動画編集 アウトソーシング。 BPOアウトソーシング

動画編集をイメージ通りにするには?おすすめの進め方を徹底解説!

動画編集 アウトソーシング

自分で動画に字幕を編集するやり方は? まずは自分で動画に字幕を編集するやり方を紹介します。 動画の画面ごとに字幕を入れる 動画ソフトの編集画面で、適時テキストを入力していく方法です。 ただし、多くの場面に複数文字を入れる場合や修正箇所が出てきた場合、入力した文字や場所が多ければ多いほど、そのぶんの手間がかかります。 挿入方法は利用する動画作成ソフトによって異なるため、そのスタイルに従って行います。 SRTでテキストファイルを作成し挿入する 字幕を作成するパターンと、字幕を動画に合成するパターンの2つのプロセスがあります。 仮に、動画に入れる文字が5文字でも5,000文字でも、字幕の作成自体は1度にまとめてでき、それを合成するだけになるので効率的な作業が可能です。 こちらの方法は、SRT、ASSといった字幕のファイル形式(フォーマット)を利用し、字幕の作成を行います。 メモ帳を立ち上げ、以下の形式に沿って字幕となるテキストを入力します。 おすすめの字幕の編集ソフトとは 初心者でも使いやすい編集ソフトを紹介します。 macでも使える「Filmora for Windows」 Filmora for Windowsは、for Windowsとありますがmacでも使えるソフトです。 音楽、クロマキー合成、逆再生といった機能もインターフェイスがわかりやすいので簡単に利用が可能です。 上級者にもおすすめの「AviUti」 AviUtiは、初心者から編集に慣れた上級者まで幅広く使えるソフトです。 字幕だけではなく、動画にフィルターをかける、不要場面をカットするなどの機能もついています。 インターフェイスはシンプルで使えるテンプレートも少ないため、使っていて迷う部分も少ないでしょう。 あらゆる形式に変換できる「VideoPad動画編集」 プロ並みの動画にできる機能が満載の編集ソフトは、VideoPad動画編集です。 文字のエフェクトや、動画の分割と結合、明るさや色彩調整など動画のクオリティにこだわりたい方におすすめです。 おすすめの字幕の編集アプリとは スマートフォンでも自在に字幕が編集できるおすすめのアプリを紹介しましょう。 幅広く使える「iMovie」 iMovieはiPhone用ですが、Apple社が開発した人気アプリとなっており無料で使えます。 字幕の挿入だけではなく、動画のトリミングや音楽の挿入もできます。 タイムライン機能、SNSとの連携も可能です。 字幕の挿入、動画のトリミングや音楽の挿入だけではなく、落書きやステッカーの貼り付け、再生速度調整も可能です。 日本語対応で使いやすく、SNSとの連携もスムーズです。 字幕の挿入に特化した「vont」 vontもiPhoneのみ対応で無料で使えますが、有料版もあります。 機能は字幕挿入機能に特化しており、そのぶん多彩な機能の利用が可能です。 フォント、サイズ、文字揃え、文字の色や塗りつぶし、透明度などのスタイル、文字色、文字のアニメーションも自由自在に編集できます。 字幕編集はアウトソーシングできる? 字幕ソフトやアプリを紹介してきましたが、編集する時間がない・できる人材がいないなどリソースが足りないこともあるでしょう。 このような時にぜひ検討したいのは、アウトソーシング(外注)です。 たとえば、動画編集が専門の字幕テロップ作成会社に依頼したり、クラウドソーシングなどで登録する個人に依頼したりする方法があります。 テロップ作成の専門会社に依頼すると、1カ所挿入するごとに400~500円程度がかかり、画質ごとに基本料金が設定されているケースもあります。 クラウドソーシングは個人やフリーランスに依頼するため、依頼先によっては予算内で済むこともあり、納期なども柔軟に対応してもらえるのも特徴です。 字幕編集にはクラウドワークスがおすすめ 実はクラウドソーシングの会社はたくさん存在します。 そのため、ちょっと調べただけではどこのサービスが良いのか決めかねてしまうでしょう。 そこで、数あるサービスの中でもクラウドワークスがおすすめな理由を紹介します。 多くのクラウドワーカーが在籍 クラウドソーシングサービスを通して仕事を受注し、勤務する人を「クラウドワーカー」と言います。 クラウドワークスは、そのようなクラウドワーカーを含む総ユーザー数が業界ナンバー1。 実に300万人を超すユーザーが、仕事を「依頼するため」「受注するため」に活用しています。 クラウドワークスにはさまざまなスキルを持つ個人がおり、字幕の編集を経験したことのあるフリーランスもたくさん登録されています。 下記のリンクでは、実際にどのようなクラウドワーカーが登録されているのか確認できます。 ぜひチェックしてみてください。 CWコンシェルジュで安心発注 クラウドワークスには「CWコンシェルジュ」があり、クラウドソーシングを初めて利用する方には特におすすめのサービスとなっています。 CWコンシェルジュは電話で利用できる無料サービスで、募集文面の作成が難しい、たくさんの応募がほしい、募集をかけてみたが反応が悪かった…など、いろいろな疑問を専門オペレーターが丁寧にヒアリングします。 気になることがあれば、どんどんCWコンシェルジュを活用してみてください。 まとめ 動画に挿入する字幕の編集に関して、おすすめのソフトやアプリから外注活用まで紹介してきました。 やってみると意外と簡単ですが、挿入箇所が多かったり、質にこだわったりすると手間がかかります。 こだわればこだわるほど時間もかかるので、クラウドソーシングなどの外注を活用し、外部リソースをうまくとりいれていきましょう。

