ダンキバ 公式。 仮面ライダーキバ

【未プレイ二次創作】ポケモン剣盾・キバユウ絵師がエアプ公言し炎上!物議に │ 黒白ニュース

ダンキバ 公式

開会式でのキバナさん ジムチャレンジ開会式のキバナさん。 「トップ ジムリーダー」というワード以外にも、ドラゴンタイプ使いということからも8番目のジムリーダーであることがわかりますね。 たいがいドラゴンタイプ使いは最後のジムリーダーかポケモンリーグのチャンピオンですから。 開会式で自撮りしちゃうキバナさん。 今どきの若者という感じ。 なにげにこれまでのポケモンにはいなかったタイプかも。 キバナさんのインスタグラムはポケモンよりも自撮りのほうが多そうですね。 宝物庫にいるキバナさん 初対面はナックルシティに隣接する宝物庫。 なんかほかのジムリーダーのリーグカードは別の人からもらうことが多かったように思いますが・・・ キバナさんご本人から。 これは人に撮ってもらっているのか・・・それとも自撮りなのか・・・。 ナックルシティジムチャレンジでのキバナさん ラストジム、ナックルシティでのバトルです。 手持ちはフライゴン、ギガイアス、サダイジャ、ジュラルドン。 カイリュー、ガブリアス、ボーマンダあたりは従来のドラゴンタイプ枠で出るのかと思いきやまさかのフライゴン! そうか・・・砂嵐起こせますからね。 こおりタイプかフェアリータイプがいないと少し苦戦します。 キバナさんがダイマックスさせるポケモンはジュラルドン。 いたずらっぽい顔がいいですね! ダイマックス時の表情がかっこいいですね〜!この表情が一番のお気に入りです笑 タレ目なのも良いです! キバナさんとのバトルに勝利 負けてもこのセリフ。 突き抜けたナルシストはもはや気持ちが良いです。 ちなみにキバナさんは女性人気も高い キバナさんはどうやら女性からの人気が高いようです。 背番号241。 たしかにファンだったらその数字を意識してしまいそう。 私もキバナさんの悔しがる顔みたい!というかダンデさんとキバナさんの交流をもっと見たいんですが! キバナさんとクリア後に会える?再戦できる? キバナさんはクリア後のストーリーでも登場します。 ここでもやはり写真をとるキバナさん。 切迫した状況だというのにさすがです。 本編クリア後のストーリーを進めると、キバナさんをポケモンリーグに招待できるようになります。 再戦できますよ。 ちなみに本編クリア後にもらえるキバナさんのレアリーグカードがこちら。 キバナさんの年齢考察 キバナさんの年齢はいくつなんでしょうか? 気になったので推測してみました。 まずヒントとなりそうなのが、• 主人公の年齢• キバナ、ダンデ、ソニアは同い年かかなり近い年齢っぽい• ダンデとホップは兄弟関係 という要素かなと思います。 まず主人公の年齢。 アニメでは10歳からポケモントレーナーになれるという設定で、主人公サトシたちは10歳です。 ただ、ゲームでは幼稚園児やうきわボーイ&ガールみたいなあきらかに10歳未満のポケモントレーナーが登場します。 なので10歳と断定はできませんが、アニメの主人公と近いと思われるため、主人公とホップは10〜12歳くらいでしょうね。 そしてキバナ、ダンデ、ソニアについて。 キバナとダンデはなんとなく同い年か年齢が近そうな感じ。 同じくダンデとソニアも近そうな雰囲気でした。 で、ソニアがしきりに「私たち大人うんぬん」言っていたため、ポケモンの世界の大人が何歳からかはわかりませんが、20歳前後ではありそう。 さらにダンデとホップが兄弟関係ということから、そんなに極端に二人の年齢に差はあるというわけではなさそう。 とすると、20歳から22歳あたりな気がしますね。 ルビー・サファイアに登場するダイゴさんが25歳ということも鑑みても、ダイゴさんよりは年下でしょうからそのあたりが妥当かなと思いますね。 アニメでのキバナさん勝手に声優予想 新しいアニメでもキバナさんは登場すると思うんですけど、今からどの声優さんが声をあてるのか楽しみですね〜! 個人的には谷山紀章さんとか鳥海浩輔さんなんかイメージと合うかなぁと思うんですがどうだろう・・・。 自信満々でちょっとナルシストっぽいイメージのあるキバナさんは谷山紀章さんのほうが合うかなぁ。 そうであってほしい・・・! ちなみにポケモンアニメは で視聴できますよ〜。 シーズン1からラインナップがあります。 キバナさんはかっこい! これまでもポケモンではかっこいいキャラはたくさんいましたが、キバナさんは私の中でぐんぐん順位を上げてきてます。 褐色系イケメンでは最上位ですね! ゲームではもう少し主人公やダンデとの絡みがあればうれしかったですね。

