君の膵臓をたべたい 意味。 【君の膵臓をたべたい】タイトルの意味は?実は「僕」の誉め言葉だった

【辛口感想】映画「君の膵臓をたべたい」名前が重要な鍵であることに気づけない

君の膵臓をたべたい 意味

『君の膵臓 すいぞう をたべたい』 タイトルを見て「ええっ!?」と思ってる人も多いはず。 私がこの小説を会社の友だちに勧めた時、まさにそういう反応でした。 なんだかグロい内容の、ホラー小説をイメージするらしいのです。 実際、単行本を手にするか、チラとでも見た人なら、そんなふうには考えないんですけど…… 満開の桜をバックに、高校生の男女が、春霞の中に少し距離をおいて立っている、そんなフンワリしたアニメ風表紙絵が描かれているのですよ。 「まさか、青春小説とは……」 タイトルからは予測不可能な『君の膵臓をたべたい』、の感想を思いつくまま書いてゆきたいと思います。 僕は【秘密を知ってるクラスメイト】くん 山内桜良と僕は高校のクラスメイト。 彼女は居るだけでクラスが明るくなるような元気キャラ、しかも可愛い。 今までも、これからも「僕」たちに 接点はないはずでした。 しかし、ある時病院で出会い、桜良の日記を偶然見てしまったことから、彼女が膵臓の病気であること、長く生きられないことを知るのです。 彼女にとって僕は【秘密を知っている】クラスメイトくん、という特別な存在になります。 その日から、2人は急接近! なんて言うと、よくある恋愛モノなんかと勘違いされそうですが、2人のあいだに「愛」や「恋」が芽生えるか……というと、少し違うのですね。 あくまで【仲良し】くん。 平気で病気のジョークが言える相手です。 限りある命を、精一杯やりたいことをやって生きようとする桜良と、行動的になれず、他人に興味もない「僕」との共通点は皆無です。 共に図書委員をしているだけ。 彼女は本を読まないタイプなのに、僕と話をしたいために立候補したみたい。 そういえば、「わたしたちって方向性があわないね!」っていうのが唯一、2人の共通認識(笑) あれっ、すでに2人の波長が少しずつ合いだしているような…… 名前がいつも伏せ字、「僕」の名前は? 「僕」の名前は、最後の最後まで明かされません。 【地味なクラスメイト】くん、 【ひどいクラスメイト】くん、または 【許せない相手】という呼び名でお話は進みます。 ちなみに【許せない相手】というのは、桜良の「親友」から見た「僕」のことです。 【地味なクラスメイト】が桜良をつけまわしていると噂がたって、「親友」は心配なのですね。 そして、「なぜこんな冴えないヤツと仲良くする?」とばかりに、敵対視するのです。 「僕」は名字も下の名前も、有名な作家であるらしいのですが…… 「夏目由紀夫??」なんてことはありませんでしたが、読書中、いろいろ組み合わせて遊んでしまいました。 「僕」は、接する相手によって外部から与えられた名前で登場します。 主人公であるにも関わらず…… (どんだけ影うすいんだ) 実は、カッコイイ名前なんですよ! 生まれてから、たくさんの選択の結果、君と出会った 僕は桜良になかば強引に連れられて、焼肉を食べに行ったり、旅行に行ったり。 桜良の言葉を聞き流しているふりをしながら、実際はこころが浮き立つような楽しい日々を送るのです。 他人にまったく興味を持てなかった「僕」が、人との関わりについて考え出すのも彼女の影響。 桜良はこんなことを言います。 『きっと誰かと心を通わせること。 そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ』 『私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの』 (本文より引用) 関わる相手だって、偶然に出会うわけじゃなく、自分がたくさんの選択をした結果なのだと「僕」が教わった瞬間です。 命の期限がある桜良の発言だからこその、重み。 圧倒されます。 「僕」が変わったとしたら、それも、変わるという選択を僕がしたから。 桜良の言葉に、心が揺さぶられます。 流れにまかせて生きちゃってるよ~。 選択するって大切なのに、私ってどうよ、と反省してしまいました。 (これ、私) 彼女という小説の最後の1ページ 余命宣告の日より早く、桜良を死がおそいます。 ネタバレしすぎるのも何なので、奥歯にもののはさまったような物言いをします。 それは「予期せぬ死」でした。 「僕」はこう考えます。 限りある生命を生きる桜良には、必ず1年という月日が約束されていると思っていた。 