりするなど、現実のミツバチがかなりリアルに再現されています。 アイアンゴーレムがひび割れるようになったのもこのバージョン。 壊れてきたら鉄インゴットで修復してあげましょう。 15アップデートについては以下の記事で詳しく解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 14、1. 1、1. 2、1. 3、1. 4 村の構造物や村人に大きな変更が加えられたアップデートです。 村の構造物や村人の見た目がバイオームごとに変更され、溶鉱炉や製図台など村人が仕事に使うブロックが多数追加されました。 村人は朝起きてから仕事をしたり集会所に集まったりして日中を過ごし、夜はベッドに戻って眠るようになりました。 取引システムも変更されていて、エメラルドを持って近づくと取引ウインドウを開かなくても取引可能なアイテムを見せてくれます。 ピリジャーとラヴェジャーという新しいモンスターも追加され、条件を満たすと村が襲撃されるイベントが発生するようになりました。 ピリジャーが生息する「前哨基地」という構造物も生成されるようになり、中にはアイアンゴーレムが捕らわれています。 統合版ではバージョン1. 0で村と略奪アップデートがおこなわれています。 ヴィレッジアンドピレッジアップデートについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 13、1. 1、1. 2 サンゴやコンブなど海の中にこれまではなかったブロックが生成されるようになったアップデートです。 難破船や海底遺跡などプレイヤーの冒険心をくすぐる構造物が追加されていて、それらから世界のどこかに埋められている財宝のありかが記された宝の地図を手に入れることができるようになりました。 イルカやカメや熱帯魚など、かわいらしい海の生物が追加されたのもこのバージョンです。 子ガメが成長するときにドロップする「カメのウロコ」で新しい防具である「カメの甲羅」を作ることができるようになり、このカメの甲羅は装備したプレイヤーに10秒間の水中呼吸のステータスを付与してくれます。 エンチャントしていなくてもステータス効果が得られるという、これまでにはなかったタイプのヘルメットです。 ドラウンドやトライデントが追加されたのもこのバージョンから。 ゾンビが水に沈むようになってしまったので、1. 13以降は以前のバージョンで動いていたゾンビトラップを改築する必要がありました。 デバッグ画面に表示されるフォントも変更されています。 統合版ではバージョン1. 14でアクアティックアップデートがおこなわれています。 アクアティックアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 12、1. 1、1. 2 ゲーム内の「色彩」にフォーカスしたアップデートです。 羊毛の色が鮮やかになり、コンクリートやコンクリートパウダー、彩釉テラコッタなど、色彩豊かなブロックが新たに追加されました。 ベッドも赤色以外の色が使えるようになっています。 ゲーム内でレシピ本が採用されたのもこのバージョンです。 条件を満たすとレシピのロックが解除され、ゲームの中で作り方を確認することができるようになりました。 また、バージョン1. 11までの「実績」システムが「進捗」に置き換えられ、JSONファイルを使ってユーザーがカスタマイズすることができるようになっています。 イリュージョナーとオウムが追加。 イリュージョナーは最新バージョンでもまだサバイバルには登場していないモンスターです。 ワールドオブカラーアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 11、1. 1、1. 2 2016年11月14日リリース。 覆われた森バイオームに「森の洋館」が生成されるようになり、ヴィンディケーター、エヴォーカー、ヴェックスという洋館の中に生息する新モンスターが追加されました(ヴェックスはエヴォーカーが召喚する)。 エヴォーカーがドロップする新アイテム「不死のトーテム」は、プレイヤーのゲームオーバーを一度だけ身代わりしてくれるというアイテムです。 コマンド関連の変更も行われています。 エクスプロレーションアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 11、1. 1、1. 2 2016年6月8日リリース。 雪原にスポーンするスケルトンの亜種「ストレイ」や、砂漠にスポーンするゾンビの亜種「ハスク」が追加されたバージョンです。 「シロクマ」や、砂漠や湿原バイオームの地下に生成される「化石」も追加されています。 ストラクチャーブロックという特殊なブロックをプレイヤーが使用できるようになりました。 他のワールドで作った構造物を保存し、読み込むことが可能です。 ネザーにマグマブロックが生成されるようになりました。 また、ネザーウォートからネザーウォートブロックが、ネザーウォートとネザーレンガから赤いネザーレンガがクラフト可能になっています。 メサの廃坑が追加されたのもこのバージョンです。 フロストバーンアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: JE1. 9、1. 1、1. 2、1. 3、1. 4 これまでとは戦闘のシステムが大きく変わったバージョンです。 攻撃力変動のバーが登場し、メインハンドだけでなくオフハンドが使えるようになりました。 ジ・エンドでは離島が生成され、エンドシティやエンドシップといった構造物が発見できるようになりました。 エンドシップでは「エリトラ」や「ドラゴンの頭」といったレアアイテムを手に入れることができ、エリトラを装備したプレイヤーは滑空して移動できます。 また、雪原バイオームにイグルーという構造物が追加されています。 地下室がある場合は村人と村人ゾンビが格納されていて、村人ゾンビを治療して村を作っていくことが可能です。 コンバットアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: 統合版(BE)のアップデート履歴 統合版マインクラフト(Bedrock Edition)のアップデート履歴です。 Windows10 Edition、Switch、スマホのマイクラが該当します。 統合版を使い始めたのは、たしかバージョン1. 2くらいだったような。 そのあたりからまとめています。 BE1. 14、1. 12、1. 1、1. 20、1. 30 Java版と同じミツバチ関連のアップデート。 このバージョンでPlayStation 4 EditionがBedrock Editionに統合されました。 BE1. 13、1. 1、1. 2、1. 3 キツネが追加され、ストラクチャーブロックやライトブロックなどワールド作成に役立つ機能が追加されました。 またキャラクタークリエイターが実装され、プレイヤーのスキンをマイクラ上で作成できるようになりました。 BE1. コマンドブロックでもコマンドの自動補完ができるようになり、遅延のオプションも追加されています。 BE1. 0、1. 1、1. 2、1. 3 新mobの「襲撃隊の隊長」が追加。 プレイヤーが倒すと「不吉な予感」というステータス効果が付与され、その状態で村に入ると襲撃者、ラヴェジャー、ヴィンディケーター、エヴォーカー、ウィッチがランダムにスポーンして村を襲う襲撃イベントが起こるようになった。 BE1. 0、1. 1 バージョン1. 9では追加されなかった村と略奪アップデートの要素が追加されました。 行商人やラヴェジャーが追加され、デフォルトのテクスチャもアップデートされています。 BE1. 0 村の構造物や村人の見た目が変わり、村人用の職業ブロックが追加されました。 クロスボウを武器として使う「略奪者」が追加され、村人を見つけると襲いかかるようになりました。 ハーフブロックや階段、壁に多くの種類が追加されています。 BE1. 0、1. 1 新モブのパンダやネコ、そして竹、足場、クロスボウといったアイテムが追加されたアップデートです。 ファントムはネコを怖がって急降下しなくなり、ヤマネコは飼いならすことができなくなりました。 BE1. 7、1. ただしダミーオブジェクト(dummy)のみが使用可能。 また、クリエイティブモードや難易度ピースであってもプレイヤーが食べ物を食べることができるようになっています。 BE1. 6、1. 1、1. 