楽天カード メリット。 楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットもまとめてみました!

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするメリット

楽天カード メリット

目 次• 楽天ANAマイレージカードとは 楽天ANAカードは、楽天カードにANAマイレージクラブの機能を加えたカードです。 基本は楽天カードと同じで、楽天カードで貯まるのは楽天ポイントですが、それをANAマイルで貯める事が出来ます。 ただし交換する手間がかかるので、その手間を省けるようにしたのが楽天ANAカードという感じですね。 楽天ポイントをANAマイルに変える人が多かったために、ユーザーの利便性を考えて楽天ANAカードを作ったのでしょうね。 楽天ANAカードは「ANAカード」ではない 勘違いをする方も多いですが、楽天ANAカードはANAが発行している「ANAカード」ではなくて楽天カードになります。 したがってANAマイル提携店での利用でマイルが貰えたり、飛行機搭乗ボーナスやANAフェスタなどでの優待は一切ありません。 当然審査もANAカードではなくて楽天カードになります。 楽天カードよりもANAマイルが貯まりやすい? 楽天ANAカードにしても、ANAマイルがより多く貯まるようにはなりません。 楽天ポイントは2ポイント=1マイルのレートで交換出来ますので、楽天ポイントが2ポイント貯まる際に1ANAマイルとして貯める事が出来るようになっているだけです。 楽天カードを200円利用すると楽天ポイントが2P貯まりますが、1ANAマイルとして貯める事が出来るようになっているという事です。 楽天ポイントをANAマイルに交換する手間を省けるようにしたのが楽天ANAカードになりますので、マイル還元率が変わるような事はありません。 ANAマイルへの交換は2ポイントで1マイルと還元率は0. 楽天ポイントをANAマイルに交換する際にはこのマイル移行手数料が発生しないので、そう考えると同じくらいの還元率と考えて良いのかなと思います。 他社カード:100円で1マイルで移行手数料が年間5~6000円程度• 楽天カード:200円で1マイルで移行手数料なし 楽天ANAカードと楽天カードの違い 普通の楽天カードと基本的に同じですが、ポイントプログラム以外にも少しだけ違いがあります。 楽天カードと楽天ANAカードの違いがある部分• 年会費• 入会特典• ANAカードの機能• 貯まるポイント ポイント機能以外には年会費と入会特典に違いがありますね。 年会費は有料だが実質無料 年会費は楽天カードが無料なのに対して、楽天ANAカードは年会費500円(税別)がかかります。 ただし初年度無料で2年目以降は前年に1回でもカードを使えば無料になりますので実質無料と言えますね。 入会キャンペーン特典がお得 画像出典:楽天ANAマイレージクラブカード公式サイト 入会キャンペーンの特典内容は、楽天ANAマイレージクラブカードがANA楽パックで利用出来るクーポン4000円分が付きますのでその分お得になります。 キャンペーン内容は時期によって変わります。 楽天カードの入会特典と比べると楽天ANAマイレージカードは楽天トラベルで使える4000円分のクーポンが付いていてお得になっています。 楽天ANAカードのメリット・デメリットまとめ 楽天ANAカードのメリットデメリットを解説します。 楽天ANAカードのメリット メリットは上記の楽天カードとの違いがそのまま来ます。 繰り返しになってしまうので軽めに解説します。 マイル交換申請の手間が無くなる ANAマイルコースを選択すれば、カード利用分に応じて直接ANAマイルが溜まっていきますので、楽天ポイントをANAマイルに交換申請する手間を省くことが出来るのが最大のメリットです。 楽天ポイントをANAマイルに交換するルールが改悪 楽天ポイントをANAマイルに交換する際、「月の交換上限が20000ポイント」「1回での上限が1000ポイントまで」とルールが変更(改悪)されました。 1回の上限が1000ポイントなので、ある程度まとまったポイントを交換しようと思うと何回も交換手続きをしなければいけません。 しかし、楽天ANAマイレージカードは自動交換機能があるのでその点では手間が省けて便利だと言えます。 