政経 ワロス。 [B!] 【在日発狂】山本一太、金慶珠はじめ韓国人論客を3人をまとめてフルボッコ論破→「合意を反故にして批判されたら『そっちが加害者だろう!』ってアホですか?」www : 政経ワロスまとめニュース♪

[B!] ユニクロ会長「韓国の反日感情を理解する!日本が韓国を敵対視するのはおかしい!本屋で“日本が最高”という本を見かける度に気分が悪くなる!」www : 政経ワロスまとめニュース♪

政経 ワロス

TBSの情報ワイド番組「ひるおび」に度々出演している、 時事通信社・田崎史郎氏の発言がネットで話題になっているようです。 田崎史郎氏と司会の恵俊彰とのやりとりは以下の通り、 恵「岸田さんが政調会長というニュースが入ってまいりました。 」 田崎「はい」 恵「田崎さんの言った通りになりましたね。 」 田崎「はい。 あの、岸田さんが外務大臣を留任せず党三役に起用されると言うことは1か月ほど前から決まっていたんです。 」 恵「1ヶ月前から?」 田崎「ええ。 安倍総理と岸田さんの間で連絡を交わしたと言う話を以前話したと思うんですが、その中で三役で徴用するという話は出来てたんです。 」 恵「そうですよね」 田崎「で、それが総務会長か政調会長か分からない状況だったんだけれども、それが政調会長になったと言うことで、これによって安倍総理と岸田さんとの一体感、連携は更に強化されるだろうと 思います。 総務会長になるよりも」 恵「田崎さん、田崎さんのことは信じてますよ? でもね、田崎さんからその話を伺った後も新聞各社は今日まで閣内に残ると書いている記事もありました。 」 田崎「はい」 恵「だからギリギリまでって言うようにも感じてたんですけども、1ヶ月前から決まってたんですか?」 田崎「僕の取材では決まってました」 恵「へー」 このやり取りにネット上では、 「ろくに取材もしないで、妄想ばかり言う得体の知れない肩書の某政治アナリストとの格の違い」 と恐らく伊藤惇夫氏の事を揶揄している様でした。 確かに、常に具体的な根拠も示さずに印象操作を繰り返す伊藤惇夫氏には同番組内で八代弁護士にも苦言を呈されていたばかりです。

次の

[B!] ユニクロ会長「韓国の反日感情を理解する!日本が韓国を敵対視するのはおかしい!本屋で“日本が最高”という本を見かける度に気分が悪くなる!」www : 政経ワロスまとめニュース♪

政経 ワロス

TBSの情報ワイド番組「ひるおび」に度々出演している、 時事通信社・田崎史郎氏の発言がネットで話題になっているようです。 田崎史郎氏と司会の恵俊彰とのやりとりは以下の通り、 恵「岸田さんが政調会長というニュースが入ってまいりました。 」 田崎「はい」 恵「田崎さんの言った通りになりましたね。 」 田崎「はい。 あの、岸田さんが外務大臣を留任せず党三役に起用されると言うことは1か月ほど前から決まっていたんです。 」 恵「1ヶ月前から?」 田崎「ええ。 安倍総理と岸田さんの間で連絡を交わしたと言う話を以前話したと思うんですが、その中で三役で徴用するという話は出来てたんです。 」 恵「そうですよね」 田崎「で、それが総務会長か政調会長か分からない状況だったんだけれども、それが政調会長になったと言うことで、これによって安倍総理と岸田さんとの一体感、連携は更に強化されるだろうと 思います。 総務会長になるよりも」 恵「田崎さん、田崎さんのことは信じてますよ? でもね、田崎さんからその話を伺った後も新聞各社は今日まで閣内に残ると書いている記事もありました。 」 田崎「はい」 恵「だからギリギリまでって言うようにも感じてたんですけども、1ヶ月前から決まってたんですか?」 田崎「僕の取材では決まってました」 恵「へー」 このやり取りにネット上では、 「ろくに取材もしないで、妄想ばかり言う得体の知れない肩書の某政治アナリストとの格の違い」 と恐らく伊藤惇夫氏の事を揶揄している様でした。 確かに、常に具体的な根拠も示さずに印象操作を繰り返す伊藤惇夫氏には同番組内で八代弁護士にも苦言を呈されていたばかりです。

次の

政経ワロス動画ch

政経 ワロス

TBSの情報ワイド番組「ひるおび」に度々出演している、 時事通信社・田崎史郎氏の発言がネットで話題になっているようです。 田崎史郎氏と司会の恵俊彰とのやりとりは以下の通り、 恵「岸田さんが政調会長というニュースが入ってまいりました。 」 田崎「はい」 恵「田崎さんの言った通りになりましたね。 」 田崎「はい。 あの、岸田さんが外務大臣を留任せず党三役に起用されると言うことは1か月ほど前から決まっていたんです。 」 恵「1ヶ月前から?」 田崎「ええ。 安倍総理と岸田さんの間で連絡を交わしたと言う話を以前話したと思うんですが、その中で三役で徴用するという話は出来てたんです。 」 恵「そうですよね」 田崎「で、それが総務会長か政調会長か分からない状況だったんだけれども、それが政調会長になったと言うことで、これによって安倍総理と岸田さんとの一体感、連携は更に強化されるだろうと 思います。 総務会長になるよりも」 恵「田崎さん、田崎さんのことは信じてますよ? でもね、田崎さんからその話を伺った後も新聞各社は今日まで閣内に残ると書いている記事もありました。 」 田崎「はい」 恵「だからギリギリまでって言うようにも感じてたんですけども、1ヶ月前から決まってたんですか?」 田崎「僕の取材では決まってました」 恵「へー」 このやり取りにネット上では、 「ろくに取材もしないで、妄想ばかり言う得体の知れない肩書の某政治アナリストとの格の違い」 と恐らく伊藤惇夫氏の事を揶揄している様でした。 確かに、常に具体的な根拠も示さずに印象操作を繰り返す伊藤惇夫氏には同番組内で八代弁護士にも苦言を呈されていたばかりです。

次の