次の

【動画制作の費用相場は?】完成度の高い動画は外注しよう!

動画編集 アウトソーシング

しかしこの不安は実際に行動しないと、つまでも解消されません。 僕はフリーランス歴3年目になって、やっと臆さず色々な案件に飛び込めるようになったなぁと感じています。 結論を言ってしまうと、僕が3年目になって到達した地点は、あなたがすぐに立てる場所です。 というのも、僕は頭で考えすぎて行動に移せてなかっただけなんで。 僕みたいにもったいない事はしないで、まずは一歩踏み出してみましょう。 今回の記事は、編集スキルを持ってるけど何から始めればいいのか分からない人向けに書きました。 何を選ぶかはあなたの自由です。 また、僕がやってきた仕事内容や受注方法はこちらの記事にまとめてあります。 受注から納品まで、実戦で得られた経験をもとに書いてるので、あなたの悩みが解決しますよ。 この記事を要約するとこんなことが分かります。 クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。 クラウドソーシングは狭義では、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。 必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。 要約すると、豊富な仕事案件をみんなでシェアし、仕事を効率的にしよう!というサービスです。 ここでは会社員でもフリーランスでも関係なく、誰もが登録さえ済ませれば仕事をすることができます。 ちなみに、クラウドソーシングを活用する場合、必須項目としてデモリールは作成しておきましょう。 まずはデモリールを解説します。 自分のスキル紹介する動画を作る 以下、です。 映像作品やアニメーションを編集したデータ、それを記録したDVDなどのこと。 3DCG、イラスト、スケッチ、デッサンなどの静止画作品をファイリング、あるいは製本した作品集はポートフォリオとよぶ。 最近は、一連のデータをインターネット上で公開するケースも増えている。 デモリールやポートフォリオを通して、自身が培ってきたセンスや技術、経験など、短時間でクライアントに伝えることができる。 そのためデモリールの場合、質の高いショットだけを選りすぐり、1分程度の尺に収めるのが理想的とされている。 デモリールは相手に「自分はこんな編集技術を持ってます」と明確に伝えることができます。 クライアントもこれを見て安心して仕事を任せることができるので、少し背伸びをしても印象的な動画を作ることをオススメします。 僕の場合、Youtube動画をデモリールにしました。 これで依頼されなければちゃんと作ろうと考えていましたが、受注できたのでまだ変更していません。 続いては、クラウドソーシングのメリット・デメリットを解説します。 メリット・デメリット ではクラウドソーシングのメリットとは何かを簡単に説明します。 ・仕事を入れすぎると辛くなる• ・依頼主から怒られることも スケジュール管理には気をつけてください。 たくさん仕事を受注しすぎると、本業が手につかなくなってしまうからです。 グーグルカレンダーやスケジュール管理アプリなどを使いましょう。 また、受注できたとしても最初は苦労するかもしれません。 友人の話では、聞いてた内容よりも仕事が多かったり、クオリティに関してのクレームがあったみたいです。 僕も初めて挑戦した時は、クオリティに関してのやりとりがうまくいかず、何度も修正しました。 受注する時は詳細を残しておくようにしましょう。 以上、僕が感じたメリット・デメリットです。 デメリットに目がいきがちですが、誠実に対応すればトラブルになることはないと感じました。 それよりも僕はメリットの方が大きいと思います。 なぜなら、自分の力で受注から納品までを完了する経験を積むことでどんな仕事にも対応でき、さらに飛躍できる可能性を秘めているからです。 事項でどのようなサイトがあるのかを紹介していきますね。 仕事依頼数260万件以上!クラウドワークス クラウドワークスは、登録者数290万人以上・仕事依頼数260万件以上 を誇る大手の仕事マッチングサービスです。 仕事内容は動画編集・web関連・イラスト制作など多岐にわたります。 僕の友人はここから固定客を獲得しました。 最初は手数料を払わなければならないのが嫌だったそうですが、企業から信用されると直接受注を持ちかけられたそうです。 これはレアケースではなく一般的な流れだと感じます。 というのも、企業側もコストを抑えたい・良い人材に頼みたいというのが正直なところです。 ある程度の信頼関係ができれば次の仕事を持ちかけられた時、直接依頼されるのは自然な流れです。 クラウドワークスのシステムや手数料はこちらです。 節約方法など詳しく解説されています。 しかし手数料は安い方がいいかもしれませんが、初めての人はあまり気にせずやってみる方がいいと思います。 僕は現在、直接受注が増えてきたのでクラウドワークスを利用していません。 今の仕事が落ち着いたら新しい案件を受け、拡大していく予定です。 僕がやってることはこちらの記事に書いてます。 参考にしてくださいね。 自分のスキルを売れるココナラ 最近CMでもよく見かけるココナラ。 ココナラは自分のスキルを売り込むサイトです。 自分に得意分野があるのならこのサイトを使えば受注できる可能性が高いです。 動画編集・web関係・イラストはもちろんですが、「占い」「健康」など面白いジャンルも豊富にあるように感じますね。 僕はまだココナラを使ったことがないので詳しくは伝えられないのでこちらのサイトを紹介します。 