ぎっくり腰 冷やす。 ぎっくり腰、冷やす?温める??

ぎっくり腰では温めるのはNG?ギクッときた時はどうしたら?

ぎっくり腰 冷やす

腰痛がある場合、冷やすのが良いのか?温めるのが良いのか?どちらか迷うことはないでしょうか。 冷やすか温めるかについては、その腰痛の原因や状況によって変わります。 ですから、単純にどちらかにすれば良いということではありません。 冷やすことが良い時、温めることが良い時があるということです。 そうは言っても、どうやって使い分ければ良いのかとなってしまいますよね。 そこで今回は、腰痛になった場合に冷やす方が良い時と、温める方が良い時の違いやその他知って欲しいポイントを解説します。 腰痛で冷やすか温めるかで迷っている方は続きをどうぞ。 1 腰痛は冷やすのか?温めるのか? 腰痛は冷やすのか?温めるのか?どちらが良いのかと言うと、これは腰痛の原因や状況によって異なります。 腰痛と言っても、実は原因は複数あります。 比較的多い原因を挙げると、炎症による腰痛や筋肉が原因のこともあります。 また、どういう状況で腰痛になったかにより、冷やすか温めるかが変わります。 ですから、単純に冷やせば良いとか温めれば良いということではありません。 何が原因で腰痛になっているか、そして、状況はどうなのか?ここで判断することが大切ですね。 2 冷やすと良いのは炎症が原因の腰痛 腰痛で冷やすと良いのは、炎症が原因で痛みが出ている場合です。 炎症とは、簡単に言うと熱が出ている状態。 そのため冷やすのが良いということですね。 炎症による痛みはどんな時に出るかというと、安静にしていてもズキズキうずくような場合のことが多いです。 夜、痛みで目が覚めてしまうとか、ぎっくり腰になり腰が痛い。 こういう場合は炎症が起きている可能性が高いです。 ですから、冷やすのが良いということになります。 3 温めると良いのは筋肉が原因の腰痛 腰痛で温めると良いのは、筋肉が固まってしまったことで痛みが出ている場合です。 筋肉に疲労が重なると、固まって柔軟性を失います。 筋肉が固まったことによる痛みには特徴があります。 それは、動きや特定の姿勢に伴って痛むということ。 固まった筋肉を使うため、痛みが出るという状態ですね。 歩くと痛い、立ったままでいると痛くなる。 そんな時は筋肉が原因。 また、お風呂上がりは楽に感じるなら、温めるのが良いということになります。 4 炎症と筋肉の2つが原因のこともある 腰痛の原因が、炎症によるものと固まった筋肉によるものの2つが同時に起きていることもあります。 こういう時は、どうすれば良いのかというと、まずは冷やすことを優先するのが良いですね。 なぜなら、炎症に伴う痛みの方が比較的早く引くことが多いからです。 たとえばぎっくり腰になり、炎症による痛みと、筋肉が原因の痛みの両方が原因と思われるならまず冷やしましょう。 そして、痛みが落ち着いてから温めるのが良いですね。 5 冷やすための方法と注意点 炎症が原因で腰痛になっている場合、冷やすための方法としては冷湿布が良いですね。 触って明らかに熱感があるなら、市販の冷却シートなどを使うという方法もあります。 冷やす際の注意点としては、過剰に冷やし過ぎないということ。 ですから、氷で冷やすということまでをしなくても良いです。 湿布は消炎鎮痛剤ですから、それくらいで十分です。 湿布を貼る位置は、痛みを感じる部分で構いません。 やや広い範囲で貼ると良いですね。 ただし、かぶれやすい方は気をつけてください。 かぶれやすい方は、塗り薬でも良いでしょう。 6 温めるための方法と注意点 固まった筋肉が原因で腰痛になっている場合、温めるための方法としては入浴が一番簡単。 もしくは、冬場なら貼るカイロを使うということでも良いですね。 温める際の注意点としては、冷やすことと同様に温め過ぎないようにするということ。 温まると楽な場合でも、長湯をしたり、熱いお風呂に入るというのはやり過ぎです。 普段どおりに入浴してください。 また、貼るカイロも低温やけどしないよう気をつけて使うようにしてくださいね。 7 冷やしても温めても痛む時は? 腰痛のセルフケアとして、冷やしたり温めたりしても痛みが続く。 こういう場合はどうすれば良いのかについて解説します。 7-1 炎症による痛みが続く場合 冷やしても痛みが取れず、夜も痛みで目が覚める日が続く。 そんな場合は、痛み止めが良い場合があります。 炎症が原因の痛みに対しては、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いですね。 整形外科や薬局で、医師か薬剤師さんに相談してみてください。 7-2 固まった筋肉による痛みが続く場合 温めても痛みが取れず、日常の動作や姿勢で腰が痛くなる。 そんな場合は、固まった筋肉をゆるめる必要があります。 そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法。 固まって痛みの原因になっている筋肉を鍼で施術する方法です。 入浴したり、カイロを貼る。 その他ストレッチやマッサージなどでも治まらないなら、こういう鍼の施術もあることを知ってもらえればと思います。 8 腰痛を冷やすか温めるかで迷っている方へ 腰痛になった場合、冷やすか温めるかというのは意外と迷ってしまうことだと思います。 腰痛と言えば、温める方が良いようなイメージがある方が多いかもしれません。 ですが、今回紹介したように、炎症が原因の時に温めるのは逆効果。 そして、筋肉に原因がある場合なら、冷やすことはほとんど意味がありません。 実際に、どちらが原因かを判断するのは難しいかもしれません。 ですが、冷やす方が良い時、温める方が良い時があるということを知っておくだけでも対応が変わります。 さらに、セルフケアでは治まらない場合でも、専門的な対策もあるということは忘れずにいてもらえればと思います。 まとめ• 腰痛を冷やすのか温めるのかは、その腰痛の原因が何かによって決まる• 腰痛の主な原因は、炎症と固まった筋肉。 炎症の場合は冷やし、固まった筋肉の場合は温める。 2つの原因が同時の場合は、冷やすことを優先するのが良い• 冷やす方法としては、冷湿布や冷却シートがある。 温める方法としては、入浴や貼るカイロがある。 どちらも過剰にならないようにすることが大切.

