川崎 フロンターレ ジュニア ユース。 FC Kanaloa

県リーグ vs 川崎フロンターレ(等々力第一サッカー場)|マリノスユースとそのまわり

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

川崎フロンターレでは、2019年度新中学1年生を対象とした、川崎フロンターレU-13セレクションを実施しますので、お知らせいたします。 決定次第「お知らせ」に掲載いたします。 なお、トップチームのセレクションは実施いたしません。 承諾書 参加者は「保護者」と(チームに所属している方は)「代表者」の承諾が必要となります。 1次セレクション当日、承諾書を会場に持参してください。 承諾書の提出が無い場合、セレクションの参加は出来ませんので、あらかじめご了承ください。 実施日 【1次セレクション】下記より選択(いずれか1回) 【 フィールドプレーヤー 】 No. [3次セレクション 9月12日(水)等々力第一サッカー場にて17:00-20:30で実施予定]選考基準、最終合格者数は公表しておりません。 日程は9月10日16:30からになります。 測定結果はお伝えできません。 [3次セレクション 9月12日(水)等々力第一サッカー場にて17:00-20:30で実施予定]選考基準、最終合格者数は公表しておりません。 (同じ日に2つ受けるのは不可) ご希望の方は、専用応募フォームからそれぞれお申込みください。 申込方法 下記必要事項を入力し、からお申込ください。 振込をした際の名前(JYの後の部分を全角カタカナで) 2. 振込をした日付 3. 受験者氏名(ふりがな) 5. 保護者氏名(ふりがな)、続柄 6. 郵便番号、現住所 7. 電話番号(自宅) 8. 日中連絡のつきやすい連絡先(携帯電話等) 9. 生年月日(西暦) 11. 身長、体重(本人) 12. 身長(両親) 13. 利き足 14. 50m走タイム 17. サッカー歴(例『5年』) 18. 学校名 20. 国籍(二重国籍の方は両方お書きください) 21. 自宅からの最寄駅までの所要時間 22. 自宅から等々力第一サッカー場までの所要時間 23. その他 原則的に試験日の振替は行いません。 スケジュール、コンディションを合わせご参加ください。 (1次セレクションに参加する際に持参していただきます)• 関連するお知らせ• 2020-06-15 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 2020-06-08 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 2020-05-28 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 2020-05-28 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 2020-05-28 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 2020-05-13 U-13 OR アカデミー OR セレクション OR 富士通スタジアム OR 川崎市 OR 等々力• 過去のお知らせ• カテゴリー•

次の

【ジュニアユース セレクション】川崎フロンターレ(神奈川県)

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

RENTAL 期限付き移籍選手 川崎フロンターレから他クラブに期限付きで移籍中の選手• マギーニョ "MAGUINHO" Magno Jose da Silva 現所属• 馬渡 和彰 Mawatari Kazuaki 現所属• タビナス ジェファーソン "TABINAS JEFFERSON" Tabinas Jefferson David 現所属• 知念 慶 Chinen Kei 現所属• 鈴木 雄斗 Suzuki Yuto 現所属• ポープ ウィリアム Popp William 現所属• 遠野 大弥 Daiya Tono 現所属• カイオ セザール "CAIO CESAR" Caio Cesar da Silva Silveira 現所属• 宮城 天 Miyagi Ten 現所属.

次の

フロンターレU15(新2年)

