子供 目 パチパチ。 子供が目をパチパチする!回数が多い原因と対処法は?

チック症?子供の瞬きが多い・強い・ぎゅっとする・目をパチパチする!

子供 目 パチパチ

一見すると癖と間違えられやすいチック。 治療には周囲の暖かい配慮が必要で、むやみに叱ったり、注意したりすると悪化してしまいます 子どもに多く、だいたい5~10人に1人が経験するといわれているチック。 まばたき、首振り、肩すくめ、顔しかめなど、一見すると普通の癖のように見える神経疾患です。 症状は乳幼児期からの心と体の成長に伴って見られ、大人になるにつれ普通は自然と消失しますが、学童・思春期まで続いて生活に支障がでる場合もあります。 このように慢性化するものはチックではなく、「トゥーレット症候群」と呼ばれます。 チック症の症状 チック症は、動きが中心の「運動チック」と発声が中心な「音声チック」の2つに分類できます。 ときには手足の動きや、ジャンプ、スキップなどのに見える発作もあります。 実はこれらの症状は本人がコントロールできないものではなく、止めようと思ったときには一時的に止めることができます。 しかし、チックを出したい衝動や、その動作をしなくてはならないという強迫観念が強くなったとき、それらの動作を一気に行うことで解放感を感じてしまうのが特徴です。 また、気楽にテレビや本を見ているときや、不安感やイライラが強いときには多く出現しますが、何かに集中していたり、学校や医師の前、睡眠中には症状が少なくなります。 子供のチック症・大人のチック症 チックは小児期によく出現し、平均は6歳前後です。 大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。 10歳を過ぎれば徐々にチックは減少しますが、一部には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症もあります。 チック症の原因 チックの原因は、正式には分かっていませんが、線状体という脳の一部の異常と心の問題とが絡み合って症状が出ていると考えられています。 ですから、親から「どうしてまばたきばかりするの」と叱ることで、どんどんと病状が悪くなってしまうこともあります。 チック症の治療 チック症の治療は生活指導と薬物治療が中心になります。 本人が症状にとらわれすぎないよう、不安感をとりのぞくことが大事で、むやみに怒ったり注意したりすることは避けましょう。 全身運動をして特定の動作を繰り返したいという衝動を発散させることや、何かに興味を抱けるよう、熱中できるものを持たせてあげることも有効です。 薬物治療の中心は、ハロペリドールなどの向精神薬を使用することが多いです。 しかし、眠気やふらつきなどの副作用があるので、とくに年少者に使用するときには注意が必要です。 チックはいずれ自然と改善することが多いので、周囲があまり神経質にならないことが大切。 症状に理解を示し、注意したりせずに受け入れるようにしましょう。

次の

2歳です。目をしぱしぱします。

子供 目 パチパチ

一見すると癖と間違えられやすいチック。 治療には周囲の暖かい配慮が必要で、むやみに叱ったり、注意したりすると悪化してしまいます 子どもに多く、だいたい5~10人に1人が経験するといわれているチック。 まばたき、首振り、肩すくめ、顔しかめなど、一見すると普通の癖のように見える神経疾患です。 症状は乳幼児期からの心と体の成長に伴って見られ、大人になるにつれ普通は自然と消失しますが、学童・思春期まで続いて生活に支障がでる場合もあります。 このように慢性化するものはチックではなく、「トゥーレット症候群」と呼ばれます。 チック症の症状 チック症は、動きが中心の「運動チック」と発声が中心な「音声チック」の2つに分類できます。 ときには手足の動きや、ジャンプ、スキップなどのに見える発作もあります。 実はこれらの症状は本人がコントロールできないものではなく、止めようと思ったときには一時的に止めることができます。 しかし、チックを出したい衝動や、その動作をしなくてはならないという強迫観念が強くなったとき、それらの動作を一気に行うことで解放感を感じてしまうのが特徴です。 また、気楽にテレビや本を見ているときや、不安感やイライラが強いときには多く出現しますが、何かに集中していたり、学校や医師の前、睡眠中には症状が少なくなります。 子供のチック症・大人のチック症 チックは小児期によく出現し、平均は6歳前後です。 大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。 10歳を過ぎれば徐々にチックは減少しますが、一部には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症もあります。 チック症の原因 チックの原因は、正式には分かっていませんが、線状体という脳の一部の異常と心の問題とが絡み合って症状が出ていると考えられています。 ですから、親から「どうしてまばたきばかりするの」と叱ることで、どんどんと病状が悪くなってしまうこともあります。 チック症の治療 チック症の治療は生活指導と薬物治療が中心になります。 本人が症状にとらわれすぎないよう、不安感をとりのぞくことが大事で、むやみに怒ったり注意したりすることは避けましょう。 全身運動をして特定の動作を繰り返したいという衝動を発散させることや、何かに興味を抱けるよう、熱中できるものを持たせてあげることも有効です。 薬物治療の中心は、ハロペリドールなどの向精神薬を使用することが多いです。 しかし、眠気やふらつきなどの副作用があるので、とくに年少者に使用するときには注意が必要です。 チックはいずれ自然と改善することが多いので、周囲があまり神経質にならないことが大切。 症状に理解を示し、注意したりせずに受け入れるようにしましょう。