次の

ダンデとキバナ キバナの手持ちポケモンから考える

ダンキバ 公式

[ ][ ]• 最新の30件 スピリット• 低コスト• 召喚時に1ドローを行う。 【】にしてもブレイヴとの合体にしても、このデッキの起点となる。 ライフ減少後の【】でコアを除去しつつ召喚することも可能。 軽減が多く、コアの必要数が少なく済むのが魅力。 のサポートは受けられるが、ではないためなどとは合体できない。 紫軽減を持つ白のの。 【】の入れ替え元として使いやすい。 召喚時効果でコストを払うことでを探すついでにトラッシュを肥やせる。 の追加コストで召喚、再利用できるのも魅力。 自分の破壊時にトラッシュから【】で召喚できる。 の追加コストでも召喚できるため、1枚トラッシュに送っておくと壁として役立つ。 黄のであり。 召喚時にデッキ下から1ドローできる。 紫の軽減シンボルを持ち、Lv2から紫スピリットとして扱うため、コスト面で邪魔にはなりづらい。 及び紫単色ではないため【】はできないが、で召喚可能。 合体すれば煌臨には使えるものの当然との合体もできないため、ブレイヴは汎用的なものを選びたい。 紫軽減を1つ持つ。 召喚後は赤シンボルのみ。 召喚時効果でトラッシュのを手札に戻せる。 相手に除去されたり、トラッシュ肥やしや使い捨てた【】などトラッシュが肥えやすいこのデッキでは使用する機会は多い。 【】の入れ替え元にもできるが、コアに余裕がないこのデッキでは紫シンボルが無いことがかなり響く。 と合わせてコアを節約するのが理想。 中コスト• コスト4~5 であれば【】には対応するが、単独ではの煌臨条件を満たせないコスト帯。 に対応する、【】を持ちである。 Lv2効果が曲者で、ターンに1回の制限がありつつ強制効果であるため【】後に回復状態でライフを減らした場合も発揮され、二度目のアタック時に発揮できなくなる。 アタックして疲労したと入れ替わってあちらの効果で合体、ルール処理で疲労した場合など、活用できる局面が無いわけではない。 を前提にせずとも元々のコストが軽めなことが利点。 Lv2維持コストが重めなため、単なる入れ替え手段として割り切っても良い。 【】コストが重く、効果範囲も狭い。 軽減と範囲ではが勝ってしまう。 Lv2で普通に召喚して、アタック時効果を起点にするほうが扱いやすい。 【】はや序盤の低Lvスピリットを破壊するのには使えるが、中盤以降は今ひとつ。 軽減の多さとLv1から破壊耐性を得られることを活かし、普通にコストを支払って召喚する方が良いだろう。 スピリットカードを捨てることで手札交換と除去が可能だが、手札交換に失敗した場合はバースト召喚もできず破棄されることに注意。 【】には対応するが、ではないためなどとは合体できないことから、主力の煌臨条件であるコスト6以上となるために何らかの合体できるブレイヴがあると良い。 『仮面ライダーキバ』に登場する仮面ライダーだが、系統がではなくでありに対応せず、名称サポートも受けられない。 召喚時効果はこのコスト帯ではそれなりに優秀でスピリットの回収もこのデッキの主力カードが対象になるものの、積極的に採用するほどの旨味は薄い。 軽減の多さと、アタック時効果でを早いターンから召喚できる点を活かしたい。 フラッシュタイミングでトラッシュから召喚できるの。 Lv2から紫シンボルになるため、場に出た後も無駄になりづらい。 バウンスや【】で手札に来てしまうと邪魔なので、やで破棄すると良い。 シンボルは赤のみ。 無色化してのブレイヴ破壊を行う【】はに強い。 入れ替え対象のはコストを問わないため、コスト7以上のなども手札に回収できる。 コスト6 紫であれば、単独での煌臨条件を満たせるコスト。 ならにも対応する。 【】を持つが、には対応しない。 とはいえ元々【】コストは4と低めなので扱いやすい。 低コストで用意できるコスト6のであり、と合体でき、単独で【】の入れ替えと主力の《》に対応するこのデッキの要の1枚。 単独でも【】とアタック時効果で仕事ができる。 ライフを減らした際の回復についてはと同一の弱点がある。 扱いやすいコストの【】で相手スピリットを弱体化できる。 