乾隆 帝 側室。 清朝後宮

「延禧攻略」の嫻妃と「如懿伝」の乌拉那拉氏の原型モデル│まめだいふくブログ

乾隆 帝 側室

と言うワケで、BSフジで始まった《(邦題:)》をゆるゆる観ています。 以前観ていた《(邦題:)》の様な、 辮髪乙女ゲードラマなのかと思ったんですが、どうやらこれは、 辮髪大奥モノの様ですね…。 辮髪昼ドラでもなかった模様です。 たわしコロッケとか出て来る話でもないみたいですしね…。 巫術は出て来るみたいですが。 と言うワケで、元々が舞台も特に 清代に特定したわけではない ネット小説が原作なので、 華妃= 年貴妃が存命なのに 九阿哥が既に罪人とされていたりと時系列があれだったり、架空の人物が大手を振って宮中を闊歩して居るみたいですね。 なんで、史実の人物を纏めてもあんまり意味の無いことだとは思うモノの、取りあえずモデルを知りたくて纏めてみたり…。 満洲正黄旗、 ウラナラ(烏拉那拉)氏出身。 康煕年間の権臣・ フィヤング(費揚古)の娘で、嫡母は ギョロ(覚羅)氏(ヌルハチの玄孫。 皇長子・チュエンの系統)。 康煕年間には 四阿哥・ 胤禛に嫁いでいた模様。 康煕37(1698)年に 四阿哥が ドロ・ベイレ(多羅貝勒)に封じられると、 嫡福晋に封じられている。 なので、部屋住みの 平皇子の頃から 雍親王に連れ添っており、帝位に就いてからもその情は継続した模様。 康煕36(1697)年には 嫡長子・ 弘暉を産むが、 康煕43(1704)年に8歳で夭折。 弘暉は没後、 乾隆年間に入って 端親王に封じられている。 雍正元(1723)年、 胤禛が 雍正帝として即位すると、 ウラナラ氏も 皇后に冊立された。 雍正9(1731)年、住居を 暢春園に移した後、逝去。 雍正13(1735)年に 孝敬憲皇后に追封した。 棺は 田村嬪宮に安置され、 乾隆2(1737)年、 雍正帝と共に 清西陵の 泰陵に埋葬された。 満洲鑲黄旗、 ニウフル(鈕祜禄)氏の出身。 父は 四品典儀官・ 凌柱。 康煕44(1705)年、十三歳の時に ドロ・ベイレ(多羅貝勒)・ 四阿哥 胤禛の邸宅に輿入れし、 ゲゲ(格格)となった。 名門の出身ながら、父親の身分が高くなかったので、 嫡福晋・ ウラナラ氏はおろか、 側福晋である 年氏や 李氏よりも位としては下である。 雍親王が病を患った際、 ニウフル氏はかいがいしく看病し、それが切っ掛けで寵愛を賜ったらしい。 康煕50(1711)には 皇四子・ 弘暦を 雍親王府で出産。 弘暦が十歳の時、 雍親王が 弘暦を連れて牡丹を観に 円明園に赴いて 康煕帝に謁見すると、 弘暦は 康煕帝に気に入られ、 皇帝自ら 皇宮で 弘暦を養育した。 これにより更に ニウフル氏は 雍親王の寵愛を受けた。 雍親王・ 胤禛が即位すると、 雍正元(1723)年、 熹妃に封じられ 景仁宮に入り、 雍正8(1730)年には更に 熹貴妃に封じられた。 雍正9(1731)年に 孝敬憲皇后が逝去すると、宮中のことを取り仕切った。 雍正13(1735)年、 皇四子・ 弘暦が即位して 乾隆帝となると、 熹貴妃は 聖母皇太后として敬われ、 崇慶皇太后の尊号を贈られ、 慈寧宮に移り住んだ。 乾隆16(1751)年には 六十寿、 乾隆26(1761)年には 七十寿、 乾隆36(1771)年には 八十寿と、息子である 乾隆帝から国家事業として長寿を祝われている。 子供から福禄寿を祝われた女性として最高の人生を送った人物として憧憬の対象とされ、 慈嬉皇太后も憧れたと言われている。 乾隆42(1777)年、 慈寧宮で崩御。 享年86歳。 死後、 孝聖憲皇后に封じられる。 雍正帝の 泰陵の東北、 泰東陵に葬られた。 女性としての幸せの具現者みたいに言われる人物だけに、大奥モノの主人公としては 孝荘文皇后よりもそれっぽいカモ知れませんね。 漢軍鑲黄旗の出身。 元々、 年一族は 明代は 宦官官人の家系だった模様。 康煕朝の権臣である 湖廣巡撫・ 年遐齢の娘であり、 雍正帝即位に尽力した 撫遠大将軍・ 年羹堯の妹。 康煕50(1711)年頃、 雍親王・ 胤禛に嫁ぎ、 側福晋となる。 康煕54(1715)年には 雍親王の第四女を出産、その後 康煕59(1720)年には 雍親王の第七子・ 福宜、 康煕60(1721)には第八子・ 福恵、 雍正元(1723)年には第九子・ 福沛を立て続けに出産しているが、いずれも夭折している。 雍正帝の即位に際して、 雍正元(1723)年、 貴妃に冊立される。 雍正3(1725)年、病が篤くなり11月に 皇貴妃に晋封されるが、12月病没。 諡号は 敦肅皇貴妃。 棺は 田村嬪宮に安置され、 乾隆年間に入って 雍正帝の陵墓である 清西陵の 泰陵の 妃園寝に陪葬される。 年羹堯の失脚も 雍正3(1725)年12月、賜死は翌 雍正4(1726)年なのは、 年貴妃の死と無関係ではないはず。 しかし、子供の中で一番長生き(と言っても8才)の 福恵は 雍正6(1728)年までは在世しているが、 年一族の罪状で累が及んだ形跡もない模様。 ちなみに、 福恵は死後 懐親王に封じられているが、この時期には 四阿哥・ 弘暦、 五阿哥・ 弘昼は 親王には封じられていないので、これを 雍正帝の 年貴妃と 福恵に対する寵愛の証拠と見る説もある。 