次の

ぎっくり腰では温めるのはNG?ギクッときた時はどうしたら?

ぎっくり腰 冷やす

ぎっくり腰に湿布は正しい?? でも・・・ 結論から言うと温めた方がいいです。 これはぎっくり腰に限りません。 冷やした方がいい場合は急性期のケガで 腫れや内出血がひどい場合。 捻挫とか打撲とかですね。 しかしそれですら最近は冷やさない方が 治りが早いと言われています。 実際セリエAかどこかのトレーナーは 捻挫の後冷やさないで動かすらしいです。 急性期なのに冷やさなくて大丈夫なのか?? 治療家でも意見の割れるとこです。 実際、私も昔は冷やせと教わり 冷やしていました。 でも、 ぎっくり腰を急性の捻挫のように扱うのは 危険ですよ! ぎっくり腰は一度の力で起きるわけではありません。 歪みや日常生活で疲労を蓄積させ最後、 ちょっとしたきっかけで発症します。 内出血とは逆の状態。 ですので、 温めてどんどん血流を上げてあげた方が 筋肉もほぐれるし疲労も抜けます。 痛みも抜けていきます。 お風呂も湯船をまたげるようなら入って下さい。 ぎっくり腰を経験されたことがある方は お風呂に入ったあとの方が楽だったのを 体感されているのではないでしょうか? シャワーだけで済ますと濡れた皮膚から 患部の熱を奪ってしまい筋肉は余計に 固くなるので気を付けましょう。 冷やすと痛みの感覚は麻痺するのでその場では 楽な気はしても結果治りは悪くなりますので気を付けてください。 でも、ぎっくり腰になってしまったらきちんと 治療に通ってくださいね! ならないのが一番ですが、もしなってしまったら 当院にお任せ下さい! ご質問はLINE から受付ています! 施術について詳細はこちら 実際に施術を受けた方の感想はこちら 他のキャンペーン、クーポン等と併用は出来ません.