と入れ替えれば対象が全体に広がり、を回収して再利用できる点も相性は悪くない。 アタック時効果と合わせて相手スピリットを確実に除去できるが、なるべくならに繋げたいところ。 ライフ減少後に【】召喚できるので、速攻相手に優位に立てる。 【バースト】以外での召喚は難しく、アタック時効果を通すための効果などはこれといってないため、採用するならば赤シンボルを活かせる形にしたい。 ドローステップに手元に置くことでドロー枚数を追加する。 手札が4枚以上であれば手札破棄を行わなければならないが、などトラッシュに送っておきたいカードとの相性は良い。 コア消費の無いドローのため、後述のやといったフラッシュでの召喚にコストを要求するカードとも相性が良い。 条件を満たせばノーコスト召喚でき、効果ダメージとスピリットのBPアップが可能。 こちらも生き残らせればダメージを与えられると相性が良い。 また、ノーコスト召喚はコストのみを条件とするため、相手ターン中にやが場に出た場合には、自分アタックステップにそのまま召喚条件を満たせる。 シンボルは赤のみだが、赤軽減を持つカードを採用するならば、積極的に召喚しておきたい。 汎用バースト。 色とコストを指定する《》が多いこのデッキではスピリットとしても仕事ができる。 高コスト• 【】コストも重いため、なるべくで踏み倒したい。 コストの高さから、自身は同名カードも含めてこのデッキの主力のの【】で入れ替えできない。 入れ替え以外にもなどで踏み倒すなどして、回復状態でアタックステップに入るように心がけたい。 紫のコスト6以上に煌臨できるコスト9の。 破壊と連動したトラッシュからの回収効果はであれば色やコストは自由なので、後述のや、なども回収可能。 状況に応じて適切な選択をしていきたい。 煌臨中でなくとも効果を使えるため、で踏み倒してもアタック時効果は発揮できる。 このデッキのソウルコアの使い道はほぼこのカードの《》にあり、相手ターンに相手のフィニッシャーを処理するためにも、なるべくソウルコアは温存しておくと良い。 召喚時効果での【】と同等のコアシュートを撃てるが、自分のライフも減らさなくてはいけない。 相手に追い詰められてからは召喚できなくなるのが難点。 で相手ターンに召喚し、返しのリフレッシュステップでコアを回収するのが理想。 の効果で早めのターンから踏み倒すのも良い。 アタック時効果はアルティメットも含めたコアシュートで、高Lvの相手を除去ないし弱体化できる。 ライフ回復は使えるコアが減り、このスピリットの召喚分と差し引きすると美味しいとは言い難い。 手札に来ても【】でトラッシュに送りやすい。 なのでの煌臨が可能。 相手のアタック時効果で場のスピリットが破壊された場合、召喚はフラッシュ効果ではないため、最速でへと繋げることが可能。 や、を敢えて場に残すことで、破壊されなければ【】、破壊されたらこのスピリットからの《》と二択を迫ることもできる。 戦闘破壊にも対応するため完全に腐ることは少ないが、バウンスやブロックされない効果を持つなど、相手のデッキタイプによっては手札で燻る場面もある。 コストの指定とコア消費があるが、と似た立ち回りができるのスピリット。 後述のや、を多く採用する場合、コアシュート能力が上がるのでデッキに応じて選びたい。 などを持つとも相性が良く、死角からの思わぬ一撃となる可能性を秘める。 コスト7の。 ブレイヴがあればコスト4まで下がり、にも対応する。 合体は出来ないがダブルシンボルを持ち、効果も強力。 相手スピリットをバウンスしつつ召喚できる大型の。 の煌臨元にもなれるので、相手ターン中に場が空いている状態から相手の盤面を崩すことが可能。 相手のスピリットをバウンスしなければ召喚できないため、耐性には気をつけて使用したい。 また、と同様にの煌臨元になれる。 Lv2・Lv3時のスピリットへの指定アタックはのBP上昇との相性も良い。 と同じ煌臨条件を持ち、でも召喚可能。 自分ターンに【】のコストを相手リザーブから使用できる。 コアシュートや破壊でコアをリザーブに送った後に使用できると良い。 入れ替え対象である紫1色のコスト7以上のスピリットは、このデッキではやといった主力。 