きっと ヒロイン なら 歌詞。 きっと愛って 天月

きっと愛って 天月

きっと ヒロイン なら 歌詞

もくじ• backnumber「ヒロイン」はどんな曲? この『 ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。 初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。 初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める 広瀬すず さんのジャケットになっています。 このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします! また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「 love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。 さらに、9thシングル「 fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、 まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています。 backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子が主人公のようですが・・。 その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう。 主人公は「 君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、 相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです。 寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。 見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。 そんな気持ちで 一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです。 一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。 それは 叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、 本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい。 その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。 という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか? そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。 でも、 つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます。 「 きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…」 なんていう声が聞こえてきそうです(笑) Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。 自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。 渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです… backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味 何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、 それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない。 そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。 いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。 その大きさに気づいた時、今まで自分で 自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。 自分と同じ気持ちなのかな? れとも誰が違う人のことを考えているのかな? 思いは大きくなっていくばかりです。 しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。 片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

次の

HoneyWorks ヒロイン育成計画feat. 涼海ひより(水瀬いのり)

きっと ヒロイン なら 歌詞

ポルノグラフィティは90年代から一線で活躍する岡野昭仁と新藤晴一の2人組。 ポルノグラフィティは、意外とアニメ主題歌が多いことで知られています。 『GTO』OP曲の 『ヒトリノ夜』、 『BLEACH』OPの 『アニマロッサ』、 『名探偵コナン 業火の向日葵』主題歌だった 『オー!リバル』、そして『鋼の錬金術師』主題歌『メリッサ』など。 2016年発表の43枚目のシングル 『THE DAY』も、アニメ 『僕のヒーローアカデミア』通称ヒロアカの主題歌。 ボンズ、ポルノ、1期主題歌という、かつての『鋼の錬金術師』と同じ組み合わせです。 さらにアニメのストーリーにやや暗い展開、重いテーマがある点まで共通。 ポルノグラフィティは、なぜアニメ1期主題歌に選ばれるのでしょう。 岡野昭仁の歌声が、作品イメージを爽やかに明るくしているという点があります。 たとえばAメロの歌いだしの歌詞。 ですが、ポルノが歌うと前向きな要素が加わります。 「あけない」「やまない」「ろくでもない」と、マイナスイメージの単語がリズミカルに続くフレーズ。 ボーカルのハッキリと発音する明るい歌声が、歌詞のマイナスイメージを中和しています。 そして「あるんだよ」を「よー」と高く歌うメロディ。 このフレーズをこの「よー」でしめることで、ろくでもない世界をそれでも前向きに走っていくイメージが加わります。 もし、この「よー」が低く暗い音だとしたら、ろくでもない世界だししょうがない、とあきらめの雰囲気が加わってしまう。 それを避けて、あえて上げているのです。 続く 「少しも変ではないの まどろみに足を取られてる」という歌詞もヒロアカの主人公が抱えている悩みの表れ。 「あなたを責めてるわけじゃないんだよ」という歌詞で、なかなか前に進めない人を励まします。 ここも「よー」の効果。 「よー」で音が上がるから気分も上がる。 極端な話、ラップの「YO!」という掛け声のような役割を担っています。 絡み合う迷宮 迷宮 それでも行くというの? 小さき旅人が奏でる 始まりの鐘の音 行く当ても DON'T KNOW DON'T KNOW 本当は怖いんじゃないの? 「恥じるのかい?」=恥じる必要はない!ということ。 ヒロアカの主人公デクが「個性」と呼ばれる特殊能力がないけれど、それでもヒーローになりたい!と空想する思いを的確に歌詞にしています。 「絡み合う迷宮 迷宮 それでも行くというの?」サビです。 自分の空想を恥じる必要はない!と言っておきながら、直後に迷宮のように複雑な世を行くの?と再び問いかける歌詞。 次のフレーズで答えは出ています。 「始まりの鐘の音」とあるように、それでも行く!始めるのです。 「鐘の音」というフレーズがチャイムを連想させ、「ヒーローアカデミア」という「学校」のストーリーであることが、このフレーズで分かる仕組み。 続く歌詞も、行くあても分からず 「本当は怖いんじゃないの?」と問いかける歌詞。 なぜ続けて3回も問いかける歌詞なのか?それは考えてもらいたいからです。 こういうアニメを観るであろう少年少女達も、大人が言うことをそのまま受け取らずに、一旦自分の頭で考えて欲しい。 だから問いかける。 そしてサビの最後でスタートを後押しする歌詞を持ってきます。 「踏み出すその一歩一歩が変えていけるさ THE DAY HAS COME」というサビ終わり。 タイトルが入る 「THE DAY HAS COME」は歌っている本人も言うように、かなり高い音。 「THE DAY」=「その日」とは、デクの台詞に沿うなら「デクが真のヒーローになる日」のことでしょう。 そして、この「その日」というのは、聴き手がそれぞれの「その日」を当てはめることができるようになっている。 この声で歌われたら「その日」が来ると信じることができるのです。 岡野昭仁は41歳、新藤晴一も41歳。 ともに少年と呼べる歳ではありません。 それでも少年漫画の主題歌を歌う。 それは、劇中でトップヒーローのオールマイトがデクを励ますように、ポルノが歌で少年少女を励ましているから。 その励ましに説得力を感じさせるほど、歌唱力とそれを活かす楽曲の力があるから。 まさに物語のスタートの後押しをする、全ての人の「THE DAY」を応援するアーティストなんですね。 TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部).

次の

ヒロイン育成計画feat. 涼海ひより(水瀬いのり) 歌詞 HoneyWorks ※ newsletters.oist.jp

きっと ヒロイン なら 歌詞

もくじ• backnumber「ヒロイン」はどんな曲? この『 ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。 初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。 初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める 広瀬すず さんのジャケットになっています。 このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします! また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「 love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。 さらに、9thシングル「 fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、 まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています。 backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子が主人公のようですが・・。 その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう。 主人公は「 君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、 相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです。 寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。 見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。 そんな気持ちで 一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです。 一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。 それは 叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、 本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい。 その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。 という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか? そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。 でも、 つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます。 「 きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…」 なんていう声が聞こえてきそうです(笑) Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。 自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。 渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです… backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味 何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、 それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない。 そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。 いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。 その大きさに気づいた時、今まで自分で 自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。 自分と同じ気持ちなのかな? れとも誰が違う人のことを考えているのかな? 思いは大きくなっていくばかりです。 しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。 片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

次の