ビルゲイツ。 ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズの奇妙な愛憎関係を追う

ビル・ゲイツ氏が語る コロナウイルス終息後に起こる「希望」

ビルゲイツ

フォーブスは6月18日、毎年恒例の「フォーブス400慈善サミット(Forbes 400 Summit on Philanthropy)」を開催した。 世界をリードする慈善活動家やビリオネアが集うこのイベントは招待制で開催され、今年はビル・ゲイツ夫妻が新型コロナウイルスへの対応について話した。 パンデミックが世界を襲う中、ゲイツとメリンダの2人はこの病に対処するワクチンや治療法を探る試みを続けている。 そして、世界の国々に平等にワクチンが行き渡ることを目指している。 これまでポリオやエボラ出血熱など、様々な疫病のへの取り組みを行ってきた2人は今、米国が欧州などの諸国から大きく遅れをとっていることに頭を悩ませている。 「米国は普通であれば、世界が抱える問題を率先して解決しようとする国だった。 つまり、WHOから撤退するのではなく、自ら進んでそこに参加し、他の諸国と連携して物事の解決にあたるのが、この国の姿勢だったのだ。 しかし、現在のアメリカは奇妙な状況にあり、内側にこもっている」と、ゲイツは今年初めてオンライン開催となった9回目のイベントでで話した。 「私たちは様々な国の活動をつないでいきたい。 欧州の国のリーダーらが隙間を埋めようとしているように」と、マイクロソフトの共同創業者はオンラインに集結した200人以上の慈善活動家たちに話し始めた。 「米国の何もしないという態度は、これまでの国際関係を損なうし、人々がこの国に寄せる信頼を揺るがすことになる」とゲイツは述べた。 彼は天然痘やポリオの根絶にWHOが果たした役割にふれつつ、「理性ある行動が、いつか復活するはずだ」と述べた。 そして、米国がこの先、他の国と手を組んで危機に対応していくことを望みたいと話した。 人類がコロナウイルスの危機から脱するのは、人々の大多数が免疫を獲得して以降になる見通しだが、ゲイツは3つのワクチン候補の初期のテスト結果から、将来を楽観できると述べた。 しかし、本当の難題はワクチンを完成させて以降の、製造や流通にあるという。 なぜなら、人類を危機から救うためには、世界人口の80%が集団免疫を獲得することが条件とされ、そのためには最低100億回分のワクチンを用意し、1人が2回摂取する必要があるからだ。

次の

ビル・ゲイツ―巨大ソフトウェア帝国を築いた男

ビルゲイツ

「今では笑い話なんだけど。 Comdex(当時あったコンピュータ関連の展示会)で、PC Weekで一緒に働いていた2人のジャーナリストと一緒に彼にインタビューをしていた。 ジョン・ドッジもそこにいた。 ジョンのインタビューの方法は私とはかなり違う。 彼は私のこれまでの上司の中で最高の上司なんだけど、彼のやり方は相手にけしかけるの。 彼はゲイツを本当に怒らせてしまった。 マーケットの定義は何かというようなバカげた内容だったんだけど、 ゲイツはみるみる怒り出して、立ち上がってトイレに入って、出てこようとしなかった。 彼が『ジョンが謝るまで出てこない』と言ったので、ジョンが扉に向かって『悪かった』って言ったら出てきた。 当時のビル・ゲイツは今とは別人。 彼は子どもが生まれてから本当に変わった。 昔は典型的な、大胆で、いかにも技術者らしい性格だった。 だから、私がこんな昔の話をすると、みんな『あのビル・ゲイツが?本当?』って驚く」 source:.

次の

ビルゲイツ財団が軽井沢に建設中の家が完成!別荘の資産価値は?|yusuke's Free Life Style Design

ビルゲイツ

フォーブスは6月18日、毎年恒例の「フォーブス400慈善サミット(Forbes 400 Summit on Philanthropy)」を開催した。 世界をリードする慈善活動家やビリオネアが集うこのイベントは招待制で開催され、今年はビル・ゲイツ夫妻が新型コロナウイルスへの対応について話した。 パンデミックが世界を襲う中、ゲイツとメリンダの2人はこの病に対処するワクチンや治療法を探る試みを続けている。 そして、世界の国々に平等にワクチンが行き渡ることを目指している。 これまでポリオやエボラ出血熱など、様々な疫病のへの取り組みを行ってきた2人は今、米国が欧州などの諸国から大きく遅れをとっていることに頭を悩ませている。 「米国は普通であれば、世界が抱える問題を率先して解決しようとする国だった。 つまり、WHOから撤退するのではなく、自ら進んでそこに参加し、他の諸国と連携して物事の解決にあたるのが、この国の姿勢だったのだ。 しかし、現在のアメリカは奇妙な状況にあり、内側にこもっている」と、ゲイツは今年初めてオンライン開催となった9回目のイベントでで話した。 「私たちは様々な国の活動をつないでいきたい。 欧州の国のリーダーらが隙間を埋めようとしているように」と、マイクロソフトの共同創業者はオンラインに集結した200人以上の慈善活動家たちに話し始めた。 「米国の何もしないという態度は、これまでの国際関係を損なうし、人々がこの国に寄せる信頼を揺るがすことになる」とゲイツは述べた。 彼は天然痘やポリオの根絶にWHOが果たした役割にふれつつ、「理性ある行動が、いつか復活するはずだ」と述べた。 そして、米国がこの先、他の国と手を組んで危機に対応していくことを望みたいと話した。 人類がコロナウイルスの危機から脱するのは、人々の大多数が免疫を獲得して以降になる見通しだが、ゲイツは3つのワクチン候補の初期のテスト結果から、将来を楽観できると述べた。 しかし、本当の難題はワクチンを完成させて以降の、製造や流通にあるという。 なぜなら、人類を危機から救うためには、世界人口の80%が集団免疫を獲得することが条件とされ、そのためには最低100億回分のワクチンを用意し、1人が2回摂取する必要があるからだ。

次の