時候 の 挨拶 7 月。 時候の挨拶/季節の挨拶: 7月 [七月・文月(ふみつき/ふづき)]

7月の時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書

時候 の 挨拶 7 月

まず「この三つの中からどれかを選ばなければならない」という発想が違います。 時候の挨拶の意味や目的に立ち返って考えて頂きたいと思います。 質問者様のように「定められたルールに従って例文集から丸写しする」と考えることが求められるようなものではなく、あくまで「自分の言葉で表現するもの」です。 いわゆる例文集に載っている様々な表現も、過去の先人たちのアイデアの集大成。 それぞれがそれぞれの言葉で語ってきたものから「なかなかいい表現だな」として人々の評価を受けたものが載せられているに過ぎません。 つまりそれはルールではありません。 少なくとも今は猛暑でも盛夏でも酷暑でもありません。 おそらく全国的に8月頃にそういう暑さは訪れます。 質問者様が「暑さより雨が気になる」と季節の空気を感じているのなら、まさにそうした想いを言葉に表すまで。 実際災害にも等しい豪雨が報道されるような環境なんですからそうしたところから先方への想いを綴ることこそが「時候の挨拶」の目的です。 「手紙の書き方という本で調べたら7月の時候の挨拶に『いよいよ夏本番を迎えました』というのがあった」と思考停止して丸写しすることが礼に適っているわけではありません。 「窓から見える海岸に海の家の設営が始まりました。 夏が近づいてきたと感じます」 海辺に暮らす人にしか使えない表現ですが、土地柄まで含めて季節感が伝わってくる時候の挨拶だと思います。 何処かから借りてきたような定型分をコピペすることと比べたら書いた人の思いや人柄も感じられます。 ただこれだって今年の夏は海開きもままならず、やはりこのまま流用出来る表現ではありません。 手紙というのは最初から最後までそういう形で書き手の思いが込められたものです。 まずはご自身で季節の空気感と向かい合ってみましょう。 何らかの例文を参考にするとしてもまずはそういう感じ方からご自身にとっての最適解を導き出していくものです。

次の

7月(上旬・中旬・下旬)に使える時候の挨拶まとめ

時候 の 挨拶 7 月

盛夏の候/仲夏の候/真夏の候/酷暑の候/極暑の候/甚暑の候/猛暑の候/炎暑の候/大暑の候/烈暑の候/三伏の候/小暑の候/ 7月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 盛夏の候は「せいかのこう」。 以下、仲夏(ちゅうか)真夏(まなつ)酷暑(こくしょ)極暑(ごくしょ)甚暑(じんしょ)猛暑(もうしょ)炎暑(えんしょ)大暑(たいしょ)烈暑(れっしょ)三伏(さんぷく)小暑(しょうしょ) 季語を使った七月の時候の挨拶は、私的文書では「盛夏の候、いかがおしのぎですか」「酷暑の候、ますますご清勝のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 昨今の炎暑、いかがおしのぎですか。 ・ 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなりました。 ・ 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。 ・ 海山の恋しい季節を迎えました。 ・ 連日の暑さにすっかり閉口しております。 ・ 寝苦しい毎夜を迎えています。 ・ いよいよ酷暑を迎える季節となりました。 ・ 暑さも耐えがたい毎日が続いています。 七月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「連日しのぎがたい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか」「梅雨も明け、いよいよ夏到来。 ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、すぐに用件(本文)に入ります。 「酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、このたび~」など。 時候の挨拶も省略して「時下ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとしてもかまいません。 結びの挨拶文例(7月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 七月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 7月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬などと、使い分けなくても大丈夫です。 7月なら「猛暑の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、7月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、7月の季節感を出したい場合は、7月に行なわれる行事や雑節などを織り込んで、次のような書き出しにします。 7月の別名や昔の呼び名(和風月名) 7月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 7月の代表的な和風月名は「文月」。 読み方は「ふみづき」。 意味は、書物(文=ふみ)を夜風にさらす月(つき)という風習が転じたもの。 このほかにも諸説あります。 7月の別名には次のような呼び名があります。 愛逢月(あいおうづき)秋初月(あきはづき)女郎花月(おみなえしづき)首秋(しゅしゅう)上秋(じょうしゅう)七夕月(たなばたつき)棚機月(たなばたづき)桐月(とうげつ)桐秋(とうしゅう)七夜月(たなよつき)否月(ひづき)親月(ふづき・ふみづき)相月(ふみづき)文被月(ふみひろげつき)書被月(ふみひろげつき)迎鐘(むかいつき)愛合月(めであいつき)孟秋(もうしゅう)蘭月(らんげつ)蘭月(らんしゅう)流火(りゅうか)涼月(りょうげつ) 7月:外国語の呼び方 7月は英語では「July」(ジュライ)と言いますが、語源は、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定した古代ローマの政治家・ジュリアス・シーザーの生まれた月にちなんでつけられたものと言われています。 今日はソフトクリームの日。 小学生のとき上野科学博物館の地下食堂で食べたソフトクリームの味が忘れられない今日この頃。 いかがお過ごしですか。 今日はかき氷の日。 連日の猛暑日でこちらは毎日がかき氷の日となっています(笑)夏バテなどしていませんか。 今年も娘と入谷朝顔市に行ってきました。 今日と明日は浅草寺のほおずき市ですね。 五年前に家族で行きましたが、あまりの人の多さに、早々と帰ってきました。 お中元のお礼はがき文例<7月> 7月に、お中元をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので前文は省略。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れました。 礼状の書き出しに時候の挨拶を入れないのは、うれしさのあまりに時候の挨拶をを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、最初にお礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の具体的な感想を書いて、季節の挨拶を添えて(7月の場合は「厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」など)、最後に「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きで印刷しました。

