にしわき歯科。 はまわき歯科の口コミ・評判(7件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

わきた歯科医院│神奈川・海老名のインプラント・歯医者

にしわき歯科

・65歳以下の方 基礎疾患のない方 喫煙しない方 ・70歳以上および基礎疾患のある方と同居や濃厚接触をしない方 ・体調管理を怠らず免疫力の落ちていない方 ・口腔内に問題を抱え、この時期に歯科医療を受けないと歯の喪失に繋がり、ひいては全身の健康に影響を及ぼすことを理解されている方 ・担当医と協議、同意の上、歯科医院での感染リスクの少ないことを理解し、この時期の歯科の受診に不安のない方 このような方にご来院いただいております。 治療が手遅れになり口腔環境が崩壊すると食べたいものが食べられなくなり免疫力が下がることがあります。 歯周病の重症化を予防するための定期管理を延期することによって肺炎などの発症を引き起こし、重症化を抑止できないことがあります。 ちなみに在宅時間が増えるため、歯科受診のまたとない機会ととらえ、集中的に治療を受けている方もいらっしゃいます。 神奈川県歯科医師会から発表されている歯科医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応指針には、 「日本国の医療崩壊を招かないために、歯科医療が果たす役割を冷静にご判断いただき、不要不急の診療は控え、感染対策に留意した上で、県民の公衆衛生維持に必要な歯科医療を提供していただきたい」 として、行動指針や感染防止対策等について文書が出されています。 当院ではこの文書や社会通念に照らしあわせた規律を順守し、皆様の口腔の健康維持、改善に寄与していく所存ではございますが、不要不急とみなした場合や、感染のリスクが高いとみなした場合に、やむを得ず診療をお断りすることがございますことをご了承ください。 そして一日でも早い新型コロナウイルスの終息を願います。 ~保険外治療について~ 一人の患者さんに時間をかけて丁寧に対応する。 ベストな治療計画を立ててしっかり説明し、納得の上治療を開始して、再発予防にも努める。 これらのことは保険の範囲を外れないと実現できないことがあります。 その治療が保険でできるかどうかは国が決めたルールの中で判断されます。 患者さんが保険治療を希望されれば保険の中で対応致します。 しかし、「とりあえずの危機を脱する」といった治療行為は保険の範囲内で可能ですが、様々な限界はあります。 当院は保険診療機関でありますが、短い時間の中で多くの患者さんを治療しないと成り立たない保険治療はそれほど得意ではありません。 そのため保険外診療の提案を行うことがあります。 あらかじめご了承の上ご来院ください。 歯科医療の本分は歯を残すことと考えています。 しかもできるだけ長期にわたって良好な結果を維持し続けることが、来院者の皆さんから信頼されることに繋がります。 そのために、 大学病院のように充実した設備機械器材を備えています。 当歯医者では、治療、など、歯の保存治療を特に重視したうえで、は多くの治療方法を提供できます。 