クアルコム の 株価。 「5Gスマホでシェア100%」クアルコム社長の自信の根拠:日経ビジネス電子版

クアルコム(QUALCOMM Inc.)(QCOM):株価 (中配当)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

クアルコム の 株価

概要 [ ] 1985年にとによって設立された。 社名のQualcommは、QualityとCommunicationsを合わせたである。 本社はにある。 方式の実用化に成功して成長を遂げた。 当初は携帯電話端末と通信設備の部門を併せ持っていたが、その後、携帯電話端末部門はに、通信設備部門はにそれぞれ売却された。 CDMA携帯電話用チップでは、ほぼに近いマーケットシェアを保持している。 また、従来のシリーズのほか、およびを含む携帯電話用チップ以外にもを含むや携帯電話用チップの供給も行っている。 そのほか、と呼ばれる携帯電話向けの組み込み用やと呼ばれる携帯電話向けのの開発もしている。 それらの数多くのを保有しており、それにより他社から得られるライセンス料が大きな収益源となっている。 また、チップセット(および他のクアルコムのチップセット)のテクノロジ「」は、2009年1月にから買収したモバイルプラットフォーム部門、およびグラフィックスチップ技術をベースとして開発した独自技術である。 また、2011年には無線チップメーカーのを買収し、技術も手がけている。 、クアルコムの子会社であるクアルコム・グローバルトレーディングは、の高音質化テクノロジで知られる「 aptX」の開発元で知られるCSR社の買収を完了したことを表明した。 10月、携帯電話分野への偏りを是正し、自動車分野での半導体供給の強化を目的として、同分野の世界首位であるの買収を発表したものの 、7月に断念した。 メーカーであり、半導体の製造は大手である、などへの委託で製造している。 ブロードコムは、重大な国家安全保障に関する資産を海外企業には売却しないとの声明を出したが、大統領は、シンガポール拠点のブロードコムによるクアルコム買収は、米国の移動通信産業を衰退させて安全保障上に懸念があると判断して買収をブロックする署名にサインし、ブロードコムは買収を断念した。 2019年4月、とのロイヤルティ支払いを巡る法廷紛争で和解した。 アップルはクアルコムに次四半期中に最大47億ドルを支払う。 関連項目 [ ]• - 本社を置くを本拠に置く、・のホームスタジアムの命名権を取得。 - クアルコムが開発したスマートフォンおよび携帯電話向けの組み込み用プロセッサ。 シングルコア版のほかにも存在する。 - クアルコムが開発した携帯電話専用の組み込み用。 - 2009年1月に同社のモバイルプラットフォーム部門をクアルコムに6,500万ドルで売却した。 - テクニカルパートナー契約を結ぶ電気自動車レース。 脚注 [ ] []• US Securities and Exchange Commission. 2013年11月19日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン 2016年10月28日. 2016年10月31日閲覧。 ウォール・ストリート・ジャーナル 2018年7月28日. 2018年7月25日閲覧。 Reuters 2018年3月14日• Financial Times 2019年5月2日 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• qualcommjapan -• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄.

