リクルートコミュニケーションズ。 株式会社ブレイン コミュニケーションズ

リクルートグループを支える「課題解決」集団

リクルートコミュニケーションズ

リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループの各メディアに深く入り込みプロモーションするクリエーティブカンパニーだ。 具体的には、原稿制作や広告プロモーションからブランディングに至るまでそのフィールドは広い。 さらに現在では、メディアを起点に派生する新たなビジネスを次々に生み出している。 同グループの躍進を支える同社に迫った。 ヒアリングと言語化する能力を発展させ、社会に役立つ事業を展開 「私たちは『リクナビ』や『ゼクシィ』『SUUMO』といったリクルートグループ全媒体のバックグラウンドで機能してきたノウハウを生かし、幅広くリクルートの事業を支援して、よりよいアクションを生み出すことに注力しています」(経営企画部広報グループ 中村ひとみ氏)という言葉のとおり、リクルートコミュニケーションズは、グループ全領域を横断して、それぞれの機能を進化させるという重要な役割を果たしている。 たとえば、ゼクシィやSUUMOといったグループの持つ媒体において、そのクライアントと深く関わるディレクターたちは、取材などを積み重ね、まず原稿というアウトプットを提供する。 しかし、多くのコミュニケーションを持つなかでクライアントが抱えている「不」のきっかけを拾い上げることで、単に広告という枠を超えた提案を行う。 同社では「ディレクターの業務範囲ってどこまで?」という既成概念への疑問符が投げかけられるそうだ。 顧客の課題解決がディレクターのミッション。 ならば領域を限定するのはナンセンスで、事実、多くの案件で職種をまたがって協力しあい課題の解決に取り組むことが多いという。 それは当社の高度なケイパビリティの核となっています」(経営企画部広報グループ宮田十詩子氏) その成果は、次の段階に入っている。 多彩な媒体を持つリクルートグループだが、その媒体を受け皿に、あらたなビジネスを創出していることだ。 街の魅力をブランディングし、サポートする総務省との取り組み 同社のノウハウを社会の課題解決に生かす取り組みのひとつとして始動しているのが、オープンデータを有効利用し、その街の魅力をブランディングすることでシティプロモーションにつなげる、総務省とリクルートグループの共同プロジェクトだ。 このプロジェクトを担当した同社の榎本氏は、この取り組みを通じて、自治体が持つ様々なデータをオープン化し、活用を進めることが、地域の活性化へつながることを示した。 株式会社リクルートコミュニケーションズ ソリューション統括局 ソリューション統括部 横断ビジネスソリューショングループ 榎本淳子氏 「日本は人口が減少していて、消滅可能性都市が現れるということまで騒がれるほど深刻な問題となっています。 そして当然ながら、自治体には人口と税収が必要であり、そのためには地域の活性化が不可欠です。 しかし、自治体では地域の活性化のために必ずしもデータが有効利用されていないように思えました。 そこで『なぜこれまで有効に使われなかったか』を知ることから始めました。 そして、見えてきたのは、自治体は縦割り的な組織構造で、データを有効利用しにくい事情があることや、自治体の方がデータを使うメリットを感じていないということでした」(榎本氏) そこで提案したのは、ライフスタイル軸で街を選べるようにデータを活用して街の魅力を発信することだ。 そのためには自治体のオープンデータが必要で、自治体と協働できる事業を考察した。 具体的な事業はこう流れる。 まずはシンポジウムで、ムーブメントを作る役割の自治体に向けての啓蒙活動をし、士気が下がらないうちにワークショップを開催して具体的なアクションのお手伝いをすること。 そして最終的に「SUUMO」内の記事で一般市民にも情報発信するまでが1セット。 その後は自治体が自分たちでデータを活用し発信できることを目指し、自走を促す伴走スタイルだ。 好循環を生むためのスキルは非常に高度。 そして成果へつなげるワークショップの運営などもこなす。 総合的なアプローチが求められるプロジェクトだ。 「ワークショップでは、データを民間企業に活用してもらうことのメリットについても紹介します。 たとえば、江戸川区でいえば、保育ママが201人いて、全国1位なんです。 最大で8自治体同時にワークショップを行なうのですが、ほかの自治体と比較することで、自分たちの強みが自覚しやすくなります。 そんな強みとなる指標を見つける事で、今後の街の魅力を強化するための一種のKPIのような指標にすることもできます」(榎本氏)ほかにも、たとえば千葉・我孫子市は30年間待機児童ゼロ、和光市は埼玉で婚姻率が一番高いなどさまざまなデータがあり、こうしたデータは、すべて市のHPにあっても、それがオープンとは限らない。 「私たちの知見を生かして、自治体のデータを一般市民に分かり易く発信し、地域の活性化につなげることで、自治体にとってオープンにする価値がないと思っていたデータが、実は価値のあるものであるということを発見していただけると考えています」(榎本氏)と語る。 地元の人とマンションの購入を検討する人を結ぶ「マチアイ」 同社が取り組む社会課題解決の事例がもうひとつ。 「マチアイ」は、地元の人とマンションの購入を検討する人を結ぶサービスだ。 ここで重要な役どころとなるのが、地域に住む女性スタッフの存在。 一般的にマンション購入の中心層は、30〜40代の子育て世代だが、地域の人による保育園や学校、病院などの街のリアルな情報は、マンション購入時の大きな後押しとなる。 近年のマンションは、大規模化やエリア偏重の傾向も強く人気の立地は価格も上がる。 それならば、スペックなどではなく、たとえば「同じ趣味をもつ人が多く住む場所」といったライフスタイル軸で住む場所を選べないだろうか?という発想から事業がスタートしグッドデザイン賞も受賞する結果となった。 