デジタル 時計 web。 Webサイトのための無料HTML時計ウィジェット

Vector: トップ / ダウンロード / Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT / パーソナル / 時計

デジタル 時計 web

「Time. is」は、現在時刻の正確な時間のみを教えてくれるサービスです。 ただそれだけなのですが、知っておくと中々便利。 時間だけを表示できるので、 時間表示に使いたいディスプレイに、でかでかと現在時刻を表示させられます。 スクリーンセーバーとして使ってもいいかもしれません。 以下に使ってみた様子を載せておきます。 まず、にアクセスしましょう。 このように、 ディスプレイ全体に現在時刻が表示されます。 自分の地域の時刻を知るだけなら、特に場所を指定する必要はありません。 タイムゾーンの比較もできます。 「太字で黒い背景」など、 表示するフォントや背景色の指定も可能です。 正確な時間を表示したいときに、是非ご利用ください。 (カメきち).

次の

Vector: トップ / ダウンロード / Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT / パーソナル / 時計

デジタル 時計 web

サイト「いまなんじ?」について パソコンのディスプレイから1~2m程度離れても見れるように、デジタル時計を大きめに表示するWEBサイトです。 時計部分は同じで、背景違いのページもつくりました。 空の背景画像が1時間ごとに変わります。 アクセスした時間にあわせて昼なら青空、夕方は夕暮れ、夜は月、みたいになるよう24枚の画像をセットしています。 猫の背景画像が1時間ごとに変わります。 時計は正直見づらいけど、かわいいから。 これもアクセスした時間にあわせて24枚の画像をセットしています。 24時間ずっと白背景に黒文字です。 見やすさ重視。 (現在のサイトのトップページはここになってます。 ) (使い方) ・はじめにインターネットでページにアクセスしたら、あとは時計が動き続けます。 ・時計はjavascriptで動いています。 パソコンの時計と同期するので、正確な時刻より数秒遅れることがあります。 (時計がすごくズレていたらパソコンの時刻合わせをして下さい。 ) ・動作確認はWindows7,IE11。 macやスマホではフォントが変わったり画像の縦横比が崩れたりするかもしれません。 ・ [免責]時刻の正確性を保証するものではありません。 サイトの利用によって起きた損害について一切の責任を負いかねます。 (使い方・そのほか) ・『付けっぱなしにしたい』 途中で画面が暗くなる場合は次の2つを確認して下さい。 ・『大きくしたい』 インターネットの全画面表示(フルスクリーンモード)はInternet Explorerの場合「F11」キーです。 元に戻したい場合はもう一回「F11」キーで戻って来られます。 ) ・『小さくしたい』 ウインドウの端を掴んでサイズを小さくすると文字や画像も小さくなります。 (反省点) ・最初の読み込みと、00分になった時の再読み込みに時間がかかるので、ちょっとイライラするかも。 (利用しているもの) ・背景の写真はパブリックドメインのものを加工して使用させてもらってます。 で検索したものが中心です。 ・時計と背景画像はウインドウサイズに合わせて伸び縮みします。 とを組み合わせて利用しています。 いろいろなデジタル時計サイトさん サイトを作る途中でデジタル時計を表示するサイトさんがどんなのがあるかを探したのでリンクのまとめ。 (サムネイル画像をブックマークレットで取得したらなぜか海外時間がでてしまってますが、サイトはちゃんと日本時間が見られます。

次の

デジタル時計

デジタル 時計 web

使い方• 本ツールは、ウェブブラウザ上で動作するアナログ式の時計です。 分針、時針、秒針を表示し、1秒毎に秒針が動きます。 アナログ式は、残り時間や経過した時間を目で見て把握しやすいのがメリットです。 デジタル機器が溢れる昨今、アナログ式は時計を買うか、専用のアプリをインストールしないと手に入らないため、手軽にどの環境でも使えるようウェブブラウザで動作するものを作りました。 Adobe Flashを使用していないので、ブラウザがあればパソコンやスマホなどどの環境でも動作します。 アナログ時計の背景色が変更できます。 iOSのSafariでは稀に読み込まれない場合があり、その際は再読み込み等行ってみて下さい。 アナログ時計の上にデジタル式で年月日、曜日、時分秒も表示しています。 年は西暦と和暦を表示しています。 「今、令和何年だっけ?」といったときも困りません。 HTML5、Canvas要素、JavaScriptを使用しています。 古いブラウザでは動作しない可能性があります。

次の