あの花 めんま 願い。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

【あの花/名場面】めんまの願いに涙腺崩壊!あの花の感動シーンを全話一挙公開!

あの花 めんま 願い

夏アニメの一角あの花を見終わりました!いや〜、最終話で涙が滝のように流れ出ましたわ。 edを入れるタイミングとかが本当に完璧でしたし、タイトルの意味もかなり深いものがあって感動しました! ワイはつるこ推しです! — うい🏉たぐリス:チコリータ🏉 uiuiyotuba 先日ですね、 あの花の文庫本読んだんすよ。 そしたら学校にも関わらず泣いてしまって・・・ アニメの方見たら号泣しそう タイトルの意味が最後にやっとわかるってのも良いですよねー。 — aqua 10月3日までテスト期間 ssfs913522 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」のタイトルの意味については、作中では明確に意味を表す表現や発言は登場しません。 よって、今作を見た人からすると、「タイトルの意味って何?」と思う人が多いです。 基本的なストーリーとしては、幼馴染(めんま)の死という過去を抱えら若者達(超平和バスターズのメンバー)が絆や成長をしていき、最終的に過去から目を背けていた事などを、主人公じんたんの目の前に現れた幽霊のめんまと共に、進んでいくストーリーです。 その中で、タイトルにもある「花」はほとんど登場しません。 ですが、 タイトルの意味を知る上で、最も重要となるのは、最終回にて考察することができます。 アニメ最終回のあらすじや結末から考察 あの花が最終回という事で、今日は朝食をとりながら録画を見た訳だけど、ラストシーンの終わり方が素晴らしかった!超平和バスターズも本当の意味で仲直り出来て、さらにめんまとのお別れも綺麗で泣ける話だった! 11話で短くまとめてしまうのがもったいない作品だ。 物語の発端、じんたんはすでに不可思議のなかにいた。 めんまの死についての隠し事と仄めかしとサスペンス。 毎回、意味深長な話の終わらせ方。 それらは刺激的だった。 ではどこで飽きたのか? 結末が「成仏」という意外でも何でもないことが判った時に — 太田和彦 Kazuhiko Ota otakazu 最終回では、それぞれの抱えている「めんまの死」に対する気持ちがぶつかりあい、めんまの本当の願いがわかる感動の回になっています。 そして、最後のシーンでは既に見えなくなっているめんまが、最後にみんなの前に現れて、お別れする場面があります。 この場面でタイトルの意味が考察できます。 牛乳瓶の花の香りと比喩(じんたんへのメッセージ)• 手紙を花に見立てた この2つが考えれらます。 牛乳瓶の花の香りと比喩する(あの花=めんま) まずは「あの花」とはめんま自身のことを意味しているのではないかという考えです。 最後のお別れをしたあとにじんたん発言に深い意味が隠されています。 「やっぱりめんまは笑った。 俺たちは大人になっていく、どんどん通り過ぎていく季節に、道端に咲く花も、移り変わっていく。 」 「あの季節に咲いた花はなんて名前だったんだろう? 小さく揺れて、触れればちくりと痛くて、鼻を近づければわずかに青い日向の香りがした。 次第にあの香りは薄れていく、俺たちは大人になっていく、だけど、あの花はきっとどこかに咲き続けている。 そうだ俺たちはいつまでもあの花の願いを叶え続けていく。 」 ここで登場する「花」はめんま自身だと考えると、次第にあの香りは薄れていくとは、めんま自身が消えていくということを意味しています。 「あの花」はきっとどこかで咲き続けているとは、めんまが生まれ変わってどこかで生き続けているということを含んでいるのだと思います。 タイトルの場合、このめんまを通じて過去を振り返り、それぞれが感じたことや成長したことを「まだ知らない」と捉えると、物語のスタート時点の状態をさしています。 そして、全てが完結した時に、「あの花の名前を僕達は知ることができた。 」になるのだと思います。 手紙を花に見立てた(あの花=青春の思い出) また、少し違う観点で考えると、手紙を花に見立てたのではないかという考えです。 めんまは超平和バスターズの面々に手紙を書きます。 それに加えて、上記でも紹介した思い出や過去の辛い気持ちを花に見立てて、表現したのではないでしょうか。 その後のエピソード(劇場版)でめんまに手紙をみんなで書くシーンもありますが、そう思わせた理由として、「あの花」があると考察します。 結果的に、今作のストーリーを通して、それぞれが大人になっていく中で、「あの花」の名前を知ることができました。 「あの花=青春の思い出」と捉えると、それを教えてくれためんまへの返信の意味が」込められているのではないでしょうか。 以上の事を踏まえると、タイトルの意味がわかってきます。 まとめ 今回は「あの花」のタイトルの意味や由来をアニメ最終回のあらすじや結末から考察していきました。 日本を代表する感動アニメであり、最終回、劇場版では終盤でタイトルの意味を回収してくれます。 しかし、その意味については、ハッキリとした解説はないため、作品を通じてそれぞれが答えを出す事に意味があると思います。 是非、あなたの思う「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」の意味を教えて欲しいですね!.