しかし、 九阿哥の死はおろか、 年羹堯の失脚の前に亡くなっていたようなので、ドラマの様な絶大な権力を振るう暇はなかった模様。 耿氏、 管領・ 耿徳金の娘。 雍親王時代の 雍王府に輿入れして ゲゲ(格格)となる。 康煕50(1711)年に 雍親王の第五子=後の 和親王・ 弘昼を出産。 雍正帝が即位すると、 雍正元(1723)年、 裕嫔に冊立され、後に 裕妃に晋封される。 乾隆2(1737)年、 乾隆帝に 皇考裕貴太妃に封じら、 乾隆43(1778)年には九旬の祝いに 皇貴妃に封じられた。 乾隆49(1784)年、病没。 没年は96才であった。 諡号は 純愨皇貴妃。 泰陵の 妃園寝に葬られた。 五阿哥・ 弘昼のおかんなんやなと…。 李氏、 漢族の出身で 知府・ 李文燁の娘。 康煕50(1711)年頃、 四阿哥・ 胤禛に嫁ぎ、 側福晋となる。 康熙34(1695)年、 雍正帝の第二女・ 和碩懐恪公主を出産(雍正帝の皇女の中で唯一成人した皇女。 後に星徳に降嫁された…が、23才で早世している)。 康熙36(1697)年、には 弘昐を出産するが三歳で夭折、 康熙39(1700)年には、 二阿哥・ 弘昀を出産し、 康熙43(1704 には 三阿哥・ 弘時を出産。 弘昀は11歳で逝去している。 雍正帝が即位すると、 雍正元(1723)年に 斉妃に册立された。 当時、成人した 皇子は 三阿哥・ 弘時のみであったので、 斉妃は 皇后・ ウラナラ氏に次いで権勢を誇った。 しかし、後に 弘時が 八阿哥= 廉親王一党と結託して皇位に意欲を持っていると 雍正帝に疑われて 皇族から籍を削られると、生母である 斉妃は寵愛を失った。 親王府時代、共に 側福晋であった 年貴妃は 皇貴妃に晋封されたが、 斉妃は位をそのままとされた。 乾隆4(1738)年、 斉太妃は重病を患い、 北海の 五龍亭に移された。 乾隆帝は 皇太后= 崇慶皇太后を伴って 斉太妃を見舞ったが病没した。 享年62才。 死後、 泰陵の 妃園寝に葬られた。 ドラマと違って 三阿哥は実質的な 皇長子で 雍正帝の即位時には子供もいたので、後継者の最有力者と見なされていた。 なので、 八阿哥一党が処罰される前はあんなに 斉妃も冷遇されていなかった模様。 漢軍鑲黄旗出身。 知州・ 武柱国の娘。 生年月日は不詳。 しかし、 雍親王府時代に輿入れしたと考えられる。 雍正12(1734)年没。 死後、 寧妃に封じられ、棺は 田村嬪宮に安置され、 乾隆年間に入ってから 泰陵の 妃園寝に葬られた。 しかも、BS放送分ではまだ登場していない模様。 宋氏、 主事・ 金柱の娘。 漢族っぽいのに父親と姓が違うことについてはスルーされている。 雍親王府時代に輿入れし、 ゲゲ(格格)となる。 康熙33(1694)に17才で 雍正帝の長女を出産し、 康熙45(1706)年に三女を出産したが、いずれも夭折している。 雍正帝が即位すると、 雍正元(1723)年に 懋嬪に册封された。 雍正8(1730)年、逝去。 棺は 田村嬪宮に安置され、 乾隆年間に 泰陵の 妃園寝に移葬された。 雍正帝の 妃園寝に埋葬された唯一の 嬪である。 安貴人は 雍正帝の貴人。 乾隆14~15(1749~50)年没、死後は 田村嬪宮に葬られた。 雍正帝の答応。 生没年不詳。 と言うワケで、 雍正帝の 後宮にいた人々の中で《 後宮甄嬛伝》に出て来ている人のモデルっぽい人をピックアップして紹介してみました。 こう見ると、 華妃や 皇后は当然モデルはいるわけですが、モデルが居そうな 麗嬪や 曹夫人、 沈貴人はオリジナルなんですねぇ…。 まぁ、 余宮女子は明らかにオリジナルなんでしょうがwそもそも、主人公が マンジュから 漢族に変わってたりしますしねぇ…。 ちなみに劇中の 十七阿哥もどちらかというと、 十三阿哥みたいな役どころでしょうし、どうせオリジナルならそんなに史実に寄せなくても良いと思うんですけどねぇ…。 ある程度ネタバレになりそうデスが、殆ど意味無いかもですね。 たいして史実に沿っていなかった《 歩歩驚心》よりも史実には沿ってないようです。 貴妃については定員がある為、雍正帝即位後のニウフル氏の官位については疑問があるらしい。 雍正帝即位後はウラナラ皇后の他、年貴妃、斉妃の二人が居るのみで、他は貴人、答応、常在のみだったはず。 年貴妃が雍正3(1725)年に逝去し、斉妃が息子である弘時の件で寵愛を失ったため、皇后に次ぐ寵愛は受けたモノの正式にニウフル氏が貴妃に封じられた一次資料は発見されていない模様 []• 四代前の先祖が明の遼東錦州指揮使として現地に赴任。 崇徳5~7(1640~1642)年の松錦会戦中に曾祖父・年有升、祖父・年仲隆が捕虜となった。 その後一族はマンジュの奴婢とされて、清の入関に従い北京に移住。 祖父・年仲隆が順治12(1655)年に科挙に及第して進士となると、奴籍から漢軍鑲黄旗に移籍された。 岡崎由美 王敏 監修『中国歴代皇帝人物辞典』河出書房新社には歴朝の皇后の伝記が纏まって載っているんですが、ここには雍正帝の后妃は載ってない。 こんな感じで良かったでしょうか?.