株式会社リクルートコミュニケーションズ 第2ソリューション局 住宅制作部 バリューデザイングループ 清水佑一朗氏 「『マチアイ』は、新築マンションの購入を検討している人のために、暮らしや地域の情報を提供できる仕組みを構築したものです。 きっかけは、マンションデベロッパーの課題(購入層の人口減、展示場への来場数減、成約の歩留まり減)解決のための、カスタマー調査でした。 秀逸なアイデアを形にするには、多くの関係者をつなぐ横断型のディレクションが必須だ。 実は、この「マチアイ」は、重要な社会の不への対策としての面を持つ。 地域の主婦の方にとっての社会復帰のきっかけだ。 働きたいけど、なかなか地元で育児と両立できる仕事は少ない。 仕事から10年離れている。 など、そうした「働きたいと意思を持つが二の足を踏んでいた」女性の活躍は、マチアイというアイデアのもうひとつの注目点だ。 この『マチアイ』のビジネスモデルは、光栄にもグッドデザイン賞を受賞しました。 ビジネスと社会課題解決の両方を成立させたことが評価につながったと考えています」(清水氏) 実際に「マチアイ」でマンションのカウンセラーとして働いていた方が、「マチアイ」での経験をきっかけに次の仕事を探し始め、無事に就職が決まったという嬉しい報告も多数届いているそうだ。 一度仕事を休んでいた女性でも、再び社会に出るための新しい一歩やきっかけを作れた好例だろう。 「マチアイがあるからモデルルームに行く、という文化が生まれれば理想的です」(清水氏) 自社のノウハウを社会課題の解決に役立てるのがミッション。 その根底にある思想とは? リクルートコミュニケーションズがこれらの取り組みを展開できる理由には、3つの〈コアバリュー〉があるという 「コミュニケーション・エンジニアリング力(CE力)」 これは、原稿制作などを通じ、カスタマーの心をつかんで動かしていく力。 具体的には、たとえば「ゼクシィ」や「リクナビ」を読んだカスタマーが、「結婚式場を決める」「就職を決める」というアクションをおこすことを指す。 「プロセスエンジニアリング力(PE力)」 「こんなのがあったらいいな」をかなえるためにプロセスを設計する力。 「ICT力」 リクルートが保有する大量のデータとテクノロジーを掛け合わせたアドテクノロジーの開発や、リクルートが提供する新たなWebサービスの開発・運営などを行う力。 この3つの力を使って人や世の中を動かし、もっと社会の不を解決することに広げていけないだろうか?という思想が根底にある。 さまざまなジャンルで社会の困りごとを双方向から解決する事業を創出し、躍進を続ける同社。 また、「社会問題解決型企業」を標榜する同社ならではのエピソードとして、いち早く男性社員の育児休暇の取得を必須化したことも話題になっている。 女性活躍推進も昨今の社会課題の1つ。 ワーキングマザーの支援だけではなく男性が育児・家事に参加することが、女性の社会復帰および活躍推進につながると考え、制度改定をしたという。 近年の厚労省データによれば、育児休業を取得した男性は、たった2. 少数派にいち早く名乗りをあげる点においても、同社がどこよりも先進的な企業であることの現れといえる。 誰も実現したことのないような、新しい事業が生まれる風土のあるリクルートコミュニケーションズ。 今後も同社の動向から目が離せない。

次の

リクナビ「内定辞退予測」、拙速の裏に2つの危機感:日経ビジネス電子版

リクルートコミュニケーションズ

2014年10月16日 上場 略称 リクルトH、リクルートHD 本社所在地 〒100-6640 一丁目9番2号 サウスタワー内(丸の内オフィス) 本店所在地 〒104-0061 八丁目4番17号 設立 事業内容 グループの経営方針策定・経営管理 代表者 兼 資本金 100億円 発行済株式総数 1,695,960,030株 売上高 連結:2兆3,107億56百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:2,230億90百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:2,398億14百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:1,742億80百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:9,722億51百万円 (2019年3月期) 総資産 連結:1兆7,489億82百万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:45,856名 (2019年3月31日基準) 主要株主 (信託口) 6. ,Ltd. )は、、、などのサービスを手掛けるリクルートグループのである。 によって創立された。 本記事では としての リクルートグループ全般、ならびにその沿革についても説明する。 主に人材派遣、販促メディア、人材メディアを提供している。 社員全員が参加できる新事業を導入し、自由に事業を起こすことができる社風であるという。 出版する情報誌から、、などの流行語が生まれている。 の、戦後最大級の疑獄事件ともいわれたの後、創業者である江副が経営から退くと共に、大手スーパー・の創業者・社長(当時)のへ保有株式が譲渡され、ダイエーの系列下に入ったが 、ダイエーグループの業績悪化などにより頃に離脱している。 ダイエーグループ(現在の)入りの際、ダイエーは「もの言わぬ株主」に徹する代わりに負債の肩代わりはしない立場をとった(ただし、ダイエー本社から中内功を含む数名の役員が送り込まれた。 またこの姿勢こそが現在のリクルートの社風に繋がっているともいえる)。 このため、リクルートはダイエーより来たの下、バブル期の不動産やノンバンク事業の失敗で94年3月期に約1兆4,000億円あった有利子負債を自力で完済した。 現在はどの企業グループにも属さず、サービス業としての中立性を維持しながら事業展開している。 