犬鳴 村 福岡。 犬鳴村の伝説と真実!日本国憲法が通用しない村の現在や事件まとめ【犬鳴峠】

犬鳴村のロケ地撮影場所は?都市伝説とされる所以も調査!|CINEMA Adjust

犬鳴 村 福岡

事件の概要 昭和63年12月7日 当時20歳だった被害者Aさんはは地元のT高校卒業後、 スチール製造工場へ就職しました。 十万円の給料のうち7万円を母親に渡すほどの親孝行で、内気でおとなしい青年だった。 7日の夕方、Aさんは仕事から帰宅途中で信号待ちをしていたところ、 主犯の少年(当時19歳)ら5人に「女を送るのに格好つかんたい。 車貸せ」と言われました。 Aさんがそれを断ったところ、袋叩きにされ連行されました。 深夜2時、見張り役の少年が寝込んだすきに監禁場所を抜け出し、Aさんは家に向かって2キロも歩き続けました。 (周りに家や通りがかった車に助けは求めなかった) しかしAさんは、再び路上で拉致されてしまったのです。 犯人達は苅田港に蹴り落としましたが、岸壁のフェンスにしがみつき「助けてくれ」と泣き叫ぶ彼の手にバールを打ち下ろしました。 Aさんの顔は変形し、フェンスをつかんだ手から血が流れ・・・ やがて、Aさんはぐったりし声も出さなくなったが、手だけは離しませんでした。 「もう、いいやろ。 かわいそうやから、やめよう」と犯人達の中からも声が上がっていましたが、主犯の少年は「俺たちは殺人未遂の共犯やけんな。 捕まらんよう殺してしまうぞ」と言い、Aさんはその後も殴られ続けました。 その後、力丸ダムに沈めようとするも「死体が浮いたらバレる」ということで中止し、 「顔がわからんよう焼き殺そう」と犬鳴峠に向かいました。 旧犬鳴峠に着き、ガソリンを頭からかけたところ、被害者が悲鳴をあげそれがトンネル内に響き渡った為、犯人らは一瞬ひるみました。 Aさんは、そのすきを見て逃走しました。 トンネルを抜け、雑木林を逃げ回り、山中を駆け登りました。 少年らは「悪かった。 もう何もしないから降りて来い。 嘘はいわん」と呼びかけそれを信じて降りてきたAさんはまたもや少年らに捕まりました。 シャツをちぎって口に押し込み・・・ Aさんは両手足を縛られ、大きな石で頭を5回打ち付けられました。 その割創傷は7センチに及び血しぶきがガードレールまで飛んだとのこと。 それでも「助けてくれ」と命乞いをする彼をガソリンをかけライターで火をつけた少年たち。 被害者はのたうり回りました。 転げ回った末、トンネルの入り口まで走り、そこで力尽きて倒れました。 少年らは死んだかどうかを3回目も確認し、ようやく動かなくなったの見届けて市内に帰っていきました。 かけられた石油はわずか0.7リットルだったとか。 つまりAさんは、中途半端に燃えてもがき苦しんで死んだのです。 こんなことで1人の男性が殺されてしまったのだと思うと、胸が痛みます。 被害者Aさんは当時20歳、主犯の少年は19歳。 同じ年頃だったようですが、性格はまったくちがうタイプだったのでしょう。 許されない事件だと思います。 こんな理由で人を殺すことができる人間なんて最低です。 人間のすることではありません。 犬が激しく鳴き続けるので獲物がとれぬと、この犬を鉄砲で撃ったそうな。 ふと見上げると1丈5、6尺(約5m)程の大蛇が姿をあらわした。 犬が鳴いて危険を知らせたものを、誤って撃ったことに猟師は後悔した。 猟師は鉄砲を捨ててお坊さんになり、この山に犬の塔を立てたそうな。 それから犬鳴という。 犬鳴トンネル 現在は「新犬鳴トンネル」が開通しているようなので、普通に走っているとわからないようです。 ただ、現在も両方面ともに「新犬鳴トンネル」の入り口直前に旧道への入り口があるようです! 関連記事: 犬鳴峠で他の事件 焼殺事件ですでに胸がいっぱいになってしまっていますが、犬鳴峠では他にも事件がありました。 ・犬鳴ダム 死体遺棄事件 あまり詳細がないのですが、2000年1月に犬鳴ダムで死体が発見されたようです。 女性の白骨死体という噂もありますが、本当のことはわかりません。 ・「幽霊を見に行こう」犬鳴の帰りに起きた凄惨な死亡事故 2001年2月、「犬鳴峠に幽霊を見に行こう」とでかけた5人組がいました。 軽乗用車で犬鳴峠へ行き、その帰り道にトラックと正面衝突し、4人が死亡、1人が重体。 5人組は全員10代で、15歳~18歳だったようです。 免許取りたてだったのではないでしょうか? ちなみにトラックの運転手は軽傷でした。 諸説があるのですが、今回は3つの説を紹介します。 ・被差別地域説 この地域に住む人は自給自足で生活している、とか。 江戸時代から存在していると言われ、犯罪者や逃亡者が集まってできたとも言われています。 外界との接触を断つことで、差別されることなく生活ができるようです。 ・伝染病患者の隔離村説 昔、犬鳴の辺りにはハンセン氏病に似た皮膚病やその他伝染病患者を隔離する場所があり、結果的に集落のようなかたちができたようです。 現在もその集落は残っていると言われていますが、人が住んでいる気配はないようです。 ・避け地説 警察や国家権力が介入することのない地域。 住民は高齢者ばかりだとの説もあります。