次の

クアルコムが好決算で上昇 5Gへの期待を強調=米国株個別

クアルコム の 株価

クアルコム Qualcomm とは クアルコム Qualcomm は、スマートフォン用の半導体で圧倒的なシェアをもつメーカーです。 もともとクアルコムは、1985年にサンディエゴで設立され、配車センターと輸送車をむすびつけるデータ通信の開発をおこなっていた小さな企業でした。 そのため、1つの電波状況が悪くなっても、他の基地局からの電波を受信できるので通話が途切れにくいという特徴があります。 もともとアメリカの軍事技術ですが、クアルコムが実用化のレベルにまで引き上げました。 このCDMA携帯電話用チップでは、クアルコムが圧倒的なマーケットシェアをもっています。 クアルコムは、もともと携帯電話や通信設備も手がけていました。 しかし、スマホ用チップに特化するために、携帯電話事業は京セラに売却し、通信設備はエリクソンに売却しました。 クアルコムの最大の特徴は、ライセンス収入が売上高の 23. 5%を占めていることです 2018年通期。 ロイヤルティが売上高の4分の1近くを占めていることになります。 泥沼の訴訟合戦でしたが、結局アップルが折れ、クアルコムと和解しました。 この和解で、クアルコムは2019年秋からiPhoneへチップを供給するようです。 直近の決算 2020年4月29日 火 の引け後、クアルコムが2020年第2四半期の決算を発表しました。 売上高 …52億16百万ドル 前年同期比4. 7%増 純利益 …4億68百万ドル 前年同期比29. 4%減 EPS …0. 88ドル 市場予想では、売上高50億20百万ドル EPS 0. 78ドルだったので、予想を上回る内容でした。 コロナウイルスの悪影響はありますが、中国で需要が回復してきているようです。 2%程度で推移しています。 直近の株価 直近1年間の株価チャートはこちらです 2020年4月30日。 6 % 直近5年間の株価チャートはこちらです 2020年4月30日。 5% 事業別の売上高 事業別の売上高はこちらです 2018年通期。 ・ クアルコムは、スマホ用半導体に強みをもつメーカー ・ 売上高の23. 5%は、ライセンス収入 ・ アップルとロイヤルティ料でもめている ・CDMA方式の成功で大きく成長してきた クアルコム QCOM は、スマートフォン用の半導体で圧倒的なシェアをもつ半導体メーカーです。 売上高の23. 5%がライセンス収入を占めています。 ただし、高すぎる特許料がネックとなり、アップルなどのメーカーとかなりもめています。 アップルとの問題も解決していないので、どうなるか注目ですね。 関連資料 クアルコム:『公式HP』 クアルコム:『Annual Report』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。 過去の決算 2019年第4四半期の決算 2019年11月6日 水 の引け後、クアルコムが2019年第4四半期の決算を発表しました。 売上高 …96億35百万ドル 前年同期比72. 8%増 純利益 …21億49百万ドル 前年同期比78. 8%増 EPS …0. 80ドル 知的財産の法廷闘争で、和解したアップルから47億ドルを受け取ったため、大きく売上と利益が増加しました。 しかし、本業の売上高をみると良くはありません。 ・半導体事業 35億67百万ドル 前年同期比13%減 ・ライセンス事業 12億92百万ドル 前年同期比10%減 市場予想は、売上高50億80百万ドル EPS 0. 75ドルだったので、予想を下回る内容でした 本業のみを考えている。 決算を受けて、株価は時間外で -5. 5%程度で推移しています。 2019年第2四半期の決算 2019年5月1日 水 の引け後、クアルコムが2019年第2四半期の決算を発表しました。 ・ 売上高 55億99百万ドル 前年同期比4. 2%増 ・ 純利益 12億19百万ドル 前年同期比40. 8%増 ・ EPS 1. 01ドル 市場予想は、売上高51億90百万ドル EPS 0. 71ドルだったので、市場予想を上回る決算内容でした。 5%程度推移しています。 クアルコムは、中国によるNXP買収の許可が25日までに許可が下りなかった場合、買収を断念すると発表しました。 断念した場合、最大300億ドルの自社株買いを発表しました。 ちなみにNXPに20億ドルの違約金も支払う必要があります。 クアルコムは、オランダのNXPセミコンダクターズの買収を2年間取り組んできました。 米中貿易戦争のカードにされ、中国の承認がなかなか得られませんでした。 『スマホの次』の戦略をなかなか描けないクアルコムにとって、NXPセミコンダクターズを買収できなかったことは痛手ですね。