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

(2年生) 結果は 1次不合格。 それなりに実力は出せて、シュートにパスにディフェンスに頑張っていましたが、結果は結果。 課題はたくさん見えてきたので、来年に向けて頑張っていきましょー! 今回セレクションを受けてみて、どのくらいのレベルなら合格できるのか? 何が出来て、何が出来ていないのかが少し見えたので、シェアしていこうと思います。 川崎フロンターレエリートクラスって何? エリートクラスって何なんの?どんな子が入れるの? というところをサクッと説明すると。 「将来フロンターレのトップチームで活躍することができる選手の育成」 「チームに入れる人数が限られているのでスクールでの獲得も狙う」 とのことです。 つまり、将来川崎フロンターレで活躍できる選手を、チームだけじゃなくスクールからも育てていこう!ということ。 マリノスとかもそうですが、小学生年代にチームに入っていても、ジュニアユースに上がれるのは一握りですよね。 ジュニアユースからJに入りたい場合、こういったスクールに入っておくのが非常に有利なわけです。 このあたりの情報に詳しい人から聞いた話では、ジュニアユースに入るのは、フロンターレエリートクラスやマリノススペシャルというスクールからのほうが多いとかなんとか。 一般のセレクションも行いますが、そこからの合格者はほとんどいません。 だから、中学時代にJクラブに入るには、エリートクラスに合格するのが近道なんです。 エリートクラスの募集の詳細はこんな感じ。 練習会場の「下野毛グラウンド」に90分以内で通える選手。 1次セレクションには100人以上の受験者がいましたが、その中から1~6人と非常に 狭き門なんです。 それから、50m走を2本はしり、あとは4対4のゲームを5試合ほどやりました。 ウォーミングアップでの足元の技術や、50m走での足の速さも見られています。 また4対4では1次試験にもかかわらず、結構レベルが高かったです。 セレクションで合格するのはどんな人? こちらの記事でどんな人が合格するのか書いてありました。 足がめちゃくちゃ早かったり、背がめちゃくちゃ高かったり、左利きだったりというのもポイントの一つですね。 足元の技術はほとんどの子が基本的に上手です。 2年生とは思えないほど上手い・・・。 我が子も、毎日ボールタッチやドリブル練習をしていますが、あまり目立っていませんでした。 その中で感じたことは ・スピードの中での正確な技術 ・イノシシみたいに突っ込んでいくのではなくスペースを見つけてボールを運べる ・ボールを失わない ・周りを見て的確なポジショニングを取れる 事が大事かなと。 ま、当たり前のことですね。 他のコートも見ていましたが、ぱっと目につく子は、技術・スピード・判断力が頭ひとつ抜けていると感じました。 これらのことが出来ていて、さらに自分の武器を持っている人が合格するんだろうな。 と思います。 うちの子は、50m走ではビリッケツ。 身長も低い。 左足はあまり使えない。 と不合格になる要素満載(笑) 技術面ばかりに目を向けていましたが、頭を使ったプレイをもっと増やして判断力を磨かないと目立てないかな。 あとは、ご飯を食べてよく寝てフィジカルやアジリティもアップしないと。 とはいえ、急激なレベルアップは無理です。 小学生のときは、生まれ持った体の大きさや足の速さの差はある程度しかたないですしね。 中学生、高校生に鳴ったらそのあたりは埋まってくるはずなので、今やるべきことをコツコツ積み上げていくことが大事かと。 では、今やるべきことは何なのか? これはめちゃくちゃ難しい。 小学生年代は神経系が発達する時期なので、そこをうまく伸ばせればいいかなぁと思っています。 足元の技術 苦手な足 コーディネーション 周りを見ること 考える事 たくさん失敗して学ぶこと サッカーの試合を見ること ご飯をたくさん食べること ・ ・ ・ やること多すぎですわ・・・。 落ちたときの息子の反応とその後 いろいろ思うところはありますが、サッカーをしているのは私ではありません。 親が熱くなっても子供の気持ちがついてこないとダメ。 息子はセレクション終了後の車の中ではワンワンと泣いていました。 「もう川崎フロンターレなんか受けない!」 とか八つ当たりも(笑) 今までこういう挫折を知らなかったので、今回の経験は良かったと思っています。 悔しい思いをして、自分の現在のレベルを知り、「もっとうまくなりたい!」と思ってくれればなぁ。 で、次の日に本人が何を感じてこれからどうしたいのかを話し合いました。 「うまくなりたい!」 とは言うものの、まだそこまで本気になっていないなぁ・・・。 2年生ならこんなもんか(笑).

次の