次の

ヒロイン・瓔珞のモデルとなった孝儀純皇后とはどんな女性だったのか : こんにちは浅太郎

乾隆 帝 側室

[ 中国ドラマ ] 《后 宫 ・甄嬛 传 》『 宮廷の諍い女』清・雍正帝時代の女の戦いが面白い! あらすじと見た感想 孝聖憲皇后(こうせいけんこうごう、 1692 年 - 1777 年)は、清の雍正帝の側室で、乾隆帝の生母・皇太后。 満洲鑲黄旗のニオフル(鈕祜禄)氏の出身。 父は四品典儀官の凌柱。 1735 年(雍正 13 年)に弘暦が即位(乾隆帝)すると、熹貴妃は生母皇太后として敬われ、崇慶皇太后の尊号を贈られ、慈寧宮に移り住んだ。 1751 年(乾隆 16 年)には六十寿、 1761 年(乾隆 26 年)には七十寿、 1771 年(乾隆 36 年)には八十寿と、息子である乾隆帝から国家事業として長寿を祝われている。 子供から福禄寿を祝われた女性、最高の人生を送った人物として憧憬の対象とされ、慈禧皇太后(西太后)も憧れたと言われている。 1777 年(乾隆 42 年)、慈寧宮で崩御した。 「甄嬛伝」の主人公のモデル。 満州族の名門。 乾隆帝がこの方のためにお金使いすぎて後代財政にきたんじゃない?と個人的には思う。 あとは南巡。 朝鮮王后なら「純元皇后」いますけど 世宗憲皇帝(雍正帝) ・孝敬憲皇后・烏喇那拉氏 嫡妻、「甄嬛伝」の皇后のモデル。 皇子時代から即位後まで唯一の正妻は貫禄たっぷり。 雍正帝より数年早く亡くなるのですが、その後は皇后たてなかったはず。 息子も一人いますが、ドラマでは触れられない。 exblog. 今まで意識してきませんでしたが、ヒットドラマ「延禧攻略」では 秦嵐が演じ、非常に重要な役どころ。 exblog. 「還珠格格」に出てくる。 諡号なし、皇貴妃格の葬儀というという屈辱。 廃后されて諡号はある順治の静妃とどっちがましか。 長年烏喇那拉氏と言われてきましたが、実は輝髪那拉氏らしい。 「延禧攻略」では事実そうなっていて、これから変わって行くのかな。 exblog. 漢人、内務府包衣出身。 「還珠格格」の令妃。 乾隆妃では最多の四子二女の母。 「延禧攻略」は彼女が主人公だが、息子が即位するのは彼女の死後 20 年、皇后追尊もそのタイミングのため、ドラマは生前最高位の皇貴妃になったところで終わり。 ヒロイン・瓔珞のモデルとなった孝儀純皇后とはどんな女性だったのか のちの孝儀純皇后、魏佳(ウェイジア)氏は奴婢ではないが身分の低い生まれだった。 彼女の父親は漢人の官僚だったが、その中でも官位が低く、記録は残っていないが、彼女が乾隆帝の後宮に入った際にはただの宮女の身分だったと考えられる。 また、乾隆帝が詠んだ詩の内容から、彼女は富察(フチャ)氏(孝賢純皇后)の下で教養やマナーなどを学んでいたと解釈する説もあり、『瓔珞(エイラク)』ではこれを踏まえて、刺繍工房の宮女だった瓔珞がやがて富察氏の侍女となり、富察氏から後宮での処世術を学んで成長していくストーリーが展開していく。 1745 年、乾隆帝にその美貌を見出された魏佳氏は、 16 歳で魏貴人に、そして 3 年後には令嬪となり、さらに 11 年後には令貴妃にまで昇格した。 この「令」という字は「美しい」という意味で、乾隆帝が彼女のために中国最古の詩篇「詩経」の一節から取ったといわれる。 このように魏佳氏は乾隆帝に寵愛されたが、『瓔珞(エイラク)』ではこれまでにない解釈で二人のロマンスを描いているのが面白いところ。 劇中では乾隆帝は聡明で美しい瓔珞に惹かれながらも、彼女を警戒して寵愛するどころか避けようとするのだ。 だが、富察氏の弟・富察傅恒(ふこう)との恋に破れ後宮でのし上がろうと決意した瓔珞は、知略を尽くして見事に乾隆帝の妃となり、彼の心を奪う。 そんなふうに史実をなぞりながらも、ドラマでは切なくスリリングな三角関係のラブストーリーが展開するのが見どころだ。 魏佳氏は令貴妃となった翌年、のちに乾隆帝の後を次いで第 7 代皇帝・嘉慶(かけい)帝となる皇子・永エンを生む。 なお、彼女は乾隆帝の妃嬪の中でも四子二女と、最も多くの子供に恵まれており、それが彼女こそ乾隆帝に最も寵愛されたと妃だといわれるゆえんでもある。 1765 年、彼女が貴妃からさらに皇貴妃の称号を得るが、その後の人生について付け加えると、皇貴妃の称号を得てから 10 年後、彼女は 49 歳で病によりこの世を去り、その 20 年後に永エンが皇太子に立てられた際、生母である彼女に皇后の称号が追贈された。 イケオジ VS 美男子! 中国ドラマ『瓔珞(エイラク)』はなぜオトメ心をくすぐるのか? 中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第 37-42 話あらすじ:譲れぬ親心~窮余の一策.

次の

雍正帝の後宮

乾隆 帝 側室