次の

犬鳴村は実在した!?恐怖事件や村人の真相・嘘説検証や行き方まとめ

犬鳴 村 福岡

1972年7月27日群馬県出身。 大学で演劇を専攻し、脚本家・石堂淑朗氏に師事。 同郷の小栗康平監督作『眠る男』(96)の見習いスタッフで業界入り。 小道具、助監督を経て自主制作した3分間の映像を機に黒沢清・高橋洋監督の推薦を受け、98年、関西テレビの短編枠で商業デビュー。 東映Vシネマで原案した『呪怨』シリーズ(99)が口コミで話題になり、劇場版(01,02)を経てサム・ライミ監督によるプロデュースの元、ハリウッドデビュー。 1を獲得。 その他、『稀人』(04)、『輪廻』(05)、『戦慄迷宮3D』(09)、『魔女の宅急便』(14)、4DX専用の『雨女』 16 や『ブルーハーツが聴こえる/少年の詩』『こどもつかい』 共に17 など。 近年は国内外でプロデューサーも兼任し、『キョンシー』(13・香港)、『稲川怪談:かたりべ(14)、『バイオハザード:ヴェンデッタ』(17)などを手掛ける。 理論物理学の最先端「ひも理論」にエンタメ要素を用いた3Dドームによる科学映画『9次元からきた男』(16)は国内外で様々な賞を受賞し、現在も日本科学未来館にて上映中。 ホラーやスリラーを中心に、ファンタジーやコメディ、ミステリー、SFなど様々なジャンルに取り組んでいる。