ANA国内線の搭乗手続きがスキップ出来る ANAの国内線で搭乗手続きをパス出来るスキップサービスが利用出来ます。 これは本来ANAカードの機能になりますが、これが使えるのはかなり便利ですね。 入会キャンペーン特典で楽天トラベルクーポンが貰える 楽天ANAカードの入会キャンペーンは、楽天ポイントに加えて楽天トラベルで使えるANA楽パックのクーポンが付いてきますのでトータルの金銭的価値が高くなってお得になります。 余分なカードを減らして1枚にまとめられる ANAマイルを貯めるにはANAマイレージクラブカード(ポイントカード)を作って会員にならなければいけませんが、楽天ANAマイレージカードはその機能がカード一体となっていて、2枚を1枚に出来て余分なカードを減らすことが出来ます。 マイルは付与されたものから36カ月で失効していきますので、目標マイル数を目指している途中で一番最初に付与されたマイルの有効期限が切れてしまうという事態になりかねません。 でも楽天ポイントで貯めておいて、ある程度まとまってからマイルに交換した方がマイルの有効期限を最大にする事が出来ます。 何故なら楽天ポイントは有効期限が実質無期限なので、貯めたいマイル数相当分の楽天ポイントを貯めてからマイルに交換すれば、マイル有効期限が切れて失効してしまうリスクを無くす事が出来るからです。 いきなりANAマイルで付与されてしまうと、付与された時から36ヶ月以内しか猶予が無くなってしまいますからね。 これは結構大きな落とし穴だと思いますね。 マイルコースだと楽天会員ランクを上げられない これもかなり大きなデメリットだと個人的に思いますね! 楽天ポイント会員にはランクがあり、半年間の楽天ポイント獲得数によってランクが決まる仕組みになっていますが、 楽天ANAカードでマイルコースを選択すると、楽天ポイントランクの対象外になってしまいます。 楽天カードはETCカード年会費が有料で、ポイントランクがプラチナ、ダイアモンドだと無料になりますが、楽天ANAカードのマイルコース選択だとそれが出来なくなってしまいます。 年会費がかかる 年会費が500円(税別)かかってしまいますが、年に1回でもカードを使えば無料になるので実質無料です。 デメリットと言う程では無いですが、普通の楽天カードは完全無料なのでデメリットとしておきます。 電子マネーチャージのポイントが貯まるのは、同じグループ内の電子マネーである楽天Edyだけです。 nanacoチャージがお得なクレジットカードはコチラの記事がおすすめです。 「nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい」 「nanacoで税金を割引出来... 楽天ANAマイレージカードはデザインが選べる 楽天カードは基本的にスタンダードなシルバーデザインのカードのみで、選べるとしたら楽天キャラクターのパンダやスポンサーになっている載っているデザインのカードがあるくらいですが、楽天ANAマイレージカードはスタンダードのシルバーデザインともう一つピンク色がメインのデザインを選ぶことが出来ます。 まとめ 楽天ANAマイレージカードは、普通の楽天カードと基本は同じで、ポイントプログラムにANAマイルコースをプラスして、ANAカードの一部機能が使えるようにした内容となっています。 楽天ANAマイレージクラブカードはこんな方におすすめ• 楽天ポイントをANAマイルに交換している人で、交換作業がメンドクサイと思っている方• 楽天カードとANAマイレージクラブカードを一枚にまとめたカードが欲しい方• 楽天ポイントを貯めている方でANAファンの方(楽天カードにANAのロゴが入る) 楽天ANAマイレージカードのおすすめの利用方法は、年に1回は必ず利用する事と、コースは絶対に楽天ポイントコースを選択する事をおすすめします。 貯まった楽天ポイントは、ANAマイルに変えると言う方の場合、自動でANAマイルが貯まっていくのは楽だし素晴らしいと思いますが、それだと楽天会員ランクを上げたりする事が出来ないのでETCカード年会費を無料にすることが出来なくなりますし、なによりANAマイルの有効期限を最大化する事が出来ないのが最大のデメリットだと言えます。 楽天ポイントコースを選択すればANAマイル交換の手間は省けませんが、普通の楽天カードと同じように使えて、なおかつANAカード機能のスキップサービスが利用出来て、ANAマイレージカードを別に持つ必要も無くなりますよ! カテゴリー• 304•

