牛 すじ 茹で 汁。 プロ並み牛すじ煮込みレシピ!おうちで簡単牛すじ煮込みレシピ紹介!|RecipeMemo[レシピメモ]

おでんの美味しい作り方 おでんレシピ

牛 すじ 茹で 汁

ぷるんぷるんの食感が美味しい牛すじ肉。 シチューやカレー、おでんにすると美味しいんですよね。 真冬に大きなお鍋でコトコト煮込んでいると出来上がりが楽しみでなんだか幸せな気持ちになってしまいます。 だけど、煮るとアクがたくさん出て、下処理をちゃんとしないと臭いも気になり、柔らかくておいしく仕上がらないのが牛すじ肉の欠点。 面倒だからあんまり家ではしないと言う方も多いですよね。 実は牛すじ肉の下処理は手順さえ踏まえておけば、火にかけて放置しておけるのでそこまで面倒ではないんですよ。 冬場ならお部屋も温まり一石二鳥です。 煮込んだゆで汁も別のお料理に使えるので下処理済みのものを買うのは勿体ない! 今回は 牛すじ肉の下処理の方法や保存方法、おすすめレシピをご紹介します。 スポンサーリンク 目次• 牛すじ肉の下処理方法は? ところで、牛すじってどこ?という方もいらっしゃると思いますが、牛すじとは 牛のアキレス腱に当たる部位で、名前の通り筋の多い部分です。 そんなちょっと厄介そうな牛筋の下ごしらえですが、実は 丁寧に洗って、しっかりとアクを取る、これだけで臭みのない美味しいすじ肉料理ができるんです。 材料は牛すじ肉とあれば ねぎ、しょうがを用意します。 その下処理の方法は、こちら、まずは、 普通の鍋で茹でる方法です。 まずはざっとお肉に付いた血などの 汚れを 洗い落とします。 簡単にさっとで結構です。 茹でこぼすとは材料を 水から茹で、茹でたお湯を 捨てることで食材の アクや臭み、脂や汚れなどを 取り除くことを言います。 茹でこぼしの方法は、 大きめのお鍋に たっぷりの水とすじ肉を入れて 蓋をせず沸騰させます。 15分ほど茹でるとどんどんアクが出てくるので、 こまめに アク取りをします。 15分ほど経ったらお湯を捨て、お肉を流水できれいに洗います。 粗熱が取れたらすじ肉を調理しやすい大きさに切り分けます。 下茹でに使ったお鍋はきれいに洗い、再びたっぷりと お湯を沸かします。 臭み取りには ねぎの青い部分や 生姜などを加えるのもおすすめです。 沸騰したお湯にお肉を加えます。 アクが出るようであれば アク取りをし、アクが出なくなったら蓋をして 弱火で2時間ほど煮込みます。 2時間ほど煮込んだらすじ肉の下茹では完成です。 お肉を煮込んだ ゆで汁には肉の 旨味が凝縮していますので 捨てずにスープなどにして活用するといいですよ。 もし、すじ肉が柔らかくならない場合は、煮込み時間が 足りないことが考えられます。 すじ肉をトロトロに柔らかくする方法は とにかく煮込むことが大事です。 煮込み時間を 2時間以上にするとかなり柔らかくなります。 このようにしっかり仕込みをしておくと、おでんやカレーなどの煮物に使うときも、柔らかくておいしいすじ肉を食べることができます。 圧力鍋で牛すじ肉を茹でる方法は? 圧力鍋がご家庭にあったり、1時間も煮込むのは大変!外出の予定があって時間がないというときには圧力鍋を活用しましょう。 