手札に回収して更に連続アタックを繋げられる。 の煌臨元を回収、再利用することも可能。 Lv2以上ではダブルシンボルにもなるため打点も高い。 上記のと同じくなどの回収役兼フィニッシャー。 のシンボル追加効果により、最大軽減で【】することも難しくはない。 Lv1・Lv2・Lv3の相手スピリット1枚ずつをデッキの下へ戻す【】を持つので、可能ならばコアシュートなどで相手の盤面をコントロールしたい。 もちろん、純粋にと煌臨元を手札に戻せるだけで十分なアドバンテージになる。 ライフバーンに関してはデッキ構築に工夫が必要となるため、無いものとして考えるのも手。 連続アタックが可能なダブルシンボルなので決定力は高い。 と比べてによる回収対象であり、レベルを問わずダブルシンボルである点に優れる。 一方で相手のリザーブに干渉できないため、【】に使用する実質的なコア数が多く、手札からの行動を抑制できない。 また、色を問わずで防がれてしまう点もマイナスか。 デッキ構築や使い心地をよく確かめて選びたい。 お互いのフィールドのカードの総数でコストが変わる、。 赤と紫のダブルシンボル。 アタック時の【】の1コスト化はに使うのが理想。 このスピリットとの入れ替えはできないので、他にスピリットを用意しておくこと。 連続アタックの天敵であるを処理できるなど、使い捨てても良い【】を事前にトラッシュから回収して使用するのも面白い。 ブレイヴ• シンボルなし• コスト3以上に合体できるブレイヴ。 ではないやを煌臨元として使えるようになる。 召喚時に即座にドローできるリバイバル前と、であり除去対象にアルティメットが含まれ合体の有無も問わなくなったリバイバル版がある。 どちらが良いかは場合によるため、デッキ全体を見据えて考えると良い。 シンボルあり• 自身もであるのシンボルブレイヴ。 合体条件はであればコストを問わない。 召喚時にデッキからをサーチしつつトラッシュを肥やせる。 更にの【】の際に入れ替えも可能で、手札に戻す代わりに合体させてダブルシンボルでのアタックもできる。 このデッキのキーカードだが、を含めてこのデッキに相性の良いスピリットに合体できないこと、【】での入れ替えの際に合体するときの動作に癖があることなど、注意しなければならない点も多い。 コスト6以上のスピリットが入れ替わった時にトラッシュから1コストで召喚できる。 合体条件がコストではなくを指定しているため、事実上とにしか対応しない。 だけでは自発的に手札を捨てる手段が限られているため、手札に来てしまうとコスト5の重いブレイヴにしかならないのが欠点。 合体時効果はどちらも扱いづらく、コスト0になる効果がないため低コストスピリットと合体した際に【】の入れ替え先に出来ない。 紫のシンボルブレイヴで唯一コスト3のと合体でき、煌臨元としてコストを上げられる点を活かすと良い。 6色の軽減を1つずつと紫シンボルを持つ。 を破棄することで相手の破壊からスピリットを保護できる。 紫以外のシンボルを持つカードを採用すると召喚しやすい。 コスト3スピリットが主力のこのデッキでは合体条件を満たしづらいのが難点。 【】を持つ紫のコスト6のガンブレイヴ。 の煌臨元になれる。 マジック• このデッキの主力である1体をトラッシュからノーコスト召喚する。 ノーコスト召喚はメタカードで妨害されやすいものの、通るならば攻守に役立つため、可能な限り積んでおきたい。 ソウルコアを使えばコスト2以下スピリットも同時に出せるが、関係では存在しないため、無視するか低コスト欄で紹介した相性の良いカードを採用する形になる。 また、優先するべきなどのためのソウルコアを使ってしまわないように注意。 など白の効果でデッキからオープンされたか、デッキからトラッシュに送られた際に手札に加えられる防御マジック。 紫単色であればやなどでも良い。 コスト5のコアシュートマジック。 のアタック時にはコスト3に下がる。 コアシュートに成功すればのノーコスト配置が可能で、そのまま【】に繋げるのが理想。 (リバイバル版) そのターン中、【】でスピリットが手札に戻ったときにドローできる。 自力でトラッシュから戻ることもでき、手札コストとして使っても良い。