次の

大阪市:【第46号】「まばたきパチパチ~子どものチック~」大阪市立大学大学院医学研究科 神経精神医学 講師 宮脇 大 (…>文化・スポーツ・生涯学習>生涯学習)

子供 目 パチパチ

結膜炎 目が痛い。 ゴロゴロする。 何か入ってるような感じ。 子供がこんな表現をするのが、結膜炎です。 症状は、結膜(白目の部分)が赤くなったり 目ヤニがでたり、瞼が腫れたり 眩しがったりといろいろあります。 主に、ウイルス性のものが多く ウイルスをやっつける薬がないので 炎症を抑える点眼薬や抗生物質の点眼で治療します。 また、感染力が強いので周りの人は気を付けて下さい。 結膜炎の目に触れると、その手が感染源になるので 目は触れないようにして 触れたら石鹸を使って、手をよく洗ってください。 これは結膜炎になったお子さんだけでなく ご家族のかた全員がやってください。 手を洗ったあと、蛇口に熱湯をかけるとなおよいです。 タオルは別のものを使う。 お風呂は最後に入る。 できれば、罹った子どものシーツなども別に洗って 洗濯後は日光に当ててよく乾かしてあげましょう。 点眼薬は罹患している方の目だけにして 他のところには使わないように気をつけてください。 もちろん、点眼の前後は手をよく洗ってくださいね。 結膜炎などで目やにがひどい場合は、こちらの記事にマッサージ法など 紹介しています。 逆さまつげ まぶたの厚い子供によくあるのが逆さまつ毛です。 まつげが内側を向いて、眼球の表面に触れるのです。 いつもチクチクした感じで痛いと言ってきます。 幼児は鼻筋が低く、目の周りの筋肉が発達していないため 逆さまつげになりやすいともいわれています。 2歳くらいまでには自然と治るようですし 子供のまつ毛は毛質が柔らかいので心配はありませんが 2歳を過ぎても治らない場合は眼科を受診した方がいいでしょう。 すぐに、治療とはなりませんが、要経過観察です。 4歳を過ぎても治らないときや 下のまつ毛が逆さまつ毛になると問題です。 絵本を読んだりするためには、下を向いて読むので 下のまつ毛が眼球に当たりやすく痛みも頻繁になってくるからです。 ゴロゴロとした感じや、眩しさを感じるようになってきたら 生活にも支障が出てきますので 手術も視野に入れて治療ということになります。 逆さまつ毛の記事 ・ 副鼻腔炎(ふくびくうえん) まれに、目の奥がとても痛いと訴えてくる子に 副鼻腔炎で目に痛みを感じるというのがあります。 この場合は、痛みが持続するというのが特徴的です。 普段から鼻水がよく出る。 アレルギー性鼻炎があるというお子さんで、 とても痛がって、その痛みが持続しているようであれば 副鼻腔炎を疑ってみるのもよいでしょう。 副鼻腔炎であれば、眼科に行ってもわからない場合もありますので 小児科で受診しましょう。 副鼻腔炎の記事 ・ 眼精疲労 最近増えてきたのが子供の眼精疲労です。 朝起きぬけに、目の奥が痛いとか、肩が痛い(肩こり) 頭痛を訴えてくる時がこれです。 大人によく見られる眼精疲労。 これは、パソコンのモニターやテレビの見過ぎが原因です。 今は子供も、ゲームをやったり 小さな頃からDVDでテレビ画面を長時間見たりと、目を酷使しています。 外で遊んで、遠くを見る習慣が少なくなってもきています。 眼精疲労の低年齢化が始まっています。 眼精疲労が原因で目の奥が痛いというときには 蒸しタオルなどを当ててあげたりしてリラックスすると すぐに痛みはとれますがこれは生活習慣病なので この機会に家庭で今の生活習慣を見直してみましょう。 テレビやDVDを見る時間を短くして、夜は特に早めに切り上げましょう。 また、遠くを見ることで、目を休めることができますので なるべく外に連れ出してあげて遊ばせる。 外に出なくても窓の外をみる。 夜なら星を見るなど 工夫して生活の中に目の負担を軽減する習慣を作っていきましょう。 基本的に激しい痛みや重度の病気ではない限り 結膜炎や目の痛みやかゆみ、眼瞼炎(まぶたのただれ)などの症状は点眼薬で治まることが多いです。 こちらの点眼薬は、生後4ヶ月以降のお子さんに使えるので安心 ですし、20本入りの1回使い切りタイプの点眼液なので衛生面や 感染などの心配もありません。 家族で1つあると便利ですよ! 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・.

次の