コロナ ウイルス 感染 マップ。 coromap

栃木県/栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況および検査状況について

コロナ ウイルス 感染 マップ

「」 に基づき対策を進めています。 (5月25日)• 第36回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催されました。 ()(5月25日)• 新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言に関する内容はこちらをご覧ください。 を更新しました。 (5月29日)• 新型コロナウイルスを想定した「」を公表しました。 (5月7日)• をまとめました。 (5月29日)• 「」を公表しました。 (4月24日)• 「 」を公表しました。 (3月1日)• 「」を公表しました。 (3月28日)• 電話・オンラインによる診療がますます便利になります。 ()(4月20日)• (5月11日)• リーフレット「」を掲載しました。 (やさしい日本語、多言語版は)(5月27日)• new• また、を設けることとしました。 を設けました。 (5月28日)• 小学校等が臨時休業した場合等のとを創設しました。 を公表しました。 (6月10日)• new• (6月12日) new <知りたい情報をクリックしてください> 注意喚起:新型コロナウイルス感染症に関してや、新型コロナウイルスを題材としたにご注意ください。 国内の現在の状況について new 6月14日現在の新型コロナウイルス感染症に関する状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。 国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は17,429例、死亡者は925名となりました。 また、入院治療等を要する者は859名、退院又は療養解除となった者は15,643名となりました。 1.国内の状況について 6月14日0:00現在、PCR検査陽性者17,429例が確認されている。 件数ベースでウェブ掲載している自治体については、前日比の算出にあたって件数ベースの差分としている。 前日の検査実施人数が確認できない場合については最終公表時点の数値との差分を計上している。 なお、療養解除後に再入院した者を陽性者数として改めて計上していない県があるため、合計は一致しない。 6月13日分は集計中。 クラスターは、現時点で、同一の場において、5人以上の感染者の接触歴等が明らかとなっていることを目安として記載しています。 家族等への二次感染等を載せていません。 また、家族間の感染も載せていません。 現時点での感染の発生状況や、都道府県別の感染者数を反映したものではありません。 本報告数は地方自治体の報道発表等に基づき新型コロナウイルス厚生労働省対策本部が集計した速報値に基づくもので、随時更新されます。 ・ (3月31日時点) ・(3月31日時点) (参考) 新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策 2月13日、何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に必要な対策は躊躇なく実行するとの方針のもと、帰国者等への支援、国内感染対策の強化、水際対策の強化、影響を受ける産業等への緊急対応などを柱とする「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」がとりまとめられています。 また、3月10日、国内の感染拡大を防止するとともに、諸課題に適切に対処するため、感染拡大防止策と医療提供体制の整備、学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応、事業活動の縮小や雇用への対応、事態の変化に即応した緊急措置等などを柱とする「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-」がとりまとめられています。 ・「」(2月13日) ・「(ポイント)」(3月10日) ・「」(3月10日) ・「 」(3月10日) 水際対策 新型コロナウイルス感染症の病原体が外国からの航空機や船舶を介して国内へ侵入することを防止するとともに、航空機等に関して感染症の予防に必要な措置を講じることを目的として、新型コロナウイルス感染症を「検疫法第34条の感染症の種類」として指定しています。 これにより、外国から日本へ入国しようとする方に対する質問・診察の実施、患者等の隔離・停留のほか、航空機等に対する消毒等の措置を講じることが可能となっています。 諸外国においてこの感染症が流行していることを受けて、日本の水際対策として、全ての国・地域からの到着便・到着船について、全員質問票による聞き取り、ポスター掲示による自己申告の呼びかけ、健康カード配布による国内二次感染等のリスクの軽減等を行っています。 また、当面の間、14日以内に一部の国・地域における滞在歴がある外国人等については、出入国管理及び難民認定法に基づき、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否しています。 さらに、全ての国・地域から来航する航空機又は船舶に搭乗し又は乗船していた者であって、隔離や停留をされない者については、検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請しています。 今回の水際対策強化の全体像() (3月6日閣議了解) (3月19日閣議了解) 治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発 新型コロナウイルス感染症については、現時点では、有効性が確認された特異的なワクチンは存在せず、治療方法としては対症療法が中心となっています。 ( 、 ) このため、厚生労働省においては、新型コロナウイルス感染症に対する治療薬等について、AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の研究費や厚生労働科学研究費等の各種研究費制度を活用し、治療薬等の研究を順次拡大しています。 ワクチンについては国内での研究のほか、世界連携でワクチン開発を促進するためCEPI(感染症流行対策イノベーション連合)への拠出を通じたワクチンの早期開発に向けた取組を進めています。 また、その他の治療薬としても、既存の治療薬からいくつかの候補薬が出てきており、観察研究や臨床研究、治験が進められています。 厚生労働省では、新型コロナウイルス関連の医薬品、医療機器(人工呼吸器等)及び検査キットについて、優先かつ迅速に審査を行っています。 また、3月15日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、船内で14日間の健康観察期間が終了し2月19日から23日にかけて順次下船した計1,011人の方への健康フォローアップが終了しました。 国内事例同様入院後に有症状となった者は無症状病原体保有者数から除いている。 チャーター便で帰国した者を除く。 専門家によれば、「発症日の判明している確定例の検討に基づいて評価すると、2月5日にクルーズ船で検疫が開始される前に実質的な伝播が起こっていたことが分かる」とされています。 ・ [PDF形式:74KB].