2 ファントムが追加され、ファントムの皮膜や低速落下のポーションなど、ファントム関連のアイテムが使えるようになりました。 また、コマンドでのみ入手可能なバリアブロックも追加されています。 BE1. 5、1. 1、1. 2、1. 3 2番目のアクアティックアップデート。 コンジットや立ち上る泡、カメの卵などが追加されました。 ハスクは水中にずっといるとゾンビに変化し、さらにドラウンドにも変化するようになりました。 BE1. 4、1. 1、1. 2、1. 3、1. 4 海の中が大きく変わるアップデート。 統合版にはJava版よりも少し早くリリースされました。 自然発生したドラウンドしかトライデントをドロップしないJava版に対して、統合版ではゾンビが水中でドラウンド化した場合もトライデントをドロップしたため、既存のゾンビトラップに少し変更を加えることでドラウンドトラップを作ることができました。 BE1. 2、1. 1、1. 2、1. 3、1. 5、1. 6、、1. 1、1. 7、1. 8、1. 9、1. 10 マインクラフトPE(Pocket Edition)とマインクラフトWindows 10 EditionがXbox OneとNintendo Switchに移植され、iOS、Android、Windows 10、Nintendo Switchなどのマイクラが「Minecraft」というタイトルに統一されました。 Java版は「マインクラフト」から「マインクラフト Java Edition」にタイトルが変更され、統合版とは区別できるようになっています。 アップデートのやり方 通常の設定ならマイクラのアップデートは自動的に行われるため、ユーザー側でなにかやる必要はありません。 ネットにつながっている状態でマインクラフトを起動したときに、新しいバージョンが公開されていれば勝手にダウンロードが始まって新しいバージョンでマイクラが起動します。 アップデートしたくない場合 アップデートを回避する方法はありませんが、マイクラには過去のバージョンで起動できる機能が備わっています。 MODを使っていてどうしても古いバージョンで起動しなければいけないときなどは、この機能を使えばOKです。 開発版での起動方法 マイクラは過去のバージョンだけでなく、現在開発中の開発版バージョンもプレイできるようになっています。 正式リリース前の開発版なので不安定になることもありますが、最新要素をいち早く体験することができます。 開発版や古いバージョンでマイクラを起動する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。 合わせて読んでみてください。

次の

【おまたせ!】新バイオームやアイテムが追加!大型アップデート(v1.22)配信のお知らせ

マイクラ アップデート いつ

マイクラ1. 16「ネザーアップデート」 マインクラフトではこれまでに様々なアップデートが繰り返されて来ました。 今回は今まで ほとんど手がつけられることのなかった別世界「ネザー(暗黒界)」に、大きなアップデートが用意されています。 新ブロックはもちろん、新しいMobや新しい植物、新しいバイオームなどが増えています。 それぞれざっと紹介したあとに、詳しい内容をのせていきますよ! ネザーアプデ:新ブロック 左上から右へ順に名称をあげていきます。 真紅のナイリウム• 歪んだナイリウム• 真紅の幹• 歪んだ幹• 真紅の木材• 歪んだ木材• 表皮を剥いだ真紅の幹• 表皮を剥いだ歪んだ幹• シュルームライト• 真紅のハーフブロック• 歪んだハーフブロック• 真紅の階段• 歪んだ階段• 歪んだウォートブロック• 古代の残骸• ネザライトブロック• ソウルソイル• 玄武岩• 枝垂れツタ• 真紅の根• 真紅のキノコ• 歪んだ根• ネザーの新芽• 歪んだキノコ• 歪んだフェンス• 真紅のフェンス• 魂のランタン• 真紅のドア• 歪んだドア• 真紅の感圧板• 歪んだ感圧板• 真紅のトラップドア• 歪んだトラップドア• 真紅の看板• 歪んだ看板• 魂の松明• 真紅の菌皮• 歪んだ菌皮• 表皮を剥いだ真紅の菌皮• 表皮を剥いだ歪んだ菌皮• 泣く黒曜石• ねじれツタ• ネザー金鉱石• 真紅のボタン• 歪んだボタン• 