彼女が僕を、どう思っていたか、聞けずに終わってしまった。 彼女と僕の小説は、残り数ページを白紙のまま残して終わってしまった……と。 ものすごい後悔。 これから、彼女という小説の残りのページを一緒に埋めようと、楽しみにしていた矢先の出来事だったから…… 2人がものすごく、良い関係になりはじめていたので、衝撃です。 呆然といったほうが正しいかも知れません、ポカンです。 しかし、ここではまだ涙は保留。 「僕」ですら、悲しみを感じる余裕がないのですから。 「君の膵臓をたべたい」の意味 彼女は僕のメールを見ただろうか 桜良は「僕」との待ち合わせの場所に急いでいる最中に、亡くなります。 その日、「僕」は彼女に、思いのたけをぶつけた1通のメールを送っていました。 その文面が『君の膵臓をたべたい』。 膵臓の病気という事実を共有していた2人にだけ伝わる、ジョーク。 ただのジョークではなく、この言葉は「本当に君のようになりたいんだよ」と言う最大の賛辞が含まれています。 相手の魅力をまるごと飲み込みたい、というメッセージが『君の膵臓をたべたい』なのです。 メールを彼女が見たかどうか、伝わっていたかどうか、「僕」は知りたいと考えます。 (良かった。 やっと行動を起こした) すなおに感情を伝えた1通のメール、変われた「僕」が心の底からつづったメール。 伝わってなかったらどうしよう……もう、せつなさマックスです!! そして、どこか醒めたクールガイを気取っていた「僕」が最後に、たまらず見せた涙。 感情の爆発する瞬間です。 ここで、あふれる涙を止めることはできません。 涙を思う存分、ダ~と解放しちゃってください。 『君の膵臓をたべたい』 これは「言霊」です。 まとめ 『君の膵臓を食べたい』は、さんざん泣いて、そしてすがすがしくなるお話。 桜良の死後、「僕」は本当に変わりたいと思って、苦手な人づきあいを 少しずつ克服しようとしています。 彼女の親友と仲良くなることも、その使命のひとつ。 桜良を介して、つながれた新たな友情もしっかり心に響きます。 不器用に、人と関わりはじめた「僕」がいとおしいです。 抱きしめたいです。 タイトルは、予想を裏切ります。 生きる希望、先に進む勇気が持てる小説です。 映画「君の膵臓をたべたい」を無料で視聴する方法 映画「君の膵臓をたべたい」はU-NEXTで配信されています。 2,3分程度でサクッと登録できますし、現在 31日間の無料お試しキャンペーン中です。 君の膵臓をたべたいのフル動画は、U-NEXTの月額料金の他に500円 税抜 が別途かかります。 しかし、U-NEXTの登録特典として600ポイントがプレゼントされるので、 完全に無料で視聴することができるのでおすすめです。 U-NEXTで『君の膵臓をたべたい』を視聴する方法は簡単3ステップです。 ステップ1:以下のリンクをタップする。 必要事項は2,3分程度で登録完了します! 登録した瞬間から即31日間の無料トライアルが開始です! 【重要情報の入力について】 U-NEXTの新規登録には、パスワード、クレジットカード情報が必要になります。 もし、それら重要情報を入力することで、情報がハッキングされないか不信感がある方もいるかもしれません。 ネット通信においてデータが盗み取られるリスクがあるのは事実です。 ただ、当サイトとU-NEXTは、共に「SSL」という暗号化通信によって保護された通信を常時行っています。 クレカを入力することに抵抗がある方でも、当サイトからであれば安心して登録することができます。 【イチオシ】電子書籍ストアおすすめランキング! 小説やマンガを読むなら電子書籍が手軽で便利です。 当サイトイチオシの以下の電子書籍ストアを是非チェックしてみてください! 取り扱い書籍が豊富なので、お目当ての本がきっと見つかると思います。 第1位. eBookJapan 無料漫画だけでなんと9,000タイトル以上!廃版になった名作など、他の電子書籍ストアにはないタイトルもあり、漫画の取り扱い数は 業界No. 1! なんと購入額の 50%のポイント還元でお得 第2位. BookLive! (ブックライブ) 漫画・和書の取り扱いが多いのが特徴。 9,000冊以上の書籍を無料で立ち読みできます。 honto(ホント) 書店、通販、電子書籍のハイブリット総合書店。 コミックから雑誌まで幅広い書籍を取り扱っている。 共通hontoポイントは、提携書店である丸善、ジュンク堂、文教堂でも利用可能。

