ご 愁傷 様 類語。 「ご愁傷様」の意味は?使い方やメール、返事などの正しい方法

ご愁傷様ですの意味と使い方は?メールで使えるお悔やみの言葉も

ご 愁傷 様 類語

ビジネスの場で「ご愁傷様」は使ってもOK? 「ご愁傷様です」という言葉はご存知の通り、大切な人を亡くした人に対して掛ける言葉ですね。 ただ、最近ではこのご愁傷様という言葉が嫌味であったり、軽口として使われる場面もあるため、本当にシリアスな場面でこの「ご愁傷様」という言葉を使ってもいいものなのかどうか、特に若い人の場合は迷いがあると思います。 結論から言いますと、 時と場合をきちんとわきまえれば「ご愁傷様」という言葉は使っても大丈夫です。 そもそも「愁傷」という言葉は「悲しむ」という意味があります。 つまり「ご愁傷様」は悲しみを抱えた人に対して「気の毒に思います」という心情を伝える言葉なのです。 実際に身内が亡くなった直後の人に接する機会というのはほとんどありませんから、あまりこの言葉を頻繁に使う機会のある人というのは少ないのですが、もし職場の同僚や上司の身近な人に不幸があった場合は、 「この度はご愁傷様です」と伝えるのは正しい使い方です。 一方で普段から軽口で「それはそれはご愁傷様。 」などとあまり言ってはいけません。 そのような言葉は軽い気持ちで普段から使っていると、それを知っている人に対して真剣な意味で「ご愁傷様です」と言えなくなってしまいます。 スポンサードリンク 「ご愁傷様です」の例文 「ご愁傷様です」の例文はあまりパターンは多くありませんが代表的なものを例示しておきましょう。 ・突然のことで大変驚いております。 この度は本当にご愁傷様でした。 ・このたびはご愁傷様でした。 あまりご無理をなさいませんよう。 ・この度はご愁傷様でした。 私に何かお手伝いさせて頂ける事がございましたら何なりと仰って下さい。 「ご愁傷様です」に類似語はあるの? 「ご愁傷様です」は人が亡くなった時、葬儀の場で使う特殊な言葉です。 ほとんどの人はこのような場面には慣れておらず、それでいてご遺族や親しい知人に対しては何か言葉を掛けてあげたくなるものです。 そこで便利なワードとしてこの 「ご愁傷様です」があるわけですが、逆に類似語となると「 お気の毒様です」や「お悔やみ申し上げます」くらいしかありません。 「お気の毒様です」はやや離れた関係にある人には使えますね。 やや深刻な言葉ではありますが通常の仕事上のトラブルやアクシデントが発生した際にも使われる言葉ですのでやや軽くなります。 人の死が関わる場面については「お気の毒様です」よりは「お悔やみ申し上げます」の方が適しています。 ただ、こちらも「ご愁傷様です」と比べると他人行儀な印象はありますね。 よく読まれている記事• 一人称は絶対に間違えちゃダメ! 一人称とは「自分のことを」を指す言葉です。 代表的なものとしては「僕」や「私」がありますね。 一人称は年齢や話す相手、シチュエーシ... 正しく謝罪できてこそ一人前の社会人! 様々なビジネスシーンの中でも、謝罪ほど難しい場面はないと言えるでしょう。 謝罪しなければならない状況というのは決して褒めら... 断り方も丁寧に!敬語を忘れてはいけません! 何かのお願いや要求を断る時というのは心苦しいですよね。 相手が懇切丁寧にこちらの助けを求めてきていた場合など特にそう... 大切なお礼の文章 敬語をミスっちゃ台無しです! 相手へ感謝の気持ちを伝えるための「お礼の文章」。 相手を想う気持ちを適切に伝えるためには敬語の使い方を絶対に間違... 目を通す・・・は目上の人には使わない! 「目を通す」という言葉は「一通り読んでおく」といった意味で使われますよね。 つまり熟読するわけではないけど、とりあえず内... 相手の気配りに応えよう! 「お心遣い」という言葉は相手(目上の人)からの気配りや配慮を表す言葉です。 目上とはもちろん上司だけではなく取引先や顧客なども当てはま... ありがとうございます。 」といったような流れで... 敬称の使い分けを失敗すると大問題になることも! 敬称の付け方はビジネスの場面でとても重要です。 目上の相手なのか、目下の相手なのか、他社の人間なのか、お客様なの... 言い方次第で結果は大違い!お願いや要求する時の敬語 部下に命令したり、下請け会社に指示を出す時はある意味気楽ですが、対等の関係にある取引先や顧客に対してお願い... 感謝の気持ちは丁寧に伝えるべし! 「嬉しい」という感情はビジネスの場、敬語を使わなければならない場では「感謝の言葉」として発露するものです。 単に「私は嬉しいで...

