挨拶 世界。 世界の変わった挨拶!そのジェスチャーの意味は?

【世界のあいさつ】つばをかけられる~!?舌や鼻で!?珍しい挨拶を調査♬

挨拶 世界

文/晏生莉衣 新型コロナウイルスの感染が世界に広がり、WHOによるパンデミック宣言が行われました。 「これはアジア地域の問題、自分たちは大丈夫」と楽観視していた欧米にも一気に感染が拡大し、各国の首脳たちが緊急事態宣言を行う事態に陥っています。 欧米での死者数は、イタリアでは 3月 22日に約 5千名、 アメリカでは同日、 300名を超えました。 一方、日本では1月 1 6日に最初の感染者の確認が発表されて以降、同じ 3月 22日時点 での国内の死者数は 40名弱、クルーズ船「ダイヤモンド・ プリンセス号」関連の死者数を含めても 50人を下回っています。 こうした死者数の数値だけで一概に言えませんが、感染が欧米に飛び火する形となるかなり前から、まるまる2か月以上、日本はこの新型コロナウイルスの脅威にさらされてきたことを考えると、これまでのところ、日本国内の急激な悪化は抑えられてきていると言ってもよいように見受けられます。 現在、アメリカでは各地で学校閉鎖に加え、ショップ、レストラン、バーが閉店、スターバックスはテイクアウトのみで営業。 人が集まることも制限されています。 こうした緊迫した各国の状況に比べると、日本では、マスクやアルコール消毒液の不足に加えてトイレットペーパーが店頭から消えるなどの異常現象が起こったものの、私たちの日常生活は、外出を控えたり不安を抱えたりして大変ながらも、比較的平静さが保たれているようです。 なぜ、日本と欧米との間にこうした状況の差が生まれているのでしょうか。 そのひとつの要因として考えられるのが、それぞれのライフスタイルや習慣の違いです。 <挨拶のスタイル> ご存知のように、欧米では、ビジネスやフォーマルな場で挨拶時に握手をするのは習慣であり、マナーでもあります。 家族や親しい友人の間では、アメリカではハグがポピュラーですが、ヨーロッパではチークキスと言われる頬へのキスが一般的で、キスの仕草をまねて頬を寄せ合うジェスチャーを両頬に一回ずつ、あるいは複数回する習慣があります。 フランスでは「ビズ」(bise)と呼ばれ、友だちに会えばお互いが肩に手をのせて両頬に最低でも一回ずつビズをします。 つまり、欧米では挨拶にスキンシップがつきものなのですが、これに対してお辞儀が基本の日本では、スキンシップは原則、伴いません。 ですから、欧米式の挨拶よりウイルス感染の危険度は低いと言えます。 家族の間でも、日本では小さいお子さんを抱いたり頭をなでたりすることはあっても、日常的に家族がハグし合う習慣を持つご家庭は多くないようです。 <建物のスタイル> 日本ではオフィスビルでも商業施設でも、入り口は自動ドアが一般的ですが、欧米は自動ドアがそれほど普及していなくて、普通の手動式ドアや回転式のドアになっていることが多いです。 手で開けるドアはたいてい、とても重いので、ちょっと触れるくらいではびくともせず、しっかりとドアノブをつかんで力を込めて引いたり押したりする必要がありますし、回転ドアを動かすには、やはり手で押さなければなりません。 不特定多数の人たちが触る不衛生なドアを一日に何回も開閉していれば、手から手へのウイルス感染のリスクは高まります。 <食事スタイル> アメリカではトースト、サンドウィッチ、ハンバーガー。 ニューヨークなら追加でベーグル。 フランスではクロワッサンやバゲット。 イタリアでもパンはパスタと並んで日常食で、レストランに入ればパンは必ず出されます。 欧米では食事となればパン類を手で取って食べることが多いです。 