不眠症 あま。 ひだまりこころクリニック(あま市/甚目寺駅)

夜なかなか眠れない(不眠症)が改善した話|あまたつ|note

不眠症 あま

ひだまりこころクリニックは、あま本院、金山院、サンシャインサカエ院の3院を展開するグループクリニックです。 ひだまりこころクリニックはあま市・稲沢市・愛西市・津島市・清須市からもアクセス良好な心療内科です。 名鉄甚目寺駅から徒歩2 分。 名古屋駅から電車で20分。 無料駐車場も完備しております。 常時4-5名のDr. がおり、女性医師も多数在籍しております。 つらい時、悩んでいる時、いつでもお気軽にご相談ください。 ひだまりこころクリニックでは、初診を毎日受け付けております。 「すぐに見てほしい」「今日ならいけそう」と思った時に、すぐにご相談いただけるようにとの思いから、土日も心療内科の初診を受け付けています。 早く診て欲しいのに初診は数週間待ち、ということはありません。 いつでもお気軽にお越し頂けます。 あま市、津島市、愛西市、稲沢市、清須市からアクセス良好な心療内科として、休日やお仕事帰りなど、ご都合の良いお時間に受診していただけます。 心療内科と聞くと、どんな治療がされるのだろう、薬を多く出されて依存してしまうのでは、前医の紹介状がないと受診できない等、様々なご不安がおありかもしれません。 ひだまりこころクリニックでは、患者様に安心していただけるよう、つらいお気持ちに寄り添い、しっかり耳を傾け、納得できる治療を提案してまいります。 薬も多くは使いません。 最小限の薬で最大限の効果が得られるよう漢方の処方やカウンセリングもおこなえる心療内科です。 安心して、納得して治療に臨めるよう、診察以外でのサポートも充実させています。 お困りの際はお気軽にご相談ください。 得意分野 このたび数多くの方々のご支援、ご協力を賜り、愛知県あま市に ひだまりこころクリニックを開院させていただくことになりました。 これまでの経験を活かし、地域のかかりつけ医・専門医としてお役に立てる医療を 提供してまいります。 スタッフ一同、皆様1人ひとりの「こころ」が少しでも楽になることを常にこころに留めて、皆様に愛されるクリニックになるよう、精一杯頑張っていきます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 略歴 平成18年 名古屋大学医学部卒業 平成18年 津島市民病院で研修 平成20年 名古屋大学医学部付属病院 平成22年 国立病院 東尾張病院 平成24年 可知記念病院 専門医資格 ・ ・ その他資格 精神保健指定医 日本精神神経学会 指導医 臨床研修指導医 日本医師会認定産業医 認知症サポート医 所属学会 日本精神神経学会 日本心療内科学会 日本うつ病学会 日本認知症学会 日本東洋医学会 日本臨床漢方医学会.

次の

【実体験】不眠を克服した有名人が教える、快眠法6つ

不眠症 あま

理事長挨拶 好生館病院の位置するあま市は名古屋市の西隣の田園風景と住宅地が調和した地域であり、名古屋市中心部から交通機関で15分という立地条件にあります。 当院は昭和30年に好生病院として開設し、平成13年に医療法人和合会として組織変更し好生館病院となり、長きにわたり最適な医療と環境の提供を目標として、地域医療の一端を担ってまいりました。 近年は入院、外来診療ともに幅広い年齢層や疾患に対応するようになり、地域密着型の医療に注力しております。 今日、精神科医療は社会構造の変化に伴い多様化し複雑化してきており、さらに高齢化社会である現代において、認知症などの老年期精神障害が増加し、精神科医療に求められる役割も大きく変化してきました。 身体合併症やADL(日常生活動作)低下といった複合的な問題を抱えている患者様にも対応すべく、当院では医療体制を整備してまいりました。 また児童・青年期における不登校やいじめ、家庭環境や学校で起きる様々な問題への関心が高まりを見せるとともに、精神科医療はよりきめ細やかな対応が求められています。 当院ではこうした様々な社会的要請に応じるべく、医師、看護師、コメディカルスタッフといった多職種によるチーム医療を展開しており、治療効果を上げて維持していくために充実した医療、看護を提供し、患者様への疾病教育、服薬指導などの心理教育を実施して健やかな在宅生活が送れるように支援をしています。 また精神科医療を通じて心身のバランスを上手に保てるようにサポートすることで、皆様に安心して生活していただくために外来、デイケア、訪問看護などの支援を行っています。 当院では患者様中心の医療を実践するために患者様、ご家族が相談しやすい環境づくりを心掛けています。 今後はより開かれた病院として、地域の医療機関や介護、福祉、行政との連携を一層強化して患者様の社会生活を支えていきたいと考えています。 これからも地域に根差した安心で良質な精神医療を実践すべく、病院スタッフ一同、チームワークを密にして診療に携わり、地域の皆様のお役に立てるよう日々研鑽に努めてまいる所存です。 理事長 佐藤 明信 院長挨拶 好生館病院は、健康な人も病める人も共に生きていく中で直面することのある精神的な困難・悩み・精神的障害について、一人一人の状態に応じて、医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・栄養士が相互に連携し、最善の結果が出ることを目指して医療に取り組んでいます。 当院には、統合失調症・躁うつ病・うつ病・神経症・アルコール依存症等に悩んでこられた方々を、訪問看護・デイケア・作業療法等を通して長年見守り続けてきた歴史があります。 最近はさらに時代の要請でもある、ADLは自立しているにもかかわらず処遇困難な認知症患者さんをお受けしています。 認知や情動の障害のため妄想・暴力・逸脱行為が出現し、本人も家族も大変苦しんでおられる方の保護的治療による改善を目指した医療で、地域の医療機関・行政・福祉関係の皆様から信用をいただき紹介されるケースが増えています。 今後も地域精神医療に職員一丸となって協力して対応していく所存です。 院長 向井 巧.

