鹿嶋 市 防災。 鹿嶋市 防災グッズ

鹿島地方事務組合「消防本部

鹿嶋 市 防災

スポンサード リンク 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけることが大切です。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についても家族で相談しておくことも大切です。 普段の生活で「地震が来たら危ない!」と思った所 ブロック塀や石垣はくずれないように補強する。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強する。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定する。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行う。 地震発生時の防災心得 まず自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の

正規職員だけでは災害対応限界 見直しへ 茨城 鹿嶋

鹿嶋 市 防災

鹿嶋市防災グッズに関する情報について紹介した、 鹿嶋市防災グッズ情報です。 防災対策回覧板のページからリンクされた鹿嶋市のホームページへ直接アクセスし、防災対策に関する情報を閲覧することができます。 鹿嶋市の防災への取り組みを、インターネットというメディアを利用し地域の皆様へ情報サービスをしていますのでご利用いただければ幸いです。 日本は地震大国です! もしもあの時備えていれば… こんな思いは二度と繰り返さないよう 日本人全員がまずは自分の命を救うために備えましょう。 食料備蓄 食料備蓄のポイントについても地震が起きる前に地震への備えとして食料備蓄などを理解しておくことが大切です。 地震はいつ起きるか分かりません。 日ごろから地震対策や非常時の持ち出し用品の準備と食糧備蓄をしておきましょう。 缶詰は保存期間が長くて、そのまま手を加えず食べられるので便利。 缶切りなしで開けられるものを選ぶ。 インスタント食品、レトルト食品、インスタント飲料など。 ビスケットなど。 カンパンはお年寄りには固くて食べられない場合があるので注意。 チョコレートはカロリーが高いので、体力の消耗を防ぐことができる。 キャンディなども用意する。 保存食は、保存期間の長いものを選び、温度・湿度の低い場所で保存する。 缶詰、インスタント食品、レトルト食品、パック入り切り餅など。 食糧備蓄 飲料水の保存ポイント• ひとりで1日に必要な飲料水は3リットルぐらいです。 賞味期限がおよそ2年近くあるのでペットボトルのミネラルウォーターは保存に便利。 水の保存は直射日光をさけましょう。 給水を受けられる時には、ポリタンクなどは清潔でフタのできる容器を用意しましょう。 避難となった場合• 非常用品はリュックに入れる。 両手が使えるようにリュックなどを利用する。 最低限のものだけを持ち出し身軽に避難する。 連絡用のスマホ・携帯電話。 情報収集のためのラジオや懐中電灯、非常食、軍手などを必ず事前に準備して、すぐ持ち出せるようにしておく。 身の安全を確保しながら避難所に向かう。 自動車の使用はできるだけ避ける。 自動車での移動は交通渋滞の原因となり、緊急車両の通行の妨げとなる場合がある。 道路に亀裂が生じたり、マンホールのふたなどが無いおそれがあるので足元に注意する。 避難所の場所や危険箇所を記したハザードマップなどで事前に確認しておく。 「災害伝言ダイヤル」や「災害伝言板」などを使い、家族にメッセージを残す。 避難の際も、近所で声をかけ合いましょう。 スポンサード リンク 【鹿嶋市 防災グッズ回覧板】.

次の

かみす防災アリーナ

鹿嶋 市 防災

スポンサード リンク 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけることが大切です。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についても家族で相談しておくことも大切です。 普段の生活で「地震が来たら危ない!」と思った所 ブロック塀や石垣はくずれないように補強する。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強する。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定する。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行う。 地震発生時の防災心得 まず自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の