次の

『ポケモン ソード・シールド』“ダンデ×キバナ”や“ルリナ×サイトウ”のチームが実現! タッグバトルであなたが見たい組み合わせは?【アンケート】(インサイド)

ダンキバ 公式

現在、ツイッターで「未プレイ二次創作」がトレンド入りしている。 これは何かと言うと、ポケモン剣盾に登場するドラゴンタイプのジムリーダー・キバナと女主人公(デフォ名ユウリ)のカップリングを二次創作した絵師が、自身はポケモン剣盾をプレイせずに描いたなどと公言し、昨日から炎上している。 スポンサードリンク ポケモン剣盾・キバユウ絵師が炎上!未プレイ二次創作をdisられたと勘違いして暴走 エアプkbyu絵師 ・描いた漫画に「未プレイ」と記載して投稿 ・アカウント名「Switch欲しい」 ・絵を描く資料のために攻略本を購入 ・参考資料は二次創作とTwitterとWikipedia ・ちゃんと原作履修してないと描いてはいけないと思ってます ・Switch未所持 信じられないと思うが全部同じ人の発言です — 底辺絵師の愚痴 MsKc24uZ4eMHB8L 今回の騒動に詳しい人のツイート kbyu未プレイ絵師、逆ギレした流れまで見てた人間ですが今回炎上する以前に彼女たちがそもそも逆ギレした論点がマシュマロの内容と相違してるのでみんなに知ってほしい。 — 固定ツイ見てください pIdqFGHy732DpCG まずこれがマシュマロとそれに対する本人の返答です。 ここで済ませて何も事を荒立てないのなら今回炎上にはまず至りませんでした。 ここでマシュマロ主は、絵師に対する「作品」が地雷とはいっていません。 あくまで、「未プレイだが愛はある」という発言を気をつけてくれと言っているだけなのです。 — 固定ツイ見てください pIdqFGHy732DpCG その後にこのようなツイートをされた後、彼女のフォロワーがこのようなリプライを返していました。 そこでおや?と思ったのは、前述した通りマシュマロ主は「作品」には何一つ批判拒絶をしていないのに、「創作するのは自由だ」と返していることです。 — 固定ツイ見てください pIdqFGHy732DpCG そこから彼女が恐らく「未プレイなのに創作していることに文句を言われた」と勘違いし、結果としてそれが炎上に繋がった瞬間だと思っています。 再度繰り返しますが、マシュマロ主は彼女の「作品」には何も言っていないのです。 むしろあの文面だけだとマシュマロ主は彼女自身のプレイした感想を見たい — 固定ツイ見てください pIdqFGHy732DpCG という意図もある可能性があるのでは、と私は読んでて感じました。 それに対して「自衛しろ」と逆ギレするのは、あのマシュマロ主に対してあまりにも酷いのではないかと今回あまりにも見ていられず。 どうか皆さんに知って頂きたいです。 特にシリーズごとでキャラ被る作品。 しらんけど 10代~が集うアニメ・ソシャゲ無法地帯タイトルの気分で二次創作したんだろ、金を払わずとも絵や交流で消費し慣れたその姿勢はトラブル含めて気安く他ジャンルに持ち込まないで欲しい、ゲームに限らずだよ。 恐らく今のポケモン二次創作界隈は年齢層が10~30代と幅広く、常識や理解に年齢が加わってどうしても限界がある。 20代~は自分で機種ソフトともに購入できるが10代はそうもいかないのが現実で、それを踏まえて活動するかしないか 最悪の結果、こうなった。 本来は叩かれなかったであろう10代エアプ漫画村二次創作者が叩かれた理由はここかもね、キバユウの需要は所詮エアプソシャゲ染まりの夢女子だけでしたってことで ワロチワロチ• 元々後ろめたい所があったからマシュマロの文章に発狂したんでしょ 別に創作するなとは言わないし誰もその権利はないけど二次創作から入った場合間違った解釈になるからイラストぐらいで終わらせとけよとは言いたい それでよく漫画なんて描けるなと思うわ、好きキャラならゲーム内での背景やシーン見たいと思わないのかな 普通はそこから好きになって二次する人も多いだろうに、未プレイですガワだけ好みで描いておきながら愛はありますってどこが? 