次の

【閲覧注意】最恐の心霊スポット「犬鳴トンネル」へ潜入…『犬鳴村』は実在した<写真36点>

犬鳴 村 福岡

福岡県で最も有名な心霊スポットといえば、なんといっても 「犬鳴峠(いぬなきとうげ)」です。 実際に 人が亡くなった事故や事件が多発しており、福岡どころか、 日本最恐 といっても過言ではありません。 犬鳴峠には、 旧犬鳴トンネルがあります。 ここもまた単体で、心霊スポットとして有名なのですが…… この旧犬鳴トンネルの先には、 日本国憲法が通用しない という伝説の 「犬鳴村」があるというのです。 今回は福岡県の最恐心霊スポット、犬鳴峠と旧犬鳴トンネル、そして犬鳴村伝説と実際に起こった 4つの殺人事件や事故についてまとめて紹介します。 また旧犬鳴トンネルの 場所や行き方も解説しますので、要チェックです。 福岡県の最恐心霊スポット:犬鳴峠の心霊現象 犬鳴峠では、今までに数多くの心霊現象や心霊体験が語られています。 山道の下りにさしかかるとブレーキが効かなくなり、事故を起こしそうになる。 車の計器がおかしな動作を起こし、電子機器類にも異常を引き起こす。 近づいた人間が金縛りにあうなど、体に変調をきたす。 犬鳴峠での心霊体験や本当にあった怖い話はでくわしくまとめています。 ぜひご覧ください。 福岡県の最恐心霊スポット:犬鳴峠と旧犬鳴トンネルの場所と行き方 犬鳴峠とは、福岡県宮若市と福岡県糟屋郡久山町との境(犬鳴山)をまたいで存在している峠のことを指します。 犬鳴峠には現在トンネルが開通しています。 これが 「新犬鳴トンネル」で、県道21号線にあたります。 犬鳴峠の心霊現象は、この新犬鳴トンネルでも起こるといわれています。 しかし本当にヤバいのは、この犬鳴峠にある 旧犬鳴トンネル(正式名称は「犬鳴隧道(いぬなきずいどう)」)です。 新犬鳴トンネルが開通したことで、旧犬鳴トンネルにつながる道が新犬鳴トンネル側に付け替えられたのが1975年のこと。 そのため旧犬鳴トンネル、およびそこに向かう道は 旧道(現在の主要道路ではない道路)となりました。 さらに現在では、旧犬鳴トンネルとそこに向かう旧道は 原則立ち入りが禁止され、廃道になっています。 崩落の危険などのほか、不法投棄や不良のたまり場になってしまっていたからです。 実際に、凄惨な殺人事件も……。 では旧犬鳴トンネルには、どうやって行ったらよいのでしょうか? 久山町側はトンネルには行きやすいのですが、先ほど書いた通り、防犯上の理由で 閉鎖されています。 柵で通行止めになっているほか、防犯カメラも設置され、 不法侵入者は警察に通報されるというむねの看板が立っています。 宮若市側(犬鳴ダム側)の旧道は、開閉式の柵があり車の通行が規制されています。 一見、通行止めに見えるのですが、実は犬鳴山の河原之河内 かわらんこうち から続く登山道がここにつながっているため、 登山者なら登山道として通ることが許可されています。 車で行くなら、 犬鳴ダムの駐車場を利用しましょう。 犬鳴ダムは若宮氏の県道21号沿いにある県営ダムです。 犬鳴ダムから新犬鳴トンネル方面へ徒歩で向かいます。 徒歩15分ほどで、旧犬鳴トンネルに続く、 柵で閉鎖された旧道に着くはずです。 この柵から旧道を進むこと15分、 旧犬鳴トンネルに到着します。 途中には 犬鳴山への登山道がうかがえるほか、 犬鳴隧道の開通碑が目に入るでしょう。 そして開通碑の右側に旧犬鳴トンネルがあるのですが、 現在はコンクリートブロックでふさがれていて、入ることはできません。 ほんの少し隙間が空いているので、中をのぞくことはできます。 また当然、かつては中に入ることができました。 トンネルに入れた当時は、白い車で行くと、車のいたる所に赤い血で染められた手形がついたりしたそうです。 この旧犬鳴トンネルを抜けた先には、 日本の地図から消されてしまった「犬鳴村」が広がっているという伝説があります。 と、ここで犬鳴村伝説のお話に入る前に、 旧犬鳴トンネルで実際に起こった、凄惨な殺人事件について紹介したいと思います。 この事件を知ったら、トンネルが現在ではブロックでふさがれてしまったのも納得のはず……。 犬鳴峠(旧犬鳴トンネル)で実際に起こった4つの惨殺事件と死亡事故 福岡県の最恐心霊スポット、犬鳴峠の逸話はこれだけでは終わりません。 旧犬鳴トンネルでは、1990年代後半に 凄惨な殺人事件が起こっているのです。 5人の少年が知り合いの人間を拉致、リンチを加えたうえに生きたままガソリンをかけ、焼き殺したといいます。 心霊スポットは基本的に人目につかない場所や、薄暗いところが多いので、同時に総じて 不良やヤンキーのたまり場になりがちです。 人目につきにくいということは、 事件も起こりやすいということ。 実際に2000年1月13日には、犬鳴ダムで 女性の白骨死体が発見されるという事件が起こっています。 詳細は不明とのことで、現在も事件の全貌は明らかになっていません。 そんな事件の被害者の無念が、さらなる心霊現象を呼び起こしているのかもしれません。 そんな犬鳴峠で心霊スポット探検に行った帰りには、必ず 事故に遭うといいます。 たとえば1992年6月28日の、北九州市の自動車事故です。 少年10人が乗った自動車が電柱に激突。 幸い死者はでなかったものの、重傷者が多く有名になりました。 犬鳴峠への心霊スポット探検を行った帰り道での事故でした。 また2001年2月10日、福岡県二丈町福井では、少年ら5人が乗った軽自動車が2トントラックと正面衝突を起こしています。 4人が死亡したとのことですが、生き残った1人によれば、 犬鳴峠に幽霊を見に出かけた先での事故だったようです。 村の入り口には、 「コノ先、日本国憲法通用セズ」と書かれた看板があるそうです。 旧犬鳴トンネルがまだ通じていたころ、見たものがいるといいます。 犬鳴村は 江戸時代からあるといわれます。 一般社会から隔離され、 迫害された人々が寄せ集まって作られた村という説があるからです。 また別の説では、 疫病が流行したときに、その病にかかった患者たちを犬鳴村に無理やり追いやったとも……。 どちらの説にしろ、犬鳴村の人たちは通常社会から完全に隔絶された場所に追いやられ、閉鎖的な村の生活を送らされたのです。 犬鳴村には現在でも、迫害された経験を子々孫々まで受け継いだ人々が住んでおり、外の社会の人間に対する恨みをもっていると伝えられます。 また犬鳴村に行った者が、村の広場に放置された、 白いセダンの残骸を見たという話があります。 この白のセダンのナンバープレートは、 島根のものでした。 かつて、島根県から福岡県の心霊スポットを巡っていたカップルがいました。 犬鳴村の噂を聞いて面白半分で村に入ったところ、 鎌やクワをもった村人たちにセダンから引きずり降ろされ、殺されたという事件があったといいます。 放置された白のセダンは、この事件の被害者のものだったのでしょうか……。 また先に話したように、旧犬鳴トンネルに 白い車で入ると、 赤い血の手形がつくといわれています。 なんとも因縁めいていますね。 今回は福岡県の最恐心霊スポット「犬鳴峠」と、それにまつわる旧犬鳴トンネルや犬鳴村伝説を紹介。 実際に起こった4つの事件や事故、場所や行き方を解説しました。 福岡県には犬鳴峠以外にも、や、、など、本当に怖い心霊スポットがたくさんあります。 どれもオカルトオンラインでまとめていますので、ぜひご覧ください。 現在はまだ、旧犬鳴トンネルを目にすることができます。 しかし唯一の入口も、近い将来には完全に閉鎖されてしまうでしょう。 ホラー好きの方は、今のうちに日本屈指の心霊スポットを訪れてみてはいかがでしょうか。 しかしもちろん、自己責任でお願いします……。

次の