大和 証券 副 社長。 新社長ファイル【5】大和証券グループ本社社長 日比野隆司氏

大和証券が1万人テレワークを一斉にできた訳

大和 証券 副 社長

金融業界の女性取締役誕生ラッシュが話題です。 「なかでも意義を感じたのが、大和証券グループの『本体』の副社長に生え抜きの田代桂子さんが就任したこと」と言うのは、少子化ジャーナリストで相模女子大客員教授の白河桃子さん。 前編では均等法第一世代として田代さんがどのように道を切り開いてきたのかを聞き、後編ではグローバル視点で見た日本の女性活躍推進の課題を二人が語ります。 今回の自身の昇進も含め、「女性取締役就任が金融業界からラッシュ化」しつつある現状をどう見られていますか? 田代桂子さん(以下、敬称略) 正直、「当然でしょう」と思いますね。 能力と経験を豊富に持つ女性が意思決定する立場に立つことは、会社が本気で成長しようとするならば、当然の流れだろうと感じます。 白河 うれしいですね。 「当然の流れ」と言ってもらえて。 女性活躍推進全般についてのお考えは後編でじっくりお伺いするとして、まずは田代さんのストーリーについて聞かせてください。 海外赴任期間が長く、日本のメディアにじっくり話す機会もそれほど多くなかったと聞いています。 田代さんは1986年入社の「均等法第一世代」ですね。 田代 はい。 就職活動をしていた頃はまだ法律が整っていませんでした。 白河 その当時から、大企業の取締役会に入るような将来を描いていましたか? 田代 いえいえ。 「ずっと働きたいな」と思っていましたが、あまり深くは考えていませんでした。 金融業界を選んだのも、総合職として女性が活躍しやすい環境を選んだ結果です。 早稲田大学時代には、仲間たちと一緒に『私たちの就職手帖』という情報誌の制作に打ち込んでいましたので、もともと女性が働きやすい環境に対するアンテナは立っていたほうだと思います。 「女性は25歳には結婚して寿退社するのが当たり前」だった時代に、子どもを産んでも働き続けられる前提で、会社選びをしていました。 実際には、母親にはならなかったわけですが。 大和証券は私が入社する前年から既に女性の総合職採用を始めていたことが決め手の一つでした。 右:田代桂子さん/1963年生まれ。 1986年早稲田大学卒業、同年大和証券に入社。 1991年米スタンフォード大学MBA。 2009年大和証券執行役員、2013年大和証券グループ本社常務執行役員、米国子会社会長。 2014年に生え抜き女性として同社初の取締役。 2019年4月から現職。 左:白河桃子さん/少子化ジャーナリスト。 相模女子大・昭和女子大客員教授。 内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員。 昨年は働き方改革をテーマにした講演を100回行なった。 白河 『私たちの就職手帖』といえば、1980年に創刊された「女子学生による、女子学生のための就職情報誌」。 大卒女性の採用を行わない企業がメジャーだった時代に、独自取材によって各企業の採用の実態を実名で報じるメディアとして、画期的でした。 日本の働く女性を語る一つの歴史をつくってきた田代さんが、今のポジションに就いたというのも意義深いですね。 証券会社は今も昔も男社会というイメージがありますが、入社してからの働き方はいかがでしたか?.

