べいすたーずそくほう。 べいすたーず。2020。

べいすたーず。2020。

べいすたーずそくほう

2020年06月15日 営業再開にあたり、新型コロナウイルス感染症対策として一部ご利用を制限しております。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当面の間 福島県と近隣県(新潟県・山形県・宮城県・栃木県・群馬県・茨城県)以外に お住い[... 2020年06月15日 会津・東山温泉 御宿 東鳳(所在地:福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、2020年6月19日(金)より営業を再開しますのでお知らせします。 営業の再開においては、厚生労働省から公表された「新しい生活様式」および「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」な[... 2020年04月28日 会津・東山温泉 御宿 東鳳 (所在地:福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止による一時休館期間を2020年5月6日(祝・水)までとお知らせしておりましたが、お客さまや従業員の安全を考慮し、当面の間休館しますのでお知らせします。 営業の再開時期について[... 2020年04月25日 平素より御宿東鳳をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 この度、御宿東鳳予約センターは、 お電話による受付時間を4月27日から当面の間、9:00~19:00に変更させていただきます。 ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 2020年04月21日 会津・東山温泉 御宿 東鳳(福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、新型コロナウイルス感染拡大における政府の緊急事態宣言、およびお客さまや従業員の安全を考慮し、本日から2020年5月31日(日)までの間のご宿泊等について、新規ご予約の受け付けを休止させていただきます。 また現在、緊急事態宣[... 2020年06月15日 営業再開にあたり、新型コロナウイルス感染症対策として一部ご利用を制限しております。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当面の間 福島県と近隣県(新潟県・山形県・宮城県・栃木県・群馬県・茨城県)以外に お住い[... 2020年06月15日 会津・東山温泉 御宿 東鳳(所在地:福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、2020年6月19日(金)より営業を再開しますのでお知らせします。 営業の再開においては、厚生労働省から公表された「新しい生活様式」および「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」な[... 2020年04月28日 会津・東山温泉 御宿 東鳳 (所在地:福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止による一時休館期間を2020年5月6日(祝・水)までとお知らせしておりましたが、お客さまや従業員の安全を考慮し、当面の間休館しますのでお知らせします。 営業の再開時期について[... 2020年04月25日 平素より御宿東鳳をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 この度、御宿東鳳予約センターは、 お電話による受付時間を4月27日から当面の間、9:00~19:00に変更させていただきます。 ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 2020年04月21日 会津・東山温泉 御宿 東鳳(福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)は、新型コロナウイルス感染拡大における政府の緊急事態宣言、およびお客さまや従業員の安全を考慮し、本日から2020年5月31日(日)までの間のご宿泊等について、新規ご予約の受け付けを休止させていただきます。 また現在、緊急事態宣[... 2020年04月07日 こんにちは。 会津市街地周辺の桜🌸もいよいよ咲き始めました。 ただ昨日は気温が下がり、会津東山温泉周辺の山々はうっすら雪化粧に。。 新年度がスタートし、私たちスタッフも新たな気持ちで 頑張ろうと思います! 4月1日、当館はタワー館、朱雀亭の客室などの改修が終わり、 リ[... 2020年04月04日 こんにちは。 新入社員のみなさん 入社おめでとうございます!! 4月2日、2020年度入社式がとり行われ、 今年は女性5名の皆様が入社されました🌸 初めに総支配人からのお話に、皆さん真剣に耳を傾けていました。 