次の

楽天カードが批判されている5つの理由まとめ!加えてデメリットや欠点など、楽天カードの悪い部分のみを徹底的にまとめてみました。

楽天カード メリット

VISA• Mastercard• JCB• American Express の4種類。 これだけの国際ブランドから選べるのは、数あるクレジットカードの中でも珍しいですね。 基本のポイント還元率は1. 100円の利用で1ポイントが貯まる計算となります。 もらえるポイントはになり、こちらは通常ポイントであれば有効期限もありません。 1枚のカードで• クレジットカード• ポイントカード• 電子マネー の3役を集約できるので、使い勝手も抜群です。 年会費無料のクレカではせいぜい最高100万円までしか補償してもらえないことが多いですからね。 アメリカやヨーロッパなど医療費の高い国を除けば、楽天カード付帯の海外旅行保険だけで割と十分と言えます(ただし、念のための自動付帯クレカとの併用がおすすめ)。 注意点として、海外旅行保険が適用される条件は 利用付帯となります。 VISA• Mastercard• JCB• American Express の 4種類となりますが、この中で海外での普及率が高い VISAと Mastercardが選べるのもメリットと言えるでしょう。 海外利用の観点で、これはありがたいです。 ちなみに、VISAかMastercardのどちらかで迷った場合は、 Mastercardにするのが個人的におすすめ。 その理由は、MastercardはVISAよりも海外での利用手数料が安いことが多く、より支払いでお得になるからです。 ポイントをANAマイルに交換可能 楽天のポイントは、2ポイント=1マイルの還元率で ANAマイルに交換可能です。 交換手数料も一切かかりません。 ANAカードよりも還元率では劣りますが、 年会費無料のカードで実質的にANAマイルを貯めることができるので、やり方次第ではメリットにもなり得ますね。 海外キャッシングも可能(ただし、他カードがおすすめ) 楽天カードを使えば、海外キャッシングをすることも可能。 キャッシングはATMで行えるので両替所よりも便利ですし、両替所より安く両替できる場合が多いです。 ただし、海外キャッシングについては ATM手数料が無料で 最短3日でネット返済が可能なが最もお得になるので、あくまでもおまけ程度に考えると良いでしょう。 ハワイの楽天カードラウンジが使える 楽天カードを持てば、ハワイのワイキキにあるショッピングモール「T ギャラリア ハワイ by DFS」内の Rakuten Card ラウンジが無料で使うことができます。 そういうことです(キャンペーンを活用すればの話ですが)!僕もEdyで払えるところはEdyにしています。 楽天銀行との併用で普通預金金利が2倍の0. これは一般的な大手銀行の普通預金金利(0. 毎月の引き落とし口座を楽天銀行に設定するだけなので、とても簡単です。 また、楽天銀行はとても使い勝手の良いネットバンクなので、この機会に乗り換えておくのもおすすめ。 なので、楽天カードをもし作るのであれば、 楽天銀行の口座も一緒に開設しておきましょう。 このマネーブリッジを利用することで、楽天銀行口座の普通預金金利がさらに 0. 楽天カード+楽天銀行の金利よりもさらに2. 5倍になる計算ですね。 楽天証券に関してもとても使い勝手が良く、投資初心者にもおすすめできる証券口座。 ぜひこの機会に作っておきましょう。 海外旅行保険の補償金額は場合によっては不十分 楽天カードに付帯されている海外旅行保険(利用付帯)は、年会費無料のカードの中ではかなり充実していますが、それでも アメリカやヨーロッパなど医療費の高い国では不十分と言えます。 