受注するまでに必要な戦略が丁寧に書かれていますよ。 ココナラは手数料が高いのですが、スキルアップにはオススメです。 こちらの記事も参考にしてみてください。 僕はココナラは手数料が高めに設定されているので本格的な参入は見送ってます。 動画編集案件が豊富!ランサーズ ランサーズは動画編集・web関連・イラスト・プログラミングなど、クラウドワークスほど多岐にわたってない印象ですが、信頼度・利用満足度No1をうたってます。 僕の印象はランサーズが一番動画に力を入れている感じがします。 ランサーズに登録しなくても仕事内容が詳細に書かれているので「これならできるかも」という案件を簡単に探すことができます。 僕のオススメはYouTube動画案件です。 質の良い動画を提供することができれば、今後もお付き合いする可能性が高まりますよ。 しかし、これらクラウドソーシングは参入者が増えてきて以前より稼げなくなってきているように感じます。 得意先のクライアントを見つけることがカギですね。 とは言っても、始めたばかりですぐに受注できるとは限りません。 こちらの記事に受注するための戦略的な内容が書かれていたので参考にしてみてくださいね。 事項では、クラウドソーシング以外で収益をあげる方法を紹介します。 大手素材サイトへ投稿する 素材を作るのが好きであれば、PixtaやShutterstockなど動画素材サイトに自作のCG動画を販売してみてはいかがでしょうか? 映像素材をたくさん持っている人にはオススメで、こんなメリットがあります。 ・投稿したら放置するだけ• ・数を増やせば資産になる 素材サイトで一番の魅力なのが、投稿するだけでいいんです。 あとは動画を気に入った人が現れるまで待つだけ。 これだけで収入が得られる可能性があるのはとても魅力的ですね。 しかし今は競争が激しく、買ってくれるかどうかは未知数な部分があるため、最初はお小遣い程度という認識でいる方がいいでしょう。 PIXTAはポイント制になっていて手数料が分かりにくいのが難点です。 手数料の仕組みを解説しているブログも紹介ます。 最初は売り上げの80%ほどを持って行かれます。 かなり高いですが、手間がかからないのは良いですよね。 数百個ある動画素材を持っているのなら一度Pixtaに投稿してみるのも悪くないかもしれません。 自身でサイトを作るのもアリ 僕はwebに強い友人と協力し、自身のサイトを作って動画を販売する予定です。 だからPixtaなどはライバルということになりますね。 笑 なぜ僕がここに目をつけたか、それは動画素材の料金が圧倒的に高いと感じたためです。 動画素材はもっと安くなるべきで、そこに勝機があると確信しています。 僕の戦略は価格勝負です。 大手サイトでは2万円するものを5千円で販売してやろうと思ってます。 笑 しかし、サイト作りはとても大変です。 作り始めてから半年ほど経ちますが収益化するまであと2〜3年はかかりそうですね。 強い情熱と継続力がなければ諦めてしまう可能性があり、一気に稼ぎたい人には向かないと思います。 Youtubeなどに自作動画を投稿 編集スキルがある人は絶対にやった方がいいと思うことのひとつがYoutubeに自作の動画を投稿することです。 今は一人でも自分の意見や情報を発信できる時代になりました。 だから自分から発信して見てくれるファンを獲得することが一番効果的に稼げる方法だと思ってます。 もちろんすぐに稼げるということはありえません。 少なくても2〜3年はやらないとダメだと思います。 僕自身Youtubeチャンネルを持っていますが、なかなか投稿できず、まだ登録数は500人程度です。 だけど投稿をやめることはしないので、いつか大きな収益になっていると信じています。 僕の動画は趣味でもあるFX動画です。 特に儲けているわけでもなくトレード中の感情をメインにしてます。 僕が作っている動画は素人では作れない・作りたくないようなクオリティになっているので参考にしてもらえたらと思います。 Youtubeの審査基準は年々厳しくなっていますが、編集スキルがある人は絶対に参入すべきだと思います。 自分で動画を作って収入を得るもいいですし、売れているYoutuberの動画編集をやるでも構いません。 自作のキャラクターを販売する 僕は自作キャラクターの販売を中期・長期的な目標として持ってます。 具体的にはYoutube動画に自作キャラクターを登場させ、キャラクターを認知してもらってから販売というイメージですね。 Youtubeは多方面から攻めた方がいいです。 動画だけではなく、DVD販売・有料コンテンツ販売につなぎやすいので、せっかく動画を作るならオリジナルのキャラクターを登場させた方が幅が広がりますよ。 影響力をつける 少しずれますが、スタートダッシュをキメるためにSNSで自分の得意な分野を発信することもやっておきましょう。 例えば、仮にツイッターで「動画編集」について発信したとします。 そのフォロワー1000人いた場合、「動画編集」の分野で動画を配信したら見てくれる人が多くなるからです。 たくさんの人に影響力を与えられるようになれば人生イージーモードに突入します。 というのも、信用している人のオススメ動画を見たら、それを真似したくなりますよね。 自分もこうなりたい、憧れると思わせることができれば人はあなたについてきます。 僕は仕事を辞めてからSNSを始めました。 フォロワー数など本当に微々たるものなので、もっと前から始めておけばよかったとすごく後悔してます。 僕と同じ気持ちにならないためにもSNSを使いまくってフォロワー数を1万人以上めざしましょう。