には、グループ組織再編を行い、HRテクノロジー事業、メディア&ソリューション事業、人材派遣事業の3つの戦略ビジネスユニットを新たに構成するとともに、それぞれの事業統括会社を設立した(再編後のグループ体制はを参照)。 沿革 [ ]• 3月 - が、の学生新聞である「」の「大学新聞広告社」として創業。 10月 - 法人組織として「株式会社大学広告」を設立。 4月 - 商号を「株式会社日本リクルートメントセンター」に変更。 8月 - 事業内容の変化・拡大に伴い、組織形態の変更を目的に、 株式会社日本リクルートセンターを設立。 5月 - 株式会社リクルートコンピュータプリント(現・株式会社リクルートコミュニケーションズ)を設立。 11月 - 株式会社人材情報センター(現・株式会社リクルートキャリア)を設立。 - 株式会社を合弁で設立()。 9月 - 株式会社リクルートフロムエー(現・株式会社リクルートジョブズ)を設立。 - 商号を 株式会社リクルートに変更。 - G7ギャラリー(現・クリエイションギャラリーGB)オープン。 6月 - 株式会社シーズスタッフ(現・株式会社リクルートスタッフィング)を設立。 - 発覚• 事件後、会社としての信用失墜と共に、のに伴い、・の子会社や、金融子会社のなどの不良資産問題が顕在化。 グループ全体が窮地に追い込まれていく。 - 株式会社人事測定研究所(現・株式会社リクルートマネジメンドソリューションズ)を設立。 2月 - 株式会社リクルートプラシス(現・株式会社リクルートオフィスサポート)を設立。 - 江副浩正が保有株式をに譲渡、事実上のグループ入り。 それまでのシンボルマークだった「かもめ印」はリクルート本体から消える(リクルートコスモスでは2006年の社名変更まで使われ続けた。 また、2018年現在リクルート社内広報誌名として「かもめ」が使われている。 7月 - 株式会社リクルート北海道じゃらんを設立。 - 株式会社東海カーセンサー(現・株式会社リクルート東海カーセンサー)を設立。 株式会社リクルートエイブリック(現・株式会社リクルートキャリア)設立。 - 株式会社北海道カーセンサー(現・株式会社リクルートカーセンサー)と株式会社九州カーセンサー(現・株式会社リクルート西日本カーセンサー)を設立。 - 株式会社リクルートフロムエーキャスティング設立。 4月 - 株式会社リクルート・エックス(現・株式会社リクルートエグゼクティブエージェント)を設立。 - 株式会社リクルートメディアコミュニケーションズ(現・株式会社リクルートコミュニケーションズ)設立。 3月 - 創業者の江副浩正に東京地裁で有罪の判決が確定。 10月 - 株式会社リクルートキャリアコンサルティングを設立。 6月 - リクルートコスモスを企業買収ファンド連合へ譲渡。 3月 - 株式会社シーエーシー情報サービス(現・株式会社リクルートスタッフィング情報サービス)を子会社化。 株式会社広報社(現・株式会社リクルート北関東マーケティング)を子会社化。 株式会社日本医療情報センター(現・株式会社リクルートメディカルキャリア)を子会社化。 株式会社メディアシェイカーズ設立• ファーストファイナンスの手続き開始。 3月 - 株式会社を子会社化。 株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリングを設立• 株式会社リクルートインキュベーションパートナーズ設立• 亜潤投資管理諮詢(上海)有限公司(現・上海艾杰飛人力資源有限公司)設立• 株式会社ゆこゆこ株式取得• 2月 - 株式会社ジョブダイレクトを子会社化• 4月 - 株式会社セプトの分社型分割される新会社(現・株式会社リクルート西日本カーセンサー)の株式取得。 株式会社ブログウォッチャーを設立。 6月 - 株式会社シーナッツを設立• 9月 - 株式会社フロムエーキャリアを設立• 12月27日 - ユメックスHD株式会社を子会社化• 12月28日 - を子会社化• 1月 - 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号サウスタワーヘ本社機能移転• 4月 - 株式会社リクルートゼクシィなびと株式会社リクルートスタッフィングクラフツを設立• 3月 - 東京地方裁判所にてリクルート社員の労災認定(リクルート過労死裁判)• 4月 - 株式会社働きがいのある会社研究所を設立• Good Job Creation Asia Ltd. (現・RGF HR Agent Hong Kong Limited)を子会社化• 10月 - 株式会社リクルート沖縄じゃらん(現・株式会社リクルートライフスタイル沖縄)を設立• 7月 - The CSI Companies, Inc. を子会社化• 9月 - と共同出資で株式会社ごちまるを設立• 11月 - 株式会社ニジボックスを設立• 10月 - 米国における人材派遣事業を拡大するため、STAFFMARK HOLDINGS, INC. の株式を取得(子会社化)。 12月 - 北米における人材派遣事業を拡大と欧州における人材派遣事業に進出を目的に、アメリカAdvantage Resourcing America, IncとオランダAdvantage Resourcing Europe B. の株式取得(子会社化)。 株式会社ビズアイキュー設立• 10月1日 - 会社分割による持株会社体制へ移行し、 株式会社リクルートホールディングスに商号変更。 併せて、当社並びにグループ会社のコーポレートロゴ(リクルートロゴ)を変更。 10月 - 人材メディア事業を海外展開するため、世界各国で求人情報検索サイトを運営するIndeed, Inc. の株式を取得(完全子会社化)。 4月 - Bo Le Associates Group Limitedの株式を取得し完全子会社化• 8月 - NuGrid Consulting Private Limited(現・RGF Executive Search India Private Limited)を完全子会社化• - 市場第一部に上場• RGF HR Agent Recruitment Thailand Co. , Ltd. 