ベイル リンクス。 転生炎獣ベイルリンクス 【ワンキルのお供】

墓穴の指名者の特殊裁定【あの効果は無効にならない!?】

ベイル リンクス

サラマングレイトの安定性を向上させた立役者の一人。 一つ目の効果は転生炎獣の聖域のサーチ。 転生リンクにはほぼ必須な聖域を安定してサーチできるようになったのがポイント高し。 二つ目の効果はサラマングレイトカードの破壊身代わり。 ターン1でしか守れないとはいえ、サラマングレイトカードであれば何でも守れるのは優秀。 リンク1である関係上、ウルフやライオをリンク召喚する過程に自然と組み込めるので、墓地にも落としやすいです。 そして何よりも、「レベル4以下のサイバース族1体」という召喚条件の緩さ。 汎用下級サイバース族やサイバース族トークンをデッキに組み込むことが可能になり、更には即座にサラマングレイトモンスターを墓地に送れるので、ガゼルのトリガーにもなり、スピニー、ファルコ、フォクシーといった墓地で活躍する転生炎獣のサポートにもなります。 サポートカードとしてはかなり優秀で、今後の転生炎獣には必須であり続けるカードになると思います。 「転生炎獣」初のリンク1モンスター。 レベル4以下のサイバース族をリンク素材にすることでリンク召喚可能。 「転生炎獣」はBバイソンなどごく一部除いてレベル4以下であるので、簡単にリンク召喚可能。 また、サーチ効果を持った《》をリンク素材にできるため、リンク召喚の難易度は低い。 1 の効果は《》をサーチする効果。 転生リンク召喚を軸にしている【転生炎獣】デッキにおいて、《》をサーチできる効果は非常にありがたい。 2 の効果は身代わり効果。 サーチしてきた《》や、転生リンク召喚したサンライトウルフを守れるため、防御札として十分な強さを持っている。 このため、【転生炎獣】としては《》サーチ&防御札として非常に扱いやすいだろう。 サラマングレイトのリンク1のモンスター。 リンク素材指定は「レベル4以下のサイバース族モンスター1体」と非常に緩く、下級の転生炎獣モンスターを即座に下向きリンク1に変換できます。 意外と見落としやすいのですが、この効果で耐性を与えられるのは、サラマングレイト「カード」なので、既に場にある意志や聖域もサイクロン等の除去から守る事が可能です。 下級サイバースでリンクできるリンク1転生炎獣モンスター。 自身をリンク素材に取らないようにするためか。 リンク召喚すると転生炎獣の聖域をサーチできる効果と、サラマングレイトカードの破壊に墓地から身代わりになれる効果を持っている。 転生炎獣の聖域は転生リンク召喚を軸とする場合、その消耗を抑えるキーカードとなる1枚。 そのためそれを速やかに持ってこれるこのカードは転生リンク召喚を主軸とする転生炎獣にとっては欠かせないものになるだろう。 ヴァイオレットでワンパンしたい場合でもヒートライオの攻撃力変化があったほうが良いとも思われる。 このカード自身も効果はないとはいえ聖域があれば転生リンク召喚は可能なので、それをトリガーとする各種魔法罠の発動を助けてくれる。 さらに身代わり効果でこのカードのあとに出すであろう上位のリンクや差^治してきた聖域を守れるおまけ付き。 転生リンク召喚でぐりぐり遊ぶならばEXに必携か。