次の

あの花:舞台の埼玉県秩父市で23日からキャンペーン

あの花 めんま 願い

映画「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」は、小さい頃に死んだ仲良しだった少女が、幽霊として仲間たちの前に現われたことから、彼女と仲の良かった超平和バスターズの5人が再び集まり、過去の負い目、嫉妬と戦う姿を描く。 TVシリーズで描くことがなかった出来事や、TVシリーズの1年後の彼、彼女の成長した姿が、追加され感動が加速する作品です。 「あの花」のプロジェクトは、長井龍雪監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザインの田中将賀ら、未来を担う若手集団の作品です。 キャストは、宿海 仁太(じんたん)を入野自由、本間 芽衣子(めんま)が茅野愛衣、安城鳴子(あなる)が戸松遥、松雪集(ゆきあつ)が櫻井孝宏、鶴見知利子(つるこ)が早見沙織、久川鉄道(ぽっぽ)が近藤孝行をつとめる。 作品情報 製作年 : 2013年 上映時間: 99分 ジャンル: 青春、ファンタジー 、ドラマ、アニメ 監督 : 長井龍雪 キャスト: 入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行 etc 2011年6月29日に発売されたBlu-rayの第1巻の初動売り上げは約3万1000枚で、Blu-rayメディアのテレビアニメ第1巻の初動売り上げで発売当時で史上3番目という記録した人気作品です。 ポストジブリを目指す若手の「超平和バスターズ(長井龍雪、岡田麿里、田中将賀)」の3部作と言われている作品の第1作です。 第2作は、心を閉ざした少女が、同じトラウマを持つ少年とのコミュニケーションで成長する「心が叫びたがってるんだ。 」は、自分の殻を破るのに勇気を与えてくれる作品です。 第3作は、「空の青さを知る人よ」で、大人の彼、彼女が自分の夢、青春を思い出して自分の原点に戻る、大人に見て欲しい作品です。 Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!! あらすじ 宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の仲良しの6人が、自称「超平和バスターズ」を作り、自分たちの居場所に集まって楽しく遊ぶ日々を過ごしていましたが。 ある夏の日、芽衣子が川の事故で亡くなってしまい、残された5人の心は、いつしか離れていきます。 その後、高校1年生になった仁太の前に、川の事故で亡くなった芽衣子が大きくなった姿で現れる。 その姿は仁太にしか見えなかった。 芽衣子は「超平和バスターズ」のみんなに自分の願いをかなえてほしいと言うが、彼女は、その願いが何であるのか思い出すことができません。 疎遠になっていた「超平和バスターズ」は、このことをきっかけに再び心を通わせはじめ、芽衣子の願いをかなえようとするのだが。。 めんまが勇気をくれる!作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想) 大切な人は、失ってからわかる? 超平和バスターズの仲間は、めんまがいなくなり、自分たちの気持ちと対峙します。 彼女への負い目、嫉妬と正しく向き合うのは、本当に苦しかったことだと思います。 私も、大切な人がなくなった時、その人に対して、何故、素直になれなかったのか、自分を責めたものです。 今でも、少ししこりが残っています。 でも、この作品の少年、少女は、めんまの思いを知り、勇気をもらって、一歩前へ進もうとしています。 とても、辛かったですが、最後には、清々しくて感動しました。 作品の主人公達の頑張りに負けないように、全てを受け入れて、自分の生き方を改善したいと思います。 めんまの思いは、みんなの幸せでした。 愛されたことに感謝がいっぱいだったからです。 特に、最後のめんまの手紙は、涙が止まりませんでした。 つるこへ。 やさしいつるこがだいすきです。 ゆきあつへ。 がんばりやさんのゆきあつがだいすきです ぽっぽへ。 おもしろいぽっぽがだいすきです。 あなるへ。 しっかりもののあなるがたいすきです。 じんたんだいすきです。 じんたんへのだいすきは じんたんのおよめさんになりたいなっていうそういうだいすきです。 めんまの手紙を見て、一人ひとりが、彼女の思いを、自分の気持ちに当てはめて、感激し涙します。 そして、彼女の心残りを全て解消してあげることが、彼女への感謝になるとわかります。 涙が止まりませんでした。 この作品は、自分でも不思議ですが、涙が止まらないシーンの連続でした。 めんまが、何気ない気遣いをするだけで、涙がこみ上げてきます。 彼女が幼いことで、彼、彼女たちの気遣いに気付かない、たったそれだけなのに。 純粋な子供の思い、感性には、嬉しさと辛さがあり、本当に苦しかったです。 めんまを亡くして、超平和バスターズのメンバーは、自分たちの彼女への負い目、嫉妬によって、仲間だったのに、バラバラになってしまいます。 でも、お互いが大好きです。 きっと、めんまはそれを心配して、幽霊となって、みんなの前に現れたのだと思います。 彼女は、みんなに大切にされたことに感謝して、そしてみんなを大好きになり、みんなを幸せにしたい。 その気持ちが、成仏出来ないかたちになったのでしょう。 それを感じた、彼、彼女たちは、自分たちの恥ずかしいことを乗り越えていくのは、ステキな青春ストーリーでした。 大人になった私たちも、勇気がなくて、乗り越えられない心残りを解消するための勇気を与えてくれる作品でした。 まとめ(おすすめ・考察) 思いっきり泣けました。 結末がわかっていると辛すぎます。 やっと自分に響く映画のテーマ、展開がわかりました。 映画「君の膵臓をたべたい」みたいに、主人公の女の子が死んでしまう。 エンディングがわかっているだけで、作品のはじめから、心が盛り上がって、涙がそそられます。 このような作品を見ると、感動するだけでなく、どこかスッキリします。 涙を流すことは、心の蟠り、精神の余計な不安などもいっしょに洗い流してくれて、心の健康維持に大切と言われます。 このような作品が、多くの人に受け入れられるのは、自然のことだったんですね! 心を浄化する為に、こんな作品をいっぱい見ていきたいですね。 秩父の町で、平凡に暮らす高校生の相生あおい(若山詩音)は、進路を決める大事な時期ですが、受験勉強をするわけでもなく、東京へ出てバンドをやることを志して、大好きなベースの練習を毎日していた。 あおいと姉・あかね(吉岡里帆)は、13年前に事故で両親を亡くしました。 それにより、当時高校3年生だったあかねは、恋人の慎之介(吉沢亮)との上京を諦めて地元で働くことを選びます。 あかねは、大好きなあおいの為に、親代わりをします。 あおいは、自分を育てるために多くのことを犠牲にした姉に対し、苦しい思いを感じていました。 そんなある日、町の音楽祭に大物歌手の新渡戸団吉が出演することになります。 そのバックミュージシャンとして、あかねと別れた慎之介が秩父へ戻ってきます。 その時、あかねと別れる前の慎之介が、13年前の過去からあおいの前に現れてきますが。。 ジャンル: ファンタジー、ラブストーリー、アニメ 監督 : 長井龍雪 キャスト: 吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、松平健、落合福嗣 etc.