合同会社RGIP設立• 1月 - オーストラリアの人材派遣会社Peoplebank Holdings Pty Ltdを子会社化。 3月 - ドイツで飲食店予約サイトを展開するQuandoo GmbHの株式を取得し子会社化。 4月 - オーストラリアにおける人材派遣事業を拡大するため、Chandler Macleod Group Limitedを子会社化。 5月 - 欧州でオンライン美容予約サービスを展開するHotspring Ventures Limitedを子会社化。 6月 - 欧州における人材派遣事業を拡大するため、USG People B. の株式を取得。 6月 - 旅行業界におけるレビューマネジメントシステムを展開するTrust You GmbHを子会社化• 同月 - グループをHRテクノロジー、メディア&ソリューション、人材派遣の3つのセグメント別に再編。 リクルートグループ [ ] HRテクノロジー事業 [ ]• RGF OHR USA ,inc. - HRテクノロジー事業の統括会社• - オンライン求人専門検索サイト『Indeed』の運営。 Prehire, Inc. - 採用時のアセスメントサービス『Interviewed』を提供。 Glassdoor, Inc. - オンライン求人広告サイト『Glassdoor』の運営。 メディア&ソリューション事業 [ ]• 株式会社リクルート - メディア&ソリューション事業(国内人材募集分野の人材領域事業、住宅・結婚・旅行・飲食・美容分野の販促領域事業)の統括会社• 株式会社リクルートキャリア - 社員募集領域における人材採用広告事業、斡旋事業(など)• リクルートエグゼクティブエージェント - 経営者・経営幹部・エグゼクティブ人材に特化した人材紹介• リクルートキャリアコンサルティング - 再就職支援事業、キャリア自律支援事業• ジョブダイレクト - 求人情報専門検索サービス「ジョブダイレクト」の運営• 株式会社リクルートジョブズ - アルバイト・パート・派遣から正社員まで、多種多様な雇用領域における人材採用に関する総合サービス(など)• フロムエーキャリア - 「フロム・エー キャリア」の運営。 株式会社リクルートライフスタイル - 飲食領域・美容領域・旅行領域・ヘルスケア領域・通販サービス・その他日常消費領域に関わるカスタマーの行動支援およびクライアントの業務支援・決済に関する商品・サービスの提供(など)• シーナッツ - 予約管理システムの提供。 リクルート北海道じゃらん - リクルートグループの北海道におけるエリアマーケティング事業• リクルートライフスタイル沖縄 - リクルートグループの沖縄におけるエリアマーケティング事業• - 位置情報データを活用したサービスの提供。 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ - 婚活・結婚・出産育児情報、自動車関連情報、まなびコンテンツ、高校生の進学情報サービスなどを展開。 リクルートカーセンサー• リクルート東海カーセンサー• リクルート西日本カーセンサー• リクルートゼクシィなび• リクルート北関東マーケティング• Quipper Limited - オンラインラーニングプラットフォーム『Quipper School』とオンライン学習動画サービス『Quipper Video』の運営。 株式会社リクルート住まいカンパニー - 住宅領域に関わる商品、サービスの提供(SUUMOなど)• - リクルートホールディングス、オージーキャピタル(100%出資)、、の共同出資による合弁企業。 株式会社 - アセスメント・トレーニング・コンサルティング・HRアナリティクスを活用した、人材採用・人材開発・組織開発・制度構築における課題解決の支援。 リクルートコミュニケーションエンジニアリング - 経営者・事業責任者向け経営支援サービス。 アインスパートナー - 韓国における研修サービス• 働きがいのある会社研究所 - 「働きがいのある会社」に関する調査。 上海艾杰飞人力资源有限公司 黄浦分公司• RGF MANAGEMENT SOLUTIONS THAILAND CO. ,LTD. 株式会社リクルートコミュニケーションズ - リクルートグループにおいて、クライアントの集客ソリューションから、Webマーケティング、メディアの制作・流通・宣伝、カスタマーサポートまでを担当。 株式会社リクルートテクノロジーズ - リクルートグループのビジネスにおけるIT・マーケティングテクノロジー開発・提供。 RGF International Recruitment - アジアを中心とした人材斡旋事業• RGF Executive Search India Private Limited• PT RGF Executive Search Indonesia• RGF Executive Recruitment Thailand Limited• Agensi Pekerjaan RGF Executive Search Malaysia Sdn. Bhd• RGF Talent Solutions Singapore Pte. Ltd• RGF Executive Search Philippines, inc• RGF HR Agent Vietnam Co. , Ltd• RGF Talent Solutions Japan K. RGF Select India Private Limited• RGF Talent Solutions Singapore Pte. Ltd• RGF Human Resources Agent Indonesia• RGF HR Agent Recruitment Thailand Co. ,Ltd• RGF HR Agent Hong Kong Limited• RGF HR Agent Vietnam Co. , Ltd• RGF Human Resource Consulting Shanghai Co. , Ltd. Bo Le Associates• BRecruit• Quandoo GmbH - レストラン予約及びマネジメントプラットフォーム『Quandoo』を運営。 