磨かれた玄武岩• 研がれたネザーレンガ• 黒い石の塀• 黒い石の階段• 黒い石のハーフブロック• 黒い石• 研がれた黒い石• 魂の焚き火• リスポーンアンカー• ひびが入ったネザーレンガ• 磨かれた黒い石のレンガの塀• 磨かれた黒い石のレンガの階段• 磨かれた黒い石のレンガのハーフブロック• 磨かれた黒い石のレンガ• ひびの入った磨かれた黒い石のレンガ• 金の黒い石• 誘導石• クォーツのレンガ• 磨かれた黒い石の塀• 磨かれた黒い石の階段• 磨かれた黒い石のハーフブロック• 磨かれた黒い石• 磨かれた黒い石の感圧板• 磨かれた黒い石のボタン• 鎖(チェーン) 計70種類のブロックと大量に追加されます。 しかし、新ブロックの大半は 真紅系の樹木、 歪んだ系の樹木、 黒い石の加工物です。 これらの樹木や石はクラフトして、それぞれ階段ブロック・ハーフブロック・フェンス・フェンスゲート・ドア・感圧板・看板・ボタンに加工できます。 よって、新ブロックが多く見えるのです。 個人的に気になっているのは 青い光を放つ新しい光源ブロックです。 とても綺麗ですよね。 各種ブロックの入手方法や作り方は後述します。 ネザーアプデ:新アイテム 新アイテムは少なめで14種類です。 ネザライトのシャベル• ネザライトのツルハシ• ネザライトの斧• ネザライトのクワ• ネザライトの剣• ネザライトのヘルメット• ネザライトのチェストプレート• ネザライトのレギンス• ネザライトのブーツ• ネザライトインゴット• ネザライトの欠片• ピグリンのスポーンエッグ• ホグリンのスポーンエッグ• ストライダーのスポーンエッグ• ゾグリンのスポーンエッグ• ピグリンのバナーパターン ネザーアップデートでは新しい鉱石(?)としてダイヤモンドよりも強力な鉱石が実装されます。 ネザライトで作れるアイテムは、 ダイヤモンドで作った防具や道具、武器よりも優れた性能を持ちます。 ネザーアプデ:新Mob• ピグリン• ホグリン• ストライダー• ゾグリン 新Mobは4種類です。 上2種はなんだが可愛らしい名前ですが、ピグリンはまだ可愛くてもホグリンはあまり可愛くありません。 画像のホグリンは赤ちゃんのホグリンです。 20w13bのスナップショットでストライダーが追加されました。 ストライダー 中立Mobで、溶岩の海にスポーンします。 鞍をつけて乗ることができます。 歪んだキノコ付きの棒を使えば操縦もできます。 プレイヤーも 溶岩の海の上を移動できるのです。 20w14aのスナップショットでゾグリンが追加されました。 これはホグリンのゾンビバージョンです。 ネザーアプデ:新エンチャント ソウルサンドやソウルソイルの上でのみ、移動速度が上昇するエンチャントです。 入手方法はエンチャントテーブルではなく、ピグリンとの交換で手に入ります。 ネザーアプデ:新バイオーム 新しいネザーのバイオームは4つ!• 真紅の森バイオームは名前どおり真っ赤なバイオームです。 本来のネザーよりも 奇抜な赤色をしているため、目が疲れやすいかもしれませんね。 このバイオームでは、新Mob2種がスポーンします。 真紅の樹木が生えているので、真紅の木材を手に入れることができます。 歪んだ森バイオームは真紅の森とは打って変わって青いバイオームになります。 プリズマリン系ブロックの色合いにも似ています。 このバイオームでは、新Mobはスポーンしません。 歪んだキノコやネザーの新芽、歪んだ根などの 植物が生成されています。 青い胞子の中に浮かぶソウルサンドの谷バイオームはとても幻想的な雰囲気があります。 このバイオームにあるソウルソイルブロックの上では、炎は青く燃えます。 巨大な謎の生き物の 骨の化石などが多く見られます。 新しいネザーの中ではソウルサンドの谷が他のバイオームとの繋ぎになっていたりするので、珍しくはなく簡単に見つけられます。 黒い石ブロック、玄武岩で主に構成されている玄武岩デルタバイオームには、マグマキューブがよくスポーンしています。 とげとげした地形で、探検には少し手こずらされます。 新しいネザーや今までのネザーのバイオームにも、新しい音楽(BGM)がいくつか追加されています。 特に、玄武岩デルタとソウルサンドの谷に流れるBGMは美しいです。 