ナイキ ズーム ヴェイパー フライ。 ヴェイパーフライの初心者におすすめの選び方を徹底解説!ネクストとフライニットの違いや走り方は?耐久性とサイズ感もチェック

寿命の終わったヴェイパーフライ4%レビュー!クッションと反発は? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

ヴェイパーフライとは ヴェイパーフライの選び方を知るには、ヴェイパーフライそのものを知る必要があります。 まずはヴェイパーフライとはどういったシューズなのか見ていきましょう。 常識を覆したシューズ 今までのランニングシューズはスピードを出す為、 底が固く薄いものが主流でした。 アッパーやソールのパーツを薄くし 極限まで軽量化され、より地面からの反発をダイレクトに伝えられるように設計されていました。 ナイキの厚底シューズはまさにその逆をいく、常識を覆すものだったのです。 2時間の壁を打ち破ったシューズ かつての常識を覆すようなアイデアはどういった経緯で生まれたのでしょうか。 厚底シューズが登場するきっかけ、それは2017年の「 Breaking2プロジェクト」です。 このプロジェクトは世界初のフル2時間切りを目指すというものでした。 このプロジェクトで、リオデジャネイロオリンピック男子マラソン金メダリストの キプチョゲが 2時間00分25秒の記録を樹立。 そして彼をはじめとして、このプロジェクトに参加した多くの選手が履いていたのがナイキの ヴェイパーフライだったのです。 それ以降ナイキの厚底シューズは世界を席巻するようになります。 そして2019年10月、Breaking2の第2弾「 INEOS 1:59 Challenge」でキプチョゲがついに 1時間59分40秒の大記録を樹立。 ヴェイパーフライの性能が確実なものであることを証明しました。 箱根駅伝でも活躍 厚底シューズ主流の波は日本にも到来。 箱根駅伝での厚底シューズ着用率は、実に8割に上るとされています。 更にヴェイパーフライは日本記録更新にも大活躍。 2018年の東京マラソンでホンダの 設楽悠太が実に16年ぶりとなる日本記録を樹立。 同年のシカゴマラソンではナイキの 大迫傑が日本記録を更新しています。 ヴェイパーフライの構造 ランニングシューズの常識を覆した厚底シューズ。 厚底にすればシューズは重くなるはず。 それにもかかわらずスピードが出せるヴェイパーフライにはどのような秘密が隠されているのでしょうか。 ここからはヴェイパーフライの2つの秘密とその構造についてご紹介します。 カーボンプレート スピードを出す1つ目の秘密は カーボンプレートです。 しなやかなカーボン製のプレートは足が着地する際に大きく曲がり、元に戻る際に反発力を生みます。 その反発力が足を前に押し出し、スピードを出すことができるのです。 この反発力を最大限生むためにはスプーン型の形状にする必要があり、どうしても厚底になってしまいます。 それでもカーボン素材は軽量な為、厚底ながら極限までの軽さを実現しています。 ズームX 2つ目の秘密は「 ズームX」というナイキの新素材です。 ヴェイパーフライは2つのズームXでカーボンプレートを挟み込む構造になっています。 今までのズームよりも軽量で反発力が高いズームXは、厚底ながらも軽量で高い推進力を生み出すのです。 また厚底にすることで脚にかかる衝撃、負担を軽減。 マラソンなど長距離のレースをサポートする効果もあります。 ネクストとフライニットの違い 世界を席巻した ヴェイパーフライをリリースしたナイキは更なる後継モデルを発表します。 それぞれの違いについて見ていきましょう。 重量 重さは26. 5cmのサイズの場合以下の様になります。 フライニット: 184g• ネクスト: 186g その差は2gで重量はフライニットもネクストもほぼ同じです。 ほぼ同じ重量でありながら後述のように、ネクストはナイキ ズーム Xフォームは15%増量されています。 ミッドソール ミッドソールは見た目からも分かるように以下の様に大きく変化しています。 フライニット:かかと 約32mm 前足約 21mm• ネクスト:かかと 約33mm 前足約 25mm ネクストの方が前足で 4mm、かかとで 1mm厚くなっています。 これによりエネルギーリターンをさらに高めています。 アッパー アッパーはそれぞれ以下の仕様にアップデートされています。 フライニット: フライニット• ネクスト: ヴェイパーヴィーヴ ヴェイパーフライの第二世代として発表されたフライニットでは文字通りフライニット素材を採用。 前作のメッシュアッパーからフライニットアッパーに変更され、よりフィット感が向上しています。 第三世代のネクストでは新たにヴェイパーヴィーヴという新素材を採用。 フライニットよりも軽量で通気性に優れています。 また汗や雨などの水分の吸収性に優れており、快適な長時間のランニングを提供します。 アウトソール フライニットの弱点とも言えた アウトソールがネクストで大幅に改善されています。 ネクストでは前足部と中足部に段差を儲け、前足部にも溝を追加し雨でも滑りにくくしています。

