カフェ 高い。 【セレブ御用達】カフェ・バタビアはジャカルタで最も格式高いレストラン

オリコン、満足度の高い「カフェ」ランキング発表

カフェ 高い

スターバックスの店舗(撮影=編集部) 国内3大コーヒーチェーンの スターバックス、 ドトール、タリーズ。 このなかでも、高いブランド力と顧客満足度を誇り、カフェ業界のシェアトップをひた走ってきたのがスタバだ。 しかし、ここにきてスタバ人気に陰りが見え始めた。 例えば、2015年度「日本版顧客満足度指数(JCSI)」では、カフェ分野で顧客満足度1位となったのはドトールで、前年度トップだったスタバは僅差ながら3位に陥落している。 さらに、調査ニュースサイト「しらべぇ」が今年3月に全国の20~60代の男女1331人を対象に行った「大手コーヒーチェーン3社の中で好きなのはどれか」という調査でも、同様の結果が出ている。 全体こそスタバが57. 2%、2位のドトールが30. 7%とスタバの圧勝だが、対象を東京都民に限るとドトールが44. 7%でトップに輝き、スタバは40. 7%の2位。 東京では、人気面でドトールに逆転されてしまっているのだ。 カフェ業界でひとり勝ちしてきたスタバに、何が起きているのだろうか。 スタバ失速の原因について、社会学者の新雅史氏に聞いた。 店舗が増えすぎて付加価値を失ったスタバ 「かつて、スタバはアルバイトの採用条件が厳しく、特にオープニングスタッフの倍率がとんでもなく高くて有名でした。 応募者のコミュニケーション能力はもちろんのこと、ルックス面も評価基準だったと噂されるほどです。 ただし、それは10年以上前の話にすぎません。 店舗数が増えた現在、スタバの価値は明らかに下降しています」(新氏) 1996年に東京・銀座に1号店をオープンして以来、スタバは全国に店舗を展開し、今や店舗数は1100以上、都内だけでも300店近くある。 また、スタバのバイトは独自の人材教育プログラムによって東京ディズニーランドのようなレベルの高いホスピタリティを提供するほか、離職率が低く、大学生の間で人気のバイトとして有名だった。 しかし、店舗数が増えて「選ばれた人のみが働ける店」から「誰でも働ける店」になれば、スタバの付加価値も薄まる。 さらに、店舗数の拡大に伴ってバイトが増えたことで、自慢のホスピタリティの質も明らかに落ちているという。 「この店でなければダメという理由が、現在のスタバにはないのです。 例えば、かつてスタバは電源コンセントやWi-Fiを完備することで、ノマドワーカーの取り込みに成功しました。 成人男性の喫煙率がまだ50%以上だった時代に、カフェとして初めて全面禁煙に踏み切ったのもスタバです。 ところが、今やドトールもタリーズも禁煙・分煙を徹底し、店内も明るくなり、充電もできます。 スタバとそれ以外のコーヒーチェーンに大きな違いがないのなら、メニューの価格が高く、いつ行っても混んでいるスタバより、ドトールやタリーズに行こうという気持ちになるのも当然でしょう」(同).