Hotspring Ventures Limited - 欧州の美容領域における予約サービス『Treatwell』の提供。 株式会社リクルートストラテジックパートナーズ - ベンチャーキャピタル• 株式会社リクルートファイナンスパートナーズ - 貸金業• 株式会社 - 医師・看護師・薬剤師の人材紹介事業、医師募集広告事業• 株式会社ニジボックス - デジタルコンテンツサービスの企画・運営・受託• ヒューマンキャピタルテクノロジー - との合弁企業。 従業員のコンディション変化発見ツール「Geppo」の開発・運営。 OJTソリューションズ - との合弁企業。 製造現場の改善ソリューション事業。 株式会社リクルートオフィスサポート - リクルートグループの。 オフィスサービス事業、情報関連事業、経理事務代行事業。 人材派遣事業 [ ]• Recruit Global Staffing B. - 人材派遣事業の統括会社• 株式会社 - 人材派遣事業• - IT分野での特定派遣事業。 リクルートスタッフィングクラフツ - リクルートスタッフィングの。 手漉き紙による販促物の製作。 株式会社 - スタッフサービスグループの経営管理。 スタッフサービス - 人材派遣会社• - 製造業務派遣• スタッフサービス・オフィスマネジメント - スタッフサービスグループのバックヤード業務支援• スタッフサービス・ビジネスサポート -。 スタッフサービスグループの事務処理業務。 Staffmark Holdings, Inc. - 米国にて軽作業領域の人材派遣会社• Chandler Macleod Group Limited - オーストラリアの人材派遣会社• Advantage Resourcing Europe B. Advantage Professional UK Limited• Advantage Resourcing UK Limited• RGF Staffing Melbourne One Pty Ltd• Ambit Engineering Pty Ltd• Peoplebank Australia Ltd. RGF Staffing Melbourne Two Pty Ltd• AHS Services Group Pty Limited• Chandler Macleod Services Pty Limited• Ross Human Directions Group Limited• Ross Human Directions Limited Australia• SPHN ACT Pty Limited• SPHN Australia Pty Limited• Start Holding B. Start People B. Start People N. Unique N. USG People France SAS• USG People Interservices N. Advantage Resourcing America, Inc. Advantage Human Resourcing, Inc. Advantage Technical Resourcing, Inc. Atterro,Inc. - 人材派遣会社• Hire Thinking, Inc. The CSI Companies, Inc. - 米国にて事務領域およびIT領域の人材派遣会社 主なサービス(終了したサービスも含む) [ ] リクルートキャリアのウェブサイト [ ]• - 新卒採用情報サイト• リクナビ就職エージェント - 新卒採用斡旋サービス• リクナビNEXT - 社会人のための転職サイト• - 転職人材斡旋• - エンジニアのための「仕事・職場・転職」ポータルサイト• 就職ジャーナル - 社会人デビューのためのサイト。 本誌休刊• 就職Shop - 若者向け就職・転職サービス• まだまだ間に合う就活2ndステージ - 新卒採用斡旋サービス• CAREER CARVER - ハイクラス転職サービス• - 適性検査• CodeIQ - ITエンジニアのための実務スキル評価サービス• ReCoBook - 新人・若手の育成支援WEBサービス• HELPMAN JAPAN - 介護業界の情報サイト• アントレnet - 独立開業・フランチャイズ・代理店の情報サイト リクルートジョブズのウェブサイト [ ]• - アルバイト求人情報サイト• タウンワーク社員 - 正社員・契約社員・派遣社員求人情報サイト• - アルバイト情報サイト• はたらいく - 地域密着型転職情報サイト• - 女性向け求人・転職サイト• リクナビ派遣 - 派遣の仕事の総合サイト スタッフサービスグループのウェブサイト [ ]• オー人事. net - 事務派遣サイト• エンジニアガイド - ITエンジニア派遣サイト• スタッフサービス・メディカル - 看護職・医療職・介護職派遣サイト• 働くナビ! - 製造業務派遣サイト フロムエーキャリアのウェブサイト [ ]• フロム・エー キャリア リクルートメディカルキャリアのウェブサイト [ ]• リクルートドクターズキャリア - 医師の求人・転職サイト• ナースフル - 看護師の求人・転職サイト• リクナビ薬剤師 - 薬剤師の求人・転職サイト リクルート住まいカンパニーのウェブサイト [ ]• - 住宅情報サイト 、旧・住宅情報ナビ リクルートマーケティングパートナーズのウェブサイト [ ]• - 結婚準備の総合サイト• - 妊娠・出産・育児の情報サイト• - 出産内祝い・結婚内祝いの総合通販サイト• - 総合婚活サービス• - 結婚相談所サービスサイト• - 婚活イベントプラットフォーム• kidsly - 保育園と保護者の間をつなぐコミュニケーションアプリ• スタディサプリ進路 - 大学・短期大学・専門学校の進学情報サイト• - 