次の

「ご愁傷様」の意味と正しい使い方とは? 例文と一緒に覚えよう

ご 愁傷 様 類語

「ご愁傷様」の読み方・意味・語源 「ご愁傷様」の読み方は「ごしゅうしょうさま」 「ご愁傷様」は 「ごしゅうしょうさま」と読みます。 「ご愁傷様」は「 御愁傷様」と書くこともありますが、「ご」はひらがなで書くのが基本です。 「ご愁傷様」は、人の不幸に際し関係者に同情する挨拶の言葉 「ご愁傷様」の意味は、 ・相手を気の毒に思うさま、身内を失った人に対するお悔やみの言葉 ・気の毒に思う気持ちを、軽いからかいの意を含めて言う言葉 になります。 漢字「愁」は「愁(うれ)う」という言葉で「悲しむ」を意味します。 「ご愁傷様」は、 通夜や葬儀の場で遺族に述べるお悔やみの言葉の常套句です。 ここでの「ご愁傷様」は、 「人の不幸に際し、その縁者に同情する」という意味が含まれます。 葬儀の際にどんな言葉をかけていいのか分からないとき、「ご愁傷様」の一言でお悔やみの意を伝えることができます。 基本的に遺族に対して述べる言葉ですが、言うタイミングとしては弔問の際に一番多く使われます。 ビジネスシーンでも「ご愁傷様」は、会社で身内に不幸があったり、関係者の方に不幸があったりした場合などによく使われます。 「ご愁傷様」には皮肉の意味もある 「ご愁傷様」はお悔やみの言葉として使われるのがほとんどです。 一方で、 「ご愁傷様」は親しい間柄において相手が何か失敗をした、もしくは不運なことに見舞われたときなどに、からかう意味で使用する場合があります。 この場合は、相手に嫌味として言うので、良いニュアンスでは使われません。 例えば、「今日も残業なんて、ご愁傷様」と言った場合。 これは「今日も残業なんて可哀想」と 相手に対して意地悪く皮肉を込めた言い方になります。 実際は辞書にも載っている使い方なので、間違った用法ではありません。 しかし親しい相手であっても、使用する状況によっては深く相手を傷つける場合もあるので、時と場合に応じた使い方が大切です。 「ご愁傷様」の漢字の語源 「ご愁傷様」は漢字だと、 「御愁傷様」と書きます。 「御〜様」という形は、「御客様」や「御父上様」などがあるように元々は最上級の敬意を表していました。 現在は、「御疲れ様」や「御馳走様でした」といったように、労いや気遣いを表す言葉として気軽に使われています。 「ご愁傷様」の「愁(しゅう)」は「愁える(うれえる)」とも読み、「ひどく悲しむ・心配する」という意味になります。 さらに「愁傷」となると、「心の傷を愁える」ということになります。 自分のことであれば「嘆き悲しむ」、相手のことであれば「気の毒に思う」という意味になります。 その他にも「 ご愁傷様でございます」「 ご愁傷様でした」などの言い回しもあります。 葬儀前や葬儀中では「ご愁傷様です」「ご愁傷様でございます」を使い、葬儀の後は「ご愁傷様でした」と過去形を使います。 「ご愁傷様」は、人の死を悼んで遺族に述べるお悔やみの言葉になります。 「ご愁傷様」の使い方としては、 ・この度はご愁傷様です。 ・この度はご愁傷様でございます。 といったようになります。 「ご愁傷様です」は上司など目上の人にも使える 「ご愁傷様です」は敬語表現ですので目上の人に使うことができます。 身内の方が亡くなれた場合に使われています。 お通夜や葬儀ではもちろんのこと、そういった事情を聞いた場合はビジネスシーンなどでも使われています。 「ご愁傷様です」は友達に対しても使う 「ご愁傷様です」は友達や同僚などに使うことができます。 友達や同僚の身内や近親者が亡くなった場合に使われています。 お通夜や葬儀に参列した際や、そういった事情を知った後に顔を合わせた時などに使いましょう。 また、意味のところでも説明しましたが相手の不運や困難な状態を皮肉まじりでからかって使うことも多くなっています。 そのためからかう内容や相手には十分に注意しましょう。 ・休日に出勤なんて、ご愁傷様。 「ご愁傷様です」の例文 ・お母様が亡くなられご愁傷様です。 ・この度はご愁傷様です。 突然のことで驚いております。 ・この度は、誠にご愁傷様でございます。 ご看病のお疲れが一度に出る時ですから、どうかご自愛ください。 ・この度はご愁傷様でございます。 あまりにも突然のことで悲しみにたえません。 ・この度はご愁傷様でございます。 大変お辛いでしょうが、お力落としされませんように。 ・ご愁傷様です。 とても残念なことで他に言葉が見つかりません。 ・この度はご愁傷様でございます。 ご遺族の方々のご傷心はいかばかりかとお察し申し上げます。 ・ご愁傷様です。 ご自身のお体は大丈夫でしょうか。 どうかお体にさわりませんように。 「ご愁傷様」を使う上での注意点 「ご愁傷様」は弔電や手紙では使えない 「ご愁傷様」は、口頭で述べる言葉です。 そのため、書面である弔電や手紙で使用するのは不適切となるので注意しましょう。 手紙などでお悔やみの言葉を述べる場合は以下を使うようにしましょう。 「突然のことで、言葉が見つかりません」 「突然の訃報に驚いております」 「ご逝去の方に接し、心からお悔やみ申し上げます」 「ご逝去を悼み、ご冥福をお祈りします」 ・ ・ ・ メールでは「ご愁傷様です」ではなく「お悔やみ申し上げます」が無難 訃報はメールで受け取ることもあるでしょう。 ではメールの場合はどう返信すれば良いのでしょうか? 「ご愁傷様」はメールでも使うことのできる言葉ですが、最近では皮肉の意を込めて使うこともあるので、面と向かって言わないと誤解されてしまう可能性があります。 そのため メールでは「お悔やみを申し上げます」を使うのが良いでしょう。 これは簡潔でこちらの気持ちを過不足なく伝えられるので、メールでもよく使われます。 しかしメールではなかなか気持ちが伝わりにくいので、「突然のことで言葉が見つかりません」「本当に残念でなりません」「訃報に動揺しております」といった言葉を付け加えて伝えましょう。 またメールでお悔やみを伝える際は、長々とした文章を送るのはやめておきましょう。 文章は簡潔にするのが理想ですが、お悔やみの一言だけでは失礼なので、相手を気遣う言葉も添えて送るのが大切です。 ただし、故人の死について質問をしたり、探りを入れることは止めておきましょう。 通常のメールでは「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」などと挨拶の文を入れますが、 お悔やみメールの場合は挨拶文は省略し、本文から始めるようにしましょう。 恐れ入ります 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」を使うこともできます。 目上の人や上司などが葬儀で「ご愁傷様です」と声をかけてくれた場合に、敬意を払って「恐れ入ります」と使うと良いでしょう。 言葉が出てこない場合は黙礼でも問題ない 言葉が出てこない場合は、 黙礼するだけでも問題ありません。 気持ちの整理がついていない中で、対応をするのは大変難しいです。 無理に言葉にしなくても、ただお辞儀をするだけで十分です。 また葬儀の場ではなく、忌引き明けで出社したときに「ご愁傷様」と言われた場合は、 「(お休みをいただき)ご迷惑をおかけしました」と言うのが良いでしょう。 メールや手紙に対する返事 メールや手紙での返答としては、 ・お気遣いありがとうございます ・お気遣い恐れ入ります ・ご丁寧にありがとうございます ・痛み入ります などが良いでしょう。 「ご愁傷様」の類語 お悔やみの言葉は「ご愁傷様」以外にも存在します。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ申し上げます」は一般的によく使われるお悔やみの言葉として知られています。 「悔やみ」の意味は、「人の死を弔うこと」です。 「弔う」とは「人の死を悲しみ悼んで、遺族にお悔やみを言う」という意味になります。 「お悔やみ申し上げます」は、「相手の気持ちに寄り添い、慰めの気持ちを表す」という意味が含まれ、 「故人の死を残念に思い、悲しんでいる」というニュアンスになります。 「お悔やみ申し上げます」は、書き言葉としても話し言葉としても使える便利な言葉です。 「ご愁傷様」という言葉に違和感を感じてしまう場合は「お悔やみ申し上げます」と伝えましょう。 また「お悔やみ申し上げます」は、「ご愁傷様」と併用してお悔やみを伝えることも可能です。 「〜ご愁傷様です。 心よりお悔やみ申し上げます」といった形で使用します。 ・ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・お力落としのことと思いますが、どうぞお気をしっかりとお持ちください。 心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は御愁傷様です。 突然のことで驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は誠にご愁傷様でした。 心よりお悔やみ申し上げます。 ・ご愁傷様でございます。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご冥福御祈りいたします 「冥福」の意味は、「人の死後の幸福を祈るために仏事を修すること」です。 つまり「ご冥福御祈りいたします」は、 「故人の死後の幸福をお祈りいたします」という意味です。 「冥福」という言葉はキリスト教や神道的には使うべきでないなどとされていますが、仏教由来の言葉ではないため、宗教の区別なく使える言葉になります。 そのため、葬儀の場で使っても問題ありません。 ただ「ご冥福を御祈りいたします」は 遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 日常的にはあまり使いませんが、テレビのニュースではよく使われる言葉です。 ・故人のご冥福をお祈りします。 哀悼の意を表します 「哀悼の意を表します」は 「あいとうのいをひょうします」と読みます。 「哀悼」の意味は「人の死を悲しみいたむこと」で、「意を表す」は「気持ちを表す」になります。 つまり「哀悼の意を表します」は 「亡くなった方のことを思うと悲しくて心を痛める」ことを表しています。 「ご愁傷様」と違い「哀悼の意を表します」は書き言葉になるので、話し言葉としては使用しません。 そのため弔電で頻繁に使われますが、遺族と話すときには使わない表現です。 弔電で使う際は、「謹んで〜」を付けることで弔意を強調できます。 ・ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 心中お察しします 「心中お察しします」は、相手に悲しい出来事が起こったときに、「相手の気持ちを推し量って思いやるとき・悲しい気持ちやつらい気持ちに共感を表すとき」に使う言葉です。 「察する」には「推し量って考える」の他に、「同情する」という意味も含まれます。 例えば、遺族が悲しみのあまり会話ができなくなった場合、言葉を待ってしまうと相手に負荷をかけてしまいます。 そんな時は何が言いたいか察していますという意味で「心中お察しします」と伝えましょう。 「心中お察しします」は使い方を間違えてしまうと、相手を思いやるつもりが相手を不快にさせてしまうことがあります。 同じ経験をしたことがあるのであれば、「心中お察しします」と言われても納得できますが、経験もない人に「心中お察しします」と言われると不快に感じる人もいます。 ・悲しみに浸っておられるられるお心の内、お察し申し上げます。 ・ご家族の皆様のご心中、お察し申し上げます。 ・まったく予期せぬ事故で、さぞかし驚きになったこと、心中お察しいたします。 お悔やみの言葉を伝える際は「忌み言葉(NGワード)」に注意 お悔やみを伝えるときは注意点がいくつかあります。 不吉な言葉や縁起の悪いは避ける 不吉なことを連想させる言葉も良くなく、例としては、 「消える」「落ちる」「浮かばれない」「大変なこと」などが挙げられます。 他にも数字の「四」や「九」は、音の響きから 「死(し)」や「苦(く)」を連想させるので使わない方が良いでしょう。 重ね言葉はは避ける 葬儀の場において使用を控えた方が良いとされる言葉は、不吉なことを連想させる言葉や重ね言葉などになります。 「重ね言葉」は、悲しい出来事が繰り返し起こることを連想させるので、印象が良くありません。 言い換えられる表現があるので覚えておきましょう。 安易な励ましの言葉は、遺族を傷つけてしまうので言わないように気をつけましょう。 しかし、心配だということを伝えるのも大事です。 そういった際は「お力落とされませんように」または「お疲れ出しませんように」「力になれることがありましたらおっしゃってください」「ご自愛ください」といったように気遣いの言葉をかけるようにしましょう。

