ツイートをさらに表示 オフ。 Twitterのプロモーションをブロック!!プロモツイート非表示にできる?

Twitterのプロモーションをブロック!!プロモツイート非表示にできる?

ツイートをさらに表示 オフ

Twitterの 広告を消したいですか? Twitterは 無料で使えますが、 広告(プロモツイート)を募らないと利益が無く運営を継続できません。 広告の表示くらい無料で利用させてもらってる分、寛容でいたいものですが、見たくもない広告や何度も表示される広告はどうしても邪魔で仕方ない! 不快な広告もあるし、どうしても消したい!非表示(ミュート)したい! そんな事もあるので、Twitterはタイムラインに流れてくる 広告を非表示(ミュート)にする機能も備えています。 最近は、フォロワーさんが「いいね!」した自分がフォローしていない人のつぶやきも表示されます。 Twitterのお節介?私としては不要と思っています。 広告をはじめ、見たくもないリツーイトやいいねツイートは、表示頻度を少なくする効果もあるので、面倒ですが非表示(ミュート)にしましょう! 当記事では、Twitterのタイムラインに表示される広告や見たくないツーイトの非表示・消す方法を紹介します。 スポンサーリンク 非表示(ミュート)・ブロックしたアカウントの確認方法 広告やツイート・リツイートの非表示(ミュート)をしても相手アカウントには知られないのでご安心を! 非表示(ミュート)・ブロックしたアカウントは、Twitterの設定画面で確認する事ができます。 プロフィールと設定をタップし、メニューから 設定をプライバシーをタップ。 サブメニューの中に、 ミュートしているアカウント・ ブロックしたアカウントとあるので、それぞれ確認してみて下さい。 非表示(ミュート)やブロックを解除したり、それぞれ対応してみてください。 ここまで、Twitterのタイムラインに表示される広告や見たくないツイートの非表示・消す方法でした。 不快で見たくないツイートはタイムラインから消してしまいましょう! 広告やツイート・リツイートの非表示(ミュート)方法を覚えて、気持ちよくTwitterを楽しんでいきましょう!.

次の

Apple Watch 5の常時表示をオフにする方法!バッテリー節約にはオフがおすすめ【Series 5】

ツイートをさらに表示 オフ

Twitterで位置情報をオフ(無効化)する方法と過去のツイートの位置情報を削除する方法です。 Twitterには自分の位置情報をツイートできる機能が搭載されています。 位置情報を元に地図からツイートを検索することができるアプリやサービスなどもあります。 このTwitterの位置情報から自宅や会社、学校など自分がよくいる場所が特定される可能性もあります。 無効化だけじゃなく過去ツイートの位置情報の一括削除もできる もちろん位置情報をオフにした状態でもTwitterを利用することもできますし、 過去のツイートについている位置情報を一括削除することもできます。 Twitterの位置情報を無効化する方法まとめ&過去のツイートの位置情報を削除する方法を書いてみました。 ツイートからの位置バレが気になっている人はチェックしてみてください。 【Twitter】位置情報を無効化する方法まとめ 過去のツイートの位置情報を一括削除する方法 アプリではなくWEB版から。 スマホでも削除できる Twitterの設定はアプリ内からできるものが多いですが、この過去のツイートの一括削除に関してはWEBから行う必要があります。 ただスマホでもWEB版にアクセスすれば実行できます。 もちろんPCブラウザからでもOKです。 WEB版のTwitterにログインします。 「位置情報をすべて削除」をタップします。 最後に警告が表示されます。 過去全てのツイートに紐づいている位置情報を削除する場合は「はい」をタップすれば完了となります。 (変更が適用されるまで時間がかかることがあるとのこと) これで過去にツイートしたものから位置情報が削除されました。 スマホアプリ(iPhone・Android)の場合 iPhone、Androidアプリの場合はツイート画面の下に配されている現在地アイコンをタップしなければ基本的にOKです。 アプリから『正確な位置情報をオフ』にする設定 オフにするとツイート時に位置アイコンをタップしても安心 正確な位置情報をオンにすると、位置情報を選んでツイートに追加できます。 この機能は初期設定ではオフになっているため、使うにはオンに設定(オプトイン)する必要があります。 この機能で、TwitterはGPS情報などから利用者の正確な位置情報を収集、保存、活用できます。 via: iPhone、Androidアプリには「正確な位置情報」という設定があります。 この設定をオフにしておくとツイート時に誤って位置情報アイコンをタップしても設定をオンにしてくださいと表示されるので安心です。 タイムライン画面左上の自分のアカウントのアイコンをタップします。 表示されるメニューの「設定とプライバシー」をタップします。 正確な位置情報をオフにします。 ここまでやっておけば基本的にTwitterで位置情報をツイートしたり、位置バレが起きたりすることは少ないと思います。 当たり前ですが、iPhoneとAndroidで設定手順が異なります。 【iOS、Android】OSでTwitterアプリの位置情報を拒否する方法。 これでアプリ側では使いたくても使えなくなる iPhone、iPadでの設定方法 設定を開きます。 画面を下にスクロールして「Twitter」をタップします。 Twitterアプリの詳細設定が開きます。 「位置情報」をタップします。 位置情報の利用を「許可しない」にチェックを入れればOKです。 Androidでの設定方法 続いてAndroidでの設定方法です。 Androidは端末によって若干並んでいる項目や表示が違いますが、基本的に同じ手順でOKです。 今回はGalaxyの画面で紹介しています。 設定を開きます。 「アプリ」をタップします。 アプリ一覧の中から「Twitter」をタップします。 アプリ設定項目内の「権限」をタップします。 権限内の「位置情報」をオフにすればOKです。 Twitterで位置情報を無効化&過去のツイートから位置情報を一括で削除する方法はこんな感じです。