ネザーアプデ:新しい構造物• ピグリンの要塞「残党の砦(仮称)」• 廃墟と化したネザーゲート(仮称) 大きな構造物としては1つの追加、小さいものも1つ追加されます。 新Mobのピグリンたちが拠点としている要塞「残党の砦」が実装されます。 残党の砦は、ネザー要塞のように色々な形があり、 内装は複雑を極めています。 探索すると たくさんのお宝チェストと出会います。 中には、最強装備になるネザライトの装備やその材料である古代の残骸、ネザライトの欠片が入手できる可能性があります。 また、新しいレコードや鎖ブロックも入手可能です。 ネザーゲートの遺跡のような構造物が、オーバーワールド(通常世界)とネザー(暗黒界)の両方に生成されます。 お宝チェストや金ブロックが同時に生成される場合もあります。 海のはるか下にあったり、地中奥深くにあったり、そのまま露出しているものなど、生成のされ方にはバラエティがあります。 新ブロック・アイテム入手方法 真紅の森で手に入るもの 真紅のナイリウム(真紅の森の土ブロックのようなもの)は、真紅の森バイオームの土台になっているのでシャベルで採取し放題です。 キノコを育てるのに使えます。 真紅のキノコは真紅のナイリウムの上でなら、真紅の木へと成長します。 骨粉で成長させることも可能です。 これらの真紅の木から垂れ下がっている「枝垂れツタ」は登り降りに使えます。 木のてっぺんはただのネザーウォートブロックですが、下側からは真紅の幹ブロックが手に入ります。 ネザーウォートブロックはクワで採取するのが早いです。 ネザライト装備の作り方 ネザライトインゴットを入手するのも大変ですが、ダイヤモンドの装備まで必要になるのでコストパフォーマンスは悪いですね。 しかしその性能は... ネザライトのクワもちゃんとあります。 道具類に関しては採掘速度もより優れています。 顔の上部分の白い点を目と見るか、下の赤い点を目と見るかで印象が違ってきます。 おそらくはブタの帽子をかぶった狩猟民族ではないかと推測できます。 ピグリンは金のアイテムが大好きで、 金の防具を一つでも身に着けているプレイヤーには友好的です。 金の防具を身に着けた状態で、ピグリンに金のインゴットを与えると、代わりに 別のアイテムへと交換してくれます。 大概は、豚肉やキノコ、腐った肉などです。 イノシシにも似た見た目ですが、なんとも形容しがたい姿をしています。 彼らはピグリンにとっては狩猟対象であるようで、度々ピグリンらに攻撃を受けているのを見かけられます。 それから、ホグリンはもちろんプレイヤーを襲う 敵対Mobです。 プレイヤーを上に 吹き飛ばす攻撃を行うので、ネザーのような不安定な地形では危険なMobになります。 ホグリンは 真紅のキノコを与えると繁殖してしまいます。 危険なMobなので、繁殖させるのは環境を整えてからが良いですね。 ストライダー Strider ストライダー INFORMATION ストライダーの基本情報 HP ストライダーの体力値 20 x10 DROP ストライダーのドロップアイテム 歪んだキノコ 歪んだキノコ付きの棒 鞍 溶岩の海の上を自由に歩いて移動する、ストライダーは何に例えたらよいのかわからない見た目をしています。 彼らは中立Mobで、プレイヤーを攻撃しません。 鞍を付けてあげると、プレイヤーを乗せてくれます。 ただし、操縦するには豚と同じようにアイテムが必要です。 「歪んだキノコ付きの棒」があれば、自由に操縦できます。 また、この棒についているキノコをあげれば移動速度が上がります。 溶岩の上でなら移動速度はなかなか速いですが、それ以外の場所では極端に遅くなります。 ゾンビに攻撃されるなどしてゾンビ化するわけではなく、ホグリンがオーバーワールド(通常世界)に渡ってしまうとゾンビ化します。 ホグリンの新たな行動傾向 ゾンビになるのを避けるために、ホグリンたちはネザーゲートやリスポーンアンカーを避けて行動します。 ゾグリンはホグリンよりも攻撃的なMobです。 ほぼ全てのMobに攻撃をしかけます。 ネザーと関連のない追加と変更点 ネザーとは直接関連はありません(今のところ)が、バージョン1. 16にて追加されるだろう要素と、ネザーと関連はするが既存の要素に対する変更点について紹介します。 