次の

時候の挨拶/季節の挨拶: 7月 [七月・文月(ふみつき/ふづき)]

時候 の 挨拶 7 月

社会人になると、取引先など日ごろお世話になっている人に、暑中見舞いを出す機会が増えます。 暑中見舞いには、書き方などのマナーがあるため、しっかり把握することが肝心です。 社会人として恥ずかしくない暑中見舞いの書き方や例文を紹介します。 どうして暑中見舞いを送るようになったの? 暑中見舞いを出すのは、社交辞令だと思っている人もいるかもしれません。 しかし、暑中見舞いには、きちんと目的があります。 また、暑中見舞いを送る時期についても決まりがあるため、しっかり把握しておくことが大切です。 暑中見舞いの目的と成り立ち 暑中とは、例年7月下旬から8月上旬にかけての暑さが最も厳しくなる時期を指します。 暑さによる夏バテなど、体調を崩しやすくなる時期でもあります。 そのため、暑中見舞いには、日ごろお世話になっている人や普段なかなか会えない人の健康を気遣うという趣旨があります。 暑中見舞いの由来は、『お盆』にあります。 お盆は先祖の霊を供養する行事ですが、かつては先祖の霊にお供え物を持参する風習がありました。 江戸時代には、この風習が普段お世話になっている人に贈り物をする風習に変わっていったのです。 さらに、明治時代に郵便制度が発達したことで、贈り物を贈る風習が次第に簡素化され、手紙やはがきを送る習わしに変化しました。 そして、現在の暑中見舞いとして定着したとされています。 梅雨明けから立秋までに出すのが一般的 暑中見舞いを出す時期は諸説ありますが、その一つは、二十四節気の『小暑』から『立秋』までに出すというものです。 小暑と立秋の日にちは毎年変わりますが、それぞれ 7月7日前後と8月7日前後になります。 ただし、小暑の時期に、まだ梅雨が明けていない地域もあります。 暑中見舞いは、猛暑の時期に送り、相手の健康を気遣うためのものです。 そのため、相手の住んでいる地域が梅雨明けをし、本格的な夏を迎えてから立秋までの間に送るのが一般的です。 立秋以降は残暑見舞いにしよう 日々忙しく、「暑中見舞いを出すつもりでいたのに、うっかり忘れてしまった…」ということも起こり得ます。 立秋の前であれば暑中見舞いを送れますが、過ぎてしまった場合は、残暑見舞いを送りましょう。 残暑見舞いは、立秋を過ぎても夏の暑さが続く時期に、相手の健康を気遣うという目的があります。 そのため、暑中見舞いの『立秋まで』というように具体的な終わりの日が決められていません。 しかし、8月末までに出すのが一般的です。 なお、立秋前に暑中見舞いを出しても、配送日数によっては、相手に届くときに立秋を過ぎてしまうことも考えられます。 ぎりぎりの場合は、残暑見舞いを出すのが無難でしょう。 暑中見舞いにはどんなこと書くべき? 初めて取引先に暑中見舞いを送るときは、どんなことを書けばよいのか、悩む人も少なくありません。 しかし、暑中見舞いには、ある程度決まった構成があるため、一度しっかり把握すれば戸惑うこともなくなるでしょう。 お見舞い・時候の挨拶 冒頭には、『暑中お見舞い申し上げます』といったお見舞いの挨拶を書きます。 お見舞いの挨拶には、句点を付けないのがポイントです。 このルールを知らずに、句点を付けている人も少なくないため、注意しましょう。 また、お見舞いの挨拶は、本文の文字よりも少し大きめに書きます。 そうすることで、全体的なバランスが整い、見栄えが良くなります。 お見舞いの挨拶の後には、時候の挨拶が続きます。 時候の挨拶は、そのときの気候に関することを書くのが基本です。 例えばビジネスシーンでは、『盛夏の折、お変わりなくご活躍のことと拝察いたします』というような定型文が使われることが多いです。 相手への気遣いと近況報告 主文には、相手への気遣いと近況報告を書きますが、まず相手への気遣いを先に書きます。 これは、相手を立てるという心遣いが大切だと考えられているためです。 また、自分に関することが相手よりも先になるのは、失礼に当たる場合もあります。 例えば『こちらは元気にしておりますが、貴殿はいかがお過ごしでしょうか?』