未プレイで非公式なのに解釈違いだ公式にしろと公式や公式カプ叩いたり、公式カプヒロインの嘘まとめを作りまくったり、製作者の殺害予告しながらTwitterでも嘘広めてる自称ファンの過激派エアプを見た事あるからエアプに関しては良いイメージない そもそも他のファンと話あうの?原作の話できないんでしょ?推しの好きな所共有できないのにすごいな• ゲーム発売後も購入せずに絵描いてる人間見ると もう発売前じゃないから買えるんだぞ知らなかった?って気持ちしか湧かない マシュマロ主が悪もなんもねえよ、買えるなら買ってその世界観を楽しんで欲しいって文章のどこに不快な部分があるんだ? お前は毎月生活保護でも受けてるのか〜? 働けない理由でもあるのか? ゲームに消費する時間は無いのに絵を描く時間はあるのか? 友達と交流する時間はあってもゲームする時間は無いのか? それを指摘されたくないならデカいタイトルで堂々とエアプ宣言逆ギレすんなよ 頭の偏差値本当に低そうなイナゴ絵師でござんした。 実況で学べって指摘する人間もマジコンで遊べって言ってるようなものだからな、本来なら金払えって言った方がいい。 ジャンルの空気感味わいたいだけか深く彫り込みたいのかは本人次第だけどな 無知エアプなら煽られても煽られた側の責任 ほんと学級会開くちんまんさん達話通じねえんだから 事件の真相無視で話捏造したちんさんと無駄に話広げたまんさん各位は反省しろ• エアプを良しとしてる人に聞きたいものだ。 好きなキャラが二次創作されて流れてきた時に一人称も性格も何もかも変わった別人として流れてきて見てしまったら多分「誰の事だろう外見はこのキャラだが、言ってることや話し方が違う他人になっている」と感じてしまうと思うんだよね。 それって別に二次創作でやらなくていい案件だと思わない? じゃあこの人が気に入った要素でキャラクターとして作ってやればいいじゃないって思われても仕方ないと思う。 マシュマロが悪いっていう人もいるけど個人的には違うと思う。 マシュマロの人は「原作をもっと知っていればキャラもちゃんと知れて世界観も関係性もしっかりわかって良いと思うよ」としか思っていないのではと感じる。 だとしたら、未プレイと公言する前に二次創作してても「実は未プレイでしたが念願のswich買えました!キバナさんに会えます!」などで報告するなりして活動も出来たはずだろうとしか思えない内容だと思いますね。 言わなくていい事を自分で言ってしまっているというのを自覚した方が良い。 キバユウ自体、罪も無ければ非も無いただの二次創作 そこに突っ込む気は無いが今回の事件、可哀想だなと感じた。 今作のストーリー自体、公式がエアプ対策と言わんばかりに後半辺りで判明するキャラクターのギャップ、新事実や関係性、面白さや人柄を元にファンアートや二次創作のカップリングが発展してる。 なんにも知らないとダンデはキモイオッサンで、キバナは永遠にチャラい男 マリィはツンケンした標準語の女子でネズはヤク中ジムリーダー止まり。 幾らツイッターから流れる情報があっても完全に理解するには正直程遠い、だからこそ二次創作するなら遊んで欲しい。 エアプで創作もいいがエアプであって当然、創作してやってるでは無いのは理解して欲しい。 今回の件そういう人間が多いと見受けた。 エアプ漫画は既プレイ勢ならすぐ分かるってくらいギャップと愛が詰まった剣盾ストーリー、皆もやってくれよな!• 理解できなかっただけでこの事件の本質はエアプ上等のイナゴが自分の立ち位置理解できてなかったってこと 公開範囲を間違えてたってことで本来なら早めに気づくべきで常識足りてなかったんだよ 二次創作は仕事にするまでの踏み台だの剣盾はやらないがファンアートは描くだの 絵描きは状況無視で人を煽る行為に定評がある非常識軍団ですって馬鹿晒しただけ。 絵を描くってそんなに偉いことか? 少なくとも非常識な発言が万人に許されるほど偉くねーよ•

次の