東京 03 怒 られる。 キングちゃん連載その4【東京03】ファンタジーな東京03が見られるのは「キングちゃん」だけ?(ザテレビジョン)

キングちゃん連載その4【東京03】ファンタジーな東京03が見られるのは「キングちゃん」だけ?(ザテレビジョン)

東京 03 怒 られる

2月5日 月 に千鳥がMCを務めるバラエティー番組「NEO決戦バラエティ キングちゃん」が放送される。 WEBサイト「ザテレビジョン」では、番組に独占密着し、収録に挑む出演陣にインタビューを毎週月曜連載中! 第4弾となる今回は東京03・飯塚悟志&角田晃広&豊本明長が登場する。 角田:でもやる分には…自由度が高すぎるというか。 豊本:それに尽きるよね。 怖いっすね。 角田:あれ面白いよね〜! 飯塚:いやいやめちゃくちゃにされるからね、あの企画! 対決の意味がよくわからないし 笑。 そもそもね、ボケとツッコミって協力するものだと今までは思ってたから。 だから対決ってなんだよって。 でもとりあえずいつもどおりやって、やるだけやってみて…。 それで、「負け」って言われるの。 角田&豊本:あっはっは! 飯塚:だから毎回ね、複雑な気持ちなの。 2連敗しちゃってますから、僕。 豊本:勝ちたいねぇ。 飯塚:そう、次は勝ちたい! 勝ち方わかんないけどね 笑。 豊本:すごい企画名ですよね。 飯塚:斜め上からくるもんね。 「ウチらが手出したらウチらが悪くなるから」って完全に育ちが出てるもん。 角田:ね。 実際に言う人初めて見たからね。 豊本:はい 苦笑。 …あの時僕、どうかしてたんですかねぇ。 角田:前回はリアルに舐めてた時期だもんね、お尻をね。 さて、今後の「キングちゃん」に臨む意気込みを…意気込む番組じゃないとは思うんですが。 飯塚: 笑。 頭の中を真っ白にしていかないとね。 角田:意気込み方も分からないからね。 豊本:たぶん意気込むと変な感じになるよね。 飯塚:そうそう。 楽しむしかないんですよ。 本当はみんなが頑張ってるとこ見てたいんだけど 笑。 「キングちゃん」って、ファンタジックだよね、すごく。 角田:たしかに 笑。 ファンタジーだよねぇ。 豊本:めちゃくちゃファンタジー 笑。 飯塚:このご時世にねぇ。 豊本:そうかそうか。 そうだね。 飯塚:でしょ。 ちょっと奮闘する姿を見て欲しいです。 角田:よく日常をベースにコントをやっている3人がファンタジーの世界へ飛び込むとどうなるのかっていうのを見守って欲しいですね。 豊本:レアケースですよね。 楽しんで欲しいですけど…できればやらずに見ていたい 笑。 千鳥、小木博明、黒沢かずこ、狩野英孝、小宮浩信、スーパー・ササダンゴ・マシンが品川庄司のこれまでのイメージを変えるべく、番組収録と称した現場や品川監督の偽のCM収録現場で品川庄司を遠隔操作して操る。 【MC】 千鳥 大悟・ノブ 【アシスタント】 有村藍里 【ゲスト】 小木博明 おぎやはぎ 黒沢かずこ 森三中 狩野英孝 小宮浩信 三四郎 スーパー・ササダンゴ・マシン(ザテレビジョン).

次の

東京都区内で蒸さない地焼き鰻が食べられる鰻専門店 [食べログまとめ]