次の

ゼロ・オフ・ノン・レス あいまい表示の本当のところ

ツイートをさらに表示 オフ

関連記事 クオリティフィルターで除外されている Twitterは2016年8月からクオリティフィルターと呼ばれる機能を導入しました。 クオリティフィルターはbotで自動的に投稿されているツイートや誹謗中傷などの不快なツイート、重複コンテンツなどの低品質なツイートを通知のタイムライン上で非表示にしてくれる機能です。 この機能をお使いのアカウントで設定していると一部のユーザーからのリプライが見れない場合があります。 詳細フィルターで除外されている クオリティフィルターはTwitter側が低品質と判断したツイートを除外してくれる機能ですが、ユーザー側が指定した項目に該当するアカウントからの通知は表示しないと明確に設定できる詳細フィルターという機能も用意されています。 具体的には以下のような項目が用意されていおり、該当するユーザーからのリプライやいいね等は通知タブに表示されません。 フォローしていないアカウント• フォローされていないアカウント• 新しいアカウント• プロフィール画像が設定されていないアカウント• メールアドレスが未認証のアカウント• 全てのユーザーから確実にリプライを受け取りたい場合は全ての項目をオフにする必要があります。 PCから詳細フィルターを解除する方法 まずは画面左側の「もっと見る」をクリックし「設定とプライバシー」へと進みます。 相手を過去にミュートしている ミュートはフォローしているユーザーのツイートをタイムラインに表示させないようにできる機能ですが、最近ではフォロー・フォロワー外であってもリツイートなどで頻繁に流れてくるユーザーをこっそりミュートするという使い方が増えてきています。 ミュートしている相手がフォロー中のユーザーであればリプライは届くのですが、 フォローしていないミュート相手からのリプライは表示されません。 過去にミュートしてそのままにしているユーザーからリプライが送られてきてもリプ欄や通知タブには表示されないのでミュートを解除する必要があります。 ミュートしているキーワードを含んでいる ミュートには特定のアカウントだけでなく指定した単語やフレーズ、ハッシュタグを含むツイートを表示させないキーワードミュートという機能も存在します。 こちらに追加されたキーワードを含むリプライは設定によっては相互フォローであっても表示されなくなります。 設定を変更するにはまず「設定とプライバシー」から「通知」へとお進み下さい。 これで見れなくなっていたリプライが表示されるようになります。 Twitter側の不具合 iPhone版Twitterのバージョン7. 49でリプライに対して1つしかリプライを送っていないにも関わらず、リプライ数が2と表示される不具合が発生したことがあります。 実際に表示されるリプライは1つなので、もう1つは表示されません。 ここまでに取り上げた原因が当てはまらない場合はTwitter側の不具合(バグ)である可能性が高いので、こまめにアップデートするようにしてください。 まとめ Twitterで返信(リプ)が表示されない原因や対処法は以上です。 鍵垢からのリプライは誰から送られてきているのか特定するのは難しいのですが、それ以外は自分側の設定で対処できるものばかりになっています。 一つ一つ原因を確認してみて下さい。

次の