平面圖 建立初期,的妻妾尚無一套完整且系統化的編制。 當時,滿洲貴族奉行,貴族的妻子們均被稱(fujin)。 努爾哈赤的福晉,根據她們被娶入順序的不同及身份,可以被區分為 neneme gaiha fujin 直譯為原娶之福晉 、jai gaiha anggasi fujin 直譯為再娶的寡婦福晉 等稱號,諸位妻子之間並無一夫一妻多妾制下嚴格的嫡庶之分。 努爾哈赤稱汗後,宮闈未有正式位號,諸位妻子仍依照習俗稱為福晉。 統稱她們為 fujisa ,即福晉(fujin)的複數,漢語翻譯為「眾福晉」。 眾福晉之上有(amba fujin)一名,眾福晉之下是 ajige fujin(直譯為小福晉)、buya sargan(直譯為小妻)、gucihi(地位接近於) ,又有sula hehesi(直譯為閒散婦人)、gege()。 後世史書以「后妃」稱之,並非當時的稱謂。 」天命十年五月初一日,努爾哈赤曰:「福晉亂行,准閒散婦人 sula hehesi 舉發,且將舉發之婦人舉而養之。 妾 gucihi 舉發福晉,則殺有罪之福晉,並以舉發之妾與夫同居。 」由此可見,福晉以下位份最高的小福晉除非特別許可,否則沒有機會陪伴汗王同桌用膳,而婢妾 gucihi 除非特別許可,否則沒有資格與汗王同居。 皇太極時期 [ ] 第二任大汗在位時,按例冊封三位福晉,即中宮福晉、東宮福晉和西宮福晉。 皇太極最先冊立了中宮福晉和西宮福晉(具體何人已無法考證),又在六年(1632年)二月冊立戴青貝勒之女為東宮福晉。 九年(1635年)十月初七日,剛生下的扎魯特博爾濟吉特氏被皇太極改嫁給的南褚。 這充分顯示了皇太極對待妻妾輕慢的態度,亦表明當時後金與中原完全不同的觀。 皇太極眾多妻妾中,亦有改嫁而來的。 在努爾哈赤和皇太極執政時期,後金社會沿未形成的風氣,和守寡再嫁亦是常有之事。 直至,「從一而終」才開始成為女性婚姻生活的常態。 自皇太極後,后妃中亦無明確記載 改嫁和再婚之人。 退位多年的末代皇帝在1931年與離婚時,中國社會對待女性再婚已較為開放,但他亦要求文繡不得再嫁。 崇德元年(1636年),皇太極在於關外稱帝並建國號 大清。 七月改宮制為 五宮制(又稱 崇德五宮),冊立為國君福晉(對應滿文:ejen fujin );為東大福晉(dergi amba fujin );為西大福晉(wargi amba fujin );為東側福晉(dergi ashan i fujin );為西側福晉 (wargi ashan i fujin )。 順治朝 [ ] 順治帝妃位以下的妃嬪被統稱為庶妃,庶妃分為小福晉、和三級,惟有部分少未正式冊封的妃在檔案中被歸納為庶妃。 順治朝的福晉級庶妃在禮制上略同於,均為無封號,無冊封禮且不限數量的,而格格級的庶妃相當於常在,惟格格級的庶妃所享的宮分可能比後來的常在還要低。 值得一提的是小福晉內亦會再細分為兩個等級,小福晉雖與格格明顯為兩個不同的等級,在宮中的待遇截然不同,但是這兩個級別在檔案中經常進行混稱。 例如裕憲親王福全的生母庶妃被聖祖尊封為之前,曾被稱為小福晉和格格。 十五年,禮部官員建議設置:• 設、各一位,婉侍六位,柔婉、方婉各三十位。 設貞容一位、慎容二位,另有勤侍無定數。 順治帝的後宮裏除了博爾濟吉特氏、董鄂氏和被娘家接回蒙古的靜妃之外,實則並沒有其他在順治朝達到妃位的內庭主位。 值得一提的是因為嬪位在順治朝並未正式實行,所以石氏和其他三位博爾濟吉特氏出身之后妃所身處的福晉級實際上是僅次於皇后、和妃位的級別。 此外,依照「六局一司」之例在宮廷設置若干人。 儘管以上的極大部分設置都從未真正的實行過,但是魏源《古微堂詩集》卷四《都中吟》有「女樂革自乾隆中」之句,引高宗御製《和白居易樂府上陽宮人曲》為證,內稱「國初女樂沿明季,康熙女樂不盈千,雍正僅存十之七,乾隆無一女樂焉」。 乾隆帝晚年亦回顧說:「至於女樂,自即位以來即不用。 」乾隆帝除明言自己於即位之初已摒棄女樂外,還直露無隱地表示父祖兩朝曾有類似女官的女樂。 康熙朝 [ ] 享國時長,在位六十一年,妃嬪眾多。 雖然,康熙朝妃嬪的冊封制度日漸完善,但享受相應待遇,而長期未獲正式冊封亦為常事。 如康熙三十六年(1697年)的《康熙朝滿文硃批》顯示,享妃位待遇者有六人,而當時正式冊封為妃者僅有四人。 這些嬪御的具體地位、待遇不一,有嬪位,有妃位,甚至有待遇者,在逝世時被清初重臣稱為貴妃。 在大臣的奏摺內被稱為王嬪。 到康熙朝末年,這種情況仍然存在,甚至是早已生育皇子多年的嬪御。 除外,康熙帝的後宮尚有「大答應」、「小答應」、「格格」、「學生」的稱號,大答應如令答應之流在宮廷檔案中與常在或以上的乾清宮主位被區分開,屬於答應一級中地位較高者,並且有資格葬入妃園寢。 小答應如玉答應之流比大答應的地位還低,不僅沒有資格在檔案中與大答應及乾清宮主位一起出現,甚至沒有資格葬入妃園寢。 格格和學生的地位暫不詳,僅知聖祖位下的後宮直至乾隆初年尚有格格和學生之號,如霍格格、鳳學生和學生金官,均居住在寧壽宮。 雍正朝起 [ ] 在史料、相關戲劇及作品中,廣為人知的編制是在在位時才大致完備 :• 無定數。 無定數。 無定數。 乾隆七年《欽定宮中現行則例》所載的最低等的妃嬪,「服八緞答應」這種按照宮分對內庭低級主位的稱謂在乾隆初年仍然存在著,亦可寫作「穿八疋緞子答應」。 雍正帝的後宮嬪御尚存康熙朝的封號,甚至另創的封號如下:• ,地位等同,如奉安於泰陵妃園寢的蘇格格亦作蘇答應。 ,在雍正帝在位期間,官女子的位序次於答應、格格,但高於大答應。 除雍正朝外,只有妃嬪被貶為官女子,並沒有包衣被冊封成官女子的例子,可見其並非正式後宮名號。 ,亦作、,地位次於。 根據《宮中檔簿》的記載,在雍正五年六月出現了一位位序在蘇答應之後的永壽宮石姑娘。 乾隆五十四年正月總管內務府折又記載,在雍正十三年,宮中有女子吉官和蘭英。 另一份檔案則稱她吉官和蘭英為大答應。 ,在雍正十三年,永安亭二處學生共一百五十二人。 這批學樂的女子只有極少部分人曾被世宗臨幸,高宗即位後把被世宗臨幸的學生封為後妃,如德答應之流,其餘學生均被趕出宮。 高宗御製《和白居易樂府上陽宮人曲》亦稱「國初女樂沿明季,康熙女樂不盈千,雍正僅存十之七,乾隆無一女樂焉」。 在清宮檔案中,對一些妃嬪的去世,特別是地位較低的嬪御,所用的名詞不規範和不統一。 例如紅羅炭增減檔稱謙妃去世為「夢遊」;稱馬常在去世為「薨逝」。 在內務府來文中稱李常在去世為「脫逝」,內務府奏案稱藍貴人去世為「薨逝」。 