次の

【あの花】めんまの名言・セリフ集│名言格言.NET

あの花 めんま 願い

「あの花」は、 元仲良し6人組「超平和バスターズ」のある夏の話…。 物語は、幼い頃に死んだはずのメンバー「めんま」が、高校生になった「じんたん」の目の前に現れるところから始まります。 なぜか現れためんまと、バラバラになってしまった超平和バスターズを中心に物語が進み、 「なぜめんまが現れたのか」という疑問に対する答えを探すことに。 たとえ好きな子が亡くなっても、 女装する意味は分かんねえ…。 つるこの「衣装で変わらなければ、やり過ごせないんでしょ」という発言がありましたけど…。 頭の中は「???」でした。 「かなり思い詰めていた」という表現でしょうか? じんたんの「めんまが見える」発言の後から変装を始めたのであれば、「じんたんに優越感を抱かせたくなかった」という理由で納得できるんですけどね。 あの花が感動する理由は?めんまの願いを考察 やっぱり音楽って大事!「君がくれたもの」のマッチ具合に感動する あの花のEDである 「secret base ~君がくれたもの~」はZONEの楽曲で、2001年に発売されました。 当時タイアップされたのは「キッズウォー3」でしたが、10年後に放送された 「あの花」にも最高にマッチしていますよね。 最終話の 最後のシーンで映ったのも、秘密基地にある「超平和バスターズはずっとなかよし」って文字だったからなあ…。 あの花のタイトルにある「花」って何? 「あの花」の正式名称は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 」ですが、結局のところ 「あの日見た花」って何のことだったんでしょう? ストレートに「花=植物」と捉えるなら、それは ワスレナグサや ハルジオンということになるでしょう。 アニメ中に出てくる花は、最後にめんまが居た場所に咲いていた「ワスレナグサ」、牛乳瓶に刺さっていた「ハルジオン」ぐらいですからね。 2019年3月4日 月 08:08 UTC、URL: …でも、やっぱり僕は 「花=めんま」だと思うんですよね。 その理由の1つが、以下に示す「じんたんの最後の言葉」です。 次第にあの香りは薄れていく、俺たちは大人になっていく! だけど、あの花はきっとどこかに咲き続けている。 そうだ、俺たちはいつまでも、あの花の願いを叶え続けていく。 意味深な言葉が多いですよね。 この言葉を「花=めんま」と考えて、僕は以下のように捉えました。 (じんたんとあなるの登校シーン、つることゆきあつの電車シーン、秘密基地に全員集合しているシーン) あくまで僕の考えですが、こんな風に 色んな解釈ができるのも、この作品の魅力でしょうね!.

次の