日本でもパンは特に朝食として人気ですが、日本人はご飯や麺類などお箸を使って食べる食事の回数も多いため、直箸をしなければ、手で取って食べない食事のスタイルからも、日本人のウイルス感染の危険度は欧米に比べると自然と低くなります。 <住まいのスタイル> 専門家のお話によると、新型コロナウイルスはインフルエンザと同じく飛沫感染の危険がありますが、せきやくしゃみによる飛沫は水分を含んでいるため、すぐに地面に落ちてしまうそうです。 地面にどれだけの新型コロナウイルスが落ちているかわかりませんが、日本の一般的な住まいでは靴を脱いで家に上がりますから、靴底についた様々な汚れを家の中に持ち込まないようになっています。 これは欧米の生活スタイルとの大きな違いで、家の中の清潔度を保つという点では日本式のほうが理にかなっています。 欧米人の場合、寝室のベッドに靴を履いたままで寝っ転がってしまう人も多く、生活スタイルによる感覚の違いにもかなりの差があります。 日本のライフスタイルの利点と弱点 このように、欧米に比べて、日本にはウイルスに感染しにくい生活スタイルの要素がいくつかあって、これらが複合的にウイルス感染対策としての効果を発揮していると考えることができます。 とはいっても自画自賛は禁物で、すべて日本に利点が多いというわけではありません。 アメリカでは、日本と同じように電車や地下鉄などの交通網が整備されているニューヨークやシカゴなどの大都市を除けば、マイカー通勤のほうが一般的です。 マイカー通勤なら通勤時の満員電車で感染するようなリスクはありません。 さらに、アメリカの住宅は平均的に日本よりも広々としていますし、子どもも個室が基本ですから、家庭内で感染の疑いがあるご家族をケアするのにはより適した環境が整っているでしょう。 また、ヨーロッパのパン屋さんは、日本のようにお客さんがセルフ形式で取って買うのではなく、対面式で売られているのが普通です。 ガラスのショーケース内に並べられているいろいろなパンをながめてから、「コレとコレください」とショーケース越しに頼むと、店員さんが取って袋に入れてくれてお会計をする手順で、ガラスで仕切られているのでパンにお客さんの直接飛沫がかかるリスクはほぼありません。 ただ、全体的にライフスタイルをざっと比べてみるだけでも、感染リスクを少なくできると思われる日本の生活習慣や生活形態をいくつかあげることができ、それらが現在、感染拡大が深刻な国や地域にとって少しであってもなにかの役に立つヒントになるかもしれない、というポジティブな面はあります。 そうしたことを含めて、日本から世界に向けてメッセージを発信し、情報を共有していくことは積極的にしてもよいのではないでしょうか。 感染を防ぐために握手やハグ、チークキスをしないという対策は、すでに欧米諸国で呼びかけられていますし、手で直接食べ物を取るスタイルの食事をする前には、必ず手を洗うなり、アルコール消毒剤を使うなりして手を清潔にすることを欧米で徹底するだけでも、感染のリスクを下げることにつながるでしょう。 * * * 言うまでもなく、日本では独自のライフスタイルもさることながら、感染拡大を防ぐために皆がそれぞれにできる努力をして、がまんして、犠牲を払って、いろいろな方法で対策を実行してきているからこそ、比較的安定した国内状況を保つことができているわけです。 そして今、タイムラグを経て、多くの国々が同じように新型コロナウイルスという見えない敵と戦っています。 ワールドワイドとなったこの危機を、世界が協力し合って早く終息させることができるように祈りたいと思います。 文・晏生莉衣(Marii Anjo) 教育学博士。 20年以上にわたり、海外研究調査や国際協力活動に従事。 平和構築関連の研究や国際交流・異文化理解に関するコンサルタントを行っている。 近著に国際貢献を考える『他国防衛ミッション』(大学教育出版)。