しかし、残念ながらどれほどの手を尽くしても、残せない歯は存在することも事実です。 そのとき私たちは第一選択として、治療を提案します。 もちろんほかの選択肢も最適であれば、同じようにご提案をします。 患者さんが喜んでもらえる治療を実践することは(公益社団法人)口腔インプラント学会の会員である歯科医師としての責務であると考えています。 歯は残そうと考え対策を立てないと壊れたり抜けたりするものです。 情報重視 再発予防の取組み 良質な結果の長期にわたる維持 健康にとって最も大切なこと、それは 適切な歯科医院選びと正しい情報です。 ご自分の体のことをよく知ること、健康を害することがあるならそれがどのような病気で、何に気をつければいいのかを知ること、これを抜きにして健康は成り立ちません。 なぜ壊れたのか、何を失ったのか、何が残ったのか、どのような治療法が必要なのか。 それがわからないと、どのように守るのか?つまり再発対策がわからないまま、また壊れます。 歯科で取り扱う疾患の多くは、生活習慣病です。 つまり生活習慣の改善がない限り、その場しのぎの、困った時だけの治療でしかありません。 やり直し治療の連鎖の中で多くの歯が失われていきます。 多くの人が「知らなかった、知らされていなかった」ということで歯の健康を軽く考えてしまい辛い思いをされています。 こんなはずではなかったと不自由な思いをされる方を1人でも少なくしたい。 そんな思いで毎日歯科医療に取り組んでいます。 全ての治療は、に繋がらなければ意味はありません。 そして残そうと対策を立てないとまた壊れることに繋がります。 の重要性はここにあります。 診療やは、常に担当制です。 一人一人の患者さんと向かい合い、生涯に及ぶ口腔の健康を見据えて、治療計画を立てて実践します。 秦野の歯科 わきた歯科医院の歯科衛生士は日本歯周病学会、日本口腔インプラント学会に所属しており、メンテナンス業務にも精通しています。 は、ただの汚れ取りや歯石除去ではありません。 歯を壊してしまうリスク、抜けてしまうリスクを診断し患者さんにお伝えして連携して歯を守るというリスク管理が主体のです。 正確な情報をお伝えして、今後の予測を立て、協同して対策を実行し守り続けていく、そして5年後10年後のよい姿をイメージしてそれに近づけていく、これがわきた歯科医院の提供するです。 したがって、患者さんの人となり、生活習慣、歯に対する思いなどが把握できていなければ成り立たないです。 人によりお顔立ちが違うように、口の中も歯を壊すリスクや、歯がなくなるリスクは人それぞれ違います。 きれいに磨いても残せない歯があることを御存知ですか? 患者さんのちょっとした変化も見逃さない、そのためにはお人柄も口の中も、長期にわたって把握している担当歯科医、歯科衛生士の存在を頼りにしていただきたいと考えています。 気になること、心配なこと、聞いてみたいことがあれば気軽に質問できる、そんな関係を目指しています。 当歯医者では、長いお付き合いをする事が目標で、そのような方々のために、将来的な訪問診療もご用意できています。 長い関係作り.