加熱した後、火を止めて放置しておくと余熱調理してくれるので時短で、あっという間に下処理が完了します。 材料は、 牛すじ肉と日本酒です。 すじ肉を流水で洗い、たっぷりの水で茹でこぼすところまではお鍋で下茹でをする時と同じ手順で行います。 きれいに洗い、切り分けたすじ肉を圧力鍋に入れます。 肉1キロに対して水400ccと酒100ccを加え、加熱します。 圧力鍋が沸騰し、加圧されるようになったら 10分程弱火で煮込みます。 10分経ったら火を止め、圧力鍋の圧が下がるまで放置します。 これで下茹での完成です。 圧力鍋があれば、短時間で済んであっという間で簡単ですね! スポンサーリンク 牛すじ肉の保存方法は?冷凍もできる? 下処理の大変な牛すじ肉ですが、 冷凍できるんです。 ですので、まとめて下処理をしておいて、使わない分は冷凍保存するのがおすすめです。 そうすれば一度に処理できて ガス代の節約にもなりますね。 冷凍の保存方法は、下処理をしたすじ肉を、使用する分量ずつフリーザーバッグに入れます。 このとき、 スープを一緒に入れておくとパサパサになりにくいです。 できるだけ空気を抜き、 冷凍庫で保存します。 調理の際は解凍せずにお鍋に入れて煮込みます。 冷凍しておいたすじ肉はカレーやおでん用など、 煮込み料理に使えます。 解凍方法は、そのまま 冷蔵庫で自然解凍をし、スライスした玉ねぎや青ネギとともにポン酢で食べると立派なおつまみになります。 一品足りない時にサッと出せるのであると便利ですよ。 ちなみに牛すじ肉を煮込んだ時の スープも同じく冷凍保存が可能です。 こちらはキッチンペーパーを敷いたザルで漉してから、タッパーやペットボトルなどに入れて凍らせます。 少量ずつ使う場合には、 製氷皿でキューブ状に凍らせて、凍ったらフリーザーバッグに移しておくと便利です。 スープは鍋料理やカレーに使うと旨味がたっぷりでとっても美味しく仕上がりますよ。 冷凍庫での保存期間は お肉もスープも大体1ヶ月ほど可能です。 こちらでは牛すじ肉のトマト煮と土手焼きをご紹介します。 牛スジ肉のトマト煮込み トマトでじっくりと煮込むとちょっと特別な日にぴったりの一皿になります。 お鍋に ローリエ1枚、クローブ3個、にんにく1片、輪唐辛子少々とひたひたになるくらいの水を入れて、お肉が柔らかくなるまで煮込みます。 すじ肉と大根のどて焼き こちらはすじ肉の定番、 どて煮ともいいますが、 どて焼きです。 お酒もご飯も進んでしまう魅惑の煮込み料理です。 こんにゃく1枚は一口大にちぎっておきます。 家庭の味も意外と簡単にできてしまいます。 ぜひ、試してみてくださいね。 まとめ 面倒だからと敬遠しがちなすじ肉ですが、手順を知っていれば何も怖いことなく、意外と簡単にできてしまいます。 家庭で美味しく作ることができるとわかれば面倒な下処理も楽しくなってきますよ。 ビーフシチューをすじ肉で作ればいつものシチューがちょっとランクアップしますし、すじ肉のスープを使って鍋料理をしたらお店の味に変身です。 家族や友人の喜ぶ顔を思い浮かべながらでも、ご自分のご褒美にもお鍋でコトコト煮込む至福の時間、是非ご家庭でチャレンジしてみて下さいね。 スポンサーリンク•