次の

日本の挨拶【お辞儀】と欧米の挨拶【握手、抱き合い、キス】の違いに関

挨拶 世界

英国で1439年に腺ペストがまん延した際、国王のヘンリー六世は頬にキスする挨拶を禁止した。 ところが、新型コロナウイルスの感染が拡大する時代のいま、握手でさえ恐れられているようだ。 この数週間で、多くの公衆衛生機関が挨拶の握手はしないようにと呼びかけている。 これは挨拶には握手がいいと思っていたものの、そうしないほうがいいと考え直した機転の利く人々が、握手(ハンドシェイク)の代わりにしようと考えたしぐさである。 スコットランドのサッカー1部リーグのスコティッシュ・プレミアシップでは、伝統的に続けられてきた試合前の選手同士の握手を全試合でとりやめている。 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は先日、ある閣僚から握手を拒否されたところをカメラに収められている。 オタワのカールトン大学のシェリル・ハミルトンによると、握手といった人間の行動上の習慣が変化するスピードが速まっているという。 また、パンデミックカルチャーがわたしたちの公共の場での振る舞い方を変えつつあり、他者とのかかわり方に微妙な変化をもたらしていると、ハミルトンは指摘する。 「わたしたちは以前より物の表面に注意するようになっています。 日常生活で接触する表面は、すべて細菌で覆われているのです」 とはいえ、ひじタッチのようなしぐさは、握手に代わるきちんとした挨拶にはならないだろうと、ハミルトンは考えている。 「挨拶としてグータッチを広めようと努力している人たちもいます」と、ハミルトンは言う。 「でも、このようなしぐさの大半は、握手の拒否ほど広まるとは思えません」 危うくなる文化的な伝統 こうした動作の代わりに、わたしたちは親しげな笑顔を見せたり、うなずいたりするなど、触れ合わない方法で挨拶という同じ目的を果たそうとするだろう。 接触を伴う挨拶の拒否に関してこれまでと今回とで異なる点は、わたしたちの疾病に対する見方が変化しているせいで、かつての伝染病の流行時よりも新型コロナウイルスの流行後のほうが、挨拶の変化が続く可能性が高いことである。 2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)のアウトブレイク(集団感染)以降、疾病に対するわたしたちの態度は変化している。 この変化は、コレラや世界中で数千万人が亡くなった1918年のスペインかぜのアウトブレイクなど、かつての伝染病の大発生時に人々の間で生じた態度の変化とは異なっている。 SARSや2009年の新型インフルエンザ(豚インフルエンザH1N1)が流行する前は、「日常の社会的な習慣が伝染病の不安に満ちていたことはありませんでした」と、ハミルトンは説明する。 しかし、伝染病の流行が比較的落ち着いていた1970年代は過去となり、長きにわたる文化的な伝統は近年ますます危うくなっている。 「西欧諸国には、伝染病の大半を制圧したというある種のうぬぼれがありました」と、ハミルトンは言う。 「世界保健機関(WHO)は複数の伝染病の根絶宣言をしました。 ところが、予防接種率の低下により集団免疫の獲得が不十分になると、根絶されたはずの伝染病が根絶されていなかったことが判明したのです」 パーソナルスペースの広さが見直される? そして、わたしたちは自らの周囲に維持するパーソナルスペースの範囲を見直すようになりそうだ。 フィールド科学者が「プロクセミクス」と呼ぶこの空間は文化圏によって異なり、例えば北米や欧州の人々はアジアの人々よりも互いにパーソナルスペースを広くとる傾向にある。 この空間が、かつてより頻繁に伝染病が流行する時代には、文化の差よりも階級の差に応じて変化するのではないかと、ハミルトンは考えている。 多くの場合、富める人々は私有車や広々とした高級レストランに引きこもり、それ以外の人々は混雑した公共交通機関で移動するのである。 さらにパンデミックカルチャーは、比較的大規模な文化的な催しに影響を与えかねない。 新型コロナウイルスの武漢での最初のアウトブレイクによって春節に影響が及んだことは広く知られており、多数の大規模な行事がキャンセルされている。 イタリアではサッカー1部リーグのセリエAの試合が、無観客で開催されることになった。 イランでは、春分の日はイラン暦の元日「ノウルーズ」でもある。 元日には親戚の家を互いに訪ねる習わしがあり、年長者の家から順に訪問する。 ところが新型コロナウイルスの時代に、この習慣はどう見ても得策ではない。 「病気の流行に追い打ちをかける風習として、この習慣ほど参考になるものはありません」と、ハミルトンは言う。 イラン政府は新型コロナウイルスのアウトブレイクが続いている間は、親戚を訪問する目的で複数の都市を移動する行動に厳しい制限を課す(あるいは少なくとも課そうとする)意向のようだ。 とはいえ、大勢の集まりや文化的催しをすべて延期することは、持続できる長期的な解決法ではない。 そして、それ自体に多くの問題がある。 サブカルチャーの発生 「わたしたちは非常に厄介な時代に生きています。 移動の制限のような方策は、まさに時代に逆行しています」と、ハミルトンは言う。 人々は隔離地域ですぐに新しい世界の秩序に順応していく。 商用旅行の数は減少し、ヴィデオ会議ツール「Zoom」のシェアが急増する。 そして隔離中に適したレシピや、フィットネスのメニューを提供するあらゆるサブカルチャーが発生する。 こうしたなか、わたしたちは互いに触れ合う習慣をなくした場合に生じる不利益を承知の上で、その種の習慣をやめるのだ。 「社会には多様な集団があります。 親族が連絡をとり合い、複数の集団が顔を合わせて一緒に物事を行うような文化において、他者と触れ合う社会的な習慣が皆無になることは危険です」と、ハミルトンは言う。 「互いに接触する挨拶がなくなり、その代わりになる習慣もなければ、文化は多くのものを失ってしまいます」.