次の

【比較】ヴェイパーフライ4%とズームフライ、フライニット厚底違いは?

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

ヴェイパーフライとは ヴェイパーフライの選び方を知るには、ヴェイパーフライそのものを知る必要があります。 まずはヴェイパーフライとはどういったシューズなのか見ていきましょう。 常識を覆したシューズ 今までのランニングシューズはスピードを出す為、 底が固く薄いものが主流でした。 アッパーやソールのパーツを薄くし 極限まで軽量化され、より地面からの反発をダイレクトに伝えられるように設計されていました。 ナイキの厚底シューズはまさにその逆をいく、常識を覆すものだったのです。 2時間の壁を打ち破ったシューズ かつての常識を覆すようなアイデアはどういった経緯で生まれたのでしょうか。 厚底シューズが登場するきっかけ、それは2017年の「 Breaking2プロジェクト」です。 このプロジェクトは世界初のフル2時間切りを目指すというものでした。 このプロジェクトで、リオデジャネイロオリンピック男子マラソン金メダリストの キプチョゲが 2時間00分25秒の記録を樹立。 そして彼をはじめとして、このプロジェクトに参加した多くの選手が履いていたのがナイキの ヴェイパーフライだったのです。 それ以降ナイキの厚底シューズは世界を席巻するようになります。 そして2019年10月、Breaking2の第2弾「 INEOS 1:59 Challenge」でキプチョゲがついに 1時間59分40秒の大記録を樹立。 ヴェイパーフライの性能が確実なものであることを証明しました。 箱根駅伝でも活躍 厚底シューズ主流の波は日本にも到来。 箱根駅伝での厚底シューズ着用率は、実に8割に上るとされています。 更にヴェイパーフライは日本記録更新にも大活躍。 2018年の東京マラソンでホンダの 設楽悠太が実に16年ぶりとなる日本記録を樹立。 同年のシカゴマラソンではナイキの 大迫傑が日本記録を更新しています。 ヴェイパーフライの構造 ランニングシューズの常識を覆した厚底シューズ。 厚底にすればシューズは重くなるはず。 それにもかかわらずスピードが出せるヴェイパーフライにはどのような秘密が隠されているのでしょうか。 ここからはヴェイパーフライの2つの秘密とその構造についてご紹介します。 カーボンプレート スピードを出す1つ目の秘密は カーボンプレートです。 しなやかなカーボン製のプレートは足が着地する際に大きく曲がり、元に戻る際に反発力を生みます。 その反発力が足を前に押し出し、スピードを出すことができるのです。 この反発力を最大限生むためにはスプーン型の形状にする必要があり、どうしても厚底になってしまいます。 それでもカーボン素材は軽量な為、厚底ながら極限までの軽さを実現しています。 ズームX 2つ目の秘密は「 ズームX」というナイキの新素材です。 ヴェイパーフライは2つのズームXでカーボンプレートを挟み込む構造になっています。 今までのズームよりも軽量で反発力が高いズームXは、厚底ながらも軽量で高い推進力を生み出すのです。 また厚底にすることで脚にかかる衝撃、負担を軽減。 マラソンなど長距離のレースをサポートする効果もあります。 ネクストとフライニットの違い 世界を席巻した ヴェイパーフライをリリースしたナイキは更なる後継モデルを発表します。 それぞれの違いについて見ていきましょう。 重量 重さは26. 5cmのサイズの場合以下の様になります。 フライニット: 184g• ネクスト: 186g その差は2gで重量はフライニットもネクストもほぼ同じです。 ほぼ同じ重量でありながら後述のように、ネクストはナイキ ズーム Xフォームは15%増量されています。 ミッドソール ミッドソールは見た目からも分かるように以下の様に大きく変化しています。 フライニット:かかと 約32mm 前足約 21mm• ネクスト:かかと 約33mm 前足約 25mm ネクストの方が前足で 4mm、かかとで 1mm厚くなっています。 これによりエネルギーリターンをさらに高めています。 アッパー アッパーはそれぞれ以下の仕様にアップデートされています。 フライニット: フライニット• ネクスト: ヴェイパーヴィーヴ ヴェイパーフライの第二世代として発表されたフライニットでは文字通りフライニット素材を採用。 前作のメッシュアッパーからフライニットアッパーに変更され、よりフィット感が向上しています。 第三世代のネクストでは新たにヴェイパーヴィーヴという新素材を採用。 フライニットよりも軽量で通気性に優れています。 また汗や雨などの水分の吸収性に優れており、快適な長時間のランニングを提供します。 アウトソール フライニットの弱点とも言えた アウトソールがネクストで大幅に改善されています。 ネクストでは前足部と中足部に段差を儲け、前足部にも溝を追加し雨でも滑りにくくしています。