その[... いつも、ご参加い[... 2020年01月15日 こんにちは。 1月14日の夜、伝統の火祭り「歳の神」が 東山温泉市営駐車場内で行われました。 昨年神棚にお飾りしたしめ飾りやお供え物をお焚き上げして 歳神様を天にお送りし、今年一年の五穀豊穣、無病息災を願うものです。 2020年01月06日 こんにちは。 2020年元日に、御宿東鳳 年頭式が執り行われました。 総支配人からの今年の目標などが発表され、 社員一同新たな気持ちで、新年を迎えました。 去年1年間の振り返りや、これから社員一人一人がやらなければならないことなどを 話さ[... いつも、ご参加い[... 2020年01月01日 こんにちは。 2019年12月27日 こんにちは。 2019年11月16日 こんにちは。 昼間は晴れていても朝と夜は冷えますね😧 体調を崩されたりしていませんか? 風邪などひかないようあたたかくしてお過ごしくださいね。 今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日のお知らせです。 毎年この時期はニュースでも取り上げら[... 2017年12月15日 こんにちは! 12月12日は雪が結構降りましたが現在はだいぶ走り易い状態になっております。 当館では新たなる試みという事で、ご夕食を市内にあるお食事処でお召し上がりいただくプランを販売しております。 ご案内する場所は「福西本店 炭蔵 すみぐら 」さんです。 2017年08月26日 梅雨が明けたというのに、気温が低い!! 雨続き!! 2020年01月15日 こんにちは。 1月14日の夜、伝統の火祭り「歳の神」が 東山温泉市営駐車場内で行われました。 昨年神棚にお飾りしたしめ飾りやお供え物をお焚き上げして 歳神様を天にお送りし、今年一年の五穀豊穣、無病息災を願うものです。 2019年08月06日 こんにちは。 白虎隊十九士や戊辰戦争で亡くなった方々の御霊を 飯盛山、会津さざえ堂周辺のライトアップと鎮魂玉献燈で鎮める「鎮魂祭」。 今年も2日間、下記日程で開催します。 8月23日(金) 15:00~ 白虎隊士、命日慰霊神事(宇賀神堂) [... 2019年05月14日 三ノ倉高原花畑に行って来ました。 菜の花が一面覆い、黄色い絨毯になっていました。 まだまだ緑色の部分があったので1週間早かったかな? 5月16日 木 ~6月4日 火 は『菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑』。 最終日には無料摘み取りも。 お天気良く、一番奥に裏磐梯も確認できました。 2019年03月10日 鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2019」が開催されます。 2013年に始まり、鶴ヶ城での開催は今回5回目。 2019年3月21日 木・祝 、22日 金 、23日 土 の3日間。 1 18:30~ 2 19:15~ 3 20:00~ 4 20:45~の1日4回。 観覧は無料[... 2019年01月14日 去年、1年間我が家の神棚に祀られ、見守りいただいた起上り小法師と風車、年越しに車に付けた注連飾り。 本日東山温泉共同駐車場で執り行われる『会津歳の神』でお焚き上げしていただきます。 歳神様を煙にのせて天にお送りし、今年一年の無病息災、五穀豊穣を祈ります。 この火にあたると一年間風邪をひ[... 2020年01月15日 こんにちは。 1月14日の夜、伝統の火祭り「歳の神」が 東山温泉市営駐車場内で行われました。 昨年神棚にお飾りしたしめ飾りやお供え物をお焚き上げして 歳神様を天にお送りし、今年一年の五穀豊穣、無病息災を願うものです。 2019年05月14日 三ノ倉高原花畑に行って来ました。 菜の花が一面覆い、黄色い絨毯になっていました。 まだまだ緑色の部分があったので1週間早かったかな? 5月16日 木 ~6月4日 火 は『菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑』。 最終日には無料摘み取りも。 お天気良く、一番奥に裏磐梯も確認できました。 2019年05月03日 新しい時代の幕開け。 令和元年5月1日、会津の主な神社、お寺を参拝し 御朱印をいただいてきました。 会津五桜の薄墨桜は、散り始めていて花びらは紅色に。。 今もま[... 2019年05月02日 令和フィーバー盛り上がる中、猪苗代町の『観音寺川』に令和最初のお花見に行って来ました。 連休中という事もあり多くの観光客で賑わっていました。 出店が立ち並び、クレープ食べて、お団子買って。 近くの神社で安泰を祈願して来ました。 平成から令和に改元で、再び『御朱印帳』に脚光が。 2019年04月29日 平成最後のお休みだった先日、柳津の『福満虚空藏尊』に行って来ました。 最後のお花見と思って行ったのですが、落花盛ん。 ほとんど葉桜でした。 雨の中、『撫牛』撫でてきました。 今は猪苗代町の観音寺川の桜が見頃のようです。 いつものウエザーニュースによると27日から満開で。

