ブルーノ フェルナンデス ウイイレ 2020。 ブルーノ・フェルナンデスってどんな選手?経歴やプレースタイルを徹底解説【スポルティングCP】|yasublog

【ウイイレアプリ2020】ブルーノ フェルナンデスのレべマ能力値&確定スカウト|マンU移籍が決まったポルトガル代表MF|yasublog

ブルーノ フェルナンデス ウイイレ 2020

本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。 管理人のヒロです。 ウイイレ2019から2020へのアップデートのタイミングで、31人の選手が黒玉へ昇格することが決まっているのですが、その中で個人的に最も黒昇格にびっくりした選手を今回ご紹介します。 その選手の名前は 「ブルーノ・フェルナンデス」。 ポルトガルリーグのスポルティングというチームに所属している選手で、最近ではレアル・マドリードの移籍が噂されており、いい選手なんだろうなぐらいの感覚でしたが、まさか黒昇格するとは・・・ 正直プレーしているところを一回も見たことがなく、自分の勉強も兼ねてブルーノ・フェルナンデスの能力値や確定スカウトについてまとめていこうと思います! さん brunofernandes. 10 がシェアした投稿 — 2019年 5月月26日午後2時10分PDT ブルーノ・フェルナンデスのプロフィール まずはブルーノ・フェルナンデスのプロフィールを見ていきましょう! ブルーノ・フェルナンデスはポルトガルリーグのスポルティングに所属するポルトガル人ミッドフィルダーです。 キャリアをスタートさせたのはイタリアのノヴァーラというチーム。 その後ウディネーゼやサンプドリアといったセリエAのチームを転々とし、2017年から現在のスポルティングに5年契約で加入します。 スポルティングでは移籍初年度から11得点8アシストと結果を残し、更に昨シーズンは22得点13アシストと大爆発。 基本的にトップ下の位置でプレーし、ミドルシュートや前線への飛び出しといった様々n攻撃パターンで得点を量産することができ、またアシストに繋がるラストパスもうまいです。 この活躍からレアル・マドリードやマンチェスターユナイテッドといったビッククラブがこぞって獲得を検討しており、これからのステップアップが期待される逸材です。 際立った能力値はウイイレ2019ではないものの、パス、ドリブル、スピードなど能力値のバランスが取れているトップ下ですね。 おそらく今シーズンの活躍により決定力が大幅UPしているのは間違い無いでしょう。 ウイイレ2020から総合値が+4アップし黒玉昇格を果たしていますが、今シーズン既に5試合に出場し3得点4アシストと引き続き好調をキープしています。 マンチェスターシティのポルトガル人MFであるベルナルド・シウヴァ同様、これから更にウイイレの能力値が上がっていく余地はあるので、今のうちに獲得しておくことをお勧めします! ブルーノ・フェルナンデスの選手スキル 続いてはブルーノ・フェルナンデスの選手スキルについて! ブルーノ・フェルナンデスの選手スキルは全部で4個です。 選手スキルはかなり少ない方なので、これからのアップデートで強化されていくことに期待ですね。

次の

ブルーノ・フェルナンデス 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ブルーノ フェルナンデス ウイイレ 2020