順治十八年規定未有封號宮人的喪葬禮葬皆由禮部行文各衙門備辦,直至乾隆四十年才規定常在以下的喪禮皆由內務府辦理。 乾隆年間的內務府奏案稱,向來答應等均安放在曹八里屯及安定門外大道旁,每年祭祀,而道光帝睦官女子赫舍里氏落水身故後,則葬於六道口。 未葬入妃園寢的后妃應該極大部分葬於上述三個地方。 理論上,皇貴妃至嬪位的后妃可用寓意吉祥或美德之字作為,並且擁有滿語意思。 例如仁宗華妃候佳氏的封號滿文為「gincihiyan」,意思為「秀美的」。 在清朝中期及中後期,后妃的封號可以一模一樣,但封號的滿文意思絕不可以一樣。 嘉慶九年,相關衙門製作牌位的時候,發現華妃的封號「華」字的滿文為「yangsangga」,意思為「俏麗」。 這個封號的滿文意思因與雍正帝齊妃封號的滿文意思一樣而更改為「gincihiyan」。 后妃出身 [ ] 清入關後,後宮妃嬪主要來自滿、漢、蒙女子。 她們通過外選進皇宮,成為皇帝的妾室。 或者在親王登基後,他的妾室通過冊封,成為妃嬪,擁有新的封號。 除此之外,極少數的女子通其它方式成為皇帝的妃嬪。 如乾隆帝的,入宮後被封為,後累進為妃。 皇后一是皇帝成年後大婚直接冊立,二是由妃嬪升冊為皇后,三是親王登基,冊立為皇后。 由於朝後實行,因此在康熙朝之後僅有和是直接冊立為后的。 八旗選秀女 秀女每三年一選,各旗適逢選期時,需為旗中適齡的未婚女子編交名冊,之後統一送入宮中備選。 在選秀日期訂定後,再由各旗將旗下各族女子分成數輛馬車載往宮中進行初選。 初選以外貌儀態為主,由總管太監每數人一組的進行。 初選通過者,可留下寫有姓名的木牌子(稱 留牌子)。 複選除了更加嚴細的審視外貌,同時也考查秀女的手藝,(如、灑掃應對等),未通過複選即遣送出宮(稱 撂牌子),並由原車送回。 通過複選者,在準備期過後,便直接進宮成為低階嬪妃(答應、常在及)。 由於是三年一次的定選,因此有時年事已高的皇帝常會將秀女賜給近支宗室為妻。 八旗秀女選時還規定,、不得同選,但仍不時有姊妹或姑姪同侍一帝的情況,尤其是在清前期,如皇太極的和兩后就互為姑姪;清末的、,實為異母姊妹。 后妃統計 [ ]• 兩位太皇太后:• :清朝首位太皇太后,順治帝生母。 :在下詔由繼位後成為清朝第二、也是最後的太皇太后。 十一位皇太后:• 清朝:• 清朝:• 清朝:• 清康熙朝:• 清朝:(未正式上即逝世)• 清朝:• 清朝:• 清朝:(成為皇太后的第九天即病逝)• 清、兩朝:• 清同治、光緒兩朝:• 清朝:• 三十四位皇后(包括廢后):• 十七位追冊皇后(廢后以 斜體字 列出):• 清太祖• 清太宗• 清成宗• 清世祖• 清世祖• 清聖祖• 清世宗• 清高宗• 清宣宗• 清宣宗• 清文宗• 清文宗• 十七位生前冊立的皇后(廢后以 斜體字 列出):• 清太宗• 清世祖• 清世祖• 清聖祖• 清聖祖• 清聖祖• 清世宗• 清高宗• 清高宗• 清仁宗• 清仁宗• 清宣宗• 清宣宗• 清文宗• 清穆宗• 清德宗• 廢后:• 清太祖(在朝被追奪皇后、罷出太廟。 清世祖• 清成宗• 清高宗,被乾隆帝下令收回冊寶,但未剝奪皇后位號。 前朝后妃 [ ]• 先朝嬪御隨侍於皇太后或太皇太后旁時,若皇帝來訪則須立即迴避,除非先朝嬪御和皇帝逾五十歲才能相見面。 例如,在嘉慶元年六月,太上皇和嘉慶帝在熱河行宮,留在宮裡的皇后和貴妃奉太上皇的旨意去熱河。 皇后向嘉慶帝請旨,到了熱河給太上皇請安是否要進荷包。 嘉慶帝硃筆:「我問過穎妃娘娘,到熱河之日自應進如意。 」 皇子皇女 [ ] 康熙二十年十月十三日,總管內務府下各司關於宮廷用項開支銀兩的奏本中,錄入了準會計司來文。 該來文稱已選取頭德依佐領下護軍刀萬之妻為阿哥餵奶之者。 為了給其子餵奶,相關部門以銀七十四兩買得伯費揚古佐領下烏色家內自湖廣軍中帶來之婦慶姑。 由此可知,當時位於北面的兆祥所為皇子居所,在滿文檔案里也有住過小公主的記載。 此外,內務府會挑選合意的三旗出身的婦女給皇子公主做,選中乳母后再另給她年幼的子女雇用奶媽。 根據《國朝宮史》的記載,在乾隆二年六月十五日,上諭:「總管等告知諸母妃,照看小阿哥、公主,所穿衣服不必用織繡等物,過於華麗。 只用隨常衣服,為幼年惜福之道。 」由此可見,寧壽宮聖祖諸妃和世宗諸妃在乾隆朝初期撫養著高宗的子女。 《乾隆帝起居注》亦記載乾隆三年十月十二日,病篤時,高宗和崇慶皇太后一起到寧壽宮看疾。 根據《乾隆至嘉慶添碳底帳》的記載,五福堂曾有添公主之事,而《雍和宮滿文檔案譯編》錄入的乾隆十一年十一月,給發乾清宮等處新添坐更太監衣物事的奏本中,有五福堂阿哥的稱呼。 除此此外,乾隆十七年五月二十八日,管理都統事務汪扎爾等曾奏聞用過銀葉數目事,穆隆阿等文開,五福堂遇喜處所用吉祥搖車和搖車架子各一份俱照例已向廣儲司領用材料。 由此說明,當時的五福堂是皇子皇女的出生地,而非內廷妃嬪日常生活起居的住所。 為皇室服務者 [ ] 宮女 [ ] 主條目: 清朝後宮中的宮女主要來自內務府選秀女。 每年選一次秀女,對象為上三旗的滿族女子,年齡約在12-15歳不等。 同樣的在經過和秀女幾乎相同的手續後,被選中的秀女便入宮成為,並分配至各宮殿服務,服務期間等級和年資可按月得到賞錢(薪資)。 這些宮女在宮中服務十到十數年不等,便放出宮回家(除非期間受寵幸而成為妃嬪),在她們出宮的同時,便由新選進宮的宮女接替。 而在宮中服務的期間,若是有幸得到賞賜,出宮也可一並帶走,而依慣例,清宮在宮女出宮時原定「進內十五年以上,給30兩。 十五年以內,20兩。 十年以內,10兩。 」道光後修改,貴人以下主位位下的宮女,滿十年或十年以上的均給10兩。 未滿十年的不賞。 此類賞賜由本主賞給,可作為出宮後的,因此入宮為婢,不但可按月得到賞錢到、又可順便學習宮中的規矩, 於是許多富貴人家,都視為一種婚前的新娘修行。 