その対策としておすすめなのが、 海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードも持っておいて、保険の補償金額を合算させる方法。 例えば、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のと楽天カードの2枚を持っておけば、 最重要項目の 傷害治療費用が400万円まで補償されるようになります。 400万円まで増えればある程度は安心だね! 海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードはいくつもあるので、必要に応じて作っておくことをおすすめします。 こうしたクレカを4〜5枚保有して合計1,000万円以上の治療費用補償が受けられるようになれば、もう怖いもの無しですね。 そもそも楽天系サービスを利用しない人にはメリットが薄い そもそも論ですが、楽天系サービスを今後利用しない人にとっては、楽天カードを持つメリットは薄いです。 どれだけポイント還元率が高かろうが、それを活用しなければ豚に真珠ですからね。 ただ、楽天系サービスは使い勝手が良いものが多いので、楽天経済圏への移行を考えている人は、まず楽天カードを作ってみて様々なサービスを試しに利用してみるのもアリです。 入会すると大量にメールが送られてくるようになる 楽天カードに入会すると、 キャンペーン情報などのメールが大量に送られてくるようになります。 セールスが苦手な人は要注意ですね。 お得なキャンペーンもあるので個人がどう思うか次第ですが、気になる人はフィルタリングするなどして対策するようにしましょう。 期間限定ポイントの利用方法は限定されている 楽天カードを利用することで貰えるには、 通常ポイントと 期間限定ポイントの2種類があります。 この期間限定ポイントは利用期間が短く、また利用方法が限定されているので、 うまく利用しないとポイント失効のリスクがあります。 期間限定ポイントは• ダイヤモンド会員• プラチナ会員 であればETCカードの発行が無料になります。 家族カードの発行はあまりおすすめできない 楽天カードは家族カードの発行も可能ですが、こちらはあまりおすすめできません。 なぜなら、家族カードの場合は 入会キャンペーンの内容が新規発行するよりも薄いからです。 楽天カードは主婦や学生でも作ることができるので、それぞれ新規発行するほうがお得です。 ポイント還元率の高さや楽天サービスでお得になることを推す声が際立ちます。 日常でポイントを意識せず、普通に生活するだけでポイントが溜まる。 これは使わない理由がない。 — ひろきさん 4242hiroki また、付帯されている海外旅行保険について評価する声も。 楽天カード、年会費無料系のカードにしてはかなりしっかりした海外旅行保険が付帯されててびっくりした。 空港までのタクシーや電車のチケットでも良いので、出国前に何かしら楽天カードで決済すれば自動で適用になるらしい。 すげえな。 — しょうこれ shokore 一方で、有名なカードであるが故、一部悪い評価も目立ちます。 楽天カードのリボ払い案内メール結構ウザい😤 リボ払いのメールだけ止めたい — Bee ricco125c メール配信が多いのは事実ですね…。 ただ、メール配信されるキャンペーンを活用することでよりお得になるので、これに関しては我慢しています(リボ払いの勧誘だけは即効無視)。 「ダサいクレジットカード」でぐぐると、一番にAmazonカードが出て、2番めに楽天カードが出てわろた。 — 電波猫 dempacat 楽天カードを使っている=ダサいと考える人も世の中にはいるみたいですね(笑).