次の

「牛すじ煮込みのレシピ」すじ肉の下ごしらえと美味しい作り方

牛 すじ 茹で 汁

ぷるんぷるんの食感が美味しい牛すじ肉。 シチューやカレー、おでんにすると美味しいんですよね。 真冬に大きなお鍋でコトコト煮込んでいると出来上がりが楽しみでなんだか幸せな気持ちになってしまいます。 だけど、煮るとアクがたくさん出て、下処理をちゃんとしないと臭いも気になり、柔らかくておいしく仕上がらないのが牛すじ肉の欠点。 面倒だからあんまり家ではしないと言う方も多いですよね。 実は牛すじ肉の下処理は手順さえ踏まえておけば、火にかけて放置しておけるのでそこまで面倒ではないんですよ。 冬場ならお部屋も温まり一石二鳥です。 煮込んだゆで汁も別のお料理に使えるので下処理済みのものを買うのは勿体ない! 今回は 牛すじ肉の下処理の方法や保存方法、おすすめレシピをご紹介します。 スポンサーリンク 目次• 牛すじ肉の下処理方法は? ところで、牛すじってどこ?という方もいらっしゃると思いますが、牛すじとは 牛のアキレス腱に当たる部位で、名前の通り筋の多い部分です。 そんなちょっと厄介そうな牛筋の下ごしらえですが、実は 丁寧に洗って、しっかりとアクを取る、これだけで臭みのない美味しいすじ肉料理ができるんです。 材料は牛すじ肉とあれば ねぎ、しょうがを用意します。 その下処理の方法は、こちら、まずは、 普通の鍋で茹でる方法です。 まずはざっとお肉に付いた血などの 汚れを 洗い落とします。 簡単にさっとで結構です。 茹でこぼすとは材料を 水から茹で、茹でたお湯を 捨てることで食材の アクや臭み、脂や汚れなどを 取り除くことを言います。 茹でこぼしの方法は、 大きめのお鍋に たっぷりの水とすじ肉を入れて 蓋をせず沸騰させます。 15分ほど茹でるとどんどんアクが出てくるので、 こまめに アク取りをします。 15分ほど経ったらお湯を捨て、お肉を流水できれいに洗います。 粗熱が取れたらすじ肉を調理しやすい大きさに切り分けます。 下茹でに使ったお鍋はきれいに洗い、再びたっぷりと お湯を沸かします。 臭み取りには ねぎの青い部分や 生姜などを加えるのもおすすめです。 沸騰したお湯にお肉を加えます。 アクが出るようであれば アク取りをし、アクが出なくなったら蓋をして 弱火で2時間ほど煮込みます。 2時間ほど煮込んだらすじ肉の下茹では完成です。 お肉を煮込んだ ゆで汁には肉の 旨味が凝縮していますので 捨てずにスープなどにして活用するといいですよ。 もし、すじ肉が柔らかくならない場合は、煮込み時間が 足りないことが考えられます。 すじ肉をトロトロに柔らかくする方法は とにかく煮込むことが大事です。 煮込み時間を 2時間以上にするとかなり柔らかくなります。 このようにしっかり仕込みをしておくと、おでんやカレーなどの煮物に使うときも、柔らかくておいしいすじ肉を食べることができます。 圧力鍋で牛すじ肉を茹でる方法は? 圧力鍋がご家庭にあったり、1時間も煮込むのは大変!外出の予定があって時間がないというときには圧力鍋を活用しましょう。 加熱した後、火を止めて放置しておくと余熱調理してくれるので時短で、あっという間に下処理が完了します。 材料は、 牛すじ肉と日本酒です。 すじ肉を流水で洗い、たっぷりの水で茹でこぼすところまではお鍋で下茹でをする時と同じ手順で行います。 きれいに洗い、切り分けたすじ肉を圧力鍋に入れます。 肉1キロに対して水400ccと酒100ccを加え、加熱します。 圧力鍋が沸騰し、加圧されるようになったら 10分程弱火で煮込みます。 10分経ったら火を止め、圧力鍋の圧が下がるまで放置します。 これで下茹での完成です。 圧力鍋があれば、短時間で済んであっという間で簡単ですね! スポンサーリンク 牛すじ肉の保存方法は?冷凍もできる? 下処理の大変な牛すじ肉ですが、 冷凍できるんです。 ですので、まとめて下処理をしておいて、使わない分は冷凍保存するのがおすすめです。 そうすれば一度に処理できて ガス代の節約にもなりますね。 冷凍の保存方法は、下処理をしたすじ肉を、使用する分量ずつフリーザーバッグに入れます。 このとき、 スープを一緒に入れておくとパサパサになりにくいです。 できるだけ空気を抜き、 冷凍庫で保存します。 調理の際は解凍せずにお鍋に入れて煮込みます。 冷凍しておいたすじ肉はカレーやおでん用など、 煮込み料理に使えます。 解凍方法は、そのまま 冷蔵庫で自然解凍をし、スライスした玉ねぎや青ネギとともにポン酢で食べると立派なおつまみになります。 一品足りない時にサッと出せるのであると便利ですよ。 ちなみに牛すじ肉を煮込んだ時の スープも同じく冷凍保存が可能です。 こちらはキッチンペーパーを敷いたザルで漉してから、タッパーやペットボトルなどに入れて凍らせます。 少量ずつ使う場合には、 製氷皿でキューブ状に凍らせて、凍ったらフリーザーバッグに移しておくと便利です。 スープは鍋料理やカレーに使うと旨味がたっぷりでとっても美味しく仕上がりますよ。 冷凍庫での保存期間は お肉もスープも大体1ヶ月ほど可能です。 こちらでは牛すじ肉のトマト煮と土手焼きをご紹介します。 牛スジ肉のトマト煮込み トマトでじっくりと煮込むとちょっと特別な日にぴったりの一皿になります。 お鍋に ローリエ1枚、クローブ3個、にんにく1片、輪唐辛子少々とひたひたになるくらいの水を入れて、お肉が柔らかくなるまで煮込みます。 すじ肉と大根のどて焼き こちらはすじ肉の定番、 どて煮ともいいますが、 どて焼きです。 お酒もご飯も進んでしまう魅惑の煮込み料理です。 こんにゃく1枚は一口大にちぎっておきます。 家庭の味も意外と簡単にできてしまいます。 ぜひ、試してみてくださいね。 まとめ 面倒だからと敬遠しがちなすじ肉ですが、手順を知っていれば何も怖いことなく、意外と簡単にできてしまいます。 家庭で美味しく作ることができるとわかれば面倒な下処理も楽しくなってきますよ。 ビーフシチューをすじ肉で作ればいつものシチューがちょっとランクアップしますし、すじ肉のスープを使って鍋料理をしたらお店の味に変身です。 家族や友人の喜ぶ顔を思い浮かべながらでも、ご自分のご褒美にもお鍋でコトコト煮込む至福の時間、是非ご家庭でチャレンジしてみて下さいね。 スポンサーリンク•