次の

ぎっくり腰とは 症状、炎症期間、どのくらいで治るか、予防法

ぎっくり腰 冷やす

ぎっくり腰の対処法 炎症の意味 ぎっくり腰で腰が痛いのは、 患部に炎症が起きている状態です。 通常は「炎症=悪いもの」と考えますので早く炎症を鎮めようとします。 鎮痛剤や湿布やアイシングするなどで冷やして痛みを取ろうとします。 ところが、ちょっとだけ見方を変えると、 炎症は患部の修復作業が行なわれている状態と言えます。 体が一生懸命治そうと作業をしている状態が炎症なのです。 炎症部位を冷やすと炎症が一時的に治まりますから痛みが和らぎます。 しかしこれは回復の反応を一時的にストップさせているのですね。 炎症が起こるメカニズム 炎症には四つの発赤、腫脹、発熱、疼痛の兆候が見られます。 赤くなって腫れて熱を持って痛いです。 これは プロスタグランジンというホルモンの働きです。 プロスタグランジンが産生することで患部に血液を集めて早く修復工事を進めようとします。 痛み止め(消炎鎮痛剤)の作用はプロスタグランジンの産生を抑えることです。 プロスタグランジンが出なくなると痛みは治まりますが肝心の修復工事が進みません。 痛み止めで炎症を止める行為は実は回復を送らせることになるのです。 ぎっくり腰は温めると早く良くなる! 以上の理由からぎっくり腰などの急性期の腰痛も温めた方が早く良くなります。 その代わり炎症の反応が強まりますから痛みも強まる可能性があります。 私は以前からそのことは重々承知していました。 温めた方が早く良くなるけど、痛みが強まるので、まずは冷やして炎症をおさえて、ある程度痛みが和らいできてから温めるように指導していました。 しかし、 実際にやってみるとそれほど痛みも強まらずむしろ気持ちよい感覚がある人が多いのです。 自分が腰などを痛めたときにも試してみると最初から温めた方が早く回復します。 そして思ったより痛みも強くならないのです。 気持ちよく感じるのです。 温めてみて、 万が一耐えられないような激痛がするような場合は無理に温めない方が良いです。 我慢できる範囲の痛みでしたらどんどん温めた方が早く良くなります。 体を温めるとすべての痛みが消える 温め方としては、使い捨てカイロを下着の上から患部に貼ります。 寝るときは低温やけどの怖れがあるので、基本的には朝から夜まで貼っておくとよいでしょう。 カイロをはると10時間以上は温かい状態が続きます。 患部の血流が促進され、組織の修復作業も速やかに行なわれます。 和歌山県に 坂井学先生という湿布も鎮痛剤をほぼ使わずに、使い捨てカイロを貼って痛みを取る治療をしている整形外科の医師がいらっしゃいます。 坂井先生の病院でも 湿布とカイロを比べると、圧倒的にカイロを貼った方が楽になる人が多かったそうです。 私も坂井先生の本を読んで、患者さんの了解を得ながらいろいろ試してみたところ、ぎっくり腰や寝違いなどの急性痛の場合でも、積極的に温めた方が早く楽になることがわかりました。 もちろん、個人差はありますから、耐えられないような激痛になる場合は無理に温めないでください。 当院のスタンスとしては、基本的にぎっくり腰は温める。 激痛で耐えられない場合のみ一時的にアイシングをする。 というスタンスを取っています。 坂井 学 湿布よりも使い捨てカイロ! 整形外科医が教える「目からうろこ」の痛み取り法! 痛みは「血液循環の低下」による「はたらき」の異常であり、 「体の修復工事」でもあった。 ひざ痛が消え正座ができた!つえが不要になったと喜びの声が続出! (amazon 内容紹介より) ぎっくり腰は安静にするべきか? 温めるか冷やすかということとは別に、安静にすべきか動かすべきか?という問題があります。 昔は基本的に安静を支持されることが多かったですが、近年の研究では安静を続けると回復が遅れることがわかってきました。 痛くて動けない場合には無理に動く必要はありませんが、動ける範囲で日常生活の活動性を維持していく方が早く改善することが医学的にもわかってきました。 