次の

「ご愁傷様」の意味は?使い方やメール、返事などの正しい方法

ご 愁傷 様 類語

ビジネスの場で「ご愁傷様」は使ってもOK? 「ご愁傷様です」という言葉はご存知の通り、大切な人を亡くした人に対して掛ける言葉ですね。 ただ、最近ではこのご愁傷様という言葉が嫌味であったり、軽口として使われる場面もあるため、本当にシリアスな場面でこの「ご愁傷様」という言葉を使ってもいいものなのかどうか、特に若い人の場合は迷いがあると思います。 結論から言いますと、 時と場合をきちんとわきまえれば「ご愁傷様」という言葉は使っても大丈夫です。 そもそも「愁傷」という言葉は「悲しむ」という意味があります。 つまり「ご愁傷様」は悲しみを抱えた人に対して「気の毒に思います」という心情を伝える言葉なのです。 実際に身内が亡くなった直後の人に接する機会というのはほとんどありませんから、あまりこの言葉を頻繁に使う機会のある人というのは少ないのですが、もし職場の同僚や上司の身近な人に不幸があった場合は、 「この度はご愁傷様です」と伝えるのは正しい使い方です。 一方で普段から軽口で「それはそれはご愁傷様。 」などとあまり言ってはいけません。 そのような言葉は軽い気持ちで普段から使っていると、それを知っている人に対して真剣な意味で「ご愁傷様です」と言えなくなってしまいます。 スポンサードリンク 「ご愁傷様です」の例文 「ご愁傷様です」の例文はあまりパターンは多くありませんが代表的なものを例示しておきましょう。 ・突然のことで大変驚いております。 この度は本当にご愁傷様でした。 ・このたびはご愁傷様でした。 あまりご無理をなさいませんよう。 ・この度はご愁傷様でした。 私に何かお手伝いさせて頂ける事がございましたら何なりと仰って下さい。 「ご愁傷様です」に類似語はあるの? 「ご愁傷様です」は人が亡くなった時、葬儀の場で使う特殊な言葉です。 ほとんどの人はこのような場面には慣れておらず、それでいてご遺族や親しい知人に対しては何か言葉を掛けてあげたくなるものです。 そこで便利なワードとしてこの 「ご愁傷様です」があるわけですが、逆に類似語となると「 お気の毒様です」や「お悔やみ申し上げます」くらいしかありません。 「お気の毒様です」はやや離れた関係にある人には使えますね。 やや深刻な言葉ではありますが通常の仕事上のトラブルやアクシデントが発生した際にも使われる言葉ですのでやや軽くなります。 人の死が関わる場面については「お気の毒様です」よりは「お悔やみ申し上げます」の方が適しています。 ただ、こちらも「ご愁傷様です」と比べると他人行儀な印象はありますね。 よく読まれている記事• 一人称は絶対に間違えちゃダメ! 一人称とは「自分のことを」を指す言葉です。 代表的なものとしては「僕」や「私」がありますね。 一人称は年齢や話す相手、シチュエーシ... 正しく謝罪できてこそ一人前の社会人! 様々なビジネスシーンの中でも、謝罪ほど難しい場面はないと言えるでしょう。 謝罪しなければならない状況というのは決して褒めら... 断り方も丁寧に!敬語を忘れてはいけません! 何かのお願いや要求を断る時というのは心苦しいですよね。 相手が懇切丁寧にこちらの助けを求めてきていた場合など特にそう... 大切なお礼の文章 敬語をミスっちゃ台無しです! 相手へ感謝の気持ちを伝えるための「お礼の文章」。 相手を想う気持ちを適切に伝えるためには敬語の使い方を絶対に間違... 目を通す・・・は目上の人には使わない! 「目を通す」という言葉は「一通り読んでおく」といった意味で使われますよね。 つまり熟読するわけではないけど、とりあえず内... 相手の気配りに応えよう! 「お心遣い」という言葉は相手(目上の人)からの気配りや配慮を表す言葉です。 目上とはもちろん上司だけではなく取引先や顧客なども当てはま... ありがとうございます。 」といったような流れで... 敬称の使い分けを失敗すると大問題になることも! 敬称の付け方はビジネスの場面でとても重要です。 目上の相手なのか、目下の相手なのか、他社の人間なのか、お客様なの... 言い方次第で結果は大違い!お願いや要求する時の敬語 部下に命令したり、下請け会社に指示を出す時はある意味気楽ですが、対等の関係にある取引先や顧客に対してお願い... 感謝の気持ちは丁寧に伝えるべし! 「嬉しい」という感情はビジネスの場、敬語を使わなければならない場では「感謝の言葉」として発露するものです。 単に「私は嬉しいで...

次の