千葉 市 停電。 台風に伴う千葉の大規模停電が解消 東京電力発表

停電の全域復旧は2週間以内 東電発表、大幅に遅れ→政府がしっかり対策立てて動かないとだめだろう。

千葉 市 停電

台風15号の影響で千葉県を中心に続いている停電について、東京電力パワーグリッドは11日夕、全面復旧は13日以降になる見通しを明らかにした。 同社によると、11日午前8時時点で約47万戸が停電していたが、神奈川、静岡の両県では停電が解消。 11日午後11時現在、千葉県と東京都の島嶼(とうしょ)部の約38万戸が停電している。 台風による同社管内の停電では「規模、期間ともに過去最大級」としている。 千葉県の復旧は、千葉市周辺で12日中、それ以外のエリアで13日以降になる見通し。 10日夜の時点では11日中にすべて復旧させる見通しを示していたが、設備・施設に想定を超える被害が確認され、山間部での作業が難航するなどしているという。 会見した塩川和幸・技監は「想定が甘かったことは反省している」と述べる一方、「全面復旧は(きょうから)1週間、10日かかることはない」と語った。 復旧の見通しは東電のホームページやツイッターで順次公表するとしている。 (兼田徳幸) 電話・ネット「不通状態」 NTT東日本によると、千葉県内は11日午前7時現在で、固定電話約10万回線、インターネット約7万回線が「不通状態」だという。 携帯電話も、千葉県の南房総市や市原市、千葉市の一部などを中心に、つながりにくい状態が続いている。 NTTドコモでは3都県の47市町村(11日午後6時現在)、KDDI(au)は、4都県の40市町(同日午後4時現在)、ソフトバンクは2県の26市町(同日午後5時現在)で、一部通信に障害が起きているという。 各社とも応急処置として、移動式の基地局車や電源車を活用するなどしているが、今後の見通しについて、NTTドコモの広報担当者は「停電の復旧状況次第」としている。

次の

台風15号、なぜ千葉県睦沢町は大規模停電を免れたのか?「電力の地産地消」が重要

千葉 市 停電

台風15号による大規模停電で、千葉県では発生から5日目の13日も午後18時現在で約18万5千戸の停電が続いた。 東京電力は作業員を1万6千人に増員して作業を急ぐが、全域復旧は2週間以内になるとした。 東電によると、千葉市や市原市(山間部を除く)などは比較的作業が順調に進んでおり、3日以内に復旧を見込んでいるという。 八街市や君津市、富津市などは設備の被害状況は確認できているが、工事量が多く、1週間以内になるとしている。 ただ、鴨川市や南房総市、館山市、鋸南町は広範囲にわたって設備被害が出ていて、点検から確認、工事着手に相当の時間が見込まれるという。 東電は「復旧は2週間以内になる」としている。 yahoo. もっと早く予測出来ただろとか言ってる方居ますけど、現場に着くまでに倒木なんかがあって辿り着けなかったり行政の手が回らないから自分達で撤去しながら進んだりしなければならない状態だそうです。 そんな中でやっと辿り着いても簡単には行かないほどの甚大な被害が出てるのに予測なんて誰も出来ないでしょう。 北は北海道から南は沖縄まで各地の電力会社の職員さんが必死に頑張ってくれていると思います。 特に沖縄電力さんは前回の台風で離島が被害を受けその復旧を終わらせたばかりで来てくれています。 そもそも知事が職員を派遣しなかった事で被害の把握が遅れているのも問題で東電ばかりを責められないのが現実だと思います。 なんで大変な自然災害を電力会社に復旧任せっぱなしなんだろうか? 自衛隊は出てるけど、政府はちゃんと復興計画推進しているんだろうか? 新しい閣僚が集まってヘラヘラしてパーティーとかやってないよね? 地震や自然災害時は政府が主導してやるべきでしょう? マスコミも台風直撃の翌日に、進次郎とかのにやけた顔をテレビに映してお祭り騒ぎやってる場合じゃなかったんだよね。 うちも直撃受けた地域だけど、停電も断水もなかったから安心してたらすぐ近くの地域が停電断水していると3日後になって知って驚いた。 行政は状況を周知して近隣に協力要請するとか、もっと積極的に動いたらどうなんだろうか? 昨日やっと数カ所風呂やトイレを設置、解放したみたいだけど、倒壊した物の撤去作業とか人手は足りているんだろうか?情報提供してもらえれば三連休中ボランティアも集まると思うんだけど?.

次の

台風で“大停電”の千葉を猛暑が襲う!「エアコンが使えない」生活直撃で住民からは悲鳴

千葉 市 停電

大規模停電を免れた「道の駅」があった 2019年9月9日未明、台風15号は中心気圧960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルという猛烈な勢力のまま、千葉県千葉市付近に上陸した。 千葉市中央区では最大瞬間風速57.5メートル、同県木更津市では同49メートル、同県成田市で45.8メートルを記録し、そのいずれもが観測史上1位の記録となったのだという。 大雨による被害よりも暴風による被害が際立つ典型的な「風(かぜ)台風」である。 同県内では大規模な停電も発生。 同日午前8時20分時点でおよそ64万軒にも及び、全面復旧までに2週間以上を要する非常事態に陥る。 北海道全域で295万戸が停電した昨年9月の「全道ブラックアウト」でさえ、復旧に要した時間は2日間(45時間)である。 まさか21世紀の首都圏で、これほど長期間に及ぶ大規模停電が発生するとは、思いも寄らぬことだった。 そんななか、完全停電を免れた地域があると聞いて驚いた。 同県の内陸部に位置する 睦沢町(むつざわまち)である。 理由があるなら知りたいし、秘訣があるなら教えてほしいと思い、現地を訪ねた。 おしゃれな「町営住宅」 台風15号襲来の際は、睦沢町も9月9日未明の午前4時前後から停電に見舞われた。 停電のピーク時には町内の8割で停電していたとのデータもあるが、地元の実感は「全町真っ暗」。 ほぼ全域で停電が発生した。 前代未聞の非常事態を受け、町の中央部にある「 道の駅むつざわ つどいの郷」(むつざわスマートウェルネスタウン)では、停電からおよそ5時間後の同日午前9時、ガスコジェネ発電機(後述)を起動させ、「道の駅」施設や隣接する町営住宅への電気供給を開始する。 道の駅周辺では電線はすべて地中に埋設されており、電柱や鉄塔の倒壊による影響は一切なかった。 ガスコジェネ発電機 そして、睦沢町の停電が解消する9月11日午前9時頃までの約50時間、「道の駅発電所」は稼働し続けた。 道の駅には温浴施設が併設されており、自宅の風呂に入れない町民のためにシャワーを無料で開放。 停電で防災無線がダウンするなか、噂を聞き付けた人々が行列をつくり、800人ほどが汗を流した。 「お湯が使える」だけのことで、利用者からは大変喜ばれたという。 また、携帯電話の充電ができない町民にも無料充電を可能とした。

次の