小中高生対象のオンライン予備校• Quipper School - 先生と生徒のオンラインラーニングプラットフォーム• 大学&大学院. net - 大学・大学院検索サイト• - 習い事・趣味・お稽古の検索予約サイト(2020年1月31日終了予定)• おしえるまなべる - 個人間の学びマッチングサイト• カーセンサーnet - 中古車情報サイト• カッチャオ. com - 中古車情報サイト• D-Ucar. net - メーカー系列ディーラーの中古車情報サイト• カーセンサーエッジnet - 輸入車・プレミアカー検索サイト• VIVACO(ビバコ)- サンプル付きコスメ情報誌• 赤すぐ - ベビー用品情報誌• 妊すぐ - 出産準備用品情報誌 リクルートライフスタイルのウェブサイト [ ]• - 全国の飲食店検索サイト• ブッキングテーブル - 飲食店検索・予約アプリ• - 美容室/ネイルサロン・リラクゼーションサロンの検索・予約サイト• - 宿泊予約サイト• - 海外旅行の比較検討サイト• - 型チケットサイト• ポンパレモール - オンライン通販サイト• タウンマーケット - スーパーチラシ情報誌• MARQREL - 会員制ファミリーセールサイト• Airマーケット - お店に役立つサービス提案サイト• お店のミカタ - ホームページ作成サービス• 街のお店情報 by Hot Pepper - 街の情報検索サイト• 保険チャンネル - 保険比較サイト• TABROOM - インテリア・家具情報サイト• タブルームストア - 家具通販• 人間ドックのここカラダ - 各種検診の簡単比較・予約サイト• Seem - スマートフォンを使った精子セルフチェックサービス リクルートテクノロジーズのウェブサイト [ ]• - 各情報誌と連動したポータルサイト リクルートグループのサービス [ ]• - 求人検索サイト• Quandoo - 欧州飲食店のオンライン予約プラットフォーム• treatwell - 美容領域における欧州の予約プラットフォーム• すこやくトーク - 薬局と患者をつなぐコミュニケーションアプリ• PET'S ALL RIGHT ペッツオーライ - ペットの病気をオンラインで獣医師に相談できるサービス。 knowbe - 就労支援オンライン学習プログラム• 事業承継パートナーズ• (ギャラリー)• Relux - 一流ホテル・旅館のみを厳撰した予約サービス• エリクラ 情報誌 [ ] (市販)扱いのもの(フリーペーパーは除く)• - ・リフォーム情報誌• 都心に住む bySUUMO - 東京都心部のマンション情報誌• SUUMO注文住宅 - 地元のハウスメーカー・工務店情報を地元の人に届ける住宅情報誌。 SUUMOリフォーム - リフォーム情報誌• SUUMOリフォーム実例&会社が見つかる本 - リフォーム実例&地元リフォーム会社情報満載の情報誌• - 情報誌• (売買情報誌)• - を始めとするプレミアムカー情報誌• - 国内旅行情報誌• - ・情報誌 フリーペーパー [ ] SUUMOのマスコットキャラクター・• - 2000年に創刊された無料の地域密着型求人誌。 毎週月曜日発行。 全国89版• - 正社員専門求人誌• - 無料誌 主に女性向け• - 旧・住宅情報タウンズ、地域型住宅情報誌• - 旧・住宅情報マンションズ、地域型住宅情報誌• - 2004年7月に創刊された。 2015年9月24日号をもって休刊。 ウェブ版も存在した。 - 首都圏に勤務する25歳から34歳までのOLを対象とした、ポータル型フリーマガジン。 不祥事 [ ]• 2009年3月、リクルート社員(当時29歳)が、くも膜下出血で死亡したのは過労が原因として、社員の両親が国に労災認定するよう求めた訴訟の判決が東京地方裁判所であり、裁判では死亡と過労の因果関係を認め、国の不認定処分の取り消しを命じた。 社員の死亡前半年の残業時間は毎月80時間以上だったが、裁判では残業時間について「過少申告している可能性がある」と指摘。 休日出勤していたことや、仕事を自宅に持ち帰っていたことなども総合的に考慮して過労死と結論付け、労災認定しなかった国の処分を違法とする判断を下した。 2007年、やなどの雇用形態で働く「」や仕事に就いていない「」と呼ばれる若者を対象とした、所管の就業支援事業『』において、同省からの孫請けで事業を行っていたリクルートなどの3社が、スタッフ1日当たりの人件費として50,000円〜120,000円もの極めて高額な賃金を計上していることが発覚した。 2004年5月、リクルート出身者が在職時に所有していた自社の持ち株を同社に売却した際の売却益の集団が他、新聞各紙で伝えられる。 2016年12月9日、著作権の侵害及びその可能性がある事が判明したとして、Media Technology Lab. の『アニプラ』『調整さんメディア』『kulture』『RecCafe(RecStyleアプリ内のコンテンツ)』を非公開化した。 2019年、子会社のリクルートキャリアで、「内定辞退率」等の個人情報を学生に隠蔽して販売した事が発覚し、政府の個人情報保護委員会より行政処分を受けた。 歴代社長 [ ]• 江副浩正• 位田尚隆• 柏木斉• 出身の著名人 [ ] を参照。 - 創業者・社長兼CEO• - 会長• - 社長• - 社長、社長• - 創業者・会長 企業スポーツ [ ]• 陸上部• 監督として、選手として、らが在籍した。 アメフト部 - を参照• 1983年から1999年にかけてアメフト部として、クラブ化後は2002年にかけてメインスポンサー活動。 硬式野球部() - を参照• 1989年から1995年にかけて活動。 チーム解散後、スタッフと選手はローソン硬式野球部に引き継がれた。 かつてのグループ企業 [ ]• APPI - 2003年3月に全株式を譲渡。 (現・)• - リクルートビル事業部• - 2008年7月に全株式を譲渡。 - 2011年11月(現・)に全株式を譲渡。 2013年10月に吸収合併され、同社の一ブランドに。 株式会社 - 2011年12月に一部株式を譲渡。 