但如果在服務期間身有重病、犯下大錯 、過於笨拙等 ,則立即遣送出宮。 道光朝宮女年銀6兩,通常過年時本主依例會給賞銀。 宮女分配• 皇太后:12位• 皇后:10位• 皇貴妃:8位• 貴妃:8位• 妃:6位• 嬪:6位• 貴人:4位• 常在:3位• 答應:2位 宦官 [ ] 清朝僅由民人擔任。 二年諭旨:「新進內監,查明不是,年十五六歲以下者,著掌儀司、會計司、驗淨首令太監帶來引見。 若將旗人帶來,一經查出,將原保人員、驗淨首領內監一併治罪」。 雍正十三年一月諭旨:「設總管太監等自行見等,必當拜跪請安,阿哥等賜坐,必當席地而坐。 即內宮之宮眷,雖之微,爾總管不可不跪拜也。 阿哥之家眷,雖之微,爾總管不可不跪拜也。 清朝不許擅動武器,亦不許肆行跑馬,遺者重罰。 內管領及服役人 [ ] 內管領即「辛者庫牛錄」。 皇太后、皇后宮差務三旗三十內管領輪直承應,皇太后宮服役人二十名,皇后宮服役人十五名,皇貴妃二內管領下承直服役人十二名,貴妃一內管領下承直服役人十名,妃一內管領下承直服役人七名,嬪一內管領下承直服役人五名,貴人服役人三名。 常在服役人二名。 皇太后行在駐蹕處內管領四人內副管領二人,皇后駐蹕處內管領四人內副管領二人承直。 隨侍婦人 [ ] (dahara hehesi),意為跟隨的婦人們。 因八旗旗主與本旗旗員是主僕關係,八旗旗人之妻要輪番隨侍本旗之王、貝勒福晉及貝子、公夫人,隸屬於皇帝的上三旗亦要入宮服侍主子,通常是常在以上位分為主子,答應在文獻中通常以大答應、小答應與主子分列。 [ ] 與隨侍婦人相同情形,或源自於隨侍婦人。 蘇拉 [ ] 滿語蘇拉是閒散的意思 ,「閑散旗人」供役內廷或各衙署者,亦統稱為「蘇拉」。 後宮的蘇拉隸屬於太監 清代皇帝每年超過兩百天居住在圓明園等三山五園,妃嬪散居其中,為清代後宮實際所在地,圓明園八旗護軍守衛部分選用蘇拉,各處膳茶房亦有蘇拉。 曾有蘇拉漫不留心稽察,令西華門內的清茶房、外果房失火而被重罰。 日常起居 [ ] 住所 [ ] 清寧宮,清朝入關前的皇后寢宮 努爾哈赤在位時,在瀋陽中衛城中心部位偏東南角的位置修築宮殿,即現存的大政殿和十王亭。 皇太極繼承後金汗位後,才在皇宮原有的基礎上修建新的大內宮殿,並且對瀋陽故宮宮各主要建築正式命名:如命「中宮為清寧宮、東宮為關雎宮、西宮為麟趾宮、次東宮為衍慶宮、次西宮為永福宮」。 清朝入關後,使用做為皇宮。 改以為寢殿,連帶的使也不再居於皇后的,改以東西六宮之一為居所,往後行成慣例。 坤寧宮,受到清朝滿族皇室信仰的薩滿教影響,成為設有神堂與烹煮祭祀所用之肉品的場所,並僅在時作為之用。 后妃所居的和,會依居住在內的嬪妃之等級差異,而設置一定數量的宮女和太監服侍。 在乾隆朝的活計檔中,往往會見到啟祥宮與學手玉匠有關的記載,如:「將收貯玉石子挑好的扎開,仍向外邊要學手玉匠幾名進啟祥宮拉做」;「向造辦處要學手玉匠五名,進啟祥宮拉做」。 有時候,乾隆帝甚至直接傳諭「著向造辦處廣儲司將學手小匠役內挑選四名進啟祥宮學習玉匠」。 這充分表明當時的啟祥宮是技術實施和交流的場所,宮中后妃和宮女不准隨意進出。 康熙朝早期,皇室多在紫禁城周圍避暑,清宮檔案中就有「移駐瀛台避暑」、「上以天時炎熱,恭請太皇太后、皇太后避暑。 太皇太后移駐五龍亭,皇太后移駐紫光閣」等的記載,後來才逐漸習慣至京外園林避暑。 二十九年(1690年),利用殘存的水脈山石,在其舊址丹菱沜上仿照江南山水營建。 暢春園建成後,成為在郊外避暑聽政的離宮,約有一半的時間居住於此處,並且最終在園內的清溪書屋逝世。 在位時,曾經在上諭中提到「王大臣等以聖躬素畏炎暑」,卻因要為康熙帝服喪而不能移居到紫禁城外避暑,便想了各種辦法減輕居室內的暑氣,並且為此擴建了。 二年(1737年)起,乾隆帝親自主持了圓明園的擴建,廣泛地吸取各地園林的精華,並且融入圓明園的設計中。 此後直到1860年的百餘年間,清帝在圓明園居住時間多於紫禁城。 因財政問題撤了、和的陳設,亦取消熱河的避暑與的,以翻修圓明三園殿宇。 衣食日用 [ ] 清朝時,凡宮內的事,不許向外傳遞。 宮外的事亦不許向宮內傳遞。 而且宮中內廷主位,宮女子,太監等人都需遵守宮規。 后妃生辰時,會依著后妃之間的等級差異而獲得不同的恩賜。 稱謂 [ ]• 內廷主位、主位:常見於宮廷檔案用於統稱、、、和等,在內廷的當朝或前朝後宮。 以乾隆朝為例,乾清宮主位、主位、主位分別為高宗後宮、世宗後宮、聖祖後宮的代稱。 根據中國第一歷史檔案館所藏的清朝檔案就有:「為備辦內廷主位進京事宜事」、「為領取景仁宮主位挪運什物雇覓人夫車輛用過錢文事」及「鑲黃旗滿洲主位等封號年月及母家姓名冊」等等。 老祖宗、老佛爺 、西佛爺:根據朱家溍《故宮退食錄》的記載,上述三種稱呼均用於太后。 皇后主子、主子娘娘、主子、娘娘:這些稱呼不僅見於朱家溍《故宮退食錄》等民間記載,中國第一歷史檔案館所藏的清朝檔案就有:「木庫道光元年大嬪娘娘二嬪娘娘他他應用杉木冰桶二個清冊」、「為呈明送芳太妃娘娘乘用過重頂金黃禮車等至陵寢焚化開除事等」,又聖祖洛貴人的宮女五妞嘗試用小刀自刎後,相關官員向同處當差的太監趙國寶查問時,該太監在口供中均稱洛貴人為主子。 主妃:並非官方記載中的稱呼,《我的兩位姑母瑾妃、珍妃》曾有的記載:「姑母踢毽子的姿勢很好看……太監和宮女們在旁邊喝彩叫好:『瑾主妃踢得妙!』」• 小主兒、小主:並非官方記載中的稱呼,商衍瀛著《珍妃命案》有載宮中太監會對時有賞賜的珍妃竭力奉承,稱其為小主兒,說小主兒大方。 孝莊文皇后布木布泰在順治朝初期就曾被稱為「皇母莊妃」和「聖母」;又榮憲和碩公主於康熙四十五年年底遣使進京朝貢時,進獻物品的對象有「太后祖母」、「妃母」等。 