次の

【副業で動画編集】堀江氏の「手取り14万?お前が終わってんだよ」を検証してみた結果

動画編集 アウトソーシング

しかしこの不安は実際に行動しないと、つまでも解消されません。 僕はフリーランス歴3年目になって、やっと臆さず色々な案件に飛び込めるようになったなぁと感じています。 結論を言ってしまうと、僕が3年目になって到達した地点は、あなたがすぐに立てる場所です。 というのも、僕は頭で考えすぎて行動に移せてなかっただけなんで。 僕みたいにもったいない事はしないで、まずは一歩踏み出してみましょう。 今回の記事は、編集スキルを持ってるけど何から始めればいいのか分からない人向けに書きました。 何を選ぶかはあなたの自由です。 また、僕がやってきた仕事内容や受注方法はこちらの記事にまとめてあります。 受注から納品まで、実戦で得られた経験をもとに書いてるので、あなたの悩みが解決しますよ。 この記事を要約するとこんなことが分かります。 クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。 クラウドソーシングは狭義では、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。 必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。 要約すると、豊富な仕事案件をみんなでシェアし、仕事を効率的にしよう!というサービスです。 ここでは会社員でもフリーランスでも関係なく、誰もが登録さえ済ませれば仕事をすることができます。 ちなみに、クラウドソーシングを活用する場合、必須項目としてデモリールは作成しておきましょう。 まずはデモリールを解説します。 自分のスキル紹介する動画を作る 以下、です。 映像作品やアニメーションを編集したデータ、それを記録したDVDなどのこと。 3DCG、イラスト、スケッチ、デッサンなどの静止画作品をファイリング、あるいは製本した作品集はポートフォリオとよぶ。 最近は、一連のデータをインターネット上で公開するケースも増えている。 デモリールやポートフォリオを通して、自身が培ってきたセンスや技術、経験など、短時間でクライアントに伝えることができる。 そのためデモリールの場合、質の高いショットだけを選りすぐり、1分程度の尺に収めるのが理想的とされている。 デモリールは相手に「自分はこんな編集技術を持ってます」と明確に伝えることができます。 クライアントもこれを見て安心して仕事を任せることができるので、少し背伸びをしても印象的な動画を作ることをオススメします。 僕の場合、Youtube動画をデモリールにしました。 これで依頼されなければちゃんと作ろうと考えていましたが、受注できたのでまだ変更していません。 続いては、クラウドソーシングのメリット・デメリットを解説します。 メリット・デメリット ではクラウドソーシングのメリットとは何かを簡単に説明します。 ・仕事を入れすぎると辛くなる• ・依頼主から怒られることも スケジュール管理には気をつけてください。 たくさん仕事を受注しすぎると、本業が手につかなくなってしまうからです。 グーグルカレンダーやスケジュール管理アプリなどを使いましょう。 また、受注できたとしても最初は苦労するかもしれません。 友人の話では、聞いてた内容よりも仕事が多かったり、クオリティに関してのクレームがあったみたいです。 僕も初めて挑戦した時は、クオリティに関してのやりとりがうまくいかず、何度も修正しました。 受注する時は詳細を残しておくようにしましょう。 以上、僕が感じたメリット・デメリットです。 デメリットに目がいきがちですが、誠実に対応すればトラブルになることはないと感じました。 