などです。 近況報告は、送る相手との関係により異なります。 一般的に、ビジネスの場合は『おかげさまで当社の業績も安定し、社員一同心より感謝しております』『平素は大変お世話になり心より感謝申し上げます』といった日ごろの感謝の気持ちを述べることが多いです。 また、状況に合わせて、お中元のお礼や夏季休暇のお知らせ、移転の報告などを記載することもあります。 結びの挨拶 結びの挨拶には、先方の健康を気遣う言葉や活躍を祈る言葉で締めくくるのが一般的です。 相手の健康を気遣う結びの挨拶は、『炎暑厳しき折、なお一層のご自愛のほどお祈り申し上げます』『酷暑の折、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたしております』といった内容です。 また、『御社の益々のご活躍をお祈り申し上げます』『貴社のさらなる繁栄を祈念いたしております』など、相手の活躍や繁栄を願う結びの挨拶もよいでしょう。 時候の挨拶の選び方ポイント 暑中見舞いを書くときに悩む人が多いのが、普段使うことのない『時候の挨拶』です。 気を付けるポイントや、暑中見舞いにおすすめの時候の挨拶文を紹介します。 その年の気候や相手の居住地域に合わせる 時候の挨拶は、『二十四節気』に基づいた季節の挨拶です。 冒頭に時候の挨拶を書くのは、四季や季節の移り変わりを大切にする日本の伝統的な習慣の一つなのです。 暑中見舞いは、毎年同じ時期に出しますが、気候はその年により異なります。 猛暑のときもあれば、冷夏のときもあります。 そのため、その年の気候に合う言葉を選ぶのが基本です。 また、住んでいる地域によっても、気候が異なることもあります。 従って、送る相手の居住地域に合わせることも大切です。 相手の状況を踏まえた上で健康を気遣うというのが、マナーでもあるためです。 暑中見舞いに使える時候の挨拶 暑中見舞いには、『猛暑』『酷暑』『炎暑』『烈暑』『極暑』『盛暑』といった季節を表す言葉が、頻繁に使われます。 これらに『~の折』『~の候』などを付けて使うのが一般的です。 例えば、『猛暑の折、貴社におかれましては益々のご栄盛のことと心よりお慶び申し上げます』『酷暑の候、皆様ご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます』という具合です。 堅苦し過ぎると感じる場合は、『厳しい暑さが続いておりますが…』『本格的な夏を迎えましたが…』といった書き出しに変えることも可能です。 また、冷夏の場合は『例年にない冷夏ですが…』などにしましょう。 暑中見舞いと残暑見舞いの文例 取引先と友人に送る暑中見舞いの基本的な構成は同じですが、書く内容が異なります。 それぞれの文例を紹介します。 また、残暑見舞いの文例も紹介するので参考にしましょう。 取引先へ送る暑中見舞いの例文 暑中お見舞い申し上げます 猛暑の折、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。 今後も一層の努力を重ねていく所存です。 さて、誠に勝手ながら当社では以下の予定で夏季休暇を実施させて頂きます。 ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 夏季休暇:8月10日~8月15日 御社のさらなる繁栄をお祈り申し上げます。 日中は外に出る気が起きないけれど、子どもたちに催促されて、週に数回はプールに連れて行っています。 紫外線対策をしていますが、日焼けが心配です… また近いうちにみんなで集まって、暑気払いパーティーでもできたらいいですね。 ただし、日付の後に続く言葉が『盛夏』から『晩夏』『立秋』『葉月』などに変わるため、注意が必要です。 残暑お見舞い申し上げます 残暑厳しき折、皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 また、この度は、大変ご丁寧な暑中見舞いを頂き、恐れ入ります。 暑さがしばらく続きますので、くれぐれもご自愛ください。 皆様のさらなるご躍進をお祈りいたしております。

次の