次の

中田誠司・大和証券グループ本社社長が語る「SDGsを経営戦略の根幹に据える理由」

大和 証券 副 社長

金融業界の女性取締役誕生ラッシュが話題です。 「なかでも意義を感じたのが、大和証券グループの『本体』の副社長に生え抜きの田代桂子さんが就任したこと」と言うのは、少子化ジャーナリストで相模女子大客員教授の白河桃子さん。 前編では均等法第一世代として田代さんがどのように道を切り開いてきたのかを聞き、後編ではグローバル視点で見た日本の女性活躍推進の課題を二人が語ります。 今回の自身の昇進も含め、「女性取締役就任が金融業界からラッシュ化」しつつある現状をどう見られていますか? 田代桂子さん(以下、敬称略) 正直、「当然でしょう」と思いますね。 能力と経験を豊富に持つ女性が意思決定する立場に立つことは、会社が本気で成長しようとするならば、当然の流れだろうと感じます。 白河 うれしいですね。 「当然の流れ」と言ってもらえて。 女性活躍推進全般についてのお考えは後編でじっくりお伺いするとして、まずは田代さんのストーリーについて聞かせてください。 海外赴任期間が長く、日本のメディアにじっくり話す機会もそれほど多くなかったと聞いています。 田代さんは1986年入社の「均等法第一世代」ですね。 田代 はい。 就職活動をしていた頃はまだ法律が整っていませんでした。 白河 その当時から、大企業の取締役会に入るような将来を描いていましたか? 田代 いえいえ。 「ずっと働きたいな」と思っていましたが、あまり深くは考えていませんでした。 金融業界を選んだのも、総合職として女性が活躍しやすい環境を選んだ結果です。 早稲田大学時代には、仲間たちと一緒に『私たちの就職手帖』という情報誌の制作に打ち込んでいましたので、もともと女性が働きやすい環境に対するアンテナは立っていたほうだと思います。 「女性は25歳には結婚して寿退社するのが当たり前」だった時代に、子どもを産んでも働き続けられる前提で、会社選びをしていました。 実際には、母親にはならなかったわけですが。 大和証券は私が入社する前年から既に女性の総合職採用を始めていたことが決め手の一つでした。 右:田代桂子さん/1963年生まれ。 1986年早稲田大学卒業、同年大和証券に入社。 1991年米スタンフォード大学MBA。 2009年大和証券執行役員、2013年大和証券グループ本社常務執行役員、米国子会社会長。 2014年に生え抜き女性として同社初の取締役。 2019年4月から現職。 左:白河桃子さん/少子化ジャーナリスト。 相模女子大・昭和女子大客員教授。 内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員。 昨年は働き方改革をテーマにした講演を100回行なった。 白河 『私たちの就職手帖』といえば、1980年に創刊された「女子学生による、女子学生のための就職情報誌」。 大卒女性の採用を行わない企業がメジャーだった時代に、独自取材によって各企業の採用の実態を実名で報じるメディアとして、画期的でした。 日本の働く女性を語る一つの歴史をつくってきた田代さんが、今のポジションに就いたというのも意義深いですね。 証券会社は今も昔も男社会というイメージがありますが、入社してからの働き方はいかがでしたか?.