東京 03 怒 られる

島田紳助の東京03事件が起こったのは2009年の『オールスター感謝祭』の生放送中だ。 生放送中でシルク・ド・ソレイユのショーが行われている時に事件は起こった。 紳助は東京03に対して殴ったのか? 紳助は東京03が座っている上段まで駆け寄り、胸ぐらを掴んだ。 「お前らなめてんのか。 潰してやる!」 と。 紳助が殴ったという情報もあるが、殴ったかどうかの真相は定かではない。 というのも近くにいたスタッフは「殴った」というような証言をしている人もいるし、 「殴ってはいない」と発言するスタッフもいるようだ。 これは紳助が芸能界で大きな権力を持っているために、 紳助に気をつかって自分の保身のために真相を公言することができないからだろう。 なぜ、紳助は東京03にキレたのか? では、どうして紳助は本番中であるのにもかかわらず東京03にキレたのか。 新聞なんかでは• 東京03が本番前に挨拶をしなかった• 東京03は遅れてきたのにカメラの前を素通りした• 東京03はやる気の無い態度が気に入らなかった というような内容が理由だとされている。 なので紳助は「なめてんのか」という気持ちになったと。 あの『オールスター感謝祭』は相当な数の芸能人が出演する。 しかも生放送だ。 あれを時間通りに進行しつつ、 出演者にトークをふっていくのはそう簡単ではない。 そのためには司会者の島田紳助と出演者の関係が非常に重要になってくると紳助は考えている。 つまり、「出演者やスタッフ全員の協力があってこそあの番組が成功する」というようなスタンスで仕事をしているのだ。 にもかかわらず、やる気がなく挨拶もしないような芸人がいたので紳助はそれが気に入らなかったのだろう。 紳助の司会のスタンスが自分中心でなく、出演者を活かしながら番組を面白くしていくというタイプだからこそ出演者に「番組に対してもっと真剣にやれ!」という怒りだと考えられる。 ビートたけしは呆れていた ビートたけしはこの事件について呆れていたようだ。 この現場には紳助の同期のオール巨人はじめ、 先輩芸人や俳優さんなども近くにいたわけだ。 なぜ本番中に怒っている紳助を周りが止めなかったのかとたけしは呆れている。 たけしが「裸の王様」だと表現しているようだが、 実際に紳助を止めることができる人間はなかなかいないかもしれない。 浮き沈みの激しい芸能界でやっていくには長いものには巻かれることも大事なことではある。 だから正義だけではやっていけないという理由で、 紳助に対して反抗したり止めに入ることができるタレントやスタッフはいなかったのかもしれない。 紳助が事件を起こしたのは仕事に対しての真剣さからきているのでは 今の時代はこんな暴力まがいの事件を起こすと「何事だ」というような批判が多いのかもしれない。 しかし、芸能界に限らず一般の社会でも挨拶もせずにやる気の無さそうにして何の協力もしようとしないような人は上から怒鳴られたりしても当たり前だとも思う。 それは仕事に対してそれだけ真剣に取り組んでいる人がいるからだ。 一般社会でもプロジェクトのリーダーは一番仕事に対して真剣に取り組んでいることが多い。 そのリーダーがやる気のない下手に対して喝を入れる行為は不思議なことではない。

次の

異型狭心症

東京 03 怒 られる

司会者の島田紳助さんが生放送の番組で、お笑いトリオ「東京03」に激怒する映像が流れ、大騒動に発展した件で、「東京03」が初めてテレビで真相を明かした。 番組放送前に島田さんに対し「あいさつしなかった」ことが発端なのだという。 問題となった番組は2009年10月3日放送のTBS系特別番組「オールスター感謝祭」。 芸能人や有名人200人がクイズの回答者として集合。 サーカス団・シルクドソレイユが舞台でパフォーマンスを披露していた時、島田さんが尋常ではない様子で「東京03」に詰め寄るシーンが一瞬映された。 当日挨拶していなかったのがきっかけ 「東京03」はその後、うなだれたたままで番組に参加しなかった。 ネットでは何が起こったのか、いぶかる声が盛り上がり、「東京03がクイズで不正を働いたのではないか」「思い上がった態度を取ったのではないか」などといった憶測も交え、大騒動に発展した。 「東京03」がこの騒動の真相を語ったのは、09年11月17日放送の日本テレビ系トークバラエティ「踊る!さんま御殿!! 司会の明石家さんまさんが番組が始まると突然、 「東京03、何でこんな時期に さんま御殿に 出てきたんや、お前らは」 と話題を振った。 「こんな時期」というのは、島田さんとの騒動がまだ収まっていない、ということ。 「東京03」は、 「いいんですか? 騒動について こんなにざっくり話してもらっても」 と応じた。 さんまさんは、あの件は両者とも悪くないことだからざっくり話しても大丈夫だとし、 「お前らは 島田さんに 挨拶したつもりやったんやろ?」 と聞くと、 「人数が多かったんで」 と答えた。 つまり、当日は挨拶していなかった、ということだそうだ。 「皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」 さんまさんは、 「 出演した人数が多かったから 挨拶に行っても失礼かな、と。 紳助は『挨拶に来ていない』ともめて、シルクドソレイユが珍しくミスしたというね」 と説明した。 「東京03」は、 「本当に皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」 と平謝り。 ただ、さんまさんは、紳助さんとの件はお互いの誤解だからしょうがないが、「さんま御殿」の収録前にいきなり自分の元に「東京03」が挨拶に来たのはよろしくないとし、 「じゃまくさいから来ないでほしいくらいなのに、来やがってアホンダラ!」 と「叱責」。 収録しているスタジオは大きな笑いに包まれていた。

次の