デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル。 ステロイドの強度を一覧にしました│顔への誤使用を防止するために

ステロイド外用剤の強さは?~5つのランクと使い分け

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

ランク 一般名 主な商品名 一般的な使い方 I 群 strongest (最も強力) クロベタゾールプロピオン酸エステル 0. 05%• デルモベート 最も体に吸収されやすい成分を使用。 含まれる成分量は少ないが、作用が強いため原則として子供には処方されない。 連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。 ジフロラゾン酢酸エステル 0. 05%• ダイアコート• ジフラール II 群 very strong (かなり強力) モメタゾンフランカルボン酸エステル 0. フルメタ 大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に処方されることが多い。 大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の場合は数回にとどめるよう注意を。 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 0. 05%• アンテベート フルオシノニド 0. 05%• トプシム ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 064%• リンデロン-DP ジフルプレドナート 0. 05%• マイザー ジフルコルトロン吉草酸エステル 0. ネリゾナ• テクスメテン 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 0. パンデル III 群 strong (強力) デプロドンプロピオン酸エステル 0. エクラー 大人への処方は全身~体幹部限定、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。 デキサメタゾンプロピオン酸エステル 0. メサデルム デキサメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ボアラ• ザルックス ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ベトネベート• リンデロン-V ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. 025%• ベクラシン フルオシノロンアセトニド 0. 025%• フルコート プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0. リドメックス IV 群 medium (中程度) アルクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. アルメタ 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。 連続使用は、大人は2週間以内に、子供は1~2週間以内に。 クロベタゾン酪酸エステル 0. 05%• キンダベート ヒドロコルチゾン酪酸エステル 0. ロコイド デキサメタゾン 0. グリメサゾン トリアムシノロンアセトニド 0. レダコート V 群 weak (弱い) プレドニゾロン 0. プレドニン ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので、安心できない。 薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。 連続使用は、大人も子供も2週間以内に。 ランク I 群:strongest(最も強力) 一般的な使い方 最も体に吸収されやすい成分を使用。 含まれる成分量は少ないが、作用が強いため原則として子供には処方されない。 連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。 一般名・主な商品名 クロベタゾールプロピオン酸エステル 0. 05%• デルモベート• マイアロン ジフロラゾン酢酸エステル 0. 05%• ダイアコート• ジフラール ランクII 群:very strong(かなり強力) 一般的な使い方 大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に処方されることが多い。 大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の場合は数回にとどめるよう注意を。 一般名・主な商品名 モメタゾンフランカルボン酸エステル 0. フルメタ• マイセラ ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 0. 05%• アンテベート• アンフラベート フルオシノニド 0. 05%• トプシム• シマロン ベタメタゾンジプロピオン酸エステル 0. 064%• リンデロン-DP• デルモゾールDP など ジフルプレドナート 0. 05%• マイザー• スチブロン など ジフルコルトロン吉草酸エステル 0. ネリゾナ• テクスメテン• ネリザ• ネリプロクト など 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 0. パンデル ランクIII 群:strong(強力) 一般的な使い方 大人への処方は全身~体幹部限定、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。 一般名・主な商品名 デプロドンプロピオン酸エステル 0. エクラー• エクラープラスター• アロミドン デキサメタゾンプロピオン酸エステル 0. メサデルム デキサメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ボアラ ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ベトネベート• リンデロン-V• デルモゾール フルオシノロンアセトニド 0. 025%• フルコート プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0. リドメックス• スピラゾン ランクIV 群:medium(中程度) 一般的な使い方 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。 連続使用は、大人は2週間以内に、子供は1~2週間以内に。 一般名・主な商品名 アルクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. アルメタ• ビトラ クロベタゾン酪酸エステル 0. 05%• キンダベート• キンダロン• パルデス ヒドロコルチゾン酪酸エステル 0. ロコイド デキサメタゾン 0. オイラゾン• アフタゾロン口腔用軟膏 トリアムシノロンアセトニド 0. レダコート ランクV 群:weak(弱い) 一般的な使い方 ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので安心できない。 薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。 連続使用は、大人も子供も2週間以内に。 一般名・主な商品名 プレドニゾロン 0. プレドニゾロン 当サイトで取り扱いのある商品をご紹介いたします。 アンテドラッグである「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」は、患部では「middium」、体内で吸収分解されると「weak」の作用となります。 >>>その他の関連情報はこちら•

次の

商品一覧 : デキサメタゾンプロピオン酸エステル

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

>外用副腎皮質ステロイド薬 マイルド 価格 製薬会社• 販売元: 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、虫さされ、薬疹・中毒疹、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、紅皮症、慢性円板状エリテマトーデス、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、斑状アミロイドージス、天疱瘡群、家族性良性慢性天疱瘡、類天疱瘡、円形脱毛症 用法・用量• 通常、1日1~数回、適量を患部に塗布する。 禁忌 【禁忌】 次の患者には使用しないこと• 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症〔免疫を抑制し、感染症が悪化するおそれがある。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎〔穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔組織修復・肉芽形成を抑制し、治癒が遅延するおそれがある。 〕 副作用 (頻度不明) 緑内障、後のう白内障 眼瞼皮膚への使用に際しては 眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、 後のう白内障、緑内障等があらわれることがある。 注意 重要な基本的注意 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合にはあらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか又はこれらとの併用を考慮すること。 大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状があらわれることがある。 適用上の注意 使用部位 眼科用として使用しないこと。 使用方法 患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意すること。 高齢者への使用 一般に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては注意すること。 妊婦、産婦、授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。 〔妊婦に対する安全性は確立していない。 〕 小児等への使用 長期・大量使用又は密封法(ODT)により、発育障害をきたすおそれがある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意すること。 一般名同一薬剤リスト• 日医工株式会社 薬剤一覧• 池田薬品工業株式会社 薬剤一覧•