次の

新社長ファイル【5】大和証券グループ本社社長 日比野隆司氏

大和 証券 副 社長

大和証券株式会社 Daiwa Securities Co. Ltd. Ltd. )は、傘下の子会社で、である。 企業理念は「信頼の構築、人材の重視、社会への貢献、健全な利益の確保」。 類似する名称のとは無関係である。 概要 [ ] 日本の大手証券会社5社の1角である( 大和証券、、、、)。 旧・大和證券(初代)としては、1943年にとがして設立。 社名は当時の日銀総裁であったが「相和して大きくなる」との願いを込め名づけた。 旧(現:)との提携がなされていた際、法人業務に関して、相互に顧客を紹介したほか、共同出資によるホールセール証券会社である「大和証券SBキャピタルマーケッツ」(三井住友銀行発足時に「大和証券SMBC」へ社名変更)を設立し、一時は法人向け証券業務において、業界No. 2の実績を誇ったこともあった。 しかし、2009年にとの資本・業務提携が解消されたことで、法人向けの証券業務については、大和証券グループ単独出資による「」へ置き換えられることになった。 2代目のとしては、(初代)旧・大和證券(現・)が化した際に、「大和証券リテール準備株式会社」として設立されたもので、1999年4月26日から個人向け取引のを受けると同時に、変更の上、リテール専門証券会社として営業したものである。 ワークライフバランス [ ] 社員が働きがいのある会社を整備しようと女性活躍支援や原則19時退社、家族の職場訪問などのワークライフバランスを重視した施策を実行している。 但し、同世代より高い給与水準や充実した福利厚生が提供されると同時に、大和証券に限らず金融・証券業界は成果主義の要素が強い勤務体系であることは認識すべきである。 沿革 [ ] 旧・大和證券(初代) [ ]• 1902年(明治35年)5月1日 として創業。 1906年(明治38年)10月16日 株式会社藤本ビルブローカーを設立し、法人化。 1907年(明治40年)3月26日 株式会社藤本ビルブローカー銀行に商号変更。 1933年(昭和8年)1月1日 藤本ビルブローカー証券株式会社に商号変更。 1942年(昭和17年)7月1日 株式会社に商号変更。 1943年(昭和18年)12月27日 藤本証券株式会社と株式会社が対等合併して、 大和證券株式会社設立。 1949年(昭和24年) 資金部の短資業務をに譲渡• 1961年10月 (東証・大証・名証1部)• 1996年4月 業界初株式ミニ投資取引、株価照会サービスの提供開始• 1996年6月 業界初株式売買取引(単位株取引)、株価時価照会サービスの提供開始• 1999年2月 業界初NTTDoCoMo「iモード」サービスによる株価情報、市況情報、株式の売買等の提供• 1999年4月26日 (旧)大和證券株式会社が、株式会社大和証券グループ本社に変更して、持株会社に移行 リテール証券業務を新・大和証券に、ホールセール業務を大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(後の株式会社大和証券キャピタル・マーケッツ)に営業譲渡。 2代目・大和証券 [ ]• 1999年4月26日 (2代目) 大和証券株式会社が、(初代)旧・大和證券株式会社からリテール証券業務を営業譲受し、営業開始。 2000年5月 業界初株価通知サービス「メールDE株価」の提供• 2006年2月 店頭FX「ダイワFX」取扱開始• 2008年8月 「ダイワPTS」取扱開始• 2009年10月 店頭CFD「ダイワ株X」の取扱開始• 2009年11月 取引所FX(愛称:くりっく365)の「ダイワ365FX」取扱開始• 2011年5月 を所属銀行とする銀行代理業の業務を開始(同年付けで銀行代理業の許可を取得)• 2012年4月 株式会社を吸収合併。 リテール・ホールセールを一本化。 2017年10月 大和ペンション・コンサルティング株式会社を吸収合併。 不祥事・事件 [ ] 姫路支店によるインサイダー取引事件 [ ] 2005年10月、姫路支店法人課の課長代理が役員より、の疑いがある注文を受け付けた。 はにをし、金融庁は姫路支店に2006年12月19日と20日のを下した。 従業員に対する追い出し部屋問題 [ ] には、大和証券とそのグループ会社の が、共同で従業員を退職させようとに移動させたことが「嫌がらせであり違法」であるとして、が被害者に約150万円の支払いを命じている。 同社勤務の関連団体メンバーによるTwitterでの発言問題 [ ] 問題の人物はネット証券「ダイワ・ダイレクト」を手掛けるダイレクト企画部長と言われており、この人物はTwitterで延々と反社会的な言動を流していた。 は12月、当該人物をダイレクト企画部長から更迭し、後任を他の執行役員が兼ねる異例の人事を発表した。 行政との関係 [ ] 2018年現在、外局の()が所管するの委員3名のうち、1名は大和証券SMBC事業調査部長で専務理事のである(2016年10月25日承認)。 また、同委員会の監視対象の一つである業内自主規制団体の会長は、の元代表取締役 で現在は会長・執行役のである(2017年7月1日、同協会理事会の推薦と総会選挙により就任 )。 なお2017年には、の前任委員のが問題視されている。 脚注・出典 [ ] []• 三井住友フィナンシャルグループより、との合併が持ちかけられたが、大和側がこれを拒否した為に、個人部門は提携・統合が行われなかった。 『』2014年7月26日• 株式会社大和証券グループ本社 平成24年2月20日• 「」『ロイターニュース』 2012年2月20日• 金融庁 平成18年12月1日• 毎日新聞 2015年4月25日• exciteニュース 2016年11月16日• INC, SANKEI DIGITAL. 産経ニュース. 2019年7月10日閲覧。 2017年1月30日. 大和証券グループ本社. 2017年3月14日. 日本証券業協会. 関連項目 [ ]• (大和証券SMBCPI)• - 旧大和証券SMBCPIから分割• ( - - )• ( - - - )• (旧から分割)• - に合併• (大和ネットバンク設立準備)• - 大和総研ホールディングスから継承• (旧大和総研)• 外部リンク [ ]•

次の