次の

クアルコム

クアルコム の 株価

今回のポイント• 高配当を受け取りつつ、キャピタルゲインを狙う運用は可能• 配当利回り+連続増配だけを見る• 株価下落リスクに敢えて飛び込む それでは行ってみましょう! そもそもクアルコムって何してる会社? クアルコムっていう会社って聞いたことないひともいるかもしれません。 クアルコムはスマートフォン向けのモデルチップを製造している会社。 よくスマホのネット記事とか読んでいると、SnapDragonXXXを搭載…なんてことが良く書かれています。 このスマホの頭脳と呼ばれているCPU、SnapDragonXXXを製造しているのがクアルコム(Qualcomm)という会社なのです。 ブロードコムによる買収騒動• 大手半導体ベンダーNPXの買収失敗• 2年以上に渡るAppleとの訴訟(ライセンス) クアルコムはスマホ用モデムチップで圧倒的なシェアを持っているために、端末メーカーに不利な契約条件を強要したとされて訴訟につながってきました。 業績面でも右肩下がり こうした訴訟の影響により、過去5年間の業績は低迷し続けています。 売上高は2018年9月期に微増。 営業利益も右肩下がりです。 最近ではサムソンの決算も悪かったですけど、昨今スマホ需要低迷も響いているものと想像できます。 グラフにはないですけど、前期の純利益は-4,864百万USドルの赤字を記録。 これな先ほど触れた半導体メーカーNXPの買収失敗による解約金や税制改正による支出負担があったためです。 改めて調べてみると驚くべきは純資産の激減。 2018年9月期の純資産の激減ぶりはグラフで見てもあきらかですね(決して誤りではないです)。 こんな数字見せられたら、リスク一杯で投資する気も失せるわねー 確かに。 このような数字を見せられると定性分析上、怖くて手も出せませんわな。 Apple訴訟解決で株価は急騰 そんな中、Appleとの争われてきた裁判が4月16日終息したことがニュースで伝えられることになります。 アップルとクアルコム、すべての訴訟取り下げで合意 何年も繰り広げられてきたAppleとチップメーカーQualcommの係争が、ようやく終止符を打った。 両社は米国時間4月16日、Appleの契約メーカーとの間のものも含めて、すべての訴訟を取り下げることで合意した。 合意内容にはAppleからQualcommへの支払いも含まれるが、金額は公表されていない。 また両社は、4月1日から6年間のライセンス契約に加えて、複数年のチップセット供給でも合意した。 4月17日 CNET Japan より引用 今後はiPhoneなどにクアルコムの製品が使われることになり、クアルコム側からライセンス料が支払わることになります。 このニュースを受けて株価は急上昇します。 今回のAppleとの和解によって、クアルコムの業績面では「EPSは年間2ドル程度押し上げる可能性がある」とのこと(による) たった、2ドルの上乗せでこの株価急騰は過熱過ぎるようにも思えますね。 でも5Gからインテルは撤退。 スマホ向け製品に強みがあれば、業績面でも復活する可能性も高いと見て、引き続き、がっつりホールドで行く方針です。 クアルコムはもともと高配当銘柄として運用していた クアルコムは連続増配銘柄で、配当利回りも高く、3月の買い増しも含めて60株平均取得株価50ドルで投資しています。 よくこんなことを言われますよね。 キャピタルゲインと高配当を狙うべきではない でも、今回のクアルコムのように、高配当銘柄として運用した結果、後からキャピタルゲインもついてくるケースはかなりあるんですよね。 ワタシの保有株の中では、ターゲット(TGT)も同じケースでした。 53ドルで40株保有中ですが、今では株価は80ドルを超えて含み益も50%を超えてきました。 購入した当時はアマゾンが小売店ホールフーズを買収すると発表し、小売銘柄が大幅に下落したことを記憶しています。 株価はすっかりその当時前のころに戻っていますね。 最後に ということで、クアルコムの昨今の値動きと、配当銘柄投資について思うところをまとめてみました。 株式投資にはリスクはつきもの。 損をすることだって、うまくいくことだってあります。 というか、うまく行かないほうが多いような気もしますが。 高配当銘柄投資でいっぱい配当金をもらう場合でも、できるだけ含み損に陥らないような運用を心がけたいものですね。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の