次の

天鳳

べいすたーずそくほう

昨年12月31日ぶりのブログ更新。 あけましておめでとうございます() さて、今回は横浜の2020年の展望を語っていこうと思う。 いつ開幕するかも定かでない中だが、暇つぶし程度に見てもらえたら嬉しい。 この話題はファンなら嫌というほど耳にしたのでは。 埋まるor埋まらないという単純すぎる2択問題にあえて答えるなら、埋まる。 そう答える、答えたくなる要因としてまず今年話題の新戦力・オースティンの存在が挙げられる。 オープン戦ではホームラン王を獲得。 トレンドである高速変化球(スラットスプリット型投球など)には強くないが、ストレートへの反応は非常に良い。 打率はともかく、数はそこそこ見込めると言っていいだろう。 ストレートに強いがゆえ1番打者の走力を生かす2番という使い方もある。 さらに近年出場機会を失いつつある梶谷、桑原らの底上げがあればにない守備力、機動力の上昇が見込める。 シーズン前特有の感もなくはないが、野手は十分戦力があるのではないだろうか。 ただ懸念として、がいなくなった影響が精神面に現れる可能性は否定できない。 チームへの影響力を考えると在籍年数も長くチームリーダー的な立ち位置に元からあるロペスは状態が悪くとも外しにくいとなるかもしれない。 それに加え主軸のソト、新加入のオースティンも計算して外国人野手が3人一軍に常時いるとなると投手に外国人枠が割きにくくなるなどの影響が出る可能性はある。 の代わりが佐野に務まるのか!という声も多く聞いた。 しかし佐野はあくまで"4番目の打者"。 佐野に加えオースティン、ソト、ロペス、宮﨑で中軸となる2-6番を組むことになるが佐野以外が全員右打者で、比較的走力のあるオースティンと絶対的打者ソトを前に出し5人の真ん中を佐野が打つというだけで、今すぐ佐野に40発とかを求めていくわけではないだろう。 佐野はパワーヒッターと思われがちだが本質的にはコンタクトにも非凡な才能があり打率とを両立する選手になりうる。 代打で培った勝負強さも兼ね備えている。 前後に長距離砲がいるの4番というポジションは長打を意識しすぎないで済み、チャンスも多く回ってくるという彼の能力を引き出すのに最適なポジションだろう。 打率3割、も非常に良くHRも20本程度稼いだ2014年のあたりが成績の目標になるだろうか。 シーズン終盤や短期決戦に求められるチャンスに強いアベレージヒッターの少なさだ。 昨年日本一になった、世界一になったがどちらも秋にアベレージ型の選手の起用を増やし勝ち抜いた話は以前コラムでもさせてもらったが、にはそういった起用に対応する選手があまり多くない。 2017年に獲得、アベレージの高かった宮﨑も加齢に伴い打率は低下傾向。 より起用がタイトになり相手投手のレベルも上がる中で結果を残せるアベレージヒッターは、是非揃えておきたいところだ。 トレードなどでの補強も考えられるが、自前でこういった選手を秋までに完成させたいと思えば候補は3年目の楠本泰史。 昨年はオープン戦も獲得したが、シーズンでは安定しなかった。 春から2番に入り、対応力を求められたのも難しかったのかもしれない。 