ターゲットブロック(的) いかにもシステム的な見た目のこのブロックは、遠距離武器(トライデント・弓・クロスボウ・雪玉など)で衝撃を与えるとレッドストーン信号を発します。 その信号は、 衝撃が加えられた箇所が中心に近いほど強くなります。 現在はスナップショットにも公開されておらず、クラフトレシピや入手方法は謎です。 的ブロックのレシピ レシピが追加されました(20w09a)。 干し草の俵1個とレッドストーン4個で作成できます。 ゾンビピッグマンの改名 新Mobピグリンの実装によって、ゾンビピッグマンの立場が変わり名前が変わるようですよ。 鍛冶台に機能追加 ブロックだけ実装されていたこちらの「鍛冶台」に機能がひとつ追加されました。 装備をアップグレードする機能です。 今はダイヤモンド装備をネザライト装備へアップグレードする機能だけが備わっています。 焚き火の着火 キャンプファイア(焚き火)が、火のついた遠距離攻撃(フレイムの弓など)によって着火できるようになります。 クワに用途追加 土を耕すことにばかり使われていたクワですが、ネザーアプデで以下の6種類のブロックに対して 適切なブロック回収ツールになります。 干し草の俵• 的(ターゲットブロック)• 乾燥した昆布• シュルームライト• ネザーウォートブロック• 歪んだウォートブロック ネザーでリスポーン可能に!? まだこの機能は追加されておらず確認できませんが、 ネザーの指定された場所にプレイヤーのリスポーンが可能になるようです。 これは嬉しい要素です。 泣く黒曜石とグロウストーンから作るリスポーンアンカーによって、ネザーにリスポーン地点を設定できるようになりました。 詳しくはその他アイテムの項目で説明しています。 コマンドの追加 新しいゲームルールコマンドが2つ追加されます。 これら2つのコマンドは中立Mobに対するものです。 基本はTrue(有効)になっているので、リスポーンしたときは怒っていても中立にMobは戻ります。 False(無効)にすることで、リスポーンしても怒ったままの状態にできます。 2つ目をTrue(有効)にすると、中立Mobが怒っている時に、他のプレイヤーにも攻撃するようになります。 基本は無効になっています。 ネザーアプデまとめ• 約70種類のブロックの追加• ダイヤより優れた鉱石「ネザライト」及び「ネザライトツール」の追加• ピグリンとホグリンとストライダー、ゾグリンの4種Mob追加• ピグリンの要塞が追加• コマンドの追加• その他新要素の追加と既存要素の変更点 これらのネザーアップデートが実装されたら、見飽きてしまったネザーとはおさらばです。 新しい樹木によって作れる木材により建材が増え、ネザーにぴったりな建築物も作れるでしょう。 以上、ネザーアップデート1. 16まとめでした。 この記事はPC版スナップショット20w07a-20w17aを元に執筆しています。 今後内容が変わる可能性が大いにあります。 記事更新状況• 16プレリリース配信に伴い、追加要素等の加筆修正を行いました(コマンドの追加など)。 前回のアップデート1. 15ではミツバチが追加されました。

次の

【マイクラ】Java1.16ネザーアップデートの新要素まとめ:菌類が追加!

マイクラ アップデート いつ

ハチミツの瓶が追加 「ハチミツの瓶」が追加されます。 蜜が溜まりきった状態の「ハチの巣」に「瓶」を使うことで入手が可能です。 「ハチミツの瓶」は、満腹ゲージの回復や、砂糖をクラフトすることに使えます。 ゴーレムは体力によって模様がつくように アプデでゴーレムは、体力によって模様がつくようになりました。 ダメージを受ければ受けるほどひび割れの模様が付きます。 鉄インゴットを使うことで修復が可能なので、ひび割れていたら使ってあげましょう。 ハニカムブロックが追加 「ハニカムブロック」が追加されます。 「ハニカム」を4個使ってクラフトが可能ですが、機能は持っていません。 装飾として使いたい場合に作成しましょう。 ハチミツブロックが追加 「ハチミツブロック」が追加されます。 「ハチミツブロック」は、上に乗ると移動速度とジャンプ力が低下してしまいます。 代わりに、落下ダメージを少し抑えたり、横に張り付いて安全に下に降りることが可能です。 関連記事 関連一覧.

次の