次の

マハー・ヴァイロ速報 : 【遊戯王フラゲ】ストラクチャーデッキ

ベイル リンクス

1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。 で登場した・の。 場合にをする、がされる代わりにから自身をできるを持つ。 1 はの。 は、2以上ののを十分に発揮するためにはほぼ不可欠のであるため、それをできる意義は大きい。 後にこのを含めた素材でをすれば、 2 のでから守りつつによるが狙える。 2 はのに対する。 以外も守れるため、 1 でしたを守るのにも使用できる。 ただし以外のには無力なので過信は禁物。 いずれもでは有用なであり、積極的に採用したい。 なお、この自身は、他のが持つを素材とするに関連するを持たず、もである。 とはいえ、 1 ののも含め、1つで『を素材とするを行った』を用意できる。 、などを使用する際には考慮に入れておくべきだろう。 また、の指定が非常に緩く、以外のの併用もしやすくなる。 多くのをできるや、後にそのままできるなどは特に相性が良い。 反対にを採用しない通常のにする運用も考えられ、4以下のをこのに変換する事で、によるのを狙える。 やを採用すればののも可能。 をするため、が存在することが重要になるなどでの採用も考えられる。 ならを失わずを確保でき、1体分の確保とともにを用意できる。 モチーフはだろう。 「Bale」は「不幸」「悲嘆」「俵」など多くの意味がある言葉だが、他のの命名法則から考えるに、かがり火を意味する「Balefire」の略と思われる。 初登場は「vsウィンディ」戦であり、を素材にされる。 1 のでをした後、と共にのとなった。 ウィンディの《 嵐闘機爆流 ストームライダーブラスト 》ので強制的にを行ったがされそうになった際に、自身の 2 のでされを守った。 その後、同じ方法で2体目がされ、と共にのとなる。 次のウィンディのにが《 嵐闘機旗艦 ストームライダーフラッグシップ バハムートボマー 改 カスタム 》にされそうになった時、自身をしてを守った。 アニメでのはだった。

次の

リンクス

ベイル リンクス

dandeです。 12月8日発売予定の-ソウルナーで、《転生炎獣ベイルリンクス》が収録されます。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。 【転生炎獣】待望のリンク1であり、【転生炎獣】デッキの強化に繋がることは間違いないでしょう。 《転生炎獣J》の効果が、さらに使いやすくなりますね。 【ワンキルのお供】 このカードの真価は、【転生炎獣】が手札になくても《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》をできるようになったという点にあります。 具体的な展開ルートは、こちらの記事を参照してください。 《ドットスケーパー》1枚から、すべてが始まります。 上記の記事にあるとおり、《転生炎獣ベイルリンクス》は素材指定が緩く、【サイス族】デッキであれば、リンク召喚できます。 【サイス族】には、自身をSSする効果を持っているカードが多く、サーチ・蘇生も得意なので、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》のに繋げることは容易でしょう。 今後、【転生炎獣】は、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を主軸としたデッキになっていくと思われ、【サイス族】のギミックを取り入れることで、デッキパワーがさらに高まりますね。 【《転生炎獣の聖域》】 《転生炎獣ベイルリンクス》は、《転生炎獣の聖域》をサーチする効果を持っています。 《転生炎獣の聖域》 フィールド魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。 2 :自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。 《転生炎獣の聖域》は、転生リンク召喚のためのキーカードであり、手札消費の多い【転生炎獣】には貴重な存在ですが、初手に2~3枚くると困るという扱いの難しいカードでした。 その扱いづらさが、《転生炎獣ベイルリンクス》の登場で、やや軽減されたと思います。 EXデッキのモンスターで簡単にサーチできるのであれば、1~2枚の採用でも十分機能するからです。 また、新たな展開ルートとして、《転生炎獣フォクシー》の重要性が上がりました。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 自分のデッキの上からカードを3枚めくる。 その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードはデッキに戻す。 2 :このカードが墓地に存在し、フィールドに表側表示の魔法・罠カードが存在する場合、手札から「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。 このカードを墓地からする。 その後、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。 《転生炎獣フォクシー》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》をリンク召喚し、《転生炎獣の聖域》をサーチして発動すれば、《転生炎獣フォクシー》の 2 効果の発動条件が整います。 つまり、《転生炎獣ミーア》+《転生炎獣ファルコ》のコンボと同じ消費数でフィールドに2体の【転生炎獣】を並べられます。 2体の【転生炎獣】が並べば、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》のに繋げられることは、上記の記事のとおりです。 【まとめ】 の登場で期待が膨らむ【転生炎獣】ですが、《転生炎獣ベイルリンクス》は、【転生炎獣】の構築を大きく変えるカードになりました。 これからどんな新規カードが現れるかはわかりませんが、超絶強化がくることを期待して12月を待ちましょう。 ではでは。 dandee.

次の