リクルートファクトリーパートナーズ(現・) - 2016年8月に全株式を譲渡。 株式会社ゆこゆこ - 2016年8月ユニゾン・キャピタル、福岡キャピタルパートナーズ、静岡キャピタル、電通が共同出資するゆこゆこホールディングスに全株式を譲渡。 株式会社Media Shakers - 2017年5月1日に全株式をに譲渡。 リクルートフォレントインシュア(現・オリコフォレントインシュア) - 2017年10月に全株式をに譲渡。 - 2018年7月に持株会社ユメックスHDの全株式をアスパラントグループが運営するAG2号投資事業有限責任組合に譲渡。 - 2019年2月にアント・キャピタル・パートナーズが運営するアント・カタライザー2号投資事業有限責任組合に譲渡。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 出典 [ ]• 毎日新聞社• リクルートホールディングス 2015年6月20日. 2019年2月2日閲覧。 リクルートホールディングス 2015年5月15日. 2019年2月2日閲覧。 リクルートホールディングス. 2018年10月28日閲覧。 産経新聞2009年3月25日• 2012年06月22日株式会社リクルート• 株式会社リクルート プレスリリース 2012年9月3日(2012年11月26日閲覧)• 株式会社リクルート. 2017年10月30日閲覧。 2017年11月14日株式会社リクルートホールディングス• 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ. 2017年10月30日閲覧。 リクルートグループ. 2019年4月6日閲覧。 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2019年7月3日. 2019年11月11日閲覧。 小林美希の取材日記(つぶやき) 2007年11月25日. 2013年6月2日閲覧。 『』2007年12月3日号「官業 日給12万円の『異常』委託費 - ジョブカフェ内部文書入手、「高額人件費」のからくり」• 『』2008年10月号「誰のための『再チャレンジ』だったのか - 若者就労支援政策で儲けた人々」• 参議院会議録情報 2007年12月25日. 2013年6月2日閲覧。 アスパラントグループ株式会社. 2019年4月6日閲覧。 アント・キャピタル・パートナーズ. 2019年4月6日閲覧。 関連項目 [ ]• (元衆議院議員。 マネージング・ディレクター時代に、リクルートによる買収に関与)• - に譲渡したIT製品情報の比較検討サイト• (「」のクラブチーム。 旧・リクルートシーガルズ) 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

リクルートコミュニケーションズへの転職|面接難易度や年収をプロが解説

リクルートコミュニケーションズ

リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループの各メディアに深く入り込みプロモーションするクリエーティブカンパニーだ。 具体的には、原稿制作や広告プロモーションからブランディングに至るまでそのフィールドは広い。 さらに現在では、メディアを起点に派生する新たなビジネスを次々に生み出している。 同グループの躍進を支える同社に迫った。 ヒアリングと言語化する能力を発展させ、社会に役立つ事業を展開 「私たちは『リクナビ』や『ゼクシィ』『SUUMO』といったリクルートグループ全媒体のバックグラウンドで機能してきたノウハウを生かし、幅広くリクルートの事業を支援して、よりよいアクションを生み出すことに注力しています」(経営企画部広報グループ 中村ひとみ氏)という言葉のとおり、リクルートコミュニケーションズは、グループ全領域を横断して、それぞれの機能を進化させるという重要な役割を果たしている。 たとえば、ゼクシィやSUUMOといったグループの持つ媒体において、そのクライアントと深く関わるディレクターたちは、取材などを積み重ね、まず原稿というアウトプットを提供する。 しかし、多くのコミュニケーションを持つなかでクライアントが抱えている「不」のきっかけを拾い上げることで、単に広告という枠を超えた提案を行う。 同社では「ディレクターの業務範囲ってどこまで?」という既成概念への疑問符が投げかけられるそうだ。 顧客の課題解決がディレクターのミッション。 ならば領域を限定するのはナンセンスで、事実、多くの案件で職種をまたがって協力しあい課題の解決に取り組むことが多いという。 それは当社の高度なケイパビリティの核となっています」(経営企画部広報グループ宮田十詩子氏) その成果は、次の段階に入っている。 多彩な媒体を持つリクルートグループだが、その媒体を受け皿に、あらたなビジネスを創出していることだ。 街の魅力をブランディングし、サポートする総務省との取り組み 同社のノウハウを社会の課題解決に生かす取り組みのひとつとして始動しているのが、オープンデータを有効利用し、その街の魅力をブランディングすることでシティプロモーションにつなげる、総務省とリクルートグループの共同プロジェクトだ。 このプロジェクトを担当した同社の榎本氏は、この取り組みを通じて、自治体が持つ様々なデータをオープン化し、活用を進めることが、地域の活性化へつながることを示した。 株式会社リクルートコミュニケーションズ ソリューション統括局 ソリューション統括部 横断ビジネスソリューショングループ 榎本淳子氏 「日本は人口が減少していて、消滅可能性都市が現れるということまで騒がれるほど深刻な問題となっています。 そして当然ながら、自治体には人口と税収が必要であり、そのためには地域の活性化が不可欠です。 しかし、自治体では地域の活性化のために必ずしもデータが有効利用されていないように思えました。 そこで『なぜこれまで有効に使われなかったか』を知ることから始めました。 