次の

あま市の睡眠障害(不眠症など)の治療が可能な病院(愛知県) 1件 【病院なび】

不眠症 あま

「うつ病」は、日常生活の中で様々なサインとなってあらわれることがあります。 【このような症状はありませんか】 ・気分が落ち込み、何もやる気が起きない ・夜中に何度も目覚め、目覚ましよりも早く目が覚める ・集中力が続かず、人の言うことがすぐに理解できない ・今まで好きだったことや趣味に対して興味がなくなってしまった ・食べてもおいしくないし、食べるのも億劫 ・休日は外出するなど活動するよりも、寝ていたい ・身だしなみやおしゃれに関心がなくなってきた ひだまりこころクリニックのうつ病治療は、十分な休養をとることと、適切な薬で治療を行うことを重視しております。 患者様の症状を判断し、薬物による治療が望ましいと判断した場合にのみ、適切な処方量のお薬での治療もご提案していきます。 <薬物治療> 適切な量と質を重視した薬物治療に取り組んでいます。 将来のことも視野にいれながら、薬の依存や副作用が出にくく、薬の量がなるべく多くならないよう「最小限の量で、最大限の効果を狙った薬物治療」を目指しております。 <カウンセリング> 当院のカウンセリングスタッフが、患者様の症状や特徴に応じて、考え方の癖や、特徴を生かしたカウンセリング提供しております。 いつでもお気軽にお声かけください。 じっくり話を伺い、親身になってアドバイスをしていきます。 認知症 ひだまりこころクリニックでは、様々な種類に分類される認知症へ医学的なアプローチを行い、お一人お一人にあった治療法や対処法をご提案していきます。 【このような症状はありませんか】 ・同じことを何度も言う・問う・するなど、もの忘れがひどい ・新しいことが以前よりも覚えられなくなった ・慣れた道でも迷ってしまうことがある ・些細なことで怒りっぽくなった ・外出する際の持ち物などを何度も確かめる ・財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑うようになった ・今まで好きだったこと(趣味や好きなテレビ番組)に興味を示さなくなった 認知症は、症状が軽い段階で適切な治療を受けることができれば、早期治療により高い効果が期待できます。 進行を遅らせ、症状の悪化を防ぐ治療を行っていきます。 医学的な視点での認知症の状況を正確に判断するので、的確な申請書類をまとめることが可能です。 そのためには、自分自身をはじめ、家族や友人など周りの人が「認知症では」と思われる症状に気づいたら、まずは専門医などに早めに相談することをおすすめいたします。 睡眠障害、不眠症 「眠れない」ということは、心と体にさまざまな影響を及ぼします。 【このような症状はありませんか】 ・布団に入ってから眠るまでにいつも時間がかかる ・寝付いたと思ったら、夜中に何度も目が覚めてしまう ・目覚ましよりも早く目が覚め、それ以上眠れなくなることが多い ・熟睡感がない、寝た気がしない ・いびきが気になる ・中に眠くなる事が多々ある ひだまりこころクリニックでは、まず「眠れない」原因をはっきりさせ、患者様に合った対処法と治療法をご提案いたします。 「眠れない」事を一人だけで悩み、苦しんでいませんか? 眠れないことを相談するだけでも睡眠障害・不眠に対する不安を和らげることができ、毎晩ぐっすり眠れるようになります。 <睡眠時無呼吸症候群の検査> いびきの種類によって心身に様々な影響を与えるものがあるので、主に起きている時の状態についてお聞きしながら、簡易検査により客観的に調べることがきます。 ぜひお早めに専門医にご相談ください。 不安神経症・強迫性障害 思いがけないときに突然、動悸や息切れ、息苦しさ、震えなどの強い不安を伴う発作が、不安神経症・強迫性障害です。 【このような症状はありませんか】 ・毎日のように心配や緊張・不安を感じて悩んでいる ・怖くて電話に出ることができない ・恥ずかしい思いをするかもしれないという状況に強い不安や恐怖を感じる ・人前に出たり、人と話をしたり、人と食事をしたりすると不安や緊張が出現する ・人前で字を書こうとすると手が震える ・電車に乗ることができない ・人に注目を浴びないようにこそこそしてしまう ・不安や恐怖を感じる場所や状況を避けようとしてしまう ・不安な気持ちが強くなり、仕事や学校生活や家庭生活が思うように過ごせない 治療は主に薬とカウンセリングです。 <適切なお薬による治療> お薬の副作用を最小限に、効果を最大限に引き出すために「幅広い症状の治療効果を狙った、最小限の量の薬物治療」を目指しておりますので、ご安心ください。 十分に時間をかけて焦らずゆっくり治療していきましょう。 <カウンセリング> 不安や恐怖・強迫観念などの感情を増幅させやすい癖や、特定の行為に対する不適切な感情の結びつけなど、患者様の特性や症状に応じて適切なカウンセリングを行います。 患者様との対話を通し、感情のコントロールと日常生活の回復を促していきます。 自律神経失調症 自律神経失調症とは、自律神経がバランスを崩してしまったことです。 【このような症状はありませんか】 ・朝起きると体がだるく、重たい感じがする ・耳鳴りやめまいが出るようになった ・頭痛や肩・筋肉の痛み・凝りで悩むようになった ・睡眠が以前よりぐっすり眠りづらくなり、不定期になった ・手の震えやしびれなどを感じることが多くなった ・便秘や下痢、吐き気などの胃の調子が良くない状態が続いている ・手に汗が出たり、動悸が出たりする ・憂鬱な気持ちが続いたり、突然イライラしやすくなったりす ・不安な気持ちが大きくなったり継続したりしやすい 治療には「十分な休息や、生活リズムの安定」と「適切な量の薬物治療」「カウンセリング」が重要となります。 まずはゆっくりと身体を休め、規則正しい生活リズムの回復を目指すことが改善につながりますが、患者様の症状や実際にお話を伺い、必要と判断された場合にのみ「適切な量のお薬」を提案させていただいております。 またカウンセリングについても、日常の生活のリズムの整え方や、生活指導だけではなく、ストレスをため込みやすい癖や考え方などの対症方法や見直し方などの指導も行っております。 統合失調症 統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。 【このような症状はありませんか】 ・どこからともなく聞こえてくる正体不明の声が、自分を責めたり命令してくる ・みんなが自分の悪口を言ったり、嫌がらせをすると感じる ・ささいなことに過敏になり、すぐ興奮するようになった ・独り笑いや独り言を言うようになった ・部屋に引きこもり、1日中ぼんやり過ごすようになった ・人と話すのが苦痛になり、会話するのが億劫になった ・1つのことに集中したり、とっさの判断ができなくなった 統合失調症の治療は抗精神病薬の投与と心理社会的な治療(リハビリテーションや精神療法)を組み合わせて行っていきます。 患者さんそれぞれの症状に合う薬を適切に処方するには、服薬が長期間にわたることもありますが、症状が改善した後も薬物治療を継続することにより再発を未然に防ぐことができます。 再発がし易いと言われる統合失調症。 再発を患者さんご本人だけでなく、ご家族が気を付けることもあるので、日頃から薬やストレスのことを話し合っておきましょう。 場合によっては入院なども組み合わせ、焦らず・無理をしないことが最も大切です。 はっきりした原因はまだ分かっていません。 【このような症状はありませんか】 ・つい他の事を考えて、気が散ってしまう ・片づけられない ・段取りが組めず、優先順位がつけられない ・思った事をすぐに発言してしまい、カチンときたり怒りがうまく抑えられない ・重要な用事でも期限を守れない ・ケアレスミスを何度も繰り返してしまう ・持ち物を忘れる・よくなくす ひだまりこころクリニックでは、「カウンセリング」と「適切な量の薬物治療」の治療を行っています。 <カウンセリング> 不注意やミスの多さ、衝動性など、不得意だったり苦手を減らしていくスキルを身につけます <薬物治療> 集中力や注意力を高め、衝動性や多動性を軽減する目的で、適切な量の薬を処方させていただくこともございます。 なお、当院ではASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)と診断された方のカウンセリング治療も重視しておりますので、お気軽にご相談ください。 パニック障害 パニック障害は「パニック発作」と「予期不安」という症状があり、100人に2〜3人が発作すると言われています。 適切な処方量を考えた抗不安薬や抗うつ剤を用いて、体の症状や発作そのものが少なくなるようにコントロールしたり、体の発作が起きにくいように取り組む治療を心掛けてまいります。

次の