名前:ブルーノ・ミゲル・ボルジェス・フェルナンデス 生年月日:1994年9月8日 国籍:ポルトガル チーム:スポルティングCP(背番号8) 身長:173cm 体重:65kg 利き足:右 ポジション:ミットフィルダー ユース時代のブルーノ フェルナンデスはボアヴィスタFCなどポルトガルのユースチームで育ち、2012年夏にノヴァーラ・カルチョという当時セリエB(イタリア2部)のチームにユース契約というかたちで加入します。 そしてノヴァーラ・カルチョでのブルーノ フェルナンデスは加入後すぐにトップチーム契約をして、 イタリアでプロキャリアをスタートさせました。 その後はウィデネーゼ・カルチョやUCサンプドリアといったセリエAのクラブを渡り歩き、 2017年夏にはポルトガル1部の強豪、スポルティングCPへの移籍が決定。 スポルティングCP加入後のブルーノ フェルナンデスは2シーズン半にわたり主力選手として活躍します。 そして 2020年1月にマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍が決定。 記事執筆時点(2020年1月)でのブルーノ フェルナンデスは25歳とこれからの選手ですので、マンチェスター ユナイテッドでの活躍次第では今後も総合値が上がるかもしれません。 【ウイイレアプリ2020】ブルーノ フェルナンデスの能力値 レベル1 レベル32(MAX) 総合値 85 92 オフェンスセンス 80 85 ボールコントロール 86 91 ドリブル 85 90 ボールキープ 81 87 グラウダーパス 87 92 フライパス 84 90 決定力 77 82 ヘッダー 61 66 プレースキック 83 88 カーブ 85 90 スピード 79 84 瞬発力 81 86 キック力 89 94 ジャンプ 62 67 フィジカルコンタクト 69 75 ボディコントロール 79 84 スタミナ 85 91 ディフェンスセンス 65 70 ボール奪取 59 64 アグレッシブネス 71 76 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 2 2 逆足精度 2 2 コンディション安定度 6 6 怪我耐性 3 3 【ウイイレアプリ2020】ブルーノ フェルナンデスのポジション ウイイレアプリ2020でのブルーノ フェルナンデスはメインポジションがOMFとなっていますが、CMF、ST、DMF、LMF、RMF、CFのサブポジション適性もあります。 ですが、OMF以外で起用する場合、総合値が3以上下がりますので、当ブログではOMFでの起用をおすすめします。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のブルーノ フェルナンデスを紹介しましたがいかがでしたか。 ユース時代はポルトガルで成長し、プロキャリアをスタートさせたのはイタリアでした。 その後、ポルトガルの強豪スポルティングCPで着実に結果を残し、2020年1月にマンチェスター ユナイテッドへの移籍が決まりました。 25歳と若く、マンチェスター・ユナイテッドでも期待がかかる選手です。 ウイイレアプリ2020でブルーノ フェルナンデスを持っていないという方は、確定スカウトで獲得しておくことをおすすめします。

次の

ウイイレ FP ブルーノフェルナンデスの能力(CS3/30)