次の

【比較】ヴェイパーフライ4%とズームフライ、フライニット厚底違いは?

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

クリック合戦に敗れて涙を呑むこと数回。。 絶対本当に必要としているランナーの手元にいってないだろと唇を噛みつつ待つこと数ヶ月。 念願の?ヴェイパーフライはステップスポーツ新宿本店店舗でなんとかゲットできました。 両方履いてみた結論ですが、フルマラソン2時間55分の体幹弱く腰痛・坐骨神経痛持ちのぽっちゃりジョガー的にはまだまだインソールも足型に合わせてカスタムして怪我防止できるズームフライフライニットで十分な気もしました。 別大マラソン2019は予定通りズームフライフライニットで行く予定です。 およそ2割の選手が同じシューズを履いているってすごい確率ですよね。 そういえば大迫傑選手が日本記録更新した2018年のシカゴマラソンでも上位選手の履いているシューズを見てみるとクリムゾンレッドのヴェイパーフライだらけでしたね。 その他のランナーはなどの昔から履きなれた陸上長距離部御用達シューズを選択していたようです。 あと靴紐がヴェイパーフライが青、ズームフライが白でした。 シマノのコンポで例えると ロードバイク乗りでない方、意味不明な例えですみません。。 アルテグラとデュラエースくらいのプロにしか違いがわからない性能差かなと思っていたのですが、いい意味で違っていました。 今レースに履いている反発力があるズームフライフライニットにを履いた時に感じたぐにゃっとした足に優しく柔らかい感触がプラスされた感じです。 これが30km、40kmと長丁場のレースになると後半の足へのダメージ度合いが少なくて済みスパートの余力を残せるように設計されているのかと。 NIKE厚底ランニングシューズラインナップ 地面から受ける衝撃を全力で吸収してくれる分フルマラソン4回分くらいでお役御免になるんでしょうね。 耐用距離200kmももたないという事実。。 大事に履かないといけない本命レース用の勝負シューズですね。 ポイント連ですら使うのはためらいそうな位コスパ面では正直疑問符が残りますが、反発力も衝撃吸収力もバランスよく1つのシューズにまとめているなという印象です。 色は似通っていてぱっと見た感じ見分けがつきませんが、全く別物のシューズと色んな方がレビューされているのがようやく身をもって実感できました。 接地感がズームフライとヴェイパーフライでは違ってくるので、世界記録保持者エリウドキプチョゲ選手も福岡国際2018で優勝した服部悠馬選手も日頃のジョグ練習はペガサスターボで足慣らししているようですね。 定価で1万円差があります。 白のズームフライフライニットはと、と少々ポイント連で使用しており総走行距離100kmほどです。 ランデザインのを入れているので既製品よりも若干厚みがありホールド感が強くなっています。 一方ヴェイパーフライはインソールの取り外しは仕様上不可能なのでノンカスタマイズです。

次の