次の

楽天カードと楽天銀行カードの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを徹底比較

楽天カード メリット

VISA• Mastercard• JCB• American Express の4種類。 これだけの国際ブランドから選べるのは、数あるクレジットカードの中でも珍しいですね。 基本のポイント還元率は1. 100円の利用で1ポイントが貯まる計算となります。 もらえるポイントはになり、こちらは通常ポイントであれば有効期限もありません。 1枚のカードで• クレジットカード• ポイントカード• 電子マネー の3役を集約できるので、使い勝手も抜群です。 年会費無料のクレカではせいぜい最高100万円までしか補償してもらえないことが多いですからね。 アメリカやヨーロッパなど医療費の高い国を除けば、楽天カード付帯の海外旅行保険だけで割と十分と言えます(ただし、念のための自動付帯クレカとの併用がおすすめ)。 注意点として、海外旅行保険が適用される条件は 利用付帯となります。 VISA• Mastercard• JCB• American Express の 4種類となりますが、この中で海外での普及率が高い VISAと Mastercardが選べるのもメリットと言えるでしょう。 海外利用の観点で、これはありがたいです。 ちなみに、VISAかMastercardのどちらかで迷った場合は、 Mastercardにするのが個人的におすすめ。 その理由は、MastercardはVISAよりも海外での利用手数料が安いことが多く、より支払いでお得になるからです。 ポイントをANAマイルに交換可能 楽天のポイントは、2ポイント=1マイルの還元率で ANAマイルに交換可能です。 交換手数料も一切かかりません。 ANAカードよりも還元率では劣りますが、 年会費無料のカードで実質的にANAマイルを貯めることができるので、やり方次第ではメリットにもなり得ますね。 海外キャッシングも可能(ただし、他カードがおすすめ) 楽天カードを使えば、海外キャッシングをすることも可能。 キャッシングはATMで行えるので両替所よりも便利ですし、両替所より安く両替できる場合が多いです。 ただし、海外キャッシングについては ATM手数料が無料で 最短3日でネット返済が可能なが最もお得になるので、あくまでもおまけ程度に考えると良いでしょう。 ハワイの楽天カードラウンジが使える 楽天カードを持てば、ハワイのワイキキにあるショッピングモール「T ギャラリア ハワイ by DFS」内の Rakuten Card ラウンジが無料で使うことができます。 そういうことです(キャンペーンを活用すればの話ですが)!僕もEdyで払えるところはEdyにしています。 楽天銀行との併用で普通預金金利が2倍の0. これは一般的な大手銀行の普通預金金利(0. 毎月の引き落とし口座を楽天銀行に設定するだけなので、とても簡単です。 また、楽天銀行はとても使い勝手の良いネットバンクなので、この機会に乗り換えておくのもおすすめ。 なので、楽天カードをもし作るのであれば、 楽天銀行の口座も一緒に開設しておきましょう。 このマネーブリッジを利用することで、楽天銀行口座の普通預金金利がさらに 0. 楽天カード+楽天銀行の金利よりもさらに2. 5倍になる計算ですね。 楽天証券に関してもとても使い勝手が良く、投資初心者にもおすすめできる証券口座。 ぜひこの機会に作っておきましょう。 海外旅行保険の補償金額は場合によっては不十分 楽天カードに付帯されている海外旅行保険(利用付帯)は、年会費無料のカードの中ではかなり充実していますが、それでも アメリカやヨーロッパなど医療費の高い国では不十分と言えます。 その対策としておすすめなのが、 海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードも持っておいて、保険の補償金額を合算させる方法。 例えば、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のと楽天カードの2枚を持っておけば、 最重要項目の 傷害治療費用が400万円まで補償されるようになります。 400万円まで増えればある程度は安心だね! 海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードはいくつもあるので、必要に応じて作っておくことをおすすめします。 こうしたクレカを4〜5枚保有して合計1,000万円以上の治療費用補償が受けられるようになれば、もう怖いもの無しですね。 そもそも楽天系サービスを利用しない人にはメリットが薄い そもそも論ですが、楽天系サービスを今後利用しない人にとっては、楽天カードを持つメリットは薄いです。 どれだけポイント還元率が高かろうが、それを活用しなければ豚に真珠ですからね。 ただ、楽天系サービスは使い勝手が良いものが多いので、楽天経済圏への移行を考えている人は、まず楽天カードを作ってみて様々なサービスを試しに利用してみるのもアリです。 入会すると大量にメールが送られてくるようになる 楽天カードに入会すると、 キャンペーン情報などのメールが大量に送られてくるようになります。 セールスが苦手な人は要注意ですね。 お得なキャンペーンもあるので個人がどう思うか次第ですが、気になる人はフィルタリングするなどして対策するようにしましょう。 期間限定ポイントの利用方法は限定されている 楽天カードを利用することで貰えるには、 通常ポイントと 期間限定ポイントの2種類があります。 この期間限定ポイントは利用期間が短く、また利用方法が限定されているので、 うまく利用しないとポイント失効のリスクがあります。 期間限定ポイントは• ダイヤモンド会員• プラチナ会員 であればETCカードの発行が無料になります。 家族カードの発行はあまりおすすめできない 楽天カードは家族カードの発行も可能ですが、こちらはあまりおすすめできません。 なぜなら、家族カードの場合は 入会キャンペーンの内容が新規発行するよりも薄いからです。 楽天カードは主婦や学生でも作ることができるので、それぞれ新規発行するほうがお得です。 ポイント還元率の高さや楽天サービスでお得になることを推す声が際立ちます。 日常でポイントを意識せず、普通に生活するだけでポイントが溜まる。 これは使わない理由がない。 — ひろきさん 4242hiroki また、付帯されている海外旅行保険について評価する声も。 楽天カード、年会費無料系のカードにしてはかなりしっかりした海外旅行保険が付帯されててびっくりした。 空港までのタクシーや電車のチケットでも良いので、出国前に何かしら楽天カードで決済すれば自動で適用になるらしい。 すげえな。 — しょうこれ shokore 一方で、有名なカードであるが故、一部悪い評価も目立ちます。 楽天カードのリボ払い案内メール結構ウザい😤 リボ払いのメールだけ止めたい — Bee ricco125c メール配信が多いのは事実ですね…。 ただ、メール配信されるキャンペーンを活用することでよりお得になるので、これに関しては我慢しています(リボ払いの勧誘だけは即効無視)。 「ダサいクレジットカード」でぐぐると、一番にAmazonカードが出て、2番めに楽天カードが出てわろた。 — 電波猫 dempacat 楽天カードを使っている=ダサいと考える人も世の中にはいるみたいですね(笑).

次の