次の

世界の挨拶の仕方はこうも違う!フランスは左右の頬にキスが常識!?

挨拶 世界

家庭でも・学校でも・会社でも言われちゃいますよね〜 そんな 大事な挨拶って、いったい何なんだ?と思ってしまいませんか? まずは挨拶の言葉の意味から考えていきましょう。 挨拶(あいさつ)という言葉の意味 挨拶という言葉の意味をネットで調べてみました。 挨拶(あいさつ)とは? 中世に日本に輸入された漢語で,元来,禅宗において僧が問答を繰返し合う意味 現在では他人に対して 尊敬や親愛の気持を表わす動作、言葉、文面などを意味するようになっている 挨拶が禅宗のことと関係があるとは知りませんでした。 けっこう難しめの漢字だなと思っていましたが(汗)言われてみるとキチンと意味があったのですね。 ポイントは太字にした 「尊敬や親愛の気持を表わす動作、言葉、文面などを意味する」という部分です。 つまり 挨拶(あいさつ)って尊敬や親愛の気持を表わす人間の所作 なんです! 正直、掛け声みたいな決まりごとだと思ってました・・・ 日本における挨拶(あいさつ)の歴史あるある 日本の教育としても挨拶は重要視されています。 日本人って小さい時から学生・社会人になっても、 挨拶は大事だと教えられてきた機会がたくさんある印象があります。 世代間の違いがある(年代がわかっちゃう)かと思いますが、 日本における挨拶の歴史あるあるを振り返ってみましょうw 幼少期・小学校の挨拶(あいさつ)あるある 幼稚園や保育園の時から「友達や先生に会ったら挨拶をしましょう」と親や先生から言われていました。 園児はたどたどしいけれども、 一生懸命に大きい声で「先生おはようございます!」と大合唱している印象があります。 あの頃が一番元気よく、明るい挨拶ができていたんじゃないでしょうか! 先生だけでなく先輩からも、ありがたい教えをいただきます。 「ちぃーっす」的な軽いものから、体育会系での挨拶の姿勢や角度を含めた厳しいものまで(部活やその慣習によって違う)先輩から礼儀を叩き込まれ・・・でなく教え込まれたりします。 また大学ではコンパやゼミなどもあり、高校までの様相がうって変わる印象。 所属しているクラブや団体にもよりますが、体育会系でない限り挨拶はユルくなります。 社会人の挨拶(あいさつ)あるある 社会人になっても 挨拶道(勝手に作った造語)は終わりません。 むしろ熾烈を極めます。 こちらも会社の業態やその風土にもよりますが、その様式は様々。 サービス業では 多くの会社が挨拶を徹底し、朝礼などで毎朝その会社独自の唱和をしています。 挨拶道おそるべし・・・ これまでの「挨拶(あいさつ)あるある」はいかがでしたでしょうか?ジェネレーションを感じてしまう部分もあったかも(汗) いかに日本人が(幼少から大人になっても)挨拶という行為を、重要視しているのがわかったかと思います。 ここまで来ると なぜそこまで重要なんだろうか?と、ますますその理由を知りたくなったのではないでしょうか。 挨拶(あいさつ)の重要性はコミュニケーションにあった なぜ挨拶は重要なのか? その答えは人とのコミュニケーションにあります。 「挨拶」はコミュニケーションとして肝心な、最初の第一歩なのです。 その一歩を踏み出すコツがつかめれば、家庭や学校、会社での人間関係(コミュニケーション)を良くしていくキッカケにできるんです。 でも挨拶はなんでコミュニケーションを良くするキッカケになるの? その理由をこれからお伝えしていきましょう! 重要その1:相手への尊敬や親愛の気持ちを表すから 最初に挨拶(あいさつ)のことばの意味として伝えた大事なポイントです。 挨拶(あいさつ)とは? 中世に日本に輸入された漢語で,元来,禅宗において僧が問答を繰返し合う意味 現在では他人に対して 尊敬や親愛の気持を表わす動作、言葉、文面などを意味するようになっている まさにコレ!相手に尊敬や親愛の気持を表わしているからなんです。 親御さんや会社の先輩・上司など目上の人なら尊敬の動作(もちろん言葉や文面色々)をあらわし、 奥さんやお子さん、友達や同僚・後輩なら親愛の動作をあらわすからなんです。 挨拶をすることは自らの心を開き、相手を認めるということです。 相手を認めるということは、承認するということです。 人は誰しも認められたいという欲求を持っています。 相手のことを認めるということは、相手だって嫌な気持ちはせず、嬉しい気持ちになります。 