次の

『カフェと日本人』(高井 尚之):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部

カフェ 高い

総合1位のほか、全8評価項目と、全6部門27項目中23項目でも1位• 商品別「コーヒー」部門でも1位 【コメダ珈琲店】【上島珈琲店】• 評価項目別、部門別でも高順位 【ドトールコーヒーショップ】• 「モーニング」「ランチ」で1位 【むさしの森珈琲】• 人気のパンケーキが「スイーツ」1位の要因 【調査データ】• 【スターバックス コーヒー(スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:東京都品川区)】が総合1位を獲得。 また、本ニュースリリースP4、P5の全8評価項目と、「地域別」「男女別」「年代別」「利用者別」「商品別」「時間帯別」の全6部門27項目中23項目で1位となりました。 「商品別」の「コーヒー」「ドリンク」「フード」「スイーツ」の4項目のうち、カフェの中心メニューの「コーヒー」をはじめ、「ドリンク」「フード」の3項目で1位を獲得しています。 【商品別部門定義】 ・コーヒー:「お店から提供された時点で、ストレート(ブラック)のホットコーヒー、アイスコーヒーを注文した人を対象とする」 ・ドリンク:「コーヒー以外の、カフェラテ、紅茶、抹茶ラテ、オレンジジュースなどを注文した人を対象とする」 ・フード:「サンドイッチやパスタなど軽食を注文した人を対象とする」 ・スイーツ:「ケーキやクッキーなどを注文した人を対象とする」 =========================== 《2020年 オリコン顧客満足度 R ランキング カフェ 総合第1位》 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 チーフ マーケティング オフィサー 森井 久恵 様より受賞コメント この度、カフェランキングにおいて1位という最高の評価をいただき、大変光栄に思います。 私たちは、「人々の心を豊かで活力あるものにするために」をミッションに掲げ、創業以来、一杯のコーヒーを通じて、目の前にいる一人ひとりのお客様と心を通わせる瞬間を大切にしてまいりました。 その20年以上に渡る日々の小さな積み重ねが、今回の結果に繋がったものと、心より嬉しく感じております。 全国のパートナー(従業員)と共に、この喜びを分かち合いたいと思います。 カフェという場は、お客様の喉だけでなく、心までもうるおすことができる存在だと信じております。 この機会に改めて、お客様からの長年のご支持に感謝すると共に、ミッションへの決意を新たにしております。 全国1500を超える店舗、約4万人の個性溢れるパートナーが、私たちの最も大切な資産であり、財産です。 お客様の何気ない1日に、心あたたまるひとときをー。 この共通のビジョンを拠り所に、目の前のお客様のニーズを素早く察し、自ら判断して対応する、マニュアルのない接客を続けています。 また多様化するお客様のライフスタイルに溶け込むブランドを目指し、パターン化しない店舗づくりや、利便性の高いデジタルサービスの加速、様々なオケージョンに寄り添う商品ラインナップの充実などに力を注いでいます。 =========================== ~【スターバックス コーヒー】実際の利用者コメント~• 「いつも丁寧な対応が気持ちいい。 季節や時期にあった期間限定の商品が新しくて楽しい(20代・女性)」• 「ドリンク、フード、スイーツ美味しいです。 子連れでお店を利用するので、ゆっくり過ごすことができる(40代・女性)」• 「店内の雰囲気がゆったりしていて、くつろぎながらコーヒーやスイーツを楽しめる(60代・女性)」• 「店員さんの声かけで毎日明るくなれるので感謝しています(10代・男性)」• 「インテリアが違うのでどこに行っても飽きない。 部門別でも、年代別「60代以上」で1位のほか、「10代」「30代」「40代」「50代」では2位に。 また、地域別「北海道」「東北」「関東」「甲信越・北陸」「九州・沖縄」、商品別「フード」、時間帯別「ランチ」など多くの項目で2位を獲得している。 総合3位は【上島珈琲店(ユーシーシーフードサービスシステムズ株式会社:兵庫県神戸市)】 で、評価項目別の「商品のおいしさ」「コストパフォーマンス」で2位に。 部門別では、地域別「近畿」、男女別「男性」、利用者別「ビジネス 女性」、商品別「ドリンク」で2位となった。 その他、時間帯別「モーニング」「ランチ」では、【ドトールコーヒーショップ(株式会社ドトールコーヒー:東京都渋谷区)】が1位となった。 00点以上の企業)の【むさしの森珈琲(株式会社すかいらーくホールディングス:東京都武蔵野市)】が「スイーツ」では80. 90点で1位となった。 「コーヒー」「女性」でも2位となり、コーヒーとスイーツで、女性心をしっかり掴んでいる結果となった。 =========================== 《2020年 オリコン顧客満足度 R ランキング カフェ スイーツ部門 第1位》 むさしの森珈琲 メニュー開発グループディレクター 久保木 稔 氏より受賞コメント この度は、顧客満足度ランキング「カフェ」において、『スイーツランキング』第1位の評価をいただき、誠にありがとうございます。 ご評価いただきました「ふわっとろパンケーキ」は、生地は店舗で粉から手作りしており、ご注文いただいてからメレンゲを立てて生地を合わせ丁寧に焼き上げる、ふわっとろの食感が自慢の商品です。 お店のスタッフが心を込めてお作りしている商品がお客様にご評価いただけたことを、大変励みに感じております。 これからもお客様に居心地の良い空間で、むさしの森珈琲ならではの魅力ある商品をお楽しみいただけるよう、従業員一同努めてまいります。 =========================== ~【むさしの森珈琲】実際の利用者コメント~• 「パンケーキが美味しく、トッピングがさまざまな種類の中から選べた(20代・女性)」• 「店員さんの接客がいい。 コーヒーがたっぷり入って、おいしい(40代・女性)」• 「店内がWiFiも充実していて、居心地がよい。 パンケーキも美味しい(50代・女性)」• 「パンケーキが感動的なふわふわでとても美味しい(40代・男性)」 《カフェが取り組んでいる環境対策への関心度》 今回の調査では、ペーパーストロー、紙コップでの提供などの「環境問題」に取り組んでいるカフェへの関心度を回答いただいております。 結果は以下の通りとなります。 「全体」では「とても関心がある」「やや関心がある」の合計が77. 4%と関心の高さがうかがえます。 その2項目について年代別でみると、「10代」が87. 7%と一番高く、続いて「60代以上」の81. 4%、「20代」の79. 6%となりました。