妃母此稱呼又可見於雍正元年正月二十六日,雍正帝諭禮部的諭旨:「昔年皇考建設妃園寢為妃母等殯所,惟敏妃母一位」,另有妃額娘此稱呼。 時為皇子的道光帝在上呈皇父嘉慶帝的奏摺中,曾稱孝和睿皇后為「皇母」;醇親王奕譞的詩文中就曾稱其生母莊順皇貴妃為「額娘」;內務府綿愷收支帳單又有「皇后阿娘」等的稱呼。 冊封 [ ]• 清朝宮規典制訂定;• 、用金冊、金寶• 、、、 用金冊、金印,太嬪有金冊(朝之後,太妃、太嬪的金冊和金印改以嘉玉製成)• 用金冊、金寶• 、用金冊、金寶• 用金冊、金印• 有金冊• 、及無金冊、金印 宗親貴族妻妾 [ ]• 作者:定宜莊. 中國社會科學網,來源:《吉林師範大學學報:人文社會科學版》2014年第6期. 2015-09-15 [ 2017-06-23] (簡體中文). 2017-03-30 [ 2017-06-23]. (存檔於2017-07-28) (簡體中文). 福晉蓋「可敦」之轉音,史述后妃,後人緣飾名之,非當時本稱也。 《滿文老檔》天聰六年二月...... 十二日,汗集諸貝勒大臣於內廷筵宴,以戴青貝勒之女冊為東宮福晉。 此福晉乃蒙古扎魯特部戴青貝勒之女。 汗已冊立中宮福晉、西宮福晉,惟東宮未立福晉。 時值選賢,遂遣人往聘此福晉。 轉諭其父曰:「我召來觀之,中則留於宮內不中則遣之還。 」遂召福晉至,暫憩城外。 汗命有眼力者往觀可否留於宮中。 觀者前來報於汗曰:「無需眾多人,汗宜斟酌而行。 他人觀之豈可相信乎?汗應親往觀之。 若可冊為東宮福晉,宜按典禮聘之矣。 」汗遂親率從者數人往觀之,迎入內廷,非好多娶,按例需備三福晉。 以聘禮設宴。 是宴也,殺牛一、羊六,治筵二十席。 冊封國君福晉、東大福晉、西大福晉、東側福晉、西側福晉典禮。 七月初十日...... 系蒙古科爾泌部博爾濟吉特氏,特賜爾冊寶,位出諸福晉之上,命為清寧宮中宮國君福晉。 爾務以清廉端莊仁孝謙恭之義訓誨諸福晉...... 系蒙古科爾沁部博爾濟吉特氏,特賜爾冊文,命為東宮關睢宮大福晉宸妃。 爾務盡...... 系蒙古阿魯大土門部博爾濟吉特氏,特賜爾冊文,命為西宮麟趾宮大福晉貴妃。 爾務盡...... 系蒙古阿魯大土門部塔布囊阿巴蓋博第賽楚虎爾之女,特賜爾冊文,命為東宮衍慶宮側福晉淑妃。 爾務盡...... 系蒙古科爾沁部博爾濟克特氏,特賜爾冊文,命為西宮永福宮側福晉莊妃。 爾務盡...... 五年,立六局一司。 六局為; 尚宮、 尚儀、 尚服、 尚食、 尚寢、 尚功,一司為; 宮正,皆位正六品。 每一局管領四司,其屬二十有四,而尚宮總行六局之事。 官七十五人,女史十八人。 上駐蹕南石槽地方。 今封博爾濟錦氏、和嬪瓜爾嘉氏、淳郡王允祐之母達甲氏、為妃。 封貝子允祹之母瓦劉哈氏、十五阿哥允禑、十六阿哥允祿之母王氏、十七阿哥允禮之母陳氏、為嬪爾部察例俱奏....... 康熙帝時也訂下了清宮選秀女的規制,並分為每三年一選的秀女,由戶部主辦;每年一選的內務府秀女,由內務府主選。 《宮內等處添減女子嫫嫫媽媽里底帳》:「雍正九年四月二十日 總管王朝卿等差司房太監盧玉堂傳說:"四阿哥下官女子一人遇喜,每人外添肉一斤,姥姥一人每日添肉一斤。 "雍正十一年十二月初五 蘇培盛等差司房太監張福壽傳說:"寶親王下官女子一人遇喜。 」乾隆帝無論在四阿哥或寶親王時期,宮裏都有六名左右官女子,可知官女子非清代皇帝專屬寢宮宮女,由內務府三旗包衣之女兒選出。 《欽定大清會典事例》卷一百六十 康熙十六年奏準凡宮女年三十以上者遣出令其父母擇配續選年㓜女子充補。 雍正元年奉㫖宮女年至二十五歲令其出宮。 《奏為宮內交出偷竊女子一名驗得有傷情形事》總管內務府謹奏:為奏聞事。 道光十九年七月初四日奉旨:嗣後凡遇各宮未滿年限交出女子,著總管內務府大臣派員詳細查驗後據實具奏等因,欽此。 本月十四日,由敬事房交出延禧宮偷竊絲線出宮之官女子大妞一名交出,臣等當即派員詳細查驗,現據該員等稟稱,查得:延禧宮交出女子一名,據稱,年十五歲,於本年七月初五日進宮,在玲常在下當差。 本月初三日,因偷拿白絲線一綹,受責四十板,右腿傷破,現在結痂,左腿僅只青腫。 又於初十日偷拿青絲線一綹,面上左右腮復受板責八下,今日交出等語。 現騐得該女子面上左右腮俱有青腫並未傷破等因。 稟覆前來,謹將臣等遵旨查明緣由據實奏聞。 奉旨:知道了。 《奏為查驗咸福宮交出女子一名情形事》總管內務府謹奏:為奏聞事。 道光十九年七月初四日奉旨:嗣後凡遇各宮未滿年限交出女子,著總管內務府大臣派員詳細查驗後據實具奏等因,欽此。 本月十一日,由敬事房交出咸福宮因笨出宮之官女子大妞一名,臣等當即派員詳細查驗,茲據該員等稟稱,查得:咸福宮交出女子一名,據稱,年十七歲,於本年八月初一日進宮,在琳貴人下當差。 本月初十日,因將飯碗一個砸破,並將花針踩壞,今早用裁衣尺責打手掌數板,即時交出等於。 現騐得該女子面上左邊有青腫一塊,據稱系前因學做活計粗苯,經本宮女子用裁衣尺並拳責打的。 他處無傷等因。 稟覆前來,謹將臣等遵旨查明緣由據實奏聞。 奉旨:知道了。 章乃煒、王藹人,. 責任編輯:陳曉東, 編. 清宮述聞 正續編合編本. 封扉設計:李猛 2009年12月第1版. 北京: 紫禁城出版社. 2009年12月: 419. ISBN 978-7-80047 -907-6. 《國朝宮史》• 《國朝宮史》乾隆四年六月十三日,上諭:宮戲房太監杜明動兇器一事,內務府總管議以枷號一個月,發甕山鍘草。 著改為枷號三個月,重鞭一百,充發烏喇。 傳與總管,曉諭首領太監等,既身居宮禁,理當奉公守法,乃有無知不法之徒,擅動兇器,甚屬可惡。 著嚴行申諭,嗣後倘有似此者,定行加倍治罪。 《國朝宮史》乾隆六年七月十四日,上諭:著總管李英、謝成嚴諭跟隨出外各處太監,不許肆行跑馬。 