承認欲求とは、 「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求である。 参考サイト: ということは、つまり 挨拶(あいさつ)をすると相手の承認欲求を満たしている ということになります。 もっと言うと 挨拶をしないことで、あなたが損をしてしまうということになりますよね。 挨拶(あいさつ)だけなら簡単ですものね! またそのきっかけから相手の反応がわかります。 相手の表情や挨拶の返答から状況を推しはかり、どのような返答・対応をすべきか?を想定することも可能になってきます。 考えすぎると緊張してしまい、変な失敗をしてしまいがち。 その点、挨拶なら定形のものがあるので、成功する確率は高いです。 例えば朝の挨拶の言い方だけでも、こんなにあります。 おはよう• おはようございます• チョリぃ〜っす• また 相手も「挨拶をしてくれた」という思いから緊張がほぐれ、ダブルの効果があります。 第一声をいきなり要件から始めるのは、お互いの緊張をより高めてしまうことにもなりかねません。 たしかに!いきなり要件だけ言われてもビックリしますよね これは色々な場面で応用できるので、挨拶を意識しながら有効に活用していきましょう。 どのような挨拶(あいさつ)をすればよいのか? 挨拶の重要性が理解できたところで、次の段階となります。 実際にどのような挨拶をすればよいのでしょうか? できることなら効果的な挨拶があるといいですよね。 次は具体的に挨拶の方法をご紹介していきます。 よりよいコミュニケーションとなる挨拶の方法 挨拶は毎日の習慣です。 ちょっとしたコツでその習慣の効果を倍増できるので、少しでも取り入れ工夫していきましょう。 笑顔で明るく挨拶をする 笑顔で明るく!を心がけて相手に挨拶をしていきましょう。 笑顔で挨拶をすることは自分の健康にもよいですし、相手への影響を考慮すると色々な意味で効果が絶大なんです。 そんな簡単に笑顔になれたら苦労しないよ。。。 と思ったあなた!は下記の笑顔になるコツを読めば大丈夫です。 笑顔にするコツ 顔は自分の心のスィッチです。 心が怒っていたら顔も怒っています。 心が穏やかなら、顔も穏やかです。 その気がない挨拶は見抜かれてしまいますからね・・・ 相手の目を見ないで挨拶をするのは 、無理やり挨拶してるんだなと思われてしまい、逆効果です。 しっかりと相手の目を見て挨拶しましょう。 挨拶は毎日続ける 上記のような挨拶(あいさつ)を毎日続けていきましょう。 挨拶はコミュニケーションの第一歩ですので、続けることが大事です。 万里の道も一歩から。 忘れてしまいがちですが、ファーストステップの重要性を認識しながら挨拶をしていきましょう。 社会の仕組みの根本は人と人の関係性で成り立っています。 顧客や同僚、家族でも同じです。 人とのコミュニケーションは避けられず、必然的に挨拶も避けられません。 どうせ挨拶するなら(投げやり?)気持ちよくやりたいですよね。 これは仕事だけでなく、学校や家庭の生活でも同じことが言えますね・・・ まとめ:挨拶(あいさつ)を学び仕事や生活に活かそう 挨拶の重要性や方法をお伝えしてきましたが、さっそく明日から活かしてみよう!と少しでも思っていただければ幸いです。 挨拶はコミュニケーションのはじめの一歩です。 一歩を踏み出し、そのコツがつかめれば、学校や会社での人間関係を良くするキッカケになることは間違いありません。 挨拶(あいさつ)はコミュニケーションの重要スキル&必須アイテム 挨拶はコミュニケーションの基本中の基本でありながら、必須なスキル(能力)であり、最重要アイテム(道具)だと思っています。 それでいて、言葉1つでできてしまうので、かんたんでお金もかかりません。 とくに新入生や新社会人の方は、ぜひともこのスキル&アイテムを取得してください。 そうでない方でも、原点に帰る意味で再確認してみてください。 番外編:挨拶のものすごいパワーが理解できる本 突然ですが、ここで本のご紹介。 筆書体で書かれた タイトルが「挨拶のバカ力」。。。 正直に言うと、最初の見た目は落語家が書いたあやしい本・・・と思っちゃいました。 読んでみるとその表紙デザインの印象とはまったくちがっていて、感動と衝撃を受けた本。 まさに良い意味で裏切られましたw 概要は月曜から日曜までの7日間に7つのことを日ごとに実践していけば、 1週間で伝説になるという本です。 この説明も少しあやしく感じますね(汗).

次の