次の

『カフェと日本人』(高井 尚之):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部

カフェ 高い

スターバックスの店舗(撮影=編集部) 国内3大コーヒーチェーンの スターバックス、 ドトール、タリーズ。 このなかでも、高いブランド力と顧客満足度を誇り、カフェ業界のシェアトップをひた走ってきたのがスタバだ。 しかし、ここにきてスタバ人気に陰りが見え始めた。 例えば、2015年度「日本版顧客満足度指数(JCSI)」では、カフェ分野で顧客満足度1位となったのはドトールで、前年度トップだったスタバは僅差ながら3位に陥落している。 さらに、調査ニュースサイト「しらべぇ」が今年3月に全国の20~60代の男女1331人を対象に行った「大手コーヒーチェーン3社の中で好きなのはどれか」という調査でも、同様の結果が出ている。 全体こそスタバが57. 2%、2位のドトールが30. 7%とスタバの圧勝だが、対象を東京都民に限るとドトールが44. 7%でトップに輝き、スタバは40. 7%の2位。 東京では、人気面でドトールに逆転されてしまっているのだ。 カフェ業界でひとり勝ちしてきたスタバに、何が起きているのだろうか。 スタバ失速の原因について、社会学者の新雅史氏に聞いた。 店舗が増えすぎて付加価値を失ったスタバ 「かつて、スタバはアルバイトの採用条件が厳しく、特にオープニングスタッフの倍率がとんでもなく高くて有名でした。 応募者のコミュニケーション能力はもちろんのこと、ルックス面も評価基準だったと噂されるほどです。 ただし、それは10年以上前の話にすぎません。 店舗数が増えた現在、スタバの価値は明らかに下降しています」(新氏) 1996年に東京・銀座に1号店をオープンして以来、スタバは全国に店舗を展開し、今や店舗数は1100以上、都内だけでも300店近くある。 また、スタバのバイトは独自の人材教育プログラムによって東京ディズニーランドのようなレベルの高いホスピタリティを提供するほか、離職率が低く、大学生の間で人気のバイトとして有名だった。 しかし、店舗数が増えて「選ばれた人のみが働ける店」から「誰でも働ける店」になれば、スタバの付加価値も薄まる。 さらに、店舗数の拡大に伴ってバイトが増えたことで、自慢のホスピタリティの質も明らかに落ちているという。 「この店でなければダメという理由が、現在のスタバにはないのです。 例えば、かつてスタバは電源コンセントやWi-Fiを完備することで、ノマドワーカーの取り込みに成功しました。 成人男性の喫煙率がまだ50%以上だった時代に、カフェとして初めて全面禁煙に踏み切ったのもスタバです。 ところが、今やドトールもタリーズも禁煙・分煙を徹底し、店内も明るくなり、充電もできます。 スタバとそれ以外のコーヒーチェーンに大きな違いがないのなら、メニューの価格が高く、いつ行っても混んでいるスタバより、ドトールやタリーズに行こうという気持ちになるのも当然でしょう」(同).

次の