それよりも僕はメリットの方が大きいと思います。 なぜなら、自分の力で受注から納品までを完了する経験を積むことでどんな仕事にも対応でき、さらに飛躍できる可能性を秘めているからです。 事項でどのようなサイトがあるのかを紹介していきますね。 仕事依頼数260万件以上!クラウドワークス クラウドワークスは、登録者数290万人以上・仕事依頼数260万件以上 を誇る大手の仕事マッチングサービスです。 仕事内容は動画編集・web関連・イラスト制作など多岐にわたります。 僕の友人はここから固定客を獲得しました。 最初は手数料を払わなければならないのが嫌だったそうですが、企業から信用されると直接受注を持ちかけられたそうです。 これはレアケースではなく一般的な流れだと感じます。 というのも、企業側もコストを抑えたい・良い人材に頼みたいというのが正直なところです。 ある程度の信頼関係ができれば次の仕事を持ちかけられた時、直接依頼されるのは自然な流れです。 クラウドワークスのシステムや手数料はこちらです。 節約方法など詳しく解説されています。 しかし手数料は安い方がいいかもしれませんが、初めての人はあまり気にせずやってみる方がいいと思います。 僕は現在、直接受注が増えてきたのでクラウドワークスを利用していません。 今の仕事が落ち着いたら新しい案件を受け、拡大していく予定です。 僕がやってることはこちらの記事に書いてます。 参考にしてくださいね。 自分のスキルを売れるココナラ 最近CMでもよく見かけるココナラ。 ココナラは自分のスキルを売り込むサイトです。 自分に得意分野があるのならこのサイトを使えば受注できる可能性が高いです。 動画編集・web関係・イラストはもちろんですが、「占い」「健康」など面白いジャンルも豊富にあるように感じますね。 僕はまだココナラを使ったことがないので詳しくは伝えられないのでこちらのサイトを紹介します。 受注するまでに必要な戦略が丁寧に書かれていますよ。 ココナラは手数料が高いのですが、スキルアップにはオススメです。 こちらの記事も参考にしてみてください。 僕はココナラは手数料が高めに設定されているので本格的な参入は見送ってます。 動画編集案件が豊富!ランサーズ ランサーズは動画編集・web関連・イラスト・プログラミングなど、クラウドワークスほど多岐にわたってない印象ですが、信頼度・利用満足度No1をうたってます。 僕の印象はランサーズが一番動画に力を入れている感じがします。 ランサーズに登録しなくても仕事内容が詳細に書かれているので「これならできるかも」という案件を簡単に探すことができます。 僕のオススメはYouTube動画案件です。 質の良い動画を提供することができれば、今後もお付き合いする可能性が高まりますよ。 しかし、これらクラウドソーシングは参入者が増えてきて以前より稼げなくなってきているように感じます。 得意先のクライアントを見つけることがカギですね。 とは言っても、始めたばかりですぐに受注できるとは限りません。 こちらの記事に受注するための戦略的な内容が書かれていたので参考にしてみてくださいね。 事項では、クラウドソーシング以外で収益をあげる方法を紹介します。 大手素材サイトへ投稿する 素材を作るのが好きであれば、PixtaやShutterstockなど動画素材サイトに自作のCG動画を販売してみてはいかがでしょうか? 映像素材をたくさん持っている人にはオススメで、こんなメリットがあります。 ・投稿したら放置するだけ• ・数を増やせば資産になる 素材サイトで一番の魅力なのが、投稿するだけでいいんです。 あとは動画を気に入った人が現れるまで待つだけ。 これだけで収入が得られる可能性があるのはとても魅力的ですね。 