次の

「君の膵臓をたべたい」を読んだ正直な感想

君の膵臓をたべたい 意味

製作年:2017年• 製作国:日本• 上映時間:115分• 公開日:2017年7月28日(日本)• 監督:月川翔 (「君と100回目の恋」「となりの怪物くん」「センセイ君主」)• 脚本:吉田智子 (「アオハライド」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「わろてんか」)• 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』• 音楽: 松谷卓、伊藤ゴロー (追加編曲)• 主題歌:Mr. Children「himawari」 キャスト 過去 山内桜良……浜辺美波 僕……北村匠海 滝本恭子……大友花恋 ガム君……矢本悠馬 隆弘……桜田通 現在 志賀春樹……小栗旬 栗山……森下大地 滝本恭子……北川景子 宮田一晴……上地雄輔 あらすじ 高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに、母校の教師となった〈僕〉(小栗旬)。 膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、〈僕〉(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。 (公式サイトより) 感想 主人公は、地味で根暗な図書委員の〈僕〉。 〈僕〉は偶然、クラスの人気者・桜良が膵臓の病気で余命幾ばくもないことを知る。 自由奔放な彼女に振り回され、共に時間を過ごすうちに、互いに大切な存在となっていく2人。 けれど、彼女はある日突然、思いがけない形でこの世を去ってしまう。 はっきり言って、ストーリーは既視感満載です。 多くの人が思い浮かべたように、わたしもすぐに「世界の中心で、愛をさけぶ」や「四月は君の嘘」が頭をよぎりました。 結末が予想できることもあって、前半の1時間 (主人公とヒロインが距離を縮めていく部分)は、かなり退屈でした。 いや、わたしが恋愛モノ苦手というのもあるんですけどね……。 後半は動きがあるものの、やはりお約束の展開で、これといった驚きがないまま幕を閉じました。 (公式サイトより) うーーん。 ヒロインが思わせぶりな態度をとっていたので、最後に「あっ」と驚く展開が待っているのだろう、感動でむせび泣く結末が待っているのだろう、とすごく期待していたのですが……。 本当に予想どおりの結末でした (ヒロインの死因は予想外だったけど)。 映画としては、決して駄作ではなかったです。 浜辺美波さんも北村匠海さんも、とてもよかったです。 12年後の2人を演じた小栗旬さんと北川景子さんも、過去とのシンクロ率が高かった。 だからこそ、何かが腑に落ちないというか、引っかかるんですよねー。 で、原作はどうなのか気になってしまい、少し調べてみました。 それで、ようやく引っかかりの理由がわかりました。 名前です。 教師になった〈僕〉は、図書館で桜良が残した手紙を見つけ、そこで初めて桜良の気持ちを知ることになります。 手紙 (遺書)の中で桜良は、はじめて「春樹」と〈僕〉の名前を呼び、「どうして私を名前で呼んでくれなかったの?」と訊くのです。 映画の中で、ヒロインの桜良はずっと〈僕〉のことを名前で呼びませんでした。 「地味なクラスメイトくん」 「仲良しくん」 自分だって春樹のことを名前で呼ばなかったくせに、なぜいきなりそんなことを言うんだろう? なんかね、名前を持ちだしたことが、すごく唐突に感じたんですよね。 わたしは、ここに重要な意味が隠されていることに、全く気づけませんでした。 