次の

新型コロナウイルスのリアルタイムマップが公開【使い方を解説】

コロナ ウイルス 感染 マップ

詳細: (ジャッグジャパン お知らせ) (ESRIジャパン ニュース) 本マップの情報は、WHO、日本政府(首相官邸内新型コロナウイルス感染症対策本部、厚生労働省、各地方自治体)の発表する情報を基に更新されています。 なお、日本国内の感染状況には、横浜港沖に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗員・乗客の感染者数は WHO の基準により含まれません。 全世界の感染状況 Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE 制作:米国ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター CSSE 感染状況の報告レベル 都市レベル:アメリカ、カナダ、オーストラリア。 省・州レベル:中国。 国レベル:左記以外の国。 詳細: 本マップの情報は、中国国家衛生健康委員会および中国各地の保健当局が発表する情報を基に更新されています。 各国 の感染状況 韓国 制作:Esri Korea イタリア 制作:国連WFP 制作:イタリア市民保護局(Dipartimento della Protezione Civile) フランス 制作:Esri フランス スペイン 制作:Esri スペイン ドイツ 制作:Esri ドイツ イギリス 制作:英国公衆衛生庁 フィリピン 制作:フィリピン保健省 最新情報はこちら 新型コロナウイルスの感染症対策 新型コロナウイルスの感染症対策は、「手洗い」や「マスク着用などの咳エチケット」が基本となります。 次の症状がある方は各地域の「」にご相談ください。 厚生労働省 HP より• 風邪の症状や 37. (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)• 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。 ダッシュボードアプリについて 本記事で紹介している各国の感染状況アプリは、クラウド版 GIS サービス に付属する で作成されています。 ArcGIS Dashboards を利用することで、ArcGIS Online にある GIS データをマップやグラフ等で可視化する Web アプリを簡単に作成することができます。 Web アプリ上に表示された情報は、マップと連動してグラフや数値などが動的に更新され、広域・狭域の状況把握を素早く行えます。

次の

新型コロナウイルス感染症について

コロナ ウイルス 感染 マップ

更新日 令和2年6月11日 ロードマップの5つのポイント 感染症防止と経済社会活動の両立を図りながら、「新しい日常」が定着した社会を実現するため、5つのポイントをお示しします。 外出自粛等の徹底を通じて、 感染を最大限抑え込む• モニタリング等を通じた、 都民生活や経済社会活動との両立• 必要な場合には、 「東京アラート」を発動• 「第2波」に対応するため、 万全の医療・検査体制を整備• 「新しい日常」が定着した社会の構築 ロードマップのイメージ• 休業要請の緩和・再要請を判断する際に用いるモニタリング指標 休業要請の緩和や再要請を判断する際に用いるモニタリング指標として、「感染(疫学的)状況」、「医療提供体制」、「モニタリング(監視体制)」の3つの観点から、7つの指標を設定しました。 7つの指標について、日々モニタリングを行い、感染拡大の兆候を把握した場合には、「東京アラート」を発動し、都民に警戒を呼びかけます。 それでも再要請の目安を上回った場合などは、必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底します。 指標 緩和の目安 再要請の目安 1 新規陽性者数 1日20人未満 1日50人 2 新規陽性者における接触歴等不明率 50%未満 50% 3 週単位の陽性者増加比 1未満 2 4 重症患者数 5 入院患者数 6 PCR検査の陽性率 7 受診相談窓口における相談件数 現在の状況は、こちらからご覧ください。 休業要請緩和のステップ(施設別) 休業要請緩和のステップについては、令和2年5月22日時点の状況を「ステップ0」とし、施設の特性やクラスター発生歴等から判断して、「ステップ3」までの4段階を設定し、段階的に施設の休業要請を緩和します。 学校の段階的再開 都立学校の再開に当たっては、分散登校により段階的に進めていきます。 学校とオンライン学習等による家庭学習とを組み合わせ、その配分を変えることで、児童・生徒たちの学びを確保し、第2波にも備えます。 「第2波」に備えた検査・医療等の体制整備 今後予想される第2波に備え、検査体制の拡充や医療提供体制の確保を進めます。 都立公社病院を中心とした病床確保• 感染症入院重点医療機関の指定 【重症度】重症・重篤、中等症等 【患者特性】認知症、小児・周産期、透析、精神、神経難病等 暮らしや働き方の「新しい日常」 暮らしの中や働く場で、感染拡大を防止するため、取り組んでいただきたいことをまとめた「新しい日常」を、日々の暮らしの中で実践をお願いします。 事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドライン」~「新しい日常」の定着に向けて~ 事業を再開するに当たって、施設の利用者や従業員の方々を守るための、感染防止対策として「東京都感染拡大防止ガイドライン」を取りまとめました。 各業界団体作成のガイドラインとともに参考にしていただき、対策に取り組んでいただくようお願いします。 概要 商業施設等利用者への対策• 時間制来場者システム、オンラインチケット販売等による混雑緩和• 人と人との間隔確保(2m程度)• マスク着用の周知 等 従業員への対策• 検温等による体調管理の徹底• 共有物品の定期的な消毒• マスク着用の徹底 等 施設環境整備• 窓口等の対面場所にアクリル板等で遮蔽• チケットレス等導入による接触回避 等• タッチパネル等不特定多数が触れる場所の清掃・消毒 等 感染者発生時に向けた対応• 顧客リストやアプリの活用などによる来場者の把握 各施設別のガイドライン• 各業界別の感染拡大防止例• 各業界団体ガイドラインの周知徹底 等• 「新しい日常」の定着に向けた多面的なサポートを推進 都民・事業者のセーフティネットの充実、感染症防止と経済社会活動との両立、社会構造の変革などの取組を通じて、「新しい日常」が定着した社会を構築していきます。 感染症防止と経済社会活動との両立 感染拡大防止に資する新ビジネス・業態転換・対策の支援など 社会構造の変革 テレワーク・オンライン教育・デジタルトランスフォーメーションの加速化 など セーフティネットの充実 中小企業融資・雇用・ひとり親家庭などへのサポート など•

次の