しかし今は競争が激しく、買ってくれるかどうかは未知数な部分があるため、最初はお小遣い程度という認識でいる方がいいでしょう。 PIXTAはポイント制になっていて手数料が分かりにくいのが難点です。 手数料の仕組みを解説しているブログも紹介ます。 最初は売り上げの80%ほどを持って行かれます。 かなり高いですが、手間がかからないのは良いですよね。 数百個ある動画素材を持っているのなら一度Pixtaに投稿してみるのも悪くないかもしれません。 自身でサイトを作るのもアリ 僕はwebに強い友人と協力し、自身のサイトを作って動画を販売する予定です。 だからPixtaなどはライバルということになりますね。 笑 なぜ僕がここに目をつけたか、それは動画素材の料金が圧倒的に高いと感じたためです。 動画素材はもっと安くなるべきで、そこに勝機があると確信しています。 僕の戦略は価格勝負です。 大手サイトでは2万円するものを5千円で販売してやろうと思ってます。 笑 しかし、サイト作りはとても大変です。 作り始めてから半年ほど経ちますが収益化するまであと2〜3年はかかりそうですね。 強い情熱と継続力がなければ諦めてしまう可能性があり、一気に稼ぎたい人には向かないと思います。 Youtubeなどに自作動画を投稿 編集スキルがある人は絶対にやった方がいいと思うことのひとつがYoutubeに自作の動画を投稿することです。 今は一人でも自分の意見や情報を発信できる時代になりました。 だから自分から発信して見てくれるファンを獲得することが一番効果的に稼げる方法だと思ってます。 もちろんすぐに稼げるということはありえません。 少なくても2〜3年はやらないとダメだと思います。 僕自身Youtubeチャンネルを持っていますが、なかなか投稿できず、まだ登録数は500人程度です。 だけど投稿をやめることはしないので、いつか大きな収益になっていると信じています。 僕の動画は趣味でもあるFX動画です。 特に儲けているわけでもなくトレード中の感情をメインにしてます。 僕が作っている動画は素人では作れない・作りたくないようなクオリティになっているので参考にしてもらえたらと思います。 Youtubeの審査基準は年々厳しくなっていますが、編集スキルがある人は絶対に参入すべきだと思います。 自分で動画を作って収入を得るもいいですし、売れているYoutuberの動画編集をやるでも構いません。 自作のキャラクターを販売する 僕は自作キャラクターの販売を中期・長期的な目標として持ってます。 具体的にはYoutube動画に自作キャラクターを登場させ、キャラクターを認知してもらってから販売というイメージですね。 Youtubeは多方面から攻めた方がいいです。 動画だけではなく、DVD販売・有料コンテンツ販売につなぎやすいので、せっかく動画を作るならオリジナルのキャラクターを登場させた方が幅が広がりますよ。 影響力をつける 少しずれますが、スタートダッシュをキメるためにSNSで自分の得意な分野を発信することもやっておきましょう。 例えば、仮にツイッターで「動画編集」について発信したとします。 そのフォロワー1000人いた場合、「動画編集」の分野で動画を配信したら見てくれる人が多くなるからです。 たくさんの人に影響力を与えられるようになれば人生イージーモードに突入します。 というのも、信用している人のオススメ動画を見たら、それを真似したくなりますよね。 自分もこうなりたい、憧れると思わせることができれば人はあなたについてきます。 僕は仕事を辞めてからSNSを始めました。 フォロワー数など本当に微々たるものなので、もっと前から始めておけばよかったとすごく後悔してます。 僕と同じ気持ちにならないためにもSNSを使いまくってフォロワー数を1万人以上めざしましょう。

次の