原作の【文字による仕掛け】は映像化できない 実は、原作では、実際に桜良が「地味なクラスメイトくん」と呼んでいるワケではないらしいのです。 桜良は実際には名前を呼んでいるけれども、主人公はそれを脳内変換して【地味なクラスメイトくん】というふうに受け取っている、ということらしいのですね。 原作では、ラストまで主人公〈僕〉の名前を隠し続けます。 実はこの名前こそが、物語の途中で仕掛けられた様々な伏線を解く重要な鍵となって、ラストに生きてきます。 〈僕〉の名前は「志賀春樹」。 春の樹は「桜」。 主人公とヒロインが同じ (気持ち)だったことに気づきます。 桜 (良)が春 (樹)を必要としていたこと、この出会いを待っていたことに気づきます。 でも、これは文字を使用する小説だからこそできる仕掛けであって、映像ではできません。 だから映画ではストレートに桜良が「地味なクラスメイトくん」と呼んでいることになっているし、主人公〈僕〉の名前も最初のほうであっさりバラしてしまっています。 「桜良」「春樹」という2人の名前に仕掛けられた、この物語の最大の伏線が、映画ではものすっごく中途半端な形になってるんですね。 わたしが感じた引っかかりは、まさにその違和感でした。 映画で仕掛けた新たな伏線 その代わり、映画では新たな伏線を仕掛けていました。 入院が長引くとわかり、桜良が不安のあまり春樹に電話してしまうシーン。 「桜はね、散ったふりして咲き続けてるんだって。 散ったように見せかけて、実はすぐ次の芽をつけて眠ってる。 散ってなんかいないの。 みんなを驚かせようと隠れてるだけ。 そしてあったかい季節になったら、また一気に花開くの」 この言葉のとおり、桜良はこの世を去って12年も経ってから、春樹を驚かせることになるのです。 あらかじめ図書館に隠しておいた手紙 (遺書)で。 春樹の12年後を描いたストーリーは、映画オリジナルです。 原作には、春樹が手紙を見つけるシーンはないそうです (桜良の気持ちはすべて「共病文庫」と名付けられた日記に記されていました)。 そしてもうひとつは「ガム君」。 春樹は人間関係を否定しているので、クラスメイトの名前を覚えていません。 後半になるにつれ徐々に親しくなるクラスメイト (通称ガム君)の名前も知りません。 それは桜良を失った12年後も変わっておらず、桜良の親友・恭子から結婚式の招待状を受け取っても、恭子の結婚相手「宮田一晴」が誰なのか全く気づかない。 そしてラストでようやく、彼が〈ガム君〉であることに気づきます。 春樹が桜良から名前で呼ばれること。 春樹がガム君の名前を知ること。 いずれも、春樹がようやく他人と繋がったことを意味しているのでしょう。 タイトルの意味 この作品のタイトル「君の膵臓をたべたい」には、複数の意味があります。 ひとつは、冒頭で桜良が語った、病気が治るという言い伝え。 「昔の人は、どこか悪いところがあると、ほかの動物のその部分を食べたんだって」 もうひとつは、福岡旅行中に桜良が春樹に語った「生きたい」という願い。 「人に食べてもらうとね、魂がその人の中で生き続けるんだって」 そして最後は、桜良が手紙の中で打ち明けた春樹への「憧れ」。 「私ね、春樹になりたい。 春樹の中で生き続けたい」 とても印象深いタイトルではあるけれど、ストーリーが平凡だっただけに、わたしにはあざとさ (狙ってる感)のほうが強く伝わってきて、あまり素敵なタイトルとは思えませんでした。 桜良が患っている膵臓の病気も、リアリティなかったですし。 あと、いい年をした大人の男性が、結婚式当日に新婦に向かって「友達になってください」は引く。 しかも新郎の前で。 これは泣けない。 やっぱりヒネクレてるのかなぁ、わたし。