次の

院長・スタッフより

にしわき歯科

患者様にとってベストな提案ができる 歯科医院になるために どういった治療がベストであるかは患者様ごとに異なります。 私たちは、患者様にとってベストな提案ができる歯科医院を目指しています。 そのためにも、歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士といった専門的な技能を持つスタッフはもちろん、スムーズな診療をアシストする歯科助手・受付スタッフまで、自分の得意分野で責任を果たすと同時に、全員が一丸となって連携しチーム医療の実現を目指します。 歯科治療に対する恐怖心があったり、ご多忙のために歯科へ出向くことが難しかったり…。 そういった理由で治療が受けられないとお困りの患者様は多く見受けられます。 当院では、歯科治療恐怖症の方でも受けていただきやすい治療法や、通院していただく回数を抑えた治療法をご用意。 これまで歯科治療から遠ざかってしまっていたという方にも、ご要望に合わせた治療でサポートいたします。 お気兼ねなくご相談ください。 痛みの少ない治療への取り組み 歯科治療への恐怖心を払しょくして、リラックスして治療を受けてもらいたいと、当院では痛みの少ない治療を行うことも大切にしています。 具体的には、静脈内鎮静法を使い、無痛歯科治療をご提供致します。 うたた寝しているような気分で治療を受けていただくことができ、痛みや苦痛を感じることは一切ありません。 ・寝ている間に治療を行うことができます ・不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます ・嘔吐反射を抑えることができます ・歯科治療の痛みが怖い方も痛みを感じず治療を受けることができます 全身管理ができる、日本歯科麻酔学会の認定専門医が担当しますのでご安心ください。 唾液は「身体の鏡」といわれ、血液や尿と同じように健康状態の指標となる多くの情報を含みます。 血液由来の成分が多くを占める唾液には、血管内を通るがん細胞から生じた代謝物質が染み出ます。 その代謝物質の濃度をSalivaCheckerによって解析することで、各種がんのリスクを判断することができます。 今まで早期ではわかりにくかったがんについてもがんになっている可能性が調べられる、そういった目的の検査になります。 1,早期発見の可能性 初期段階の自覚症状がほとんどないと言われる膵臓がんなども、早い段階で発見できる可能性があります。 早期発見・早期治療によって、治療に伴う負担を軽減できます。 2,複数のがん検査ができる 1度の検査で、複数のがんの可能性を調べる事が出来ます。 ・現在検査できるがん:口腔がん・肺がん・すい臓がん・大腸がん・乳がん ・早期発見できる可能性のあるがん:大腸がん・乳がん・すい臓がん 3,負担が少ない 痛くない 痛みを伴う血液検査などの必要がなく、少しの唾液で検査が行えるため、お体に負担なく実施可能です。 注射が苦手な方も安心です。 4,しっかりした臨床研究 SalivaCheckerの検査技術は、国際的な学術誌にも多数の論文が載っている研究が基礎となっています。 わきもと歯科子安クリニックでは、お口の健康維持だけにとどまらず、お体全体の健康サポートにも力を入れております。 医療が進歩した現在では、大きな病院に行かずとも唾液などを用いた負担の少ない検査によって、お口の疾患だけでなく、全身の疾患リスクなどを調べる事が可能です。 ご自身のお口・身体の状態を知り、適切な予防・生活習慣の改善に取り組み、疾患の予防に努めましょう。 虫歯・歯周病の検査をはじめ、がんリスク検査をご希望の方はぜひ、お気軽に当院までご相談下さい。 患者さんの人生に寄り添う 歯科医院でありたい 皆さん、初めまして。 わきもと歯科子安クリニック院長の高橋正人(たかはし・まさと)です。 数ある歯科医院のホームページの中から当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 当院は患者さんの人生に寄り添う歯科医院でありたいと考えています。 じっくりと診療に取り組み、質の高い総合歯科医療のご提供を行い、なるべく1院にて治療が完結できるように、最新の技術を取り入れて幅広く対応できるように努めております。 八王子市で、質にこだわった総合歯科医療をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。 お口のことでお悩みがある方、またはお口のメインテナンスに取り組みたいという方、遠慮なくご連絡ください。