次の

主婦でも簡単に牛肉を柔らかくする4つの方法を肉の専門家が教えます! | 創業100年牛肉博士

牛 すじ 茹で 汁

牛すじの旨みはお値段を考えると超お買い得品です。 少し時間はかかりますが普通の鍋でもちゃんと柔らかくなります。 牛すじを煮込んだ茹で汁はカレーやビーフシチューにすると絶品。 牛すじの下処理から作り方まで、無駄のない安くて美味しい牛すじポン酢のレシピです。 ・下茹でが終わったらアクや汚れをざっと洗い流す。 ・臭み消しにネギの青いところと生姜、酒を入れ、アクを取りながら弱火で煮込む。 煮込んでいるうちにかさが減ってくるので水を足します。 ・煮込む時間は1時間半~2時間ぐらい。 お好みの固さになるまで煮込みます。 多くても3時間も煮込めばトロトロになると思います。 牛スジ煮込みやビーフシチュー、カレーなどに使う場合でも、基本の下処理は必ず必要です。 ネギや万能ねぎをちらしていただきます。 牛すじの固さはお好みで。 トロトロにしても美味しい牛スジですが、ポン酢でいただく場合はある程度歯ごたえが残ったものも美味しいかと思います。 牛すじを煮込んだ煮汁は旨味の出た美味しいスープ。 カレーやビーフシチューに使うと旨味が増します。 関連レシピ.

次の