次の

「君の膵臓をたべたい」は、誰かと一緒にいられることの大切さがわかる感動アニメ!

君の膵臓をたべたい 意味

「僕」とヒロインだけが知っている、二人だけの秘密とは? この物語の主人公・「僕」は他人に興味がなく、いつも一人でいる内向的な男の子です。 ある日「僕」は病院の待合室で、「共病文庫」という本を拾います。 その本の持ち主は同じ学校のクラスメイトである、ヒロインの山内桜良(さくら)でした。 その本には桜良が膵臓の病気を患っており、余命宣告もされていることが記されていました。 ひょんなことから桜良の重大な秘密をしってしまった「僕」は、その後桜良と一緒に行動することになります。 学校が終わった後に、二人でご飯を食べにいったり。 一緒に旅行に行って、同じ部屋に泊まったり。 はじめは桜良に心を開いていなかった「僕」も、色々な経験を通して桜良という人間に興味をもっていきます。 「僕」と桜良だけしか知らない、二人だけの秘密。 そこから生まれる二人だけの関係。 「僕」の気持ちの変化に注目しながら、二人が重ねる思い出を見守ってほしいです。 なんだか意味深な言葉みたいですが、この言葉に込められた、本当の意味や思いが物語の終盤に明らかになります。 桜良が病気を患っていること、その病気が膵臓であること、余命宣告をされていること。 筆者もそういう情報から勝手に、「タイトルはこういう意味なのかなあ」と予想していたのですが、その読みがとても浅かったことを思い知らされました。 作品を見れば多くの人が「そういうことだったのかぁ」とうならされること間違いなしの、まさかの衝撃の展開にきっと驚くはずです。 そして作品を見た後に、もう一度作品を見返すと、また違った視点で作品が楽しめるのではないかと思います。 「僕」と桜良の青春の日々と、彼らの未来はどのようなものになるのでしょうか。 最後の最後まで見逃せません! 「sumika」が担当する楽曲の数々がエモい! この作品でオープニングテーマ・劇中歌・主題歌を制作しているのが、人気4人組男性バンドの「sumika」です。 オープニングテーマの「ファンファーレ」は疾走感があり、物語の始まりを感じられるような青春の一曲。 曲と一緒に流れる映像もとてもきれいで、満開の桜の下で動くキャラクターたちがとても魅力的です。 劇中歌の「秘密」は物語の山場で流れる、心に沁みるナンバー。 「僕」と桜良のひと夏の思い出を鮮やかに彩ってくれています。 主題歌の「春夏秋冬」はエンディングで流れる曲で、作品やキャラクターに寄り添った歌詞に心がぐっとつかまれるような、感動的な一曲になっています。 一つの作品にこれだけたくさんの曲が制作されるという、作り手の情熱が感じられますね。 どの曲も作品や物語を盛り上げてくれる最高の曲ばかりです。 音楽と映像が一緒になって生み出す感動や美しさを、ぜひ体感してほしいです。 大切なだれかと一緒に見てみませんか? この作品は一人で見ても十分楽しめますが、大切な友達や恋人と一緒に見ると、その人の大切さがすごく感じられる物語になっていると思います。 大切な人とのつながりや絆を感じられる、「君の膵臓をたべたい」。 あなたにとっての「君」と、ぜひ一緒に見てほしいです。

次の