そして、見えてきたのは、自治体は縦割り的な組織構造で、データを有効利用しにくい事情があることや、自治体の方がデータを使うメリットを感じていないということでした」(榎本氏) そこで提案したのは、ライフスタイル軸で街を選べるようにデータを活用して街の魅力を発信することだ。 そのためには自治体のオープンデータが必要で、自治体と協働できる事業を考察した。 具体的な事業はこう流れる。 まずはシンポジウムで、ムーブメントを作る役割の自治体に向けての啓蒙活動をし、士気が下がらないうちにワークショップを開催して具体的なアクションのお手伝いをすること。 そして最終的に「SUUMO」内の記事で一般市民にも情報発信するまでが1セット。 その後は自治体が自分たちでデータを活用し発信できることを目指し、自走を促す伴走スタイルだ。 好循環を生むためのスキルは非常に高度。 そして成果へつなげるワークショップの運営などもこなす。 総合的なアプローチが求められるプロジェクトだ。 「ワークショップでは、データを民間企業に活用してもらうことのメリットについても紹介します。 たとえば、江戸川区でいえば、保育ママが201人いて、全国1位なんです。 最大で8自治体同時にワークショップを行なうのですが、ほかの自治体と比較することで、自分たちの強みが自覚しやすくなります。 そんな強みとなる指標を見つける事で、今後の街の魅力を強化するための一種のKPIのような指標にすることもできます」(榎本氏)ほかにも、たとえば千葉・我孫子市は30年間待機児童ゼロ、和光市は埼玉で婚姻率が一番高いなどさまざまなデータがあり、こうしたデータは、すべて市のHPにあっても、それがオープンとは限らない。 「私たちの知見を生かして、自治体のデータを一般市民に分かり易く発信し、地域の活性化につなげることで、自治体にとってオープンにする価値がないと思っていたデータが、実は価値のあるものであるということを発見していただけると考えています」(榎本氏)と語る。 地元の人とマンションの購入を検討する人を結ぶ「マチアイ」 同社が取り組む社会課題解決の事例がもうひとつ。 「マチアイ」は、地元の人とマンションの購入を検討する人を結ぶサービスだ。 ここで重要な役どころとなるのが、地域に住む女性スタッフの存在。 一般的にマンション購入の中心層は、30〜40代の子育て世代だが、地域の人による保育園や学校、病院などの街のリアルな情報は、マンション購入時の大きな後押しとなる。 近年のマンションは、大規模化やエリア偏重の傾向も強く人気の立地は価格も上がる。 それならば、スペックなどではなく、たとえば「同じ趣味をもつ人が多く住む場所」といったライフスタイル軸で住む場所を選べないだろうか?という発想から事業がスタートしグッドデザイン賞も受賞する結果となった。 株式会社リクルートコミュニケーションズ 第2ソリューション局 住宅制作部 バリューデザイングループ 清水佑一朗氏 「『マチアイ』は、新築マンションの購入を検討している人のために、暮らしや地域の情報を提供できる仕組みを構築したものです。 きっかけは、マンションデベロッパーの課題(購入層の人口減、展示場への来場数減、成約の歩留まり減)解決のための、カスタマー調査でした。 秀逸なアイデアを形にするには、多くの関係者をつなぐ横断型のディレクションが必須だ。 実は、この「マチアイ」は、重要な社会の不への対策としての面を持つ。 地域の主婦の方にとっての社会復帰のきっかけだ。 働きたいけど、なかなか地元で育児と両立できる仕事は少ない。 仕事から10年離れている。 など、そうした「働きたいと意思を持つが二の足を踏んでいた」女性の活躍は、マチアイというアイデアのもうひとつの注目点だ。 この『マチアイ』のビジネスモデルは、光栄にもグッドデザイン賞を受賞しました。 ビジネスと社会課題解決の両方を成立させたことが評価につながったと考えています」(清水氏) 実際に「マチアイ」でマンションのカウンセラーとして働いていた方が、「マチアイ」での経験をきっかけに次の仕事を探し始め、無事に就職が決まったという嬉しい報告も多数届いているそうだ。 一度仕事を休んでいた女性でも、再び社会に出るための新しい一歩やきっかけを作れた好例だろう。 「マチアイがあるからモデルルームに行く、という文化が生まれれば理想的です」(清水氏) 自社のノウハウを社会課題の解決に役立てるのがミッション。 その根底にある思想とは? リクルートコミュニケーションズがこれらの取り組みを展開できる理由には、3つの〈コアバリュー〉があるという 「コミュニケーション・エンジニアリング力(CE力)」 これは、原稿制作などを通じ、カスタマーの心をつかんで動かしていく力。 具体的には、たとえば「ゼクシィ」や「リクナビ」を読んだカスタマーが、「結婚式場を決める」「就職を決める」というアクションをおこすことを指す。 「プロセスエンジニアリング力(PE力)」 「こんなのがあったらいいな」をかなえるためにプロセスを設計する力。 「ICT力」 リクルートが保有する大量のデータとテクノロジーを掛け合わせたアドテクノロジーの開発や、リクルートが提供する新たなWebサービスの開発・運営などを行う力。 この3つの力を使って人や世の中を動かし、もっと社会の不を解決することに広げていけないだろうか?という思想が根底にある。 さまざまなジャンルで社会の困りごとを双方向から解決する事業を創出し、躍進を続ける同社。 また、「社会問題解決型企業」を標榜する同社ならではのエピソードとして、いち早く男性社員の育児休暇の取得を必須化したことも話題になっている。 女性活躍推進も昨今の社会課題の1つ。 ワーキングマザーの支援だけではなく男性が育児・家事に参加することが、女性の社会復帰および活躍推進につながると考え、制度改定をしたという。 近年の厚労省データによれば、育児休業を取得した男性は、たった2. 少数派にいち早く名乗りをあげる点においても、同社がどこよりも先進的な企業であることの現れといえる。 誰も実現したことのないような、新しい事業が生まれる風土のあるリクルートコミュニケーションズ。 今後も同社の動向から目が離せない。

次の