若似從前魏珠、於錦跑馬射箭,斷乎不可。 如有此等事,惟汝二人是問。 《欽定大清會典事例》卷一百六十 皇太后、皇后宮差務三旗三十內管領輪直承應。 皇太后宮服役人二十名。 皇后宮服役人十有五名。 皇貴妃二內管領下承直服役人十有八名。 貴妃一內管領下承直服役人十名。 妃一內管領下承直服役人七名。 嬪一內管領下承直服役人五名。 貴人服役人三名。 常在服役人二名。 皇太后行在駐蹕處內管領四人、內副管領二人。 皇上駐蹕處內管領四人、內副管領六人。 皇后駐蹕處內管領四人、內副管領二人,承直如遇同處駐蹕酌量除委。 妃、嬪。 皇子各內管領一人丶內副管領一人,公主內副管領一人承直差務。 《老舍評傳》• 《舊京瑣記: 卷五》• 《我的前半生》、《清稗類鈔》• 《奏為果房失火請旨將果上人聞濤蘇拉喜兒嚴審治罪》硃批:聞濤喜兒均著發往黑龍江給與兵丁為奴• 諭軍機大臣曰、永琅等查審清茶房、外果房失火一摺。 據蘇拉喜兒供、初十日晚間煮飯後。 忘熄余火。 十一日早間風大。 想是爐縫走煙。 燎著後檐柱起火等因。 請將掌果頭目五十三副頭目明良、斥革責處。 掌儀司值年員外郎常惠、交內務府議處等語。 所辦失之寬縱。 禁城重地理應格外小心防範。 乃值年司員。 及掌果頭目。 既日間在內辦事。 當此風日乾燥時。 於所管蘇拉太監等、漫不留心稽察。 疎懈已極。 不可不嚴行懲治。 正副掌果頭目五十三、明良、斥革後。 再行嚴審治罪員外郎常惠、即應革職問罪。 方足以示懲儆。 永琅等審擬此案。 何僅以交內務府議處斥責了事。 太監朱貴、既在一處居住。 則該處蘇拉太監等即其所管。 朱貴不能約束。 其罪較重。...... 《國朝宮史》乾隆六年十二月初七日,上諭:應出宮女子,既已出宮,即係外人,不許進宮請安。 其本宮首領太監與伊等傳信,亦屬不可。 從前小太監化玉龍、甯進、王進喜等,倚仗在本主前有小殷勤,不服首領管教,甚屬無知。 既放為宮中首領,應管一處之太監;放為總管,應管闔宮之首領太監。 豈有太監不服首領管教,首領不服總管管教之理?似此不服管教之太監,即當懲處。 再,爾等嚴諭首領太監,凡宮內之事,不許向外傳說。 外邊之事亦不許向宮內傳說。 至於諸太妃所有一切,俱係聖祖皇帝所賜。 諸母妃所有,亦是世宗皇帝所賜。 即今皇后所有,是朕所賜。 各守分例,撙節用度,不可將宮中所有移給本家。 其家中之物亦不許向內傳送,致涉小氣。 嗣後本家除來往請安問好之外,一概不許妄行。 從前朕曾經嚴傳諭旨,爾等不過一時小心,數日之後,漸就懈怠,此係膚所深知。 今爾等不時稽查,如各宮首領太監有不謹之人向裏外傳說是非,或經查出,或被首告,必重處數人,以警其餘。 若經朕躬訪察得實,即係爾等總管之罪。 從前聖祖皇帝教訓爾等諭旨,至世宗皇帝時皆敬謹遵行。 世宗皇帝教訓爾等諭旨,至朕時仍當敬謹遵行。 今朕教訓諭旨,爾等亦當永遠遵行。 即將來爾等不當總管時,後來總管仍當永遠遵行。 爾等將此旨嚴行曉諭,務令通知。 《國朝宮史》卷八 典禮四...... 皇帝駕臨內宮,本宮居住之內庭等位咸迎於本宮門外,立。 俟駕至隨行進宮,駕回,仍送於本宮門外。 若皇后駕臨,各宮迎送之儀亦如之。 凡各宮女子,不許與太監等認為親戚。 非奉本主使令,不許擅相交語並嘻笑喧嘩。 各宮小太監許於本宮內掖門出入。 每夜起更時,各宮首領進本宮查看燈火畢,隨出,鎖掖門,報知敬事房。 《國朝宮史》卷十九 皇后千秋。 恩賜金九十兩銀九百兩 上用縀紗等四十五疋內蟒緞九疋縀九疋寧綢九疋宮綢九疋紗九疋春綢九疋綾九疋。 皇貴妃千秋。 恩賜上用縀六疋官用縀六疋春綢六疋綾六疋上用果桌一張賞用果桌八張。 貴妃千秋。 恩賜上用縀四疋 官用縀五疋上用果桌一張賞用果桌六張 綾五疋春綢五疋。 妃千秋。 恩賜上用縀四疋官用縀四疋春綢四疋綾四疋上用果桌一張賞用果桌四張。 嬪夀辰。 恩賜上用縀三疋官用縀三疋春綢三疋綾三疋中品果桌一張賞用果桌一張。 貴人生辰。 恩賜上用縀二疋官用縀二疋春綢二疋綾二疋內用果桌一張賞用果桌一張• 《舊京瑣記-卷四》:稱佛爺,則始於孝欽侍監諛美之詞耳。 《欽定大清會典事例》卷二十八 凡鑄造金寳金印,皇太后金寶盤龍紐皇后金寶交龍紐,皇貴妃、貴妃均金寶蹲龍紐,妃金印龜紐,均清篆左漢篆右篆用玉筯文。 《清史稿》 志七十九 皇帝御寶,皇后金寶,太皇太后皇太后金寶玉寶附皇貴妃以下寶印...... 皇后金寶,清、漢文玉箸篆,交龍紐,平台,方四寸四分,厚一寸二分。 康熙四年,制太皇太后金寶、玉寶,盤龍紐。 餘皆與皇后寶同。 玉寶台高一寸八分,餘同金寶。 皇太后金寶、玉寶,俱盤龍紐。 餘與皇后寶同。 皇貴妃金寶,清、漢文玉箸篆,蹲龍紐,平台,方四寸,厚一寸二分。 貴妃金寶,與皇貴妃同。 妃金印,清、漢文玉箸篆,龜紐,平台,方三寸六分,厚一寸。 《欽定大清會典則例》卷一 十三年,奉旨,親王側福晉四人,世子郡王三人,此即朕加恩所定新例也。 嗣後,凡封授足數,中有身故者,不得再請封授。 其奉特旨賞給者不拘此例。 長子、貝勒、貝子、公等側室亦如之。 《欽定大清會典則例》卷一 又議準舊制,親王妾媵十人、世子郡王六人、長子貝勒貝子五人、鎮國輔國公四人,嗣後除奉特旨賞給王貝勒等側福晉、側室外,其餘即於妾媵內。 親王定側福晉四人、世子郡王三人、長子貝勒定側室二人,貝子及鎮國輔國公一人。 冠服降嫡福晉正室一等,凡應封側福晉、側室者,必生有子女,將姻。 族姓氏奏明,得旨後,諮禮部註冊。 如無應封之人,不得拘泥定數,濫行請封。 已封者雖有過失亦不得任意黜革,必具奏得旨乃行。 其親王等請封側福晉、側室,每年由府彚奏一次。 《欽定大清會典則例》卷一 順治十七年,定親王及世子、郡王妻封親王福晉、世子福晉、郡王福晉,長子、貝勒以下至輔國將軍妻封夫人,奉國將軍妻封淑人,奉恩將軍妻封恭人。 參看 [ ]•

次の