ブルーノ フェルナンデス ウイイレ 2020

名前:ブルーノ・ミゲル・ボルジェス・フェルナンデス 生年月日:1994年9月8日 国籍:ポルトガル チーム:スポルティングCP 身長:173cm 体重:65kg 利き足:右 2019-20シーズンは記事執筆時点(2020年3月)で公式戦37試合に出場18ゴール18アシストを記録しています(マンU加入前のスポルティングCPの成績も含む)。 今やマンチェスター・ユナイテッドという名門クラブでプレーするブルーノ・フェルナンデスですが、 ここまでは決して平坦な道のりではありませんでした。 あまり知られてはいませんが、ブルーノ・フェルナンデスはイタリアでの5年間の下積み時代を経験しています。 以下ではブルーノ・フェルナンデスの生い立ちを紹介しつつ、ブルーノ・フェルナンデスのプロキャリアをまとめていきます。 ブルーノ・フェルナンデスの生い立ち&キャリア ブルーノ・フェルナンデスは、1994年9月8日、ポルトガルのポルト県マイアで生まれました。 ポルト県はポルトガル第2の都市であり、大西洋に面した北西部に位置します。 2002年、当時6歳だったブルーノ・フェルナンデスはインフェスタというクラブのユースチームに加入します。 ちなみにインフェスタについては、2018-19シーズン各地域リーグの1部リーグ(ポルトガル5部リーグに相当)に所属するチームでそれほど大きい規模のチームではありません。 そのチームのユースチームに2年間在籍したのち、2004年には同じポルトガルのボアヴィスタのユースチームへと移籍します。 ボアヴィスタは2018-19シーズンにポルトガル1部リーグで8位のクラブでポルトガル国内ではそこそこ有名なクラブです。 ボアヴィスタのユースチームに加入したブルーノ・フェルナンデスは2012年まで在籍し約8年間プレーしました。 そして2012年夏からはイタリアのノヴァーラ・カルチョというチームへ活動の拠点を移します。 このチームに加入する際はユース契約での入団でしたが、ブルーノ・フェルナンデスは加入からわずか数週間で当時セリエBに所属していたトップチーム登録されます。 トップチーム昇格した時のブルーノ・フェルナンデスの年齢は18歳です。 その ノヴァーラ・カルチョでのブルーノ・フェルナンデスは2012-13シーズンに23試合に出場し4ゴールを収めます。 ユースチームでの出場数、ゴール数を含めると29試合7得点と初の国外&イタリア挑戦にしてはまずまずの結果でシーズンを終えました。 そして2013年夏にはノヴァーラとの共同保有というかたちでブルーノ・フェルナンデスはウィディネーゼ・カルチョ(セリエA)へと移籍します。 さん brunofernandes. 10 がシェアした投稿 — 2017年 7月月1日午後2時42分PDT スポルティングCPでは2017-18シーズン、2018-19シーズンとレギュラーで活躍し、2シーズン合計で108試合48ゴールと驚異的な記録を収めています。 スポルティングCPでの活躍を受け、2020年1月にはイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定。 マンチェスター・ユナイテッドでは加入後即座に結果を残し、スールシャール監督の信頼を勝ち取っています。 ブルーノ・フェルナンデスのポジション ブルーノ・フェルナンデスがプレーするポジションは インサイドハーフやトップ下が多いです。 スポルティングCPは試合によってフォーメンションを変えることもありますが、基本4-3-3のフォーメーションで戦うことが多いようです。 ちなみに4-3-3のフォーメーションのときのブルーノ・フェルナンデスは左のインサイドハーフで起用されることが多いです。 ブルーノ・フェルナンデスのプレースタイル ブルーノ・フェルナンデスの強み ・チャンスメイク ・決定力 以下からはブルーノ・フェルナンデスのプレースタイル、ストロングポイントを1つずつ解説していきます。 チャンスメイク 決定機を演出するプレーはブルーノ・フェルナンデスの1つの武器です。 例えば 味方の相手選手の背後を取る動きに合わせるスルーパスやロブパス、 敵陣ペナルティーエリア前でボールを左右に動かし味方選手の得点をアシストできます。 また、サイドに流れてボールを受けたり、持ち上がってゴール前にいる選手へのクロス、パスで得点を演出するシーンも見られます。 さらに相手のタックルを細かいタッチのドリブルでかわしたり、相手選手に対して後ろ向きにボールを受けそこからの素早い反転でプレスをかわし一気に敵陣まで持ち上がります。 ブルーノ・フェルナンデスは パスはもちろんドリブルも上手いため守備側は対応が難しい選手です。 決定力 決定力の高さもブルーノ・フェルナンデスのプレースタイルを語る上で欠かせない要素です。 特にボックス外からのシュートを武器としていて、 遠目からもゴール隅に強烈なシュートを蹴れます。 スポルティングCPではフリーキックを任されており、キーパーが届かない絶妙なコースに直接ゴールを決めるシーンが見られます。 また、バイタルエリアでボールを受け中央の味方選手とのコンビネーションで相手選手を抜き去りキーパーと1対1の状況を作ったり、 2列目から前線に飛び出し相手ディフェンダーの背後を取る動きが見られます。 キーパーと1対1の状況ではループシュートやゴール隅へのシュートで得点を奪ったり、近くに味方選手がいればその選手へのパスで得点をアシストしたりと様々な選択肢を持っている選手です。 ゴール前で味方のシュートのこぼれ球を押し込んだりサイドからのパスやクロスに合わせるゴールも見られ、 ゴールへの嗅覚にも優れたプレイヤーです。 まとめ 今回はブルーノ・フェルナンデス特集ということで生い立ちやポジション、プレースタイルを解説しましたがいかがでしたでしょうか。 2020年1月にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まったブルーノ・フェルナンデスですが、ここに来るまでは地元ユースチームを渡り歩き、イタリアでの5年間の下積みを経験しています。 2017年に故郷であるポルトガルへ帰還してからは、異常なスピードでゴールを積み上げ、2018-19シーズンは飛躍の年となりました。 プレースタイルについては持ち前のキック精度を活かしたパスやシュートで得点につながるプレーを得意とします。 マンチェスター・ユナイテッド移籍後のブルーノ・フェルナンデスは加入後即座に結果を残しているようで、今後の活躍が楽しみな選手です。

次の