次の

岡山県倉敷市 矯正歯科|くわき矯正歯科クリニック|インビザライン マウスピース矯正 歯医者

にしわき歯科

・65歳以下の方 基礎疾患のない方 喫煙しない方 ・70歳以上および基礎疾患のある方と同居や濃厚接触をしない方 ・体調管理を怠らず免疫力の落ちていない方 ・口腔内に問題を抱え、この時期に歯科医療を受けないと歯の喪失に繋がり、ひいては全身の健康に影響を及ぼすことを理解されている方 ・担当医と協議、同意の上、歯科医院での感染リスクの少ないことを理解し、この時期の歯科の受診に不安のない方 このような方にご来院いただいております。 治療が手遅れになり口腔環境が崩壊すると食べたいものが食べられなくなり免疫力が下がることがあります。 歯周病の重症化を予防するための定期管理を延期することによって肺炎などの発症を引き起こし、重症化を抑止できないことがあります。 ちなみに在宅時間が増えるため、歯科受診のまたとない機会ととらえ、集中的に治療を受けている方もいらっしゃいます。 神奈川県歯科医師会から発表されている歯科医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応指針には、 「日本国の医療崩壊を招かないために、歯科医療が果たす役割を冷静にご判断いただき、不要不急の診療は控え、感染対策に留意した上で、県民の公衆衛生維持に必要な歯科医療を提供していただきたい」 として、行動指針や感染防止対策等について文書が出されています。 当院ではこの文書や社会通念に照らしあわせた規律を順守し、皆様の口腔の健康維持、改善に寄与していく所存ではございますが、不要不急とみなした場合や、感染のリスクが高いとみなした場合に、やむを得ず診療をお断りすることがございますことをご了承ください。 そして一日でも早い新型コロナウイルスの終息を願います。 ~保険外治療について~ 一人の患者さんに時間をかけて丁寧に対応する。 ベストな治療計画を立ててしっかり説明し、納得の上治療を開始して、再発予防にも努める。 これらのことは保険の範囲を外れないと実現できないことがあります。 その治療が保険でできるかどうかは国が決めたルールの中で判断されます。 患者さんが保険治療を希望されれば保険の中で対応致します。 しかし、「とりあえずの危機を脱する」といった治療行為は保険の範囲内で可能ですが、様々な限界はあります。 当院は保険診療機関でありますが、短い時間の中で多くの患者さんを治療しないと成り立たない保険治療はそれほど得意ではありません。 そのため保険外診療の提案を行うことがあります。 あらかじめご了承の上ご来院ください。 歯科医療の本分は歯を残すことと考えています。 しかもできるだけ長期にわたって良好な結果を維持し続けることが、来院者の皆さんから信頼されることに繋がります。 そのために、 大学病院のように充実した設備機械器材を備えています。 当歯医者では、治療、など、歯の保存治療を特に重視したうえで、は多くの治療方法を提供できます。 しかし、残念ながらどれほどの手を尽くしても、残せない歯は存在することも事実です。 そのとき私たちは第一選択として、治療を提案します。 もちろんほかの選択肢も最適であれば、同じようにご提案をします。 患者さんが喜んでもらえる治療を実践することは(公益社団法人)口腔インプラント学会の会員である歯科医師としての責務であると考えています。 歯は残そうと考え対策を立てないと壊れたり抜けたりするものです。 情報重視 再発予防の取組み 良質な結果の長期にわたる維持 健康にとって最も大切なこと、それは 適切な歯科医院選びと正しい情報です。 ご自分の体のことをよく知ること、健康を害することがあるならそれがどのような病気で、何に気をつければいいのかを知ること、これを抜きにして健康は成り立ちません。 なぜ壊れたのか、何を失ったのか、何が残ったのか、どのような治療法が必要なのか。 それがわからないと、どのように守るのか?つまり再発対策がわからないまま、また壊れます。 歯科で取り扱う疾患の多くは、生活習慣病です。 つまり生活習慣の改善がない限り、その場しのぎの、困った時だけの治療でしかありません。 やり直し治療の連鎖の中で多くの歯が失われていきます。 多くの人が「知らなかった、知らされていなかった」ということで歯の健康を軽く考えてしまい辛い思いをされています。 こんなはずではなかったと不自由な思いをされる方を1人でも少なくしたい。 そんな思いで毎日歯科医療に取り組んでいます。 全ての治療は、に繋がらなければ意味はありません。 そして残そうと対策を立てないとまた壊れることに繋がります。 の重要性はここにあります。 診療やは、常に担当制です。 一人一人の患者さんと向かい合い、生涯に及ぶ口腔の健康を見据えて、治療計画を立てて実践します。 秦野の歯科 わきた歯科医院の歯科衛生士は日本歯周病学会、日本口腔インプラント学会に所属しており、メンテナンス業務にも精通しています。 は、ただの汚れ取りや歯石除去ではありません。 歯を壊してしまうリスク、抜けてしまうリスクを診断し患者さんにお伝えして連携して歯を守るというリスク管理が主体のです。 正確な情報をお伝えして、今後の予測を立て、協同して対策を実行し守り続けていく、そして5年後10年後のよい姿をイメージしてそれに近づけていく、これがわきた歯科医院の提供するです。 したがって、患者さんの人となり、生活習慣、歯に対する思いなどが把握できていなければ成り立たないです。 人によりお顔立ちが違うように、口の中も歯を壊すリスクや、歯がなくなるリスクは人それぞれ違います。 きれいに磨いても残せない歯があることを御存知ですか? 患者さんのちょっとした変化も見逃さない、そのためにはお人柄も口の中も、長期にわたって把握している担当歯科医、歯科衛生士の存在を頼りにしていただきたいと考えています。 気になること、心配なこと、聞いてみたいことがあれば気軽に質問できる、そんな関係を目指しています。 当歯医者では、長いお付き合いをする事が目標で、そのような方々のために、将来的な訪問診療もご用意できています。 長い関係作り.

次の