まずはコンタクトと思い切りを生かし、1番などで使ってみても面白い。 この楠本が遅くとも今季後半までに一軍で通用する力をつけて出てくると秋にもいい打線が組めるのではないだろうか。 頭数としては決して悪くない。 その中でも注目したい選手がふたりいる。 1人目は井納翔一。 今年が8年目になるが、依然として実力あるスターター。 ストレートも150キロ近くあり、フォークも良い。 スライダーの軌道が4,5回あたりから少しずつ膨らんでしまい消化できるイニング数が減少してきてはいるが、ゲームメイクは未だに上手い。 彼がしっかりローテーションに入るようなアピールをしてくれるとチームも安心だろう。 2人目は櫻井周斗。 、、スライダー、カーブ、チェンジアップと豊富な球種で勝負するトッププロスペクト。 春の段階では球速、制球共に昨年夏一軍で見た時よりもやや下がっており開幕ローテーションという点では疑問だが、彼がローテーションに入ってくるほど成長してくれるとチームの成績を押し上げる要因になるのでは。 ハマった時の爆発力は凄く、ラミレス監督が多くチャンスを与えるのも納得だ。 実は、櫻井投手にはをフォローしていただいている。 俯瞰での意見も大事にしたいからだそうだ。 自分なんかのツイートからでもヒントを得ようとするその姿勢には驚いた。 何とか成功して欲しいと願っている。 実績のあったパットン、三上、砂田、田中らが怪我、不調、自爆などで計算が立たず途中補強のソリスもコンディション不良でさっぱり、と三嶋がフル回転することになった。 この2人はビハインドゲームなど特別必要のない展開でも投げさせてしまうケースも見られ疲弊し、CSでは揃って打ち込まれてしまった。 このにも新戦力の台頭が待たれる。 期待したい若手はオープン戦セーブ王、齋藤俊介。 150キロ近いストレートにスラットスプリット型投球という、現代野球らしいスペックを搭載した投手だ。 昨年で活躍した森原あたりが齋藤の完成系としてイメージしやすいか。 ストレートの質はやや課題を感じるが、素質はかなりのものだろう。 さらに既存のリリーバーの中で、三上朋也は期待したい選手だ。 在籍年数が長い三上は、リーダー的な存在であると聞く。 若いチームなだけにそういった存在は貴重だろう。 昨年は怪我もあり十分に投げられなかったが、今季は春から球速も戻りつつある。 クローザーも経験した強心臓な投手で、ピンチでの登板なども期待できるはずだ。 同じ先発の今永が復活、ルーキー上茶谷が活躍するなどもちろんプラスになったことも多くあるが投手采配・運用という面では不安も見られた。 今年はリリーフ出身、コーチ歴も長く選手を熟知する木塚コーチがベンチに入る模様だ。 チームの順位に大きく影響を及ぼすこの投手チーフコーチというポジションでの木塚コーチの手腕に注目したい。 もちろん好成績であるが、そろそろ突き抜けたいところ。 2016-2017年の運用力、また昨年の開幕戦やCS初戦のオーダーなどを見ても投打共にバランス良く人が揃えばそれをしっかり並べる、運用する能力はある監督だと見ている。 2Bソト、3B、今年ならオースティンの2番など斬新なアも織り交ぜつつ正しい投手運用・野手配置でシーズンを戦ってほしい。