次の

ステロイド外用剤一覧|株式会社ナチュラルファーマシー ファミリー薬局

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

ランク 一般名 主な商品名 一般的な使い方 I 群 strongest (最も強力) クロベタゾールプロピオン酸エステル 0. 05%• デルモベート 最も体に吸収されやすい成分を使用。 含まれる成分量は少ないが、作用が強いため原則として子供には処方されない。 連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。 ジフロラゾン酢酸エステル 0. 05%• ダイアコート• ジフラール II 群 very strong (かなり強力) モメタゾンフランカルボン酸エステル 0. フルメタ 大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に処方されることが多い。 大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の場合は数回にとどめるよう注意を。 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 0. 05%• アンテベート フルオシノニド 0. 05%• トプシム ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 064%• リンデロン-DP ジフルプレドナート 0. 05%• マイザー ジフルコルトロン吉草酸エステル 0. ネリゾナ• テクスメテン 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 0. パンデル III 群 strong (強力) デプロドンプロピオン酸エステル 0. エクラー 大人への処方は全身~体幹部限定、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。 デキサメタゾンプロピオン酸エステル 0. メサデルム デキサメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ボアラ• ザルックス ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ベトネベート• リンデロン-V ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. 025%• ベクラシン フルオシノロンアセトニド 0. 025%• フルコート プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0. リドメックス IV 群 medium (中程度) アルクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. アルメタ 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。 連続使用は、大人は2週間以内に、子供は1~2週間以内に。 クロベタゾン酪酸エステル 0. 05%• キンダベート ヒドロコルチゾン酪酸エステル 0. ロコイド デキサメタゾン 0. グリメサゾン トリアムシノロンアセトニド 0. レダコート V 群 weak (弱い) プレドニゾロン 0. プレドニン ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので、安心できない。 薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。 連続使用は、大人も子供も2週間以内に。 ランク I 群:strongest(最も強力) 一般的な使い方 最も体に吸収されやすい成分を使用。 含まれる成分量は少ないが、作用が強いため原則として子供には処方されない。 連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。 一般名・主な商品名 クロベタゾールプロピオン酸エステル 0. 05%• デルモベート• マイアロン ジフロラゾン酢酸エステル 0. 05%• ダイアコート• ジフラール ランクII 群:very strong(かなり強力) 一般的な使い方 大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に処方されることが多い。 大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の場合は数回にとどめるよう注意を。 一般名・主な商品名 モメタゾンフランカルボン酸エステル 0. フルメタ• マイセラ ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 0. 05%• アンテベート• アンフラベート フルオシノニド 0. 05%• トプシム• シマロン ベタメタゾンジプロピオン酸エステル 0. 064%• リンデロン-DP• デルモゾールDP など ジフルプレドナート 0. 05%• マイザー• スチブロン など ジフルコルトロン吉草酸エステル 0. ネリゾナ• テクスメテン• ネリザ• ネリプロクト など 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 0. パンデル ランクIII 群:strong(強力) 一般的な使い方 大人への処方は全身~体幹部限定、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。 一般名・主な商品名 デプロドンプロピオン酸エステル 0. エクラー• エクラープラスター• アロミドン デキサメタゾンプロピオン酸エステル 0. メサデルム デキサメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ボアラ ベタメタゾン吉草酸エステル 0. 12%• ベトネベート• リンデロン-V• デルモゾール フルオシノロンアセトニド 0. 025%• フルコート プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0. リドメックス• スピラゾン ランクIV 群:medium(中程度) 一般的な使い方 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。 連続使用は、大人は2週間以内に、子供は1~2週間以内に。 一般名・主な商品名 アルクロメタゾンプロピオン酸エステル 0. アルメタ• ビトラ クロベタゾン酪酸エステル 0. 05%• キンダベート• キンダロン• パルデス ヒドロコルチゾン酪酸エステル 0. ロコイド デキサメタゾン 0. オイラゾン• アフタゾロン口腔用軟膏 トリアムシノロンアセトニド 0. レダコート ランクV 群:weak(弱い) 一般的な使い方 ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので安心できない。 薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。 連続使用は、大人も子供も2週間以内に。 一般名・主な商品名 プレドニゾロン 0. プレドニゾロン 当サイトで取り扱いのある商品をご紹介いたします。 アンテドラッグである「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」は、患部では「middium」、体内で吸収分解されると「weak」の作用となります。 >>>その他の関連情報はこちら•

次の