かつて、ぎっくり腰を起こした後は、安静にすることが大切だと言われていました。 しかし、ずっと動かないでいると、腰痛との関係が深い「背筋」が衰えてしまうため、回復が遅れてしまうということがわかってきました。 したがって、発症から2~3日後に痛みがやわらいだころから、多少の痛みを我慢して、 動かせる部位は積極的に動かすようにしましょう。 引用: 全体のバランス 開業して二年目くらいの頃の話です。 今でも覚えていますがぎっくり腰の施術で大きな失敗をしました。 当時は自分が卒業したカイロプラクティックスクールで教わった手技をやることも多かったです。 今は一切使っていませんが、当時はまだ自分の操体法に自信がなかったので、いろいろな整体手技を行っていました。 外から力をかけて行う整体手技は、たしかに体は変化するのですが部分的な変化になりやすいのです。 全体との調和が乱れやすくなります。 どこかが痛くなれば、そこをかばうような形で全身が協力して変化します。 それを世間一般的には「歪んでいる」と見なします。 ところが整体などの手技により、そのバランスを崩してしまう可能性があります。 私が当時やったこともそうでした。 腰痛で来院しましたが、施術後には劇的に楽になって喜んで帰っていきました。 ところがその翌日に動けなくなったとクレームの電話をもらったのです。 一時的に楽になっても痛めているところが治ったわけではありません。 私の説明不足もあり、治ったものだと思って普段通りに身体を動かしているうちにまた新たに痛めてしまったようです。 これは事前にそのリスクを充分に説明しなかった私にも責任があります。 それに、だいぶ後になってからいくら痛みが取れても全体の調和を崩してはいけないと思うようになりました。 当時はまだ部分の痛みを改善させることに集中していました。 痛いから助かっている ぎっくり腰で痛いから動けない、ということは動けないことで体を守っているのです。 動けないなりに正しい対処をして過ごしていると徐々に回復します。 痛いところを痛くないようにすることは、全体のバランスに不調和を起こす可能性があります。 痛いときは痛いなりにバランスが調和しているわけです。 操体法では患部だけでなく、全体のバランスの調和を大切に考えます。 多少痛みが残っていても全体のバランスが調和すると、自分の力で自然に回復していくのです。 まとめ 最後にぎっくり腰の対処法についてまとめます。 急性痛の炎症でも我慢できる痛みなら温めた方が早く改善する• 我慢できないような痛みは無理に温めない• ぎっくり腰は動いた方が早く良くなる• 全体のバランスが大切• バランスが整えば痛みは体が治してくれる 【関連ページ】 ホームページを見てご予約の方は初回時のカウンセリング料と施術料が半額になります。 「ホームページを見た」とお電話ください。 (メール予約の場合もHP初回割引適用になります。 当院には回数券はありません。 毎回が真剣勝負です。 本気で改善していきたい方に誠心誠意寄り添います。 目先の安さだけでなく総合的に判断されることをお薦めします。 ご予約の方法 スマートフォンの方は上のバナーをタップするか022-253-4321へ電話をかけます。 「はい!やすらぎの杜整体院です!」と出ますので 「ホームページを見て予約したいのですが」と仰ってください。 ご予約希望の日時• お名前• 緊急時連絡先の電話番号• 現在お悩みの症状 を順に伺って予約完了となります。 施術に関するお問い合わせや症状に関するご相談はメールでお願いします。 やすらぎの杜整体院 〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20 コーポ青柳B JR東仙台駅徒歩3分・駐車場完備 営業時間:午前9時30分~午後8時 定休日:日曜日・第2、第4木曜 TEL: 022-253-4321.

次の