次の

SOX法(そっくすほう)とは

べいすたーずそくほう

インタビュイーの東進ハイスクールスタッフカード。 生徒として通った年月を合わせると東進歴は5年に及び、現場の実情に詳しい。 時給1千円程度の大学生バイトに対し、営業から生徒の指導、親との3者面談まで正社員と同様の仕事をやらせ、年70~100万円もの高額受講料をとる「東進ハイスクール」運営のナガセ。 その成果は惨憺たるもので、映像授業にそれだけ払っても、第一志望校に合格する生徒が1割に満たない校舎が普通にあるという。 今春には、売りにしていた看板講師陣とのトラブルなどで8名の講師が競合他社に一斉流出し、映像授業の質も低下。 ますます東進を選ぶ理由はなくなった。 担任助手、そして担任として、今春まで3年間にわたり勤務した元スタッフが、「自分に子供がいても、東進には入れません」と断言する理由を、自身の現場経験をもとに詳しく語った。 僕が身近な人に東進を勧めない理由は、まとめると7つあります。 なお、による映像授業の質の低下は、僕が辞めた今春以降の話ですので、それを加えると8つになります。 僕が現場の経験ベースでお話しできる7つについて、以下、順番に説明します。 画面を通しての関係となる。 担任:社員1人、学生バイト2人(シニアの担任助手が兼任)。 月1の生徒面談で学習カリキュラム作成・修正。 担任助手:学生バイト6人(うち3人は「募集リーダー」「教務リーダー」「人材リーダー」)。 1人で生徒10名程度を担当し、週1のグループミーティングで学習の進捗指導をする。 ホームルーム:月1~2か月に1回程度、大部屋に生徒を集め、社員または担任助手が全体スケジュールや季節の講習などイベントごとを、まとめて伝達。 グループミーティング:週1で約30分、担任助手が、生徒5人ほどとグループ面談。 学習の進捗確認、連絡事項、模試申し込みの受付など。 第一志望合格率は、僕がいた校舎では今春、1ケタ%、つまり1割に満たない数字でした。 これは、生徒に受験する大学をすべて登録させて志望順位もつけさせる仕組み(社内では『合格設計図作成システム』『サポートシステム』と呼ぶ)なので、間違いないデータです。 第一志望合格率の低さが、東進の一番イタいところだと思います。 僕は、働き手として3年在籍するなかで、約30校舎に担任助手の友達がいて他校舎の話も聞いていますが、これは特異な例ではなく、感覚的に言って、全体でも10%台、高めな校舎で、せいぜい2割弱です。 業界一の高い受講料を考えると、費用対効果が悪すぎます。 本来、大学受験予備校なのだから、社内でも、第一志望の合格率を上げるよう競うべきだと思いますが、社内では、「売上」と、その元になる「在籍人数」ばかりを日々、追いかけています。 つまり、教育事業のわりに、生徒本位ではなく、カネ儲け主義ということです。 たとえばナガセは、東進ハイスクールの担任助手向けの全体研修会を年3回やっていて(春夏秋)、毎回1000人以上が「ベルサーチ新宿」に集まって成績のよい校舎を表彰していますが、そこで「第一志望合格率」によって校舎の順位が発表されたり、合格率の高い校舎が表彰対象になることはありません。 公開授業の動員数やポスティングの枚数など、営業を頑張った校舎を中心に表彰されます。 「向上得点」という、主に講座を修了することで上がる指標がありますが、これもたくさん講座を買わせれば上がるので、売上に連動します。 社内で設定した得点がいくら上がっても、志望校に受からなければ生徒にとっては意味がないんです。 生徒は第一志望の大学に合格するために来ているのですから、本来、合格実績をどれだけ出したか、を最優先に表彰すべきですが、僕が5年ほど見てきた限りでは、結局、売上第一主義で、生徒の合格は二の次なのだ、と感じています。 2 東大合格者数も誇大広告「目の前で1人も見たことない」 第一志望合格率は、低すぎて公表できないのが実情だと感じていますが、それを補てんするためのPRツールが、「742人東大合格」という宣伝文句です。 どの校舎にも貼り出していますが、実際には東進ハイスクールや東進衛星予備校の一般校舎に在籍していない人、つまり「東大特進コース」という特殊な短期講座(全国3~4校舎だけで開講)に、特待生で受講料を払わず在籍だけした人を多数含んでおり、一般校舎(全国に直営とFCで計1100校舎ほどもある)の実態を表していません。 東進ハイスクールの校舎で東大受験について聞かれたら、「本社の東大特進コース担当者にでも聞いてみて下さい」と言うしかありませんでした。 校舎では指導できませんし、何も情報がないからです。 実際、東大合格者なんて目の前で1人も見たことがありません。 742人とか言われても、「ホントなの?」「絶対700人もいないはずなんだよな」っていうのが、ほとんどの担任助手の感想だと思います。 「東大特進コース」は、ナガセが社内で決めている高校ランクが「Sランク」「Aランク」(東大合格者をたくさん出している等で決まる)など上位で、かつ、その高校内の学年順位が上位だと、講座が無料になります。 あとは、東進だけでなく、駿台・河合の模試で東大の合格判定が高いと、無料になります。 (例:志望校が東大で、駿台・河合の指定模試A判定=4講座が無料、など) これが、ナガセ社内で決めている「Sランク」の高校51校。 東大京大合格者数などで決めているらしい。 高校内の同学年順位なども加味して、東大特進コースへの優待度合が決まる。 巣鴨高校など4校が最近、Sに格上げされたことがわかる。 その他塾(駿台・河合など)在籍者は、東進で学力を伸ばして東大に受かっているわけでは、決してない。 つまり、誇大広